BM-9 CO2GBB ピストン内スプリングの組付け方法について

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

以前当ブログにて公開しました、BM-9 CO2GBB 改良パーツ組み込み方法 の記事中にて、セカンドロット改良版シリンダーASSY内の 引きバネ の端に、CA止め輪 を適切な向きでひっかける旨をご紹介しました。

しかしながら、読み返してみるにご説明が不足しているように思えましたので、今回その部分の補足として、CA止め輪の正しい向きについてを詳しくご紹介したいと思います。



上の画像は、ピストンまわりの各パーツ名称を整理したものです。
今回はスプリング(引きバネ)止め輪(CA止め輪)にテーマを絞って解説いたします。



止め輪を平らな場所に置いて、良~く観察していただくと、中央に向かう3枚の爪が一方向に曲げられているのがおわかりいただけると思います。

便宜上、上の画像の状態を 「表面」 とします。



そして下の画像の状態を、 「裏面」 とします。

それぞれの画像中に描きこんだように、表面がブローバックハウジング側に裏面がピストン側になるように、スプリングをセットすることになります。 



上の説明通りにスプリングをセットした状態がこちらです。
短く突き出したスプリング先端に対し、3枚の爪が上に向かって曲げられているのが正解です。
この状態でスプリングを下に引っ張っても、爪に引っかかって抜けないのがわかりますよね。



対して、誤った組付け方がこちらです。
これでは、スプリングを下に引っ張ったら抜けてしまいますよね。
このスプリングは、ブローバックの度にピストン側に勢いよく引っ張られますので、この止め輪の向きが非常に重要になるのです。



上のように、正しい向きで止め輪を組付けたら、ピストン中央の穴にスプリングを通します。
ここから先は、こちらでご紹介した手順通りに組付けを進めてくださいませ。



もう1点、セカンドロット改良版シリンダーASSYに同梱されている、「黒くて丸いスポンジ」 について。

これは先の記事にも追記しましたが、ファーストロットで使われていたОリングの代わりにパッキンの役目を果たすパーツです。



スプリングを通したピストンの後ろ側の窪みに、スポンジを押し込んでください。
この状態でブローバックハウジングに押し付けても、問題なく固定用のピンを通すことが出来ます。


以上、セカンドロット改良版シリンダーASSYに同梱されている 「バネ」「止め輪」 の組付け方法についての補足説明でした。

他にも改良版パーツの組み込みでわからないところ等がありましたら、どうかお気軽にお問合せくださいませ。












  

[ BATON airsoft ]BM-9 CO2GBB 1st ロット ホップアームの調整について

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

3月4日の納品以来、フタッフ総出で全数の検品、調整、試射を行って参りました BM-9 CO2GBB 2nd ロットですが、皆様のご愛顧のおかげで、本日無事に発売日を迎えることが出来ました。



弊社ネットショップにてご予約いただいておりました分は既に発送が完了しており、明日にはお手元に届く手筈となっております。
全国のショップ様の店頭にも、本日以降並ぶことと思います。

弾道の直進性はもちろんのこと、リコイルの感触もひと味違うセカンドロットBM-9を、どうか楽しみにお待ちくださいね。


さてさて今回の記事は、既にファーストロットをお持ちで、セカンドロット改良版パーツをご注文いただきました皆様に向けたご案内となります。



かのタニコバさんが新たに設計された、TK-W2 ホップアップパッキン を、上画像のようにインナーバレルを加工したファーストロットBM-9に組み込んだ場合、適正ホップを出そうとした時に、異様な鬼ホップが発生することがあります。



この症状は、上画像のようなホップアーム形状の違いによって起こるものです。
※画像中、左がファーストロット、右がセカンドロットのホップアームです

TK-W2ホップはホップの突起が大きいので、ホップアームの形状を変更してあります。

要するにファーストロットのホップアーム形状では、ホップが強くかかりすぎてしまうわけですね。

これを解消する方法は実に簡単で、先の画像に記した寸法になるよう、ペンチで軽く潰していただくだけ。
この加工を行えば、TK-W2 ホップアップパッキンを組み込んだ際の鬼ホップは解消されます。

今回出荷した製品につきましても、ホップアームそのものはファーストと同じ物の加工品となっておりますので、新たにご購入いただく必要はありません。
ペンチの1本や2本くらい、どこのご家庭にも転がっていると思いますしね(汗)

尚、ペンチで潰すのは画像の位置のみに留め、他の部分の形状には触らないようにご注意願います。

不用意にホップアームの角度をいじると弾道に悪影響が出ますので、取り扱いは慎重にお願いいたします。



ホップアップパッキンの交換にあたっては、チャンバーASSYを分解する必要があるので、ホップアームの取り出し方も自ずとわかると思いますが、分解方法に不安があるという方は、当ブログこちらの記事にて詳しく解説しておりますので、是非ともご覧くださいませ。


そして、既に残りわずかとなりましたが、今ならBM-9本体の即納品も若干数ございますので、購入を迷われている方はお早めのご決断をお願いいたします。

本格的な春を迎えてますます絶好調なCO2GBBの迫力を、この機会にお楽しみくださいませ!!

[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
セカンドロット : 3月19日発売












セカンドロットの弾道は動画をご覧いただければ幸いです。改良したパーツは、インナーバレル(※)、リコイルスプリングホップアップパッキン( TANIO・KOBA 設計の新作)、シリンダーASSYハンマースプリングです。これらのパーツ改良で、ホップの安定化=弾道改良、並びにリコイル強化&ブローバック安定化を実現しています。















  

BM-9 CO2GBB は 3月19日発売!

お待たせしております BM-9 CO2GBB 2nd ロット は、現在、全丁・全マガジンを実射して検品・調整中です! まだその渦中ではあるのですが、3月19日(木)発売とさせていただきます。



BM-9 CO2GBB 並びに改良パーツ、また BM-45 パーツをご予約の方で、お支払方法が銀行・ゆうちょ振込の方には、本日、ご入金依頼のメールを送付させていただきます。

改良パーツの当店での組み込み作業をご希望の方は、3月19日(木)の発売後、組み込み本体の送付依頼メールを送付させていただきますので、いましばらくお待ちください。

・恐れ入ります、SR-92 コンバージョンキットは、前述のように加工が必要で同時発売ができないため、3月6日までに BM-9 と SR-92 コンバージョンキットを同時にご予約なさった方には、送料無料で後送させていただきます。





[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
セカンドロット : 3月19日発売予定












セカンドロットの弾道は動画をご覧いただければ幸いです。改良したパーツは、インナーバレル(※)、リコイルスプリングホップアップパッキン( TANIO・KOBA 設計の新作)、シリンダーASSYハンマースプリングです。これらのパーツ改良で、ホップの安定化=弾道改良、並びにリコイル強化&ブローバック安定化を実現しています。















  

【 CO2 ハイキャパ 】 BS-H.O.S.T. 鋭意開発中、5月発売見込み

発売前にも関わらず、国内外から 国外はイチローさんから (^^ゞ )多大なるご期待を賜っております、ハイキャパCO2 ガスガン、BS-H.O.S.T. (ホースト) CO2GBB はボックスデザインまで来ましたよ!





…しれっと、ハイキャパ CO2 の 名称を BS-H.O.S.T.(ホースト) に 変更しました (^^ゞ

実はこの子を開発している間に海外とのやり取りの中で誤訳・勘違いがありまして、これまで名称を間違えていました。失礼いたしました <(_ _)>

試作品レビューで金子が このBS-MARAUDERは、2017年の米SHOT SHOWで発表されたSTI社の製品、 H.O.S.T. (Holographic Optic Slide Top) pistol DS 5.0をモチーフに開発しております。 と書いたように、ベースとなった銃に基づいて製品の名称も変更した次第です。

……箱を印刷する前に気づけて幸いでした ( ̄▽ ̄;)




※これは実銃の H.O.S.T. (Holographic Optic Slide Top) pistol DS 5.0






さらにマガジンのボックスもデザインが出来ましたが、名称は 「 2011 CO2 マガジン 」 になります。



これは、これから ハイキャパ系 CO2 ガスガンのバリエーションを続々と出していくため で、ダブルカラムガバメントのハイキャパマガジンは H.O.S.T.マガジンではなく 2011 とします。





合わせて、BM-45 CO2GBB のマガジンも名称を1911 CO2 マガジンに変更します。



シングルガバメントも、BM-45 CO2GBB に続いて、M1911A1 CO2GBB を開発中ですから、互換マガジンは同じ名称にするわけです。箱がこの 1911 の名称デザインに 変わるのは 「 BM-45 CO2 マガジン 」の印刷済みの箱がなくなってからですが、6月予定 の BM-45 CO2GBB 2nd ロットから名称は 1911 CO2 マガジンに変更します。





ということで、BS-MARAUDER 改め BS-H.O.S.T. は、生産試作サンプルが到着しましたが、まだ改良すべき点がありましたので発売は少し遅れます。いまのところ BS-H.O.S.T.5月発売の見込み ですので、いましばらくお待ちください。乞うご期待!















  

BM-9 CO2GBB 改良パーツ組み込み方法

BM-9 CO2GBB ファーストロット(2019年9月発売)に、セカンドロット(2020年3月発売)と同等の射撃性能(※)にする内部改良パーツ、セーフティ改良パーツの組み込み方法について、可能な限り詳しく解説してみたいと思います。

※ BM-9 CO2GBB ファーストロットに 改良パーツを組み込むと、個体にもよりますが0.20g BB 弾使用時でファーストロット箱出しより初速が 5m/s 前後低下致します。ただ、初速が 50~60m/s へと極端に低下した場合は組み込みミスかパーツの破損ですので、当店までご相談いただければ幸いです。


画像と文章がかなりの量になっておりますが、どうか最後までお付き合いのほどをお願いいたします。



パーツ組み込み準備の第一歩として、スライドとフレームを分離します。
この際、アウターバレルカバーはあらかじめ外しておきましょう。



まずは 改良版リコイルスプリング を組み込むため、リコイルスプリングガイドを取り外します。
ちょっと銃口側に押しながら下に引っ張るだけで外れるので、簡単ですよね。



リコイルスプリングガイドは変更されていないので、1st ロットのリコイルスプリングを抜き取り、BM9-11 リコイルスプリング セカンドロット改良版と差し替えてください。
この部分はこれで交換終了です。



次はホップアップパッキンを交換するため、バレル周りを分解して行きましょう。
まずはスライド先端内部にハマッているスペーサーを取り出して・・・



チャンバー部分を摘んで、バレル一式をスライドから抜き取ります。
この作業も特に説明は不要ですね。



チャンバーASSYの下部に組みつけられているバレルロックを、画像のように引き下げ、チャンバーASSY側の軸からパキッと外します。



この際、画像にある小さいスプリングが飛び出す可能性がありますので、紛失には充分に注意してください。



バレルロックを外したら、アウターバレルチャンバーASSYを結合しているバレルピンを、ピンポンチで抜き取ります。
バレルピンは片側に抜け止めが設けられているので、ピンポンチで叩き出す方向に注意しましょう。



バレルピンを抜くとご覧のように、アウターバレルからインナーバレルチャンバーASSYが抜き取れます。



次に、チャンバーASSY左側面にあるプラスネジを外します。
この際必ず、ネジの大きさに合ったドライバーを使ってください。



上記のネジを外すことで、ご覧のようにチャンバーASSYが開きます。
画像では既に、ホップアップパッキンをインナーバレルから外していますが、これもちょっとひねりながら取り外すだけなので、解説は不要ですよね。



そして1st ロットのホップアップパッキンを、TK-W2 ホップアップパッキンに交換します。
この際、ホップアップパッキンの側面に設けられているリブの向きに注意して取り付けてください。



尚、TK-W2 ホップアップパッキンの性能を発揮するためには、1st ロットインナーバレルのホップ窓を、上画像のように加工する必要があります。
BM-9のインナーバレルはアルミ製なので、100均の金ヤスリとカッターでも作業には充分でしょう。


また、TK-W2 ホップアップパッキン を、上画像のようにインナーバレルを加工したファーストロットBM-9に組み込んだ場合、適正ホップを出そうとした時に、異様な鬼ホップが発生することがあります。



この症状は、上画像のようなホップアーム形状の違いによって起こるものです。
※画像中、左がファーストロット、右がセカンドロットのホップアームです

TK-W2ホップはホップの突起が大きいので、ホップアームの形状を変更してあります。


要するにファーストロットのホップアーム形状では、ホップが強くかかりすぎてしまうわけですね。

これを解消する方法は実に簡単で、先の画像に記した寸法になるよう、ペンチで軽く潰していただくだけ。
この加工を行えば、TK-W2 ホップアップパッキンを組み込んだ際の鬼ホップは解消されます。


尚、ペンチで潰すのは画像の位置のみに留め、他の部分の形状には触らないようにご注意願います。

不用意にホップアームの角度をいじると弾道に悪影響が出ますので、取り扱いは慎重にお願いいたします。




ホップ窓を拡張したインナーバレルにTK-W2 ホップアップパッキンを取り付けたら、チャンバーASSYを元通り組み立てます。
チャンバーASSY右側パーツに開けられたスリットに、ホップアップパッキン側面のリブを合わせてセットしましょう。



メッキされたホップアームを組み付ける際は、画像のようにホップアップ調整ダイヤルを最弱状態にしておくと、スムーズに作業出来ます。
この状態でチャンバーASSY左側パーツをそっと被せてプラスネジをしっかり締め込み、元通りアウターバレルに組み付ければ、チャンバーまわりのアップデートは完了です。



次に、セーフティまわりを分解して行きましょう。
この部分は、1st ロット対策用のBM9-X セーフティセットにそっくり交換することになります。

まずはスライド右側のセーフティーレバー付け根部分に見えるイモネジを外して・・・



右側セーフティレバーを取り外します。



ここでちょっとコツが要る作業になるのですが、左側セーフティレバーの軸部分の先端を、銀色に見えるセーフティレバーバーに触れずに押し込みます。
この際、セーフティレバー付け根のセーフティレバーロックが勢い良く飛び出しますので、画像のように指でカバーしつつ作業する必要があります。
この手の作業を行ったことが無い方は、ビニール袋の中で作業する等、パーツを紛失しないよう工夫してください。



上記の作業を正しく行えば、ご覧のようにセーフティレバー本体とセーフティレバーバーがスライドから取り外せます。
これらのパーツを、1st ロット対策用BM9-X セーフティセットとそっくり差し替えるわけですね。



セーフティまわりを取り出したところで、スライド内側底面に見える銀色のプラスネジを外します。
ここもサイズの合ったドライバーを使わないと、ネジ頭を簡単に舐めてしまいますのでご注意ください。



上記のネジを外したら、画像のようにスライドの両サイドを掴んで左右に開き、ブローバックハウジングを取り外します。
スライドを左右に開きながら中指でノズルをスライド下面方向に押し込むと外れるのですが、ここは実際に作業してコツを掴んでください。



取り出したブローバックハウジングには、シリンダーASSYが組みつけられています。
これを BM9-M1-M8 シリンダー ASSY セカンドロット改良版 に交換するわけです。

しかしながら、ここからの作業は比較的難易度が高く、エアガンの分解組み立てを行ったことが無いという方にとっては、かなり難しく感じるかもしれません。
その点を踏まえた上で、以下の解説をご覧くださいませ。



シリンダーASSYブローバックハウジングから外すため、まずはブローバックハウジング後方の端を右手で摘み、左手でシリンダーを掴んで前方(画像左方向)に2cmほど引っ張ります。



シリンダーが前進した状態を保持しつつ、画像の位置にあるピンをピンポンチで抜き取ります。



これで、シリンダーASSYとブローバックハウジングが分離しました。

ここで外した1st ロットのシリンダーASSYは特に分解する必要が無いのですが、セカンドロット改良版シリンダーASSYの組み立てに当たり、構造を理解しておく必要がありますので、以下に解説いたします。



画像中、青い矢印で指した部分にハマッているピンを、全長の半分を残して片側に押し出します。
こうすることで、シリンダーを後方に引っ張っているスプリングが開放され、画像のようにピストンが取り外せます。
ピストンの右端にあるピンは、先にブローバックハウジングから抜き取ったピンですが、このピンでブローバックハウジングとピストンが結合されていたわけです。



さてここからは、セカンドロット改良版シリンダーASSYの組み立て方法になります。

同梱されている引きバネの端にCA止め輪が適切にかかっている(ピストン側に引っ張っても抜けない向きにハマッている)ことを確認し、ピストン中央の穴に後方から差し込みます。



この際、引きバネとCA止め輪を上の画像のように組み合わせてください。
短く突き出したスプリング先端に対し、3枚の爪が上に向かって曲げられているのが正解です。
この状態でスプリングを下に引っ張っても、爪に引っかかって抜けないのがわかりますよね。



対して、誤った組付け方がこちらです。
これでは、スプリングを下に引っ張ったら抜けてしまいますよね。
このスプリングは、ブローバックの度にピストン側に勢いよく引っ張られますので、このCA止め輪の向きが非常に重要になるのです。



CA止め輪を正しく組付けた引きバネをピストンに通し、その先端が画像のように前方の穴から覗いた形にするのですが、この際、リング状になった引きバネ先端の向きが重要になります。



引きバネを通したピストンをシリンダーに差し込む際、青い矢印で指したリング状部分の向きを、黄色い丸で囲ったシリンダー側面の穴と同じ向きになるよう注意する必要があるのです。



その理由が、この画像でおわかりいただけるでしょうか。
マガジンから放出されるガスを取り込む、シリンダー底面の四角い穴から覗き込みながら、先に全長の半分だけ押し出していたピンを、引きバネ先端のリングに通して、ピストンとシリンダーを結合するのです。
このために、シリンダー側面の穴とリング状部分の向きを揃えておく必要があったわけですね。

この作業はちょっとやっかいなので、手元を明るく照らして、慎重に根気良く作業を行ってください。



上記の作業が正しく行えていれば、シリンダー後方からピストンを引っ張った時に、引きバネのテンションがかかっているはずなので、画像のようにシリンダーを前方(画像左下方向)に押さえつつ、引っ張り出したピストン上面の窪みを摘んで、元通りブローバックハウジングにピンで固定します。
これでセカンドロット改良版シリンダーASSYの組み立ては完了なので、取り外した時と同じ要領でスライドを左右に開き、ブローバックハウジングを元通り組み込んでください。

※3月22日追記
セカンドロット改良版のシリンダーASSYには、直径8mm前後の黒くて丸いスポンジが同梱されています。



このスポンジは、ファーストロットで使われていたOリングの代わりとなる、パッキンの役目を果たす物です。

ブローバックハウジングにピストンを組み付ける際には、ピストン後ろ側の窪みにスポンジを押し込んでから作業を行ってください。




ブローバックハウジングとシリンダーASSYの交換が完了したところで、セーフティ周りの組み付けにかかります。
左側セーフティレバーの軸をスライドに半分ほどセットし、レバー付け根の穴にセーフティレバーロック(とスプリング)を挿し込みます。



セーフティレバーロックが抜け落ちないよう注意しながら、改良版のセーフティレバーバーを画像の位置に挿し込みます。



画像だとわかりにくいかもしれませんが、セーフティレバーの軸の末端にある小さな突起と、セーフティーレバーバー先端の穴の位置が合致するように保持します。



左手の親指で上述の状態を保ちながら、セーフティレバーロックを細い棒状の道具で押さえつけつつ、左手の中指でセーフティレバーをスライドに押し込みます。

さほど難しい作業では無いのですが、未経験の方はちょっと手間取るかもしれないのと、やはりセーフティレバーロックを飛ばしてしまう可能性が高いので、ビニール袋の中で作業する等工夫していただきたいと思います。



上記の作業を正しく行うと、画像のようにセーフティレバーバー先端の穴と、セーフティレバー軸末端の小さな突起がバッチリ噛み合います。



同時に、セーフティレバーロックがスライドの内側にしっかり収まります。
上記のどちらかが上手く行っていない場合は、もう一度取り外して組みなおしましょう。



上記の2点が正常に組みつけられていることが確認出来たら、先に取り外していた右側セーフティレバーを軸に挿し込み、イモネジでしっかり固定します。
可能であれば、ネジ止め剤を塗付しておくと安心ですね。



最後に、BM9-43 ハンマースプリング セカンドロット改良版への交換方法を解説します。
まずはマイナスドライバーで、左右のグリップを外します。



左右のグリップを外すと、マガジンキャッチがポロリと落ちて来ますので、やはり紛失と組み付け忘れに気をつけてください。
ちなみにこのマガジンキャッチは実銃同様、左右どちらの向きにでも組みつけられるよう作られています。



左右のグリップを外したら、ハンマーがコックされていないことを確認して、グリップ下側後方に挿さっている太めのピンを抜き取ります。



上記のピンを抜くと、ハンマースプリングカバーハンマースプリングに押し出されて外れます。



ピンが抜けた瞬間、ハンマースプリングカバーがちょっとした勢いで飛び出すので、紛失に注意しましょう。
こうして取り出した 1st ロットのハンマースプリングを、改良版のハンマースプリングと取替えます。



グリップ下面の穴に改良版ハンマースプリングを挿し込むのですが、この際、スプリングの先端が細くなっている方が上(ハンマー側)になりますので注意してください。
然る後、画像のようにハンマースプリングカバーでハンマースプリングを押し込み、先に抜いたピンを挿し込んで固定します。
この際、ランヤード用の穴が横を向くように気をつけると、スムーズに作業出来ると思います。


と、以上がBM-9 1st ロット版への 2nd ロット改良版パーツ対策パーツの分解、組み込み方法のご紹介でした。

説明が足りない部分やわかりにくい部分があるかもしれませんが、現物を目の前に置き、実際に手を動かしていただければ、概ねどういうことかはおわかりいただけると思います。

当記事をご覧になって、「こりゃあ自分では無理だわ」と判断されたお客様には、工賃無料での組み込みサービスも行っておりますので、当ブログこちらの記事をもう一度ご覧くださいませ。

タニコバさんのご指導をいただいての徹底検証により、より鋭く生まれ変わったBM-9 CO2GBB セカンドロット
改良パーツを組み込むことで、お手元のファーストロット版BM-9も確実に性能アップいたしますので、どうかお早めのご予約をお願いいたします!


[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
セカンドロット : 3月発売予定・ご予約承り中








































  

BM-45 マガジンリップ 3月再入荷

ただいま欠品中の BM-45 CO2GBB マガジンリップマガジンリップガスケットは 3月再入荷予定です ( BM-9 CO2GBB 2nd と一緒に入荷です)

※恐れ入ります、同じく欠品中の BM-45 チャンバー等 は 4月~ 5月再入荷予定です。

BM-45のマガジンリップは割れやすくて申し訳ございません。製造メーカーと対策を協議中ですが、当面はマガジンフォロワーを丁寧に操作して離さないようにしていただくか、BBローダーで給弾していただければ幸いです。





























  

【 改良版 】 BM-9 CO2GBB 2nd ロット 3月発売、ご予約開始!

発売前ご予約完売でご希望のみなさまにいきわたらず大変失礼いたしましたが、お待たせいたしました、BM-9 CO2GBB セカンドロットが 3月発売予定でご予約開始! ( 入荷後の作業状況によりますが、目安としては 3月中旬発売を予定 )  このセカンドロットで内部パーツを刷新し、弾道・ブローバックを改良しております。



[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
セカンドロット : 3月発売予定・ご予約承り中












セカンドロットの弾道は動画をご覧いただければ幸いです。改良したパーツは、インナーバレル(※)、リコイルスプリングホップアップパッキン( TANIO・KOBA 設計の新作)、シリンダーASSYハンマースプリングです。これらのパーツ改良で、ホップの安定化=弾道改良、並びにリコイル強化&ブローバック安定化を実現しています。

※ インナーバレルは、新作の TK-W2 ホップアップパッキンに合わせてホップ窓を拡幅しただけです。ファーストロットをセカンドロットと同じ実射性能にするためには、リコイルスプリング、ホップアップパッキン、シリンダーASSY、ハンマースプリングを交換しインナーバレルのホップ窓を削ってください

恐れ入ります、上記、内部改良パーツは有償ですが、ファーストロットユーザー様の改良のため、4月末日まで 40%オフ にてご提供させていただきます(数量限定)


また、BM-9 CO2GBB ファーストロットでスライドを右に押しながらセーフティを操作するとかからない症状がありましたが、セカンドロットで改良致しました。同時に、セーフティレバーのボールベアリングを外れにくくする改良も行っています。こちらは安全性に関わる改良ですので、セーフティの改良パーツセット(セーフティ左右・セーフティレバーバー)4月末日まで無償提供させていただきます(数量限定)



※ [ 2/11追記 ] 受注を開始したところ 内部改良パーツ、セーフティ改良パーツのご注文の状況から 4月末日までに完売する可能性でてきました。3月入荷在庫がご予約で完売となった場合、それ以降は次回(4月~6月)入荷予約として、4月末日までご発注の方、全員に 40%オフ / 無償 で提供させていただきます。


※のちほど、BM-9 CO2GBB ファーストロットへの弾道・ブローバック改良パーツ、並びにセーフティ改良パーツ組み込み方法はブログで解説させていただきますが、ご自身で作業ができない場合は、当店にて組み込み作業を工賃無料で行わせていただきます ( 恐れ入りますが、往復の送料はお客様ご負担とさせていただきます。パーツ、CO2等、合計 5,000円以上ご注文で返送送料無料)。各パーツをご注文いただき、備考欄に「組み込み希望」とご記載いただければ、送付方法等のご連絡をさせていただきます。




BM-9 CO2GBB は今回も人気が予想されますので全国の小売店様でお早めにご予約をいただければ幸いです。TANIO・KOBA × BATON airsoft CO2GBB シリーズは、引き続き新製品開発と同時に、既存製品の改良・再生産に努めてまいります。これからのラインナップにも乞うご期待!
















  

コバさんのこだわりが詰まった " ミリガバ CO2 " 初夏発売予定!

TANIO-KOBA × BATON airsoft CO2GBB シリーズは、明日、BM-9 CO2GBB セカンドロット (内部改良版の発売を発表・予約開始致しますが、その前に、今後の発売予定を紹介させていただきます。


ミリガバ (M1911A1) CO2GBB
鋭意開発中、2020年初夏発売予定!



コバさんと言えば、やっぱりガバメント! コバさんの豊富な知識・こだわりをたーっぷり詰め込んで、スライド&ロアレシーバー完全新規設計により WWⅡ後期型を忠実に再現します

また、コバさんによると「昔のコルト社は現在のコルト社とは別会社」とのことで、誰にはばかることも無いので 完全リアルマーキング です。


BATON M45A1 CO2GBB を出したときからみなさんにお願いされていて、弊社もずーっと出したかった素ガバ・ミリガバをようやく出すことが出来ます。究極のミリガバガスガンに乞うご期待 (^_-)-☆





もちろん、そのほかの機種も並行して開発をすすめており、いま新製品プロジェクトは、このミリガバ、先日発表した BS-H.O.S.T.PP-2000 のほかにも 2機種動いています。その未発表の 2機種の CO2GBB も 本年度上半期の発売を目指して開発中ですのでお楽しみに!

そして、BS-MARAUDER はいよいよ開発が山場を迎え、まもなく生産試作サンプルがあがるところまできました。BS-MARAUDER は4月発売予定ですので、乞うご期待!















  

CO2 GBB次期新製品 BS-H.O.S.T. 試作品レビュー

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

松の内も明けて、すっかり日常に戻ったことと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回はSTGA 認定取得、TANIO・KOBA × BATON airsoft コラボレーション CO2GBB シリーズの次期新製品、BS-H.O.S.T.(ホースト)の試作品について、その外観をレポートしてみたいと思います。

※ハイキャパ CO2 は発表当初の BS-MARAUDER から BS-H.O.S.T.に名称変更いたしました( 2020.03.04 )






はい、こちらがそのBS-H.O.S.T.の試作品でございます。

先日の浅草ブラックホール会場、タニオ・コバ様ブースにて展示しましたので、既にご覧になったという方もいらっしゃいますよね。

基本的なフォルムはいわゆるハイキャパそのものですが、細かい部分のデザインがひと味違っています。

このBS-MARAUDERは、2017年の米SHOT SHOWで発表されたSTI社の製品、 H.O.S.T. (Holographic Optic Slide Top) pistol DS 5.0をモチーフに開発しております。




上は実銃の画像ですが、冒頭の試作品がその雰囲気を上手く再現しているのがおわかりいただけるでしょうか。
何の刻印も入っていない左側面など特に良い感じではありませんか。

調べていたら、先述のSHOT SHOW2017メディアデイで撮影された動画が見つかりましたので、下に張ってみますね。



射手の腕前にもよりますが、45口径のハンドガンとしては、かなり撃ちやすそうな印象ですよね。
何しろ、3,000ドル(執筆時点での為替レートだと、日本円で32万円以上!)という高級なガンですから、撃ち心地もさぞかし良好なのでしょうね~。

さて、話しをエアガンに戻しまして、BS-H.O.S.T.試作品のディティールを細かくご紹介いたしましょう。



まずは銃口周りから見てみると、先端に突き出したマズルキャップと、背の高いフロントサイトが目に付きます。
スライド前方部にセレーションが入っているのが、プロの道具っぽくてカッコイイですよね。
また、スライド先端のリーフカット部分が一般的な1911より短い分、シャーシの先端が若干長くなっているのも特徴的です。



このサイトは、サイレンサーを取り付けた時でもしっかり狙えるようにデザインされたもので、実銃ではTall Tritium Fixed Suppressor Sightsと呼称されています。
この製品では、トリチウムを使っていませんけどね(汗)



スライドを引くと、コーンタイプのスレッテッド(アウター)バレルと、ロングリコイルスプリングガイドが現れます。
実銃はブッシングを使ったストレートバレルなので、ここはBS-H.O.S.T.のオリジナル要素ですね。
尚、アウターバレルは BM-45BM-9 同様のメタルタイプです。



マズルキャップを外したアウターバレル先端は14mm逆ネジ仕様になっており、トレーサーやサイレンサーといった各種デバイスの装着が楽しめます。
尚、言うまでもありませんが、スライドは100%合法の樹脂製でございますよ。



ミドルサイズのシャーシは4スロットのレールマウントを備えたダイキャスト製で、下面中央が抉れている部分も含め、実銃のデザインを忠実に再現しています。



リアサイト周りに目を移すと、背の高いリアサイト本体に加え、何やら意味ありげな2本のボルトが気になりますね。



このボルト、実はリアルに造られたモールドでして、リアサイトの中央に見えるのが本当の六角ボルトなのです。



ご覧のように、本当の六角ボルトを外すことでリアサイト周りが分離し、真鍮製のインサートナットが顔を覗かせます。
3つ並んでいる両サイドのインサートナットで、光学サイトを固定するわけですね。



そしてご覧の通り、東京マルイさんのマイクロプロサイトがポン付け可能となっております。



実銃の世界でも流行りつつあるキャリーオプティクスが手軽にお楽しみいただける仕様ですが、この部分もこれから諸々詰めて参ります。



尚、実銃ではご覧のように、リアサイトの前に光学機器を載せるのですが、構造上の問題から、これは再現することが出来ませんでした。

この点につきましては、現在DCI Guns様に専用マウントの製作をお願いしております。
豊富なノウハウをお持ちのDCI Guns様ならきっと、実銃のようにリアサイトの前にオプティクスを搭載出来る形で作ってくれることでしょう!
Sさん、どうかよろしくお願いいたします!!



ちなみに、スライドを少々加工することで、ノーベルアームズ様SURE HIT を載せることが出来ました。



次にトリガー周りを見てみましょう。
トリガー本体は、軽量化のため肉抜きされたカーブタイプで、指が触れる部分には滑り止めのモールドが入っています。



前面にチェッカリングモールドが入ったトリガーガードは、実銃同様に下面と付け根部分が抉られており、より高く(銃身の軸線に近い位置を)握ることが出来るようになっています。
この仕上がりなら、そのままでシューティングマッチに投入出来ますね。



程よい高さのマガジンリリースボタンも表面にチェッカーが刻まれ、確実な操作を助けてくれます。
こちらの画像だと、トリガーガード付け根部分のラインがより良くおわかりいただけますね。




サムセーフティは左右両側から操作出来るアンビタイプを。
ハンマーはオーソドックスなダブルホールタイプを、それぞれ採用しています。
このあたりは、実銃そのままの仕様ですね。

そしてご注目いただきたいのが、グリップ表面のテクスチャーでございます。




グリップ前面はもちろんのこと、背面のハンマースプリングハウジングにまでびっしりと施された滑り止めモールド。
前出の実銃画像と見比べるとパターンが異なっているのですが、実はこれ・・・



はい、今話題沸騰中のSTI Combat Master に採用されているスティプリンのパターンなのですね。

本来であれば樹脂の表面を熱で溶かして刻み込むところを、金型成型で上手く再現しており、充分な滑り止め効果を実現しています。




マグウェルはダイキャスト製で、STIオリジナルのシャープな造形を忠実に再現。
両サイドが上に向かって抉れているのは、マガジンバンパーを掴んで引っこ抜くためのデザインですね。
けっこうな自重があるガスマガジンならその心配はありませんが、まさに戦うための機能です。



見慣れた形状の専用CO2マガジンは装弾数29発と、シューティングにもサバゲにも頼もしい火力を誇ります。



CO2 12gカートリッジのセットは、BM-9のCO2マガジン同様、底部の蓋を外して行います。
マガジン本体側面に穴が開いているのは、安全対策のひとつですね。



そしてアウトプットバルブはもちろん、安心安全高性能のTANIO・KOBA CO2 バルブを搭載!



現段階ではまだ正確なスペックがわかりませんが、本製品もまた、驚きの低燃費を実現できると確信しております。




以上、簡単ではありますが、BS-H.O.S.T.試作モデルの外観レポートを終わります。

浅草ブラックホール会場でも、発売はいつ? 値段はどうなるの?? と、多数のお問い合わせを頂戴しましたが、私デイヴ金子自身も、発売をめちゃくちゃ楽しみにしております本製品。

春頃の発売を目指して鋭意開発中ですので、続報を楽しみにお待ちくださいませ!!













  

PP-2000 CO2GBB、2020年 夏 発売を目指し開発中!

Twitter ( GunsmithBATON@BatonGunsmith )、FB で先に写真をアップしたので、すでにご存じの方も多いでしょうが、ロシアのサブマシンガン PP-2000CO2 ガスガンを開発中です!



[ TANIO-KOBA ] × [ MODIFY ]
PP-2000 CO2GBB
正規ライセンス取得!
STGA認証取得予定!
TANIO-KOBA CO2バルブ純正採用!
3ヶ月ガス漏れ無償修理保証!





このガスガンは台湾 MOA ショーで MODIFY のブースに PP-2K として飾ってあった通り、PP-2000 CO2GBB はMODIFY製です。

Gunsmith BATONではこれまでも、 MODIFY 初のエアソフトガン MOD24 ( SSG24 / MOD24X の前身)、MODIFY 初の電動ガン XTC-G1 を日本代理店・販売ショップとして製品改良に関わってきましたが、MODIFY 初のガスガンとなる PP-2K では、メーカーとして開発から関わることになりました。

上記の通り、ブランド名は [ TANIO-KOBA ] × [ MODIFY ] で、問屋ルートは [ TANIO-KOBA ]ブランド 、Gunsmith BATON販売は [ MODIFY ] ブランドとなります。

ただ、TANIO-KOBA が STGA認証を取得し、Gunsmith BATONにてロジスティクス&アフターサービスを一括で請け負い、三ヶ月無償修理保証とすることなど、CO2GBBシリーズ開発・販売の骨格は これまでのタニオコバトンと同様です。











PP-2000 はロシアの法務執行機関で使われているサブマシンガンであり、プーチンさんが手にすると(実銃写真)ビシッと決まりますねぇ (;^_^A

その実銃写真と見比べてもそん色のない外観を MODIFY PP-2000 は持っていますが、それもそのはず、正規ライセンス取得で実銃のデータから採寸されているリアルサイズです。







マガジンはショート(22発)ロング(56発)を同時開発。本体付属はショートマガジンとなる予定。海外で MODIFY はトップガス / グリーンガスなどと呼ばれる高圧ガスバージョンCO2 バージョンを発売しますが、日本に導入するのは CO2 バージョン ( STGA認証取得予定 ) のみとなります。







また、MODIFYが世界各国に販売するフルパワー仕様の PP-2K CO2 バージョンにも、TANIO-KOBA CO2 バルブが純正採用される見込みです。TANIO-KOBA CO2 バルブの低燃費・高耐久の高性能を世界のお客様に体験していただけることでしょう!







合理的と言えば合理的なデザイン…(;^_^A むき出しのコッキングレバーは左右に曲がるのでアンビとなっています。







レシーバー上部にはレールを標準装備で各種光学機器を搭載可能。……というより、リヤサイトはレール前部でサイトディスタンスが短くバックアップ程度であり、ダットサイトを搭載することが前提のデザインです。







正規ライセンス取得ですのでグリップにはリアルマーキングが施されます。独特な形のセレクターレバーで、この状態はセミオートを示しています。







トリガーガード・フォアグリップ一体型で極寒時にグローブのまま操作できるようデザインされています。フォアグリップの空洞には上のプーチンさんの写真のように専用ライトを装着するためのもの。その PP-2000 専用ライトも開発中で、オプション販売される見込みです。

そのほかにも、PP-2000 専用ホルスターも開発中であり、サファリランドのホルスターベースに取り付けられるようになっています。







これも実銃 PP-2000 と同様の機構で、ストックを外してロングマガジンをストック代わりにすることが出来ます。…予備マガジン保持位置として、あんまり実用的な方法とは言えないような気がしますが、小ネタに使えます ( ̄▽ ̄;)







先日、BM-45 CO2GBB 発売の際に、開発がうまく進むと BS-H.O.S.T.の後、BM-45 セカンドの前、2020年春、さらに新機種を発売 出来るかもしれないと書きましたが、その新機種が この PP-2000 CO2GBB のことだったのです。

……「開発がうまく進めば春」であり、現状、PP-2000は外観は出来ましたが、まだまだまともに動かないので、「たぶん発売は 2020年 夏になるのではないかなぁ…」というのが現時点の見込みです (^^ゞ

これから MODIFYTANIO-KOBABATON airsoft 三社一体となって開発を進めていく所存です。特にガスガンの生みの親であるコバさんの知識と経験により、きっと素晴らしいものになるであろうと期待していてください!















  

【次は CO2 ハイキャパ!】 BS-H.O.S.T. CO2GBB 開発中!

STGA 認定取得、TANIO・KOBA × BATON airsoft コラボレーション CO2GBB シリーズは、まもなく 12月12日に第二弾の BM-45 CO2GBB が発売予定!



……第二弾の発売前なのに気が早いのですが (^^ゞ 続く第三弾の情報をご紹介!


M91911 ときたら……、次は 2011!!



TANIO・KOBA × BATON airsoft
BS-H.O.S.T.(マローダー) CO2GBB
2020年春発売予定









この写真は二ヶ月前、9月に撮影した 3D プリンタ試作ですが、グリップも含めこの試作のスタイルのまま製品化します。


・リヤサイトは H.O.S.T. ( Holographic Optic Slide Top ) で、[ 東京マルイ ] マイクロプロサイトをボルトオン装着可能。スライド上面を少し削れば[ Novel Arms ] シュアヒット MRS も装着可能。もちろん、樹脂スライドです。

・メタルアウターバレルは 14mm 逆ネジでトレーサー装着可能(ショートリコイルはキャンセルというか最初から無しです)。

・マグウェル、マガジンボトムとも STI の形状を忠実に再現。

・TANIO・KOBA CO2 バルブを標準装備して高燃費・高耐久。STGA認証取得予定。




ミリタリー系が 2 丁続きましたが、個人的趣味というか、やっぱりシューターとしてはCO2 の ハイキャパ がどーしても欲しいので一生懸命創りました!

あれもこれも創りたい のですが、まだまだ零細メーカーなもので、順番に造っていかないとマンパワーも資金も追いつきません……( ̄▽ ̄;)
( 「バットンがハイキャパ使いだからって……  イチローさんもご所望のあっちは創らないの?」と多くのみなさんに言われるであろう、あっちの CO2 も、もちろん開発中ですので待っていてください (^_-)-☆ )


いまのところの予定としては、2020年 2月頃BM-9 CO2GBB セカンドロットを発売し、その後、BS-H.O.S.T. という順番になります。

一丁一丁、続々と、楽しいエアソフトガンを創っていきたいと思っておりますので、今後もタニオコバトンに乞うご期待!


※ハイキャパ CO2 は発表当初の BS-MARAUDER から BS-H.O.S.T.に名称変更いたしました( 2020.03.04 )












  

製品版テスト動画! BM-45 CO2GBB は12月12日発売予定です

みなさまから多くのご期待をいただいている、タニオコバトン第二弾、BM-45 CO2GBB は鋭意製作中! 仕様も固まったので、みなさまのお手元に届く製品版でのテスト動画を撮影しました!





・製品版では発射可能弾数が 100 ~ 120 発程度(気温や撃ち方で異なります)

・プロトタイプよりリコイルが大幅に向上。BM-9 < BM-45 < M45A1 というイメージ

・30m での弾道テストも収録。30m 先のマンターゲットにほぼ中てられる集弾性




また、現在のところ発売日は 12月12日(木)を予定しております。コバさん監修のもと日本で全丁分解して最終調整を行っているため当初予定より遅れてしまいますが、よりよい性能を実現するためですので、ご理解頂ければ幸いです。

BM-45 CO2GBB の問屋ルート TANIO・KOBA ブランドモデルはすでにメーカー完売となっており、当店の販売の BATON airsoft ブランドモデル在庫は残り少なくなりました… BM-9 に続いて発売前に完売しそうですので、ご予約はどうぞお早めに <(_ _)>





[ BATON airsoft ] BM-45 CO2GBB
BK / BK grip / FDE
12月12日下旬発売予定・ご予約承中






STGA(全日本トイガン安全協会)認定CO2ガス銃で、改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現した TNAIO・KOBA CO2バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2カートリッジ 1本で約100~120発。

三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。※ Gunsmith BATON にて修理対応。保証書に記載してありますが、お客様から直接 Gunsmith BATON に送付していただき、メーカーですべて対応。

● FDE はアメリカ海兵隊正式採用の M45A1 をリアルマーキングで完全再現。BK は[ COLT ] RAIL GUN を模しており、3ホールトリガーモノトーンプリントグリップブラックアウターバレルを採用。















  

BM-9 CO2GBB マガジン再入荷! 本体も少量放出!

大変お待たせしました、弊社の数量見込みがあまくて、発売前に、しかも本体より前に予約で完売してしまっていた BM-9 CO2GBB のマガジンが再入荷です!











また、初期不良対応のためにストックしておいた予備の本体在庫も放出します! 少量ですので、お早めにどうぞ!

[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証
9月27日(金)発売










● STGA (全日本トイガン安全協会) 認定CO2ガス銃で改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する、製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2 カートリッジ 1本で 120~130発撃てる高燃費 ( 製品版はプロトタイプより初速設定を高めたため、動画よりも発射可能弾数は10~20発減っています )。

● 三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。 ※ Gunsmith BATON にて修理対応。

● 米陸軍 次期制式ピストルトライアル に参加ピストルをモデルアップ。カラーは純正色の FDE、BK の2色を同時発売。樹脂スライド、樹脂レシーバー、メタルアウターバレル ( 14mm 逆ネジ)















  

BM-45 CO2 GBB 鋭意製作中です!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

ガスガンにとって厳しい季節を迎え、各方面からの期待の声がますます高まっております、タニコババルブ搭載 STGA認定CO2ガスガン第二弾BM-45 CO2GBB



ただ今弊社ではタニコバさんご監修の下、一日でも早くお客様に商品をお届けすべく、全スタッフが一丸となって製作を進めております。




海外の工場から上がって来た商品をそのまま販売出来たら、お客様をお待たせすることも無いのですが、より安全な製品をお届けするために、全挺もれなく分解調整を行います。




タニコババルブの繊細な調整作業と、そのチェックを行うタニコバさん。
BM-45の完成度を高めるために、実売数が数十万挺という大ヒット商品を生み出して来られたその知識と経験を惜しみなく提供してくださっています。




弊社のベテランチューナー川口が、ズラリと並んだパーツを前に黙々と作業を進めております。
トレイに詰まったパーツ群がどの部分を分解したものか、おわかりになりますでしょうか。



タニコバさんと弊社代表のバットン大塚が、次なる企画の打ち合わせ中・・・
今後の展開にも、どうかご期待くださいませ。


ご覧いただきましたようにBM-45はただ今、全力で製作を進めております。
発売は11月下旬から12月上旬を予定しておりますので、どうかもう少しだけ、楽しみにお待ちくださいませ!!


[ TANIO・KOBA × BATON airsoft ]
BM-45 CO2GBB
11月下旬~12月上旬発売予定!

(全国各ショップで注文受付中)



















  

流速ルーズバレル OF で 50m 必中の精度!……精度 " は " (;^_^A

流速ルーズバレル OF の試作機 で、今度は 50m撃ち をしてみました!

流速ルーズバレル OF はただいま再生産中です。Gスペック用は欠品しており申し訳ございません。いましばらくお待ちください。










50m / 10発のグルーピング 30~38 cm 。これぐらいの集弾性があれば 50mでマンターゲット必中と言っても過言ではないでしょう!





…が、それは性能的には中てることが出来るというだけで、サバゲ実戦で必中は無理です…… 30mでゼロインして、50mでは 1.5m以上も上を狙ってるので ( ̄▽ ̄;)



この銃は競技での 30mの集弾性を追求したセッティングBLS の超重量弾を使っているのでこんな狙点になります (^^ゞ こんなに上を狙う迫撃砲のような弾道では、サバゲの時は距離を測るスポッターが隣にいてくれないと中てられっこないですw





さて、そんな競技専用銃 の 30m / 10発のグルーピングは 二桁mm に突入しました!







ただし、10発撃って 1発でもフライヤーが出るとグルーピングは大きく開いてしまいます……(;^_^A 「 VSR-10ではこのぐらいで限界かなぁ」って気もしてきましたので、次の銃を造ってみましょう (^_-)-☆



BATON Range 初の 30m/50m スナイピング月例会 は、10月27日(開催予定! チューニング自慢のみなさまのご参加をお待ちしております ノシ

今週末は、本日19日(APS カップ月例会、明日20日(JANPS 月例会を開催。いずれも 2F のレンジA で開催ですので、スチール/コンバットシューティングの レンジS、そしてロングレンジは、今週土日も通常通り使用できます。















  

BM-9 CO2GBB は CDX カートリッジ非対応、PUFFDINO のみが対応

[ TANIO・KOBA × BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB は、これまで、「対応 CO2 カートリッジは PUFF DINO もしくは CDX カートリッジ」としてきましたが、CDX カートリッジ が抜けないという修理が発売 3 週間で 10件ほどきております (※ PUFF DINO で同様の症状は確認されていません)


恐れ入りますが、 [ TANIO・KOBA × BATON ] CO2GBB シリーズ対応の CO2 は PUFF DINO CO2 12g カートリッジのみと変更させていただきます ( ※ CDX カートリッジ並びに BATON CO2 カートリッジを使用すると抜けない可能性があります)。

ご迷惑、お手数をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。












[ PUFF DINO ]CO2 12g カートリッジ 6本セット


















  

タニオコバトンの製品開発は 40m " 裏 " レンジで (‘・ω・́)ゝ

開店以来、平日でも多くのお客様にご来店いただきご好評をいただいております、日本最大のシューティングレンジ BATON Range

……これまで あちこちでシューティングレンジを造っては潰し を繰り返してきた私としては、正直、最初からこんなにたくさんのお客様に来ていただけるなんて思っていなくて (;^_^A 、びっくり&ありがたい限りです <(_ _)>



シューティングレンジは、ショップ Gunsmith BATON の調整&チューニングに、そしてメーカー BATON Airsoft の開発にも必須です。

BATON Range は、上記のように、常時、お客様にご利用していただいている状況ですが、実は、弊社には " 裏レンジ " があります。Gunsmith BATON の倉庫で、最大40m弱の距離を撃てるのです! icon22







昨日も TANIO・KOBA コバさんにご来訪いただき、裏レンジで撃ち込んでおりました。

恐れ入ります BM-9 CO2GBB は、ハイパー道楽さんの動画にあるように、ロングレンジでホップのかかりが不安定な症状が出ています。M45A1 ( BM-45 ) CO2GBB は弾道に問題なかったのですが、BM-9 でのこの症状を改善すべく、その原因究明と改良パーツの設計に、TANIO・KOBA、BATON Airsoft、そして台湾の製造メーカー、三社一丸となって取り組んでいるところです。ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんが、いましばらくお待ちください。





PS.
コバさんは愛車の コペン ( マニュアル ) でご来店くださいました!



きびきびした走りでさっそうと帰っていったコバさんの姿に痺れました (≧◇≦) コバさんのような歳の重ね方をして、ずっと趣味を楽しんでいきたいものですねぇ face05















  

コバさんこだわりのシルバーマガジン!

昨日の情報公開に間に合わなかったのですが ( いろんなスケジュールをぎりぎりの綱渡りでまわしているもので… (;^_^A )、BM-45 CO2マガジン シルバーの画像が届きました!



[ BATON airsoft ] BM-45 CO2 マガジン ( BM-45 CO2GBB 用 )
11月下旬発売予定・ご予約承り中






このシルバーマガジンは、TANIO・KOBA × BATON の共同開発を始めた当初から、コバさんが 「造りたい!」 と主張していたものなのです face01

私はあまり気にしていなかったんですけど (^^ゞ シングルガバの CO2 マガジンは カートリッジが丸見えになってしまうので、「 CO2 カートリッジが目立たないシルバーボディがいい」とコバさんがこだわっていた部分でした。その コバさん シルバーマガジンも、なんとか BM-45 の発売に間に合いました!


※ 従来の M45A1 CO2GBB に BM-45 用 CO2 マガジン ( TANIO・KOBA CO2 バルブ付 )を使用する際は、シリンダーを BM-45 用に交換してください。また、M45A1 CO2GBB 用マガジンのパーツ交換用として TANIO・KOBA CO2 バルブ来年 2月末日まで期間限定でパーツ販売致します。







あと、これも私が気にしていなかったM45A1 CO2GBB リヤサイトのプラスネジ も、あちこちで指摘されたので (;^_^A 、BM-45でマイナスネジに直しました。

まだまだ新興エアソフトガンメーカー & 新人のエアソフトガン開発者で(…というか、私、バットンは開発プロデューサーと言うべきですね) 至らぬところも多く、開発をしていてつい気づかず見過ごしてしまう部分もあるのですが、みなさまのご指摘・ご意見を参考に、改善できる部分はどんどん変えていきたいと思っております <(_ _)>

















[ BATON airsoft ] BM-45 CO2GBB
BK / BK grip / FDE
11月下旬発売予定・ご予約承中








STGA(全日本トイガン安全協会)認定CO2ガス銃で、改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現した TNAIO・KOBA CO2バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2カートリッジ 1本で約140発。

三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。※ Gunsmith BATON にて修理対応。保証書に記載してありますが、お客様から直接 Gunsmith BATON に送付していただき、メーカーですべて対応。

● FDE はアメリカ海兵隊正式採用の M45A1 をリアルマーキングで完全再現。BK は[ COLT ] RAIL GUN を模しており、3ホールトリガーモノトーンプリントグリップブラックアウターバレルを採用。

























  

BM-9 CO2GBB セーフティについて

[ TANIO・KOBA × BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB はみなさまにご好評をいただき誠にありがとうございます。

恐れ入ります、BM-9 のセーフティはスライドを右に押しながらセーフティをかけると効かないということが判明いたしました。







また、BM-9のセーフティはハンマーをコックした状態でかかります。セーフティをかける際は 「 ハンマーをコックし、スライドを押さずにセーフティレバーを操作してください」。 恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。















  

タニオコバ CO2 バルブの秘密も公開! ハイパー道楽 『 BM-9 CO2GBB 』 レポート

エアガンレビューサイト " ハイパー道楽 " さんで、BM-9 CO2GBB のレポートが掲載されました! タニオコバ CO2 バルブの詳細も取材されていますよ! face05


ハイパー道楽
『 タニオコバ x BATON airsoft BM-9 CO2GBB 』


















  

BM-9 CO2GBB 9月27日(金)発売決定!

Gunsmith BATON の所沢移転のため通販業務を休止中で、ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

引っ越しは順調に進んでおり目途がつきましたので、お待たせしておりました、[ TANIO・KOBA × BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB の発売日を 9月27日(金)に決定いたしました!


[ TANIO・KOBA ] ブランドの問屋流通分は、各小売店様に 27日(金)に届くよう、各問屋様へ納品させていただきます。

[ BATON airsoft ] ブランドの Gunsmith BATONGun Shop BATON ご予約のお客様には 28日( 配達日指定で発送させていただきます ( ※ 「 配達は ● 曜日に」 等、お客様のご希望がある場合は 28日以降の該当日指定)。来週、順次、発送ご連絡を送付いたしますので、いましばらくお待ちください。



さあ、いよいよタニオコバトン第一弾が発売です! 続く、第二弾 ( 2019年11月 BM-45 CO2GBB )、第三弾 ( 2020年 1月 予定 )、BM-9 CO2GBB セカンドロット ( 2020年 2月予定 )、第四弾( 2020年 3~4月予定 )、第五弾( 2020年 夏予定 )、and more and more !! もお楽しみに (^_-)-☆





[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証
9月27日(金)発売










● STGA (全日本トイガン安全協会) 認定CO2ガス銃で改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する、製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2 カートリッジ 1本で 120~130発撃てる高燃費 ( 製品版はプロトタイプより初速設定を高めたため、動画よりも発射可能弾数は10~20発減っています )。

● 三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。 ※ Gunsmith BATON にて修理対応。

● 米陸軍 次期制式ピストルトライアル に参加ピストルをモデルアップ。カラーは純正色の FDE、BK の2色を同時発売。樹脂スライド、樹脂レシーバー、メタルアウターバレル ( 14mm 逆ネジ)















  

BM-9 CO2GBB メーカー完売御礼! 2nd ロットは… その前にも…

9月末発売予定の [ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB は、発売前にご予約で完売いたしました。みなさまから多大なるご期待をいただき、誠にありがとうございます!


とはいえ、当店 Gunsmith BATON 販売分の [ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB は完売しましたが、問屋ルートの [ TANIO・KOBA ] BM-9 CO2GBB流通在庫があるとは思いますので、発売後、各地の小売店でお求めいただければ幸いです。

また、BM-9 CO2GBB のセカンドロット2020年 1月~2月を予定しています。その前に本年度中に BM-9 CO2 マガジンは再入荷予定です。



……そして、さらに予告しておきますと、BM-9 CO2GBB セカンドロットの前に、11月と、12月~1月に、タニオコバトンで CO2GBB を 2機種 新発売予定です! (^_-)-☆


第一弾の BM-9 CO2GBB すら発売前 (;^ω^) ではございますが、第二弾となる 11月発売予定のニューモデルを、本日開催の Vショーで展示しておりますので、ぜひ、7階の Gunsmith BATON ブースまで足を運んでいただければ幸いです ノシ







2020年にも、さらに 2~3 機種の CO2GBB 新発売を目指して開発を進行させています (‘・ω・́)ゝ これからの TANIO・KOBA × BATON airsoft に乞うご期待!
















  

BATON airsoft M45A1用CO2 カートリッジホルダーガスケット再入荷です!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

BATON airsoft M45A1 CO2GBBユーザーの皆様、大変長らくお待たせいたしました。

長らく欠品しておりましたCO2 カートリッジホルダーガスケット待望の再入荷でございます!



今回はいつもより多目に仕入れておりますので、すぐには売り切れないと思うのですが、ご希望の方はお早目のご注文をお願い出来れば幸いです。

…ただ、実はこのカートリッジホルダーガスケット、そんなに頻繁に交換しなければならないパーツではないのです。





事実、八王子店店頭で試射用に展示しているM45A1のマガジンは、今年2月の展示スタート以来軽く数万発以上を撃っていますが、一度もカートリッジホルダーガスケットを交換しておりません

CO2ガスカートリッジをマガジンにセットする際の力加減さえ間違えなければ、このような長期間の使用にも耐えられるのです。




上はCO2マガジンのカートリッジホルダー(黒い部分)とカートリッジホルダーガスケット(赤い部分)、そしてCO2カートリッジ(灰色の部分)の関係を表した概念図です。
ここからは便宜上、カートリッジホルダーをホルダー、カートリッジホルダーガスケットをガスケット、CO2カートリッジをカートと表記します。


CO2マガジン底部の六角ネジを締め込むことで、カートホルダーに向かって押し付けられます。




ホルダーの中央に突き出した針状の部分がカートの封印を突き破るため、一瞬CO2ガスが漏れ出すのですが、引き続き六角ネジを締め込むことでカートの先端がガスケットに密着し、CO2ガスの噴出が止まります。

具体的には、シュッ! という音がした次の瞬間には、ガスの噴き出す音が止まる感じですが、この時点でカートはしっかりセットされており、これ以上六角ネジを締め込む必要は無いのです。




ガスケットカートの先端が密着し、ガスの噴出が止まっているにも関わらず、六角ネジを限界まで締め込んでしまうと、ガスケットが圧縮され、ホルダーの内壁にそって変形して行きます。




このように一度潰れたガスケットが復元することは無く、本来のクッション性が失われるため、カート先端に密着することが出来なくなってガス漏れを引き起こします。

ガス漏れが起きたといって弊社に戻って来るCO2マガジンの内、実はかなりの数のガスケットがこの状態に陥っているのです。




ではどれくらい六角ネジを締め込むのが適切なのかを、画像でご覧いただきましょう。

BATON airsoft M45A1用CO2マガジンカートをセットし、まずは画像のように六角ネジ先端とカートの末端が密着するところまで軽く締め込みます。




この状態で六角レンチを画像の角度になるよう挿し込んだら、時計回り方向にぐるりと一気に締め込みます。
※六角レンチのスタートはやりやすい位置で構いません。



この際、360度回したあたりで シュッ! とガスが漏れ出す音がしますが、そこで躊躇せずさらに120度ほど締め込むと、ガスの噴出が止まります。

ガスケットの状態によって、締め込む角度に若干の誤差はありますが、いずれにせよガスの噴出音が止まっていれば、カートは正しくセットされているということなのです。

いかがでしょうか、さらにグイグイと締め込んでいた方はいらっしゃいませんか?


消耗品であることは確かですが、正しく使えば長持ちしてくれるCO2 カートリッジホルダーガスケット
今月末に発売が控えておりますBM-9 CO2GBBも構造的には一緒ですので、CO2マガジンの正しい取り扱い方法として、是非この記事を参考にしてくださいませ。


[ BATON airsoft ] BM45-A05-X CO2 カートリッジホルダーガスケット 250円(税別)





[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBB 【 3ヶ月ガス漏れ無償修理保証 】 BK/FDE 12,800円(税別)、BK Grip Limited 13,200円(税別)







[ BATON airsoft ] 1911 CO2 マガジン【 3ヶ月ガス漏れ無償修理保証 】 2,980円(税別)




[ BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB
STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証



















  

BM-9鋭意製作中!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

気が付けば8月も終盤。つい先日まであんなに暑かったのが、ここ数日は最高気温が30℃を下回ることもあり、随分過ごしやすくなったように思います。

こうなって来ると、このまま夏が終わってしまうのは寂しいような気がして来るのですから、まったく現金なものですが(汗)、急な温度変化で体調など崩されないよう、皆様どうか気を付けてお過ごしくださいね。




さてさて、いよいよその発売が間近に迫って参りました、タニオコバ・ BATON 共同開発で STGA 認定取得の CO2 ガスガンBM-9 CO2GBB ですが、ついに先日、待望の量産品が当八王子店にドーンと到着いたしました! 





上は本体と予備マガジンの詰まったカートン箱の山ですが、ざっと計算すると全部で約1.2トンの重さがありますので、作業場に軽自動車が2台停まっているようなものですね。

この量をスタッフ総出で搬入したわけで、私デイヴ金子、いまだにちょっと筋肉痛が残っております。やはり寄る年波には勝てませんねぇ・・・(涙)




この大量のBM-9と予備マガジンですが、もちろん右から左へ流すわけではありません。
1挺ずつ、1本ずつ丁寧に開封し、出荷のために必要な加工を施して、お客様にお届け出来る製品へと仕上げて参ります。




上の画像は、ある加工を施したBM-9 CO2マガジンですが、ここに本製品の眼玉とも言えるこちら、




トイガン業界最強のアイディアマンであるタニコバさんの設計によって、驚異的な低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を組み付けるのです。

ちなみに、STGA認定のTANIO・KOBA CO2 バルブは、ユーザーレベルでの分解が出来ない構造になっておりますので、万が一の故障の際は、弊社にて修理を承ります。




バルブを組み付けたマガジンは、CO2 12g カートリッジをセットしてのガス漏れの有無と、実際に撃った際の初速チェックを経て完成となります。

尚、先日の浅草ブラックホールでも展示したサンプルからさらに動作の安定性を詰めた結果、発売される製品の初速は80m/s 前後に。CO2 12g カートリッジ1本での発射可能弾数は 120〜130発程度になっております。

事前情報から、ほんのちょっと初速と撃てる数が少なくなりましたが、その分動作の確実性がアップしておりますので、どうかご期待くださいませ。




以上のように、只今フル回転で製作を進めております [ TANIO・KOBA / BATON airsoft ] BM-9 CO2GBB [ BK / FDE ]初回出荷は 9月上旬の予定ですが、弊社ネットショップ及び店頭でのご予約分、問屋ルートのご予約分共に受注済みの全量を出荷することは出来ない(製作が追い付かない)ため、両者ともに同じ割合の数量を出荷いたします。

残るご予約分につきましては、弊社引っ越し後の10月上旬〜中旬頃に二次出荷を予定しており、この二次出荷が完了するまでは店頭での販売を行いませんので、まことに恐れ入りますが、ご理解のほどをお願い申し上げます。


お待たせする分、最高の製品をお届けいたしますので、どうか楽しみにお待ちくださいませ!!


STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証










● STGA (全日本トイガン安全協会) 認定CO2ガス銃で改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する、製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2 カートリッジ 1本で 120~130発撃てる高燃費。

● 三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。 ※ Gunsmith BATON にて修理対応。

● 米陸軍 次期制式ピストルトライアル に参加ピストルをモデルアップ。カラーは純正色の FDE、BK の2色を同時発売。樹脂スライド、樹脂レシーバー、メタルアウターバレル ( 14mm 逆ネジ)






※残り僅か!


















  

【浅草ブラックホール】BM-9大好評でした!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

むせ返るような酷暑が続いていますが、皆様ご体調は大丈夫でしょうか。
昨日までの3連休、天気が良いのは嬉しかったものの、あれほどの暑さでは出かける気力も削がれたのではないでしょうか。

もっとも、エアコンで冷えた屋内は快適ですが、屋外との温度差で体調を崩す場合がありますので、くれぐれも気をつけてくださいね。
かつてアイスクリーム工場でのバイトで、マイナス30℃の冷凍庫と28℃の屋外を行き来して、心身ともにおかしくなった私が言うのですから、間違いはありません(極端すぎる例ですけどね)。


さてさて、去る8月10日と11日の土日に、長い歴史を持つミリタリーイベント2019'夏祭り浅草ブラックホールが、浅草の都立産業貿易センターにて開催されました。
当ブログ読者の皆様の中にも、会場に足を運ばれた方がいらっしゃるでしょうね。





そのブラックホールに出店された有限会社タニオ・コバ
様にて、話題騒然の新製品、BM-9 CO2GBBを展示するということで、私デイヴ金子がお手伝いに行って参りました。





タニオ・コバさんの社名と、弊社が制作した乙夜さんのカッコいい看板が目印のブースで、ご覧のようにBM-9 CO2GBBを展示。




FDEモデルを入れたケースには、製品安全検査の合格証の写しが収められていました。STGA(全日本トイガン安全協会)の認証を受けるためには、こうした公共機関による検査を通る必要があるわけですね。




そして開場と同時に、多くのお客様がBM-9を見に来てくださいました。

安全面の都合上、BB弾の発射は出来ませんでしたが、CO2カートリッジを入れた状態での作動は存分にお試しいただきました。
画像にはモザイク処理をを施しておりますが、皆様一様に楽しそうな表情だったのが嬉しかったですね~!




そして、会場奥の特設ステージで行われたトークショーでは、タニコバさんこと、タニオ・コバ社長の小林太三さんによるBM-9 CO2GBBの解説が行われました。
画像は、製品安全検査についてお話しされているところですね。




エアガンのパワーソースとして、CO2がいかに優れているかを力説するタニコバさん。
海外ではCO2が主流なのに、エアガン発祥の地である日本だけが遅れている現状を憂いておいででした。




トークショーの進行役は、戦うフォトグラファーとして活躍中のトモ長谷川さんが務められていました。
トイガンのみならず、実銃の世界にも精通しているトモさんですから、タニコバさんのトークの受け手としては最高の適役です。




そんなトモさんが、BM-9 CO2GBBの実射性能を検証するということで、特設シューティングレンジにておよそ5m先に置いたペットボトルの蓋を狙い撃ったのですが、見事に1発で命中!

無論、トモさんの腕前あってのデモンストレーションでしたが、BM-9の実射性能の高さをご覧いただけたのは実に嬉しい限りでした。




どさくさ紛れに、タニコバさん、トモさんとの3ショットを撮ってもらっちゃいました(汗)

それにしてもタニコバさんの若々しさには、お会いするたびに驚かされます。
他人から見た自分は、あんなにも溌剌としているだろうかと考えされられちゃうんですよね。
私もまだまだ頑張らねば!!

というわけで、浅草ブラックホールでの、BM-9 CO2GBBお披露目レポートを終わります。

二日間、タニコバブースからほとんど動けなかった(お客様が引きも切らなかった)ので、他ブースの様子についてのレポートが無いことは、どうかご容赦くださいませ(汗)

さあ、次は9月のビクトリーショーでお会いしましょう!




※ BM-9 CO2GBB は問屋流通もある関係上、これまでのようにご予約順に随時出荷ではなく、初回出荷 ( 9月上旬 ) 二次出荷 ( 10月上旬 ) に分かれて、それぞれ一斉出荷となります。また、ご予約分の二次出荷が終わるまで店頭販売は行いません。どれだけの数量を初回出荷出来るかはまだ不明ですので、お早めにご予約いただければ幸いです。

STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証










● STGA (全日本トイガン安全協会) 認定CO2ガス銃で改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する、製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2 カートリッジ 1本で 約140発撃てる高燃費。

● 三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。 ※ Gunsmith BATON にて修理対応。

● 米陸軍 次期制式ピストルトライアル に参加ピストルをモデルアップ。カラーは純正色の FDE、BK の2色を同時発売。樹脂スライド、樹脂レシーバー、メタルアウターバレル ( 14mm 逆ネジ)






















  

イチローさんのブログにBATON airsoft M45A1が!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

さて突然ですが、多くのガンマニアが心の師と仰ぐ、かのイチロー・ナガタ氏のブログ、TACTICAL LIFEは、皆様当然ご存知のことと思います。



私デイヴ金子も、朝な夕なに拝読している一人なのですが、昨日8月10日に投稿された記事にて、イチローさんのご子息であるケンシロウ君が、弊社のM45A1 CO2GBBを撃ってくれているではありませんか!!




ビシッと決まったアイソサリーズの構えに、ピシッと伸びたトリガーフィンガーが素晴らしいケンシロウ君。
自ら志して銃の訓練を受けているということですが、ハンドガンの扱い方を学ぶにあたって、リアルなトイガンは格好の教材になりますよね。
それにしても、イチローさんとマンツーマンでの射撃訓練、羨ましい限りです!




新作のマグマグパウチに刺さったCO2 12gカートリッジが頼もしい限りですが、ここはやはり予備マガジンをキッチリと並べたいところですよね~。

現在、M45A1 CO2GBB用のCO2マガジンは在庫を切らしているのですが、間もなく再入荷する予定となっておりますので、入荷次第、ケンシロウ君のお手元に届くよう手配したいと思います。

ケンシ君、もうちょっと待っててくださいね!
そしてイチローさん! ご愛息の訓練に、弊社製品を使っていただき、まことにありがとうございます!!

我々日本に住むガンマニアも、今やその気になりさえすれば、実銃を撃つという夢はたやすく実現可能ですからね。
その日がいつ来てもいいように、皆さんもBATON airsoftのCO2GBBで、是非練習してくださいませ!























  

バトン八王子店で [ タニオコバ × BATON ] BM-9 CO2GBB 試射出来ます!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

7月26日(金)の情報解禁以来、まさに話題騒然となっております弊社新製品、[ タニオコバ × BATON ] BM-9 CO2GBB



ミリブロニュースをはじめ、ハイパー道楽さんでの速報や、ストライクアンドタクティカルマガジン誌、PEACE COMBAT誌で掲載していただいたレポートのおかげもあって、大変な反響を頂戴しております。

先週末も,BM-9目当てとおっしゃる大勢のお客様にご来店いただいたのですが、展示中の生産試作サンプルの出来栄えを見て、その場で予約してくださる方も多数いらっしゃいました。




現在展示中の試作サンプルは当店シューティングレンジにて、1マガジン約20発分の試射を無料で体験していただけますので、ご希望の方はスタッフまでお気軽にお申し付けくださいませ。

※試射可能なサンプルはブラックモデルのみとなります


尚、BM-9につきましては、連日多くのお問い合わせをいただいているのですが、リコイルの強さについてのご質問が、そのほとんどを占めている印象です。

〇〇社の●●と比べると、どれくらいのリコイルがあるのか、どっちの方がリコイルが強いのか、等々、皆様のお気持ちはわかり過ぎるほどにわかるのですが、ブローバックの衝撃を数値化出来ない(数値化出来る環境が無い)以上、具体的にはお答えのし様が無いんですよね・・・。

参考までに、弊社にて絶賛販売中の[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBBと撃ち比べてみると、腕に響く衝撃はM45A1の方が明らかに強く感じます。



M45A1の本体重量(マガジンを含む)は約710グラムで、ブローバックの際に動く部分(バレルやリコイルスプリングガイドを覗いたスライド本体)の重量は、132.7グラムです。
対して、BM-9の本体重量は約850グラムもあるのに、ブローバックの際に動く部分は、M45A1より46グラムも軽い86.7グラムしか無いのです。

どちらの方がより強いリコイルを感じられるかは、火を見るよりも明らかですよね。

ただ、同じCO2をパワーソースとする両者ですから、スライドの軽いBM-9は、M45A1よりも高いスピードでブローバックするため、ビシッという鋭い衝撃を生み出します。
例えて言うなら、ミドル級ボクサーとライト級ボクサーの、パンチの質の違いといった感じでしょうか。
あれ? かえってわかりにくいですか??(汗)

その違いをおわかりいただきたく、簡単な動画を作ってみましたので、是非ともご覧くださいませ。
それぞれのリコイルの質の違いが、少しでも伝わりましたら幸いです。



※動画中、BM-9のグリップから伸びている黒い紐状の物は、盗難防止用のケーブルです

BM-9のリコイルの感触を強いて例えるなら、一般的なバスブローバックガンを、真夏の炎天下で熱くなったマガジンで撃った時の、あの感じに似ているかもしれません。

もっとも、あくまで私デイヴ金子の主観でしかありませんので、参考程度に聞き流しておいてくださいね。


発売が待たれるBM-9ですが、ネットショップの方でもお知らせしております通り、10月上旬予定の二次出荷が終わるまで、店頭での販売は一切行いません。

いち早く入手して、その実力に触れたいとお考えの方は、今すぐにでもご予約をお願い致します!




※ BM-9 CO2GBB は問屋流通もある関係上、これまでのようにご予約順に随時出荷ではなく、初回出荷 ( 9月上旬 ) 二次出荷 ( 10月上旬 ) に分かれて、それぞれ一斉出荷となります。また、ご予約分の二次出荷が終わるまで店頭販売は行いません。どれだけの数量を初回出荷出来るかはまだ不明ですので、お早めにご予約いただければ幸いです。

STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証










● STGA (全日本トイガン安全協会) 認定CO2ガス銃で改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する、製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2 カートリッジ 1本で 約140発撃てる高燃費。

● 三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。 ※ Gunsmith BATON にて修理対応。

● 米陸軍 次期制式ピストルトライアル に参加ピストルをモデルアップ。カラーは純正色の FDE、BK の2色を同時発売。樹脂スライド、樹脂レシーバー、メタルアウターバレル ( 14mm 逆ネジ)














もちろん、BM-9 純正パーツも、すべて通販でお気軽にご注文いただけます face01



















  

[ PEACE COMBAT ] BM-9 CO2GBB レポート動画

STGA 認定取得のCO2 ガスガン、BM-9 CO2GBB は、発表と同時に、過去最高の出だしでご予約をいただき誠にありがとうございます! PEACE COMBAT 誌様が BM-9 CO2GBB のレポート動画を製作してくださいましたので、どうぞご覧あれ (^^)/


















※ BM-9 CO2GBB は問屋流通もある関係上、これまでのようにご予約順に随時出荷ではなく、初回出荷 ( 9月上旬 ) 二次出荷 ( 10月上旬 ) に分かれて、それぞれ一斉出荷となります。また、ご予約分の二次出荷が終わるまで店頭販売は行いません。どれだけの数量を初回出荷出来るかはまだ不明ですので、お早めにご予約いただければ幸いです。

STGA認定CO2ガスガン
TANIO・KOBA CO2バルブ採用
三ヶ月ガス漏れ無償修理保証










● STGA (全日本トイガン安全協会) 認定CO2ガス銃で改正銃刀法で定める0.98ジュール以下に適合する、製品安全検査に合格した製品。

● 低燃費・高耐久を実現したTANIO・KOBA CO2 バルブ(特許取得済)を純正採用。ランニングコストを低減、初速がより安定し精度が向上。※ CO2 カートリッジ 1本で 約140発撃てる高燃費。

● 三ヶ月ガス漏れ無償修理保証。 ※ Gunsmith BATON にて修理対応。

● 米陸軍 次期制式ピストルトライアル に参加ピストルをモデルアップ。カラーは純正色の FDE、BK の2色を同時発売。樹脂スライド、樹脂レシーバー、メタルアウターバレル ( 14mm 逆ネジ)














もちろん、BM-9 純正パーツも、すべて通販でお気軽にご注文いただけます face01



















  

全CO2ガスガン対応 [ PUFF DINO ] CO2 12g カートリッジ新発売!

BATON CO2 12g カートリッジ は先端部が太く、対応する CO2 ガスガンが、APS と 弊社販売の CO2ホルダーを拡幅したものに限られていて、ご不便をおかけし申し訳ございませんでした…

そこで、CDXシリーズ含む、すべての CO2 ガスガンに対応 したカートリッジ形状の、台湾製 [ PUFF DINO ] CO2 12g カートリッジ の取り扱いを開始いたしました!


[ PUFF DINO ] CO2 12g カートリッジ
50本セット 4,400円 ( 1本 88円 )
6本セット 580円 ( 1本 97円 )





台湾 『 PUFF DINO 』 は30年以上の歴史を持つ、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジア、北東アジアおよびアフリカの 39ヵ国にガスを輸出する大手ガスサプライヤー。エアソフトガン用 CO2 12g カートリッジは高品質で各国のエアソフトユーザーに愛用されています。
※ 株式会社バトンTradingは PUFF DINO CO2 12gカートリッジの日本総代理店です。







生産しているのは中台興科学工業という会社です。PUFF DINO ブランドとしては1986年からですが、中台興科学工業の創業は 60年以上前という歴史のある会社で、台湾の工業用エアゾール ( スプレー缶 ) シェアナンバー 1 です。

その工場も巨大で ( 工場内撮影禁止でしたので中の写真はありませんが (^^ゞ )、先日、CO2ガスガンを推進する STGA ( 全日本トイガン安全協会 ) の技術顧問、TANIO-KOBA の小林太三さんと一緒に見学に行きました。タニコバさんも、PUFF DUNO の製造工程や品質管理を実際に見て 「良い製品だね」 と太鼓判を押してくださいました!

当店販売の CO2 12g カートリッジは、現状の BATON CO2 (中国製 は在庫限りで販売終了とし、PUFF DINO CO2 (台湾製に切り替えます。これからもより一層楽しい CO2 ガスガンライフを目指し、より良い商品をお届けできるよう努力していきます。







6月 18日以降出荷の当社 CO2GBB はCO2 ホルダーの拡幅加工を行わず、BATON CO2 は非対応となります。恐れ入りますが、PUFF DINO CO2 をご使用いただければ幸いです。

APS CO2 ガスガン ( DRAGONFLY シリーズ )、 並びに、6月17日以前出荷の当社 CO2GBB は BATON CO2 対応です。在庫売切特価といたしますので、この機会にお得な CO2 をご使用いただければ幸いです。


[ BATON airosft ] CO2 12g カートリッジ
50本セット 3,500円 ( 1本 70円 ) 売切特価!



















  

ハイパー道楽に 『 M45A1 CO2GBB レビュー 』 が掲載!

日本最大のエアソフトガンレビューサイト 『 ハイパー道楽 』 さんに、[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBB のレビューが掲載されました!






ガスガンですが撮影時は真冬…(;^_^A 気温 11 ℃ での 実射動画 も掲載されていますので、みなさまも M45A1 CO2GBB低温性能 をご検証いただければ幸いです。









































  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP