【APSカップ】 祝!グランドマスターバッジ獲得!【石の上にも4年】

本日、9月17日、埼玉県 富士見市市民総合体育館で開催されたAPS カップ 『富士見公式練習会ハンドガンクラス』に、私、バットン、参戦してまいりました。



結果…




185点-2X ( ブルズ:93-2X、プレート:52、シルエット:40 )
最高峰の グランドマスターバッジ 獲得です!






私が着けているヘンテコなメガネは、射撃メガネ+アイリスシャッター というもので、カメラの絞りのように絞ることで被写界深度を深くする=目のピントが合う範囲を広げるものです。

この前の7月の本大会までの ダットサイト(フリーサイトクラス)から、今期はアイアンサイト(オープンサイトクラス)に転向したのですが、老眼がひどくなってきた私は、この射撃メガネ+アイリスシャッターがないと、特に10mあるシルエットでターゲットがぼやけてしまってきちんと狙えないのですよ (;^_^A

そんな特殊なメガネを使ってでもオープンサイトクラスに転向したのは、ずばり マスターバッジグランドマスターバッジ が欲しかったからなのですが(オープンサイトクラスはバッジ獲得に10点有利)。クラス転向初戦で、これまでのエキスパートバッジから、一足飛びに最高峰のグランドマスターバッジを獲得することが出来て、超嬉しいです face05




今年でAPSカップを始めて 4 年目、最初の 3 年間はまったく上達の気配がなくて正直辛かったのですが、それでも 撃ち続けてきたら良いことありました!



私を APS カップのセカイに引きずり込んでくださった 石井健夫さん

一緒に練習していろいろ教えていただいた 蔵前APS週末会のみなさん

いつも射場を提供してくださって、そして、中古で錆び錆びだった20年物の APS-1 GM を ここまで中る銃に仕上げてくれた 蔵前工房舎 桑田シャチョー様

そして、APS主催者のみなさま参加者のみなさま



おかげさまで、ここまで続けてこれました
ありがとうございます! <(_ _)>
そして引き続き、よろしくお願いいたします!










次は、10月28日(土) 公式記録会ライフルクラス(ライフルもグランドマスターバッジ獲得を目指して)、そして、11月26日(日) は愛知県岡崎市で開催される公式練習会ハンドガンクラス(今回は2位だったので、いつかは優勝を目指して) に参戦しようと思っています (`・ω・́)ゝ


PS. 10月8日(日)に、蔵前工房杯(ライフルクラス)があるのですが、その三連休は私は家族旅行なので残念ながら不参加です。なんか、凄い賞品が出るらしく、ハンディキャップ戦なので、みんなに優勝のチャンスがあって面白そうですよ (^_-)-☆















  

【第27回 APS カップ】 2 ステージクリーン! そして、 【東京本大会 ライフルクラス】

本日7 月15 日、第27回 APS カップ 東京本大会 ライフルクラスが、東京都立産業貿易センター台東館で開催されました。





私、バットン・オーツカは、万全のチューンを施した APS-2 流速・極 で参戦。

最初の競技はプレートでした。プレートはマッチプレッシャーとの戦いであり、本大会の雰囲気にのまれ、心臓の鼓動の大きさは半端ではなかったですが、無事にクリーン60点

満射がかかったプレート最後の小ジャマーを撃つとき、狙点通りのセンターにBB弾が吸い込まれていき、APS-2 流速・極 の精度を確認出来たので、ムーバーは気が楽でした。こちらも無事にクリーン40点



2 競技終わった時点で、フリーサイトクラスでプレートをクリーンしたのは私ただ一人( オープンサイトクラスでは 2 人クリーン)、ムーバーをクリーンしたのは全競技者中で私ただ一人でした。

まわりにもてはやされても韜晦してはいましたが、正直、この 2 ステージクリーンで、優勝とマスターバッジ獲得(190点以上)は確信していました。上手くいけばグランドマスターバッジ獲得(195点以上)、さらに上手くいけば ライフルクラス初の200点満点で歴史に名を刻めるかもしれない と思っていました ( ̄ー ̄)








そして、最終競技はブルズアイ。10発ありますが、初弾がもっとも大切です。ここで、絶対に10点を外さないよう、慎重に慎重に呼吸を整え、スコープが「X」に乗っても慌てず、1秒以上かけてトリガーを絞り…



「バイーン」


… !? 発射音が変ですし、ターゲットに弾痕がありません。まさかと思いマガジンを確認すると…入ってませんでした ( ;∀;)

ええ、大切な初弾は、マガジンを入れ忘れて空撃ちでした。ここから立ちなおせるほど、私の精神力は強くなく、ブルズアイはボロボロに崩れて、結局、74-1X



「なるべくなら、ガンにマガズィンは入れておいた方がいいと思うぞぉ、バットン」 と、心の中のイチローさんに言われた気がしました (;^_^A




ごめんなさい、ごめんなさい、
全方位に向かって申し訳ございません ((+_+))





結果、174-1X6 位入賞でした。





調子に乗っていると手ひどいしっぺ返しをくらう… シューティングマッチは、まるで人生の縮図のようです。

こうして、私の APS カップ ライフルクラス 2017 は 別の意味で歴史に名を刻んでしまいました が、何度ミスをしても、打ちのめされても、やっぱりシューティングマッチは超面白い face05


諦めません、勝つまでは (`・ω・́)ゝ



さあ、明日は、APS カップハンドガンクラスに参戦。
もちろん、全力を尽くして勝ちを狙います!




※結局、中っている APS-1 にダットを載せて、3 ではなく 1 で出ることにしました (^^ゞ

















  

【 APSカップ 】 APS-1 GM M97 分解レビュー 後編 【 + チューン 】

中編から続く





ここから APS-1 GM 機関部の分解に入りますが、先に APS-1 の弱点、トリガー位置対策を書いておきます。APS-1 はトリガーの位置が調整できますが、一部、手がとても大きな人を除いて、ほとんどの人がトリガーを最後部に調整してもまだ遠いはず…







そこでトリガーアジャスターの黒く塗った矢印部分を削ってしまいましょう (^_-)-☆







うちはフライス盤がありますから、フライスで削りましたが、気長に鉄やすりで削っても施工可能でしょう。







これで、3mm ほどトリガーを後ろにセットすることが出来ました。たかが 3mm ですが、人差し指の腹でトリガーを引けるか否か、この差が大きいのです。







では、シアー類を外していきます。シアーは 3 つに分かれていて、ピストン側から A → B → C という名称です。

ピストンを抑えるシアー A のピンには左右にスプリングがセットされていますが、左右でセット位置が違うので注意。上の写真はレシーバー左側です。







そして、こちらがレシーバー左側のスプリングセット位置ですので、取り付けが分からなくなったらご参照ください。



私の APS-1 は初速を 75 m/s → 93 m/s に蔵前工房舎で上げてもらったので、強化シアースプリングに交換、シアーピンもシロートピン(素人でも簡単に取り付けできるって意味での名称なのかな face02 )に交換してもらいました。

初速が 70 m/s 台というのは、この個体が低いのではなくて、もともと、この年代の APS-1 GM は初速が低いのです。この低初速でも集弾性は良いのですが、APS カップハンドガンクラスは、6m → 10m まで距離の違う 3cm 角のターゲットを狙うシルエット競技があり、低初速だと狙点の変化が大きくなってしまいます…

ダットサイトなら狙点の変化が大きくてもなんとかなりますが、アイアンサイトでターゲットの上を狙うと、ターゲットが完全にフロントサイトの裏に隠れて見えなくなってしまうので、こうして初速を上げて弾道の変化を少なくしてもらったのです。







シアー A スプリングを飛ばさないように注意しながら外したら、シアー A ピンを抜きます。







トリガーベースを押している、トリガーベーススプリングを外します。このスプリングはやたら硬くて外しにくいので、曲げないように注意…



そう、このトリガーベーススプリングはやたら硬くて、明らかにトリガープルを重くしています。なので、カスタムスプリング等に交換して、軽くしたいところですが、ここで、前編を思い出してください

「不要ですけど、取っておいてください」と書いたグリップセーフティパーツのスプリングをトリガーベーススプリングと交換してしまいます。これでトリガープルがだいぶ軽くなりますよ (^_-)-☆







トリガーベーススプリングを外したら、グリップアダプターを固定しているピンを抜きます。







グリップアダプターを下に引き抜きます。








トリガーベースを固定しているピンの E リングを外してピンを外し、シアー A 、シアー B のピンも外します。







写真上から、シアー A 、シアー B 、シアーC + トリガーベース です。蔵前工房舎 クワタシャチョーの職人技でシアー C を加工していただき、素晴らしいトリガープルに仕上げてあります face05







これでシリンダーも抜けて分解完了です。上で初速調整したことを書きましたが、カスタムシリンダーは使わず、ノーマルシリンダーを開けていただきました。この ノーマルシリンダーの開け方も職人技 ですので、APS-1 のチューンを依頼するときに見せてもらうと楽しいですよ (^_-)-☆







こうして、内部は蔵前工房舎フルチューンで、APS-1 GM M97 は素晴らしい性能となり復活しました! さらに外装もカッコよくしたいので『 そめ Q 』で赤にカラーリング。

グリップは黒ですが、この写真のように、そめ Q ベースコートを下地に塗っておけば、きれいに発色します。







MARUZEN APS-1 GM M97 BATON special 完成! icon06


いきなりクライマックスというか、いきなり完璧仕様に仕上げました。さっそく、蔵前 APS 週末会で撃ってみて、オープンサイトでの挙銃に自分が慣れていないプレートはともかく、ブルズアイとシルエットは十分当たっていましたので、性能はもう文句なしです!

手間とお金をかけましたが、これから APS カップハンドガンクラス オープンサイト部門に参戦するにあたって、これで銃の心配はせずにテクニックだけを磨いていけばいいわけなので、集中して練習できます。



…さあ、こうして新しい銃が完成したので、今年のAPS カップ東京本大会が終わるまで、APS-1 は封印 face03

来月の本大会はノーマルの APS-3 Ltd 2017 で フリーサイト部門(ダットサイト)に挑みます (`・ω・́)ゝ








PS.

APS-1 に変えるきっかけでもあった、APS-3 の 水溜まり問題ですが、蔵前工房舎では、APS-3 の保管時はこのようにコンプレストレバーを開放して、バレルを下向きにしておくことを推奨しています。



先週の蔵前 APS 週末会でも、参加者の一人が、「APS-3の弾道がおかしい」と言っていて、クワタシャチョーが分解してみたら、シリンダーにかなり水が溜まっていました… シリンダーの水が発射時にパッキン・バレルにまわってしまうので、弾道がおかしくなってしまうのも当然ですよね face07

APS-3 水溜まり対策としては、湿度が高いときはエアコンをかけて湿度を下げてから撃つこと、そして、上記写真のように保管時はシリンダーを開放して少しでも水を蒸発させること。そしてたまには蔵前工房舎でシリンダーを分解してもらって水抜きをすること、でしょう。


今の時期は東京本大会前で練習したくてたまらないかと思いますが、梅雨の時期でもあるので、APS-3 ユーザーのみなさんは気を付けたほうがいいかと… (;^_^A
















  

【精密射撃】 5m ~ 300m まで、より取り見取り!

週末は、土曜日に、蔵前 APS 週末会( APS カップ練習 ) → TARGET 1 スナイパーコンテスト 2017 Round 2参戦、翌日曜日は長瀞射撃場で開催された『 東村山市民大会』 (エアライフル)参戦 と、精密射撃一人三種競技状態でした w




※ ターゲット1 では、普段、タクティカル系シューターの方が目にすることはないであろう(タゲワンのスタッフさんも前回 「初めて見ました」 って言ってたし)、射撃コートに みなさん興味津々でした (^^ゞ



さて、前回は優勝できたスナコン、R2 の結果は…


初日 7位 / 12人中(スナコンは土日2日間の合計による競技で、まだ発表されていないので暫定です)と、あまり冴えない結果でした (;^_^A

前回優勝銃の新次元 仮設弐号機 は、レンタル銃にしていたらピストン・シアーが壊れてしまい、試合までに修理・調整が間に合わず、急きょ、APS カップに使っている TYPE 96 流速 SP での参戦でした。

前のテストで分かりましたが、20m で集弾性を上げるためにはある程度のホップ回転が必要で、10m 専用機で極弱ホップに調整している TYPE 96 ではスナコンの 20m には合いませんでした…

でも、結果は結果。その競技に適応した銃を用意できなかった自分の責であり、それぞれの競技で難しいです。また次回 (‘・ω・́)ゝ



一方、土曜日トップの方はなんと 電動ガン! セパレートメカボのシリンダーを チャンバーと一体化して削り出しで製作したという独自チューン! 物理的に剛性が向上し、理論的にノズルの位置が一定化するから精度が向上すると思われるわけで、見事、結果を出していました。精密射撃にかける情熱が素晴らしいですね!( 銃の写真撮らせてもらえばよかったな (^^ゞ )








さて、翌日は射撃コートの本来の使い方というか、NSR 埼玉県長瀞射撃場で開催された 実銃、エアライフルの初試合でした!



こちらは競技を始めたばかりですから、成績は515点 / 600 点満点。まあ、APS カップでいうと マークスマンレベル といったところで、なんてことないんですが、これで自分にとっての基準点が出来たので、自分に克つため、これから修練に励んできたいと思います (‘・ω・́)ゝ





自分の競技より興味深かったのは、300mで射撃するラージボアライフルのお手伝いをさせていただいたことです!



300m先の精密射撃競技って、こんな射台で撃つんですね face08 コンクリに囲まれたインドアということもあり、ライフルの発射音は音圧で身体全体が押されるほどの大迫力でした。







シューターは手元の画面で300m先のターゲットの着弾を確認できます。このあたりはハイテクなのですが…






300m先の監的壕はこんな感じになっていて、ターゲットの交換は手動。このターゲット交換は射撃場の方がやってくれるわけではなく、自分達で交換しなければならないので、その日の参加者でラージボアライフルを撃たないシューターがお手伝いをするわけです。

木枠に紙のターゲットを貼って、写真背後のラダーでターゲットを地上に上げます。300m向こうのシューターから見ると、地下からターゲットがせりあがってくるのです。







ターゲットはこれぐらいの大きさで、黒丸のなかに入れば、マンターゲット上半身ぐらいってとこかな ?







射台と監的壕との行き来は、地下のトンネルを通っていきます。さすがに距離があるので、自転車が置いてありました (^.^)









こちらが射台の後方にある計測室で、電話で監的壕と連絡を取ることが出来ます。300mのラージボアライフルは40発。試射で1枚使い、1つのターゲットに10発ずつ撃つので本射は4枚。合計5枚のターゲットを交換するわけです。






こうして、様々な精密射撃を楽しんだ週末でした (^_-)-☆ 前述のスナイパーコンテスト初日トップの方に、APSカップやエアライフルのことを熱心に質問されましたが、あれだけの情熱をもって「精度」に挑んでいらっしゃるのですから、5m~10m のAPS カップ10m / 20 m のスナイパーコンテスト10mのエアライフル50mのスモールボアライフル300mのラージボアライフルと、日本でもいろいろな精密射撃競技に挑戦できるので、ぜひ、お好みに合った競技を楽しんでいただきたいものですね (^^)/
















  

【 APSカップ 】 APS-1 GM M97 分解レビュー 中編 【 + チューン 】

前編から続く

【 レビュー + チューン 】





現在、私は APS-3 2017 Ltd で APS カップ フリーサイト部門(ダットサイト等光学機器を載せていいクラス)に参戦しています。APS-3 君は、この前の公式でクラストップを獲れたし、精度に満足しているのですが、今回 APS-1 を買い足したのは、オープンサイト部門(アイアンサイト・ピープサイト等、目とターゲットの間にレンズがないサイト)に参戦するためです。


APS-1 を選んだ理由は 2 つあって、まずひとつは、サイトディスタンスが APS-3 より長いので、精密射撃時のサイティングには有利であること。



APS-3 もハンドガンとしてはでかいですが、APS-1 は、もはやライフルを手で持っているようなもんですね。オートマグよりでかいです w



そして、もう一つの理由は発射形式の違いで、APS-3 (コンプレストエアー式)より、APS-1 (エアーコッキング式)のほうが、気温・湿度の変化による弾道の変化が少ないからです。

APS-3 は外気を圧縮するので、そのときの気温・湿度によって初速・弾道が変わりますし、湿度が高い時は水がシリンダーに溜まったりと気を使います。その日の弾道によって、微妙にシルエット各距離( 6m - 10m )での狙点を変えたりしなければなりません

その点、「APS-1 は環境に影響されずらく、季節を通じて安定している」と、蔵前常連組のみなさんもおっしゃるので、APS-1 を試してみたくなった次第です face02




分解や外装カスタム(トリガー位置変更グリップ塗装)は自分でやりましたが、チューニングは蔵前工房舎のクワタシャチョーに一任で、「バトンさん、これもやっといたほうがいいよ」と言われたことはすべてお願いしました (^^ゞ 今回施工したのは、

インナーバレル交換、バレルスペーサー O リング交換、ホップアップパッキン交換、バレルワッシャー交換、シリンダー開封&スプリング交換、トリガープル調整(シアー C 加工)、強化シアースプリング装着、シアー A ピンをシロートピンに交換、トリガーベーススプリング交換、トリガー引きしろアジャスター追加、マガジンスプリング交換、集光アクリルサイト装着

です。これだけやるとそれなりの金額がかかったわけですが20年前の APS-1 が、新品以上の仕上がりとなりました! 試射した感じでも、最新機種の APS-3 2017 Ltd と比較して、精度は同等レベルで大満足 face05



これで銃のほうは完成したので、あとは来年のAPSカップ本大会にむけて(※)、オープンサイトの練習に励みます (`・ω・́)ゝ

※いくら銃が良くても、慣れていないオープンサイトの付焼刃では成績も出せないので、来月の今年の本大会は APS-3 でフリーサイト部門に出ます (^^ゞ





後編に続く

















  

【 APSカップ 】 APS-1 GM M97 分解レビュー 前編 【 + チューン 】

20年前のエアソフトガンを買いました!



MARUZEN
APS-1 GM M97 でーす
face05




※写真はカスタム済みです。


" M97 " とあるように、この銃は1997年のリミテッドモデルです。2017年現在、残念ながら APS-1 GM は生産されておらず、流通在庫もないので、手に入れるにはヤフオク等で中古を買うしかないのです (*_*;

で、手に入れられないものにはプレミアがついていて、それなりの落札価格でしたが ( APS-3 の新品のほうが安いです… )、なんとかゲット致しました。

そして、20年物なのでメンテ必須なわけですが、ネットを調べても、写真付きで APS-1 GM の分解を解説しているページを見つけられなかったので、自分の備忘録がてら、分解・レビュー・チューニングをブログに書こうと思います (`・ω・́)ゝ



※注 : この APS-1 GM 分解レビューの内容は、蔵前工房舎のクワタシャチョーにいろいろ教えてもらったことを書いています。うちはチューニングショップ Gunsmith BATON ですが、基本的に電動ガンチューニングショップで APS のチューンはちょっと無理なので、APSのチューンは蔵前工房舎さんに依頼をお願いいたします (^^ゞ

クワタシャチョーは日本一の APS 職人ですから、間違いなく最高の APS を造ってくださいますよ!





【 APS-1 GM 分解前編 : バレルまで 】






まずはグリップ奥のプラスネジを外します。このグリップ固定ねじは六角ねじに交換しておくと、次からラクに組み立てできます(六角ねじならヘキサゴンレンチに載せて保持したまま奥まで入れることが出来るから)






グリップを外すとグリップセーフティーも外れてきます。このグリップセーフティは " 要らない子 " なので、あとでグリップに接着してしまいます。







シリンダースクリューを外します。








シリンダースクリューを外すと、ボルト一式が外れるのですが、このときセーフティ関連パーツがポロポロと落ちてくるので注意(ボルトを外さなくてもセーフティ関連パーツの着脱は出来ます)。

レシーバー右側のパーツの配置は上記写真の通りなので、組み上げるときの参考にどうぞ。







レシーバー左側のセーフティ関連パーツ(青丸で囲んだパーツ)はグリップセーフティ用なので不要なのですが、あとで使いますので取っておいてください (^_-)-☆ ( どこでどう使うかは「後編」で解説します)







スライド内側のシリンダーハンドルコネクターにハンドルをクリックストップさせるプランジャーがくっついてきますので無くさないように注意。







[ 広告 ] 可動部には、プラスチックパーツを侵さない実銃用ガンオイル [ BATON airsoft ] Gun Oil 5-7 を塗布しておきます (^_-)-☆







APS-1 は細かいパーツが多く、似ているスプリング、同じようなネジが多数使われていますのでセクションごとにビニール袋に入れて保管しておくと、組み立てのとき迷わないですし、紛失する心配が減ります。







フォアエンド固定ねじを外します。このネジはアウターバレルを貫通し、チャンバーも同時に固定しています。







このフォアエンド固定ねじは、このあと外すトリガーガード固定ねじと同じ太さですが長さが違います。どちらがどちらか分からなくならないようマスキングテープで貼っておきます。







フォアエンドピンを外します。このフォアエンドピンを組むときは右側から入れるということを覚えておいてください。







トリガーガード固定ねじを外します。








これでトリガーガードを外せます。








アウターバレルを前方に引き抜きます。








インナーバレルをアウターバレルから引き出すと、BBストッパー&BBストッパーカバーがチャンバーから外れてポロリと落ちてきます。チャンバーはインナーバレルにねじ込まれています。

BBストッパーは金属製ですが、撃ちこんでいくと摩耗して減っていき、BB弾が後ろにこぼれてきます(シリンダー側に落ちてきます)。そうした不具合が出たら、BBストッパーの交換が必要です。







APS-1 はノンホップで、スペーサを挟んで2つのパッキンがあります。20年物のパッキンはカピカピに硬くなっていましたので、蔵前工房舎で新品に交換しました。

蔵前工房舎は、MARUZEN APS-1、APS-2、APS-3、TYPE 96 の純正パーツを豊富に在庫していますので、困ったときはご相談を!(逆に「蔵前工房舎に無いパーツはメーカーにも無い」と言っても過言ではないでしょう w )。







20年物のインナーバレルは錆び錆びでした( ヤフオクでノークレームものですから (;^_^A )。内側は割ときれいには見えたのですが、クワタシャチョーに「ダメだよ、こんなバレルじゃ当たんねーよ」と一蹴されたので、蔵前工房舎の在庫バレルに交換してもらいました。

インナーバレルはホルダーが圧入されていますし、この APS-1 GM M97 はスペーサーもさび付いてアウターバレルに固着していて自分では外せなかったのですが、クワタシャチョーは冶具を駆使して無事に外して下さいました!



中編に続く

















  

【APSカップ公式】 APS-2 OR 爆音☆流速SP デビュー! 結果、

決戦は土曜日から続く



【第一章 蔵前→錦糸町→世田谷→掛川】


時系列を追って記載。26日(金)1300蔵前工房舎。昼食から帰社したクワタ社長の手により、APS-2 OR 爆音☆流速SP へアルミストックを装着。

同日1420、蔵前工房レンジへ前日調整に訪れていた、イザワさん、ナカツガワさん、タケさん、ナツアキさんと5人で点取り。APS-2 OR 爆音☆流速SP で、192-4X を記録。性能を確信。明日の公式はTYPE96 ではなく、新造のAPS-2で挑むことを決断。



27日(土)0800APSカップ JASG主催 すみだ公式記録会ライフルクラス会場到着。設営お手伝い。同日1030 競技開始。




第一競技、ムーバー。1ダウンの38点(40点満点)。競技開始前の3発の試射でも、3Xに入ったこともあり、さらに性能を確信。「デビューウィン!」という言葉が頭を巡る。


同日1140、第二競技、ブルズアイ。1発目Xに着弾。2発目、大きく右にそれて5点着弾。冷や汗が流れるとともに心拍数激増、膝が震え始める。結果、5点×2、8点×3を撃ち、84-2X(100点満点)。我、完全に意気消沈


同日1315、第三競技、プレート。自信を失い、プレートがやけに小さく見える。結果、第一ターン・大ジャマー、第二ターン・中ジャマーに敗北。結果、34点(60点満点)。



スコア 156-2X 惨敗を喫す






… APS カップが早く終わったため、自宅に戻りエアライフル装備に切替。同日1615、世田谷運動公園にて、実銃エアライフルを練習。パーソナルベストを493点から527点に更新。






再び自宅に戻り、次は JANPS 装備に切替。東名高速道路に入る。2030、足柄SA "青" 吉野家でカツ丼蕎麦セットを夕食とする。2130 足柄SA ホテルハイエースにて就寝。





28日(日)3:15起床。メールをチェックし海外取引先との商談、社員への指示、各ECサイトの状態確認等々の仕事を終えた後、ブログ執筆(←イマココ)


本日800、掛川にて、JBC並びにJANPS予備校参戦予定










【第二章 結果は結果。言い訳です (;^_^A 】



てなわけで、APSカップは近年まれにみるほどのボロボロでした。やっぱり気負っていくとしっぺ返しをくらいますね。我ながらメンタルの弱さが嫌になります (-_-;)

言い訳をしておきますと、APS-2くんは、まだトリガーボックスがノーマルで、ちょっとトリガーの引きが重くてストロークが長かったのです(TYPE96はPDIのトリガーボックスを入れてギリギリまで詰めています)。

ブルズで5点に外した後、トリガープルが気になるし、逆に気にしすぎてガク引きするしで、「やっぱりノーマルトリガーじゃ厳しいんじゃないか…」とか考えてしまいました。調子が良い時はこのトリガーでも問題なかったのですから、余計なこと考えずに、「ジワリとトリガーを引く」ということだけに集中すればよかったんですけどね。



まだ、トリガーを変えていなかったのは、「パーツが結構高いから、まああとでいっか (^^ゞ 」と思っていたからなのですが、こうして失敗すると、納得のいくまで銃を仕上げていなかったことが悔やまれます…



トリガーボックスが高いとはいっても、パーツ類で一番高いのはアルミストックで、今回はウェイトやらなんやらオプションを付けたので、結局、ほぼ10万円かかりました (なにげに、中古で買ったエアライフルのバウくんより、このAPS-2のストックのほうが高いです (;^_^A )。

APS-2のノーマルストックは、形状がプローン主体のスナイパーライフルのもので、立射競技には向かないので、こうしてみんな、アルミストックを買ったり自作したり、昔発売されていた木ストを着けたり、あるいは実銃用ストックを加工して装着したりしています。



正直、APS カップライフルクラスは、銃を作ることから始まるので敷居が高いと思います。残念ながら、現在、APSカップライフルクラスに参戦可能なエアソフトガンは生産されていないので、自分のようにこうしてヤフオク等で中古で買って自分で手を入れていくか、もしくは蔵前工房舎でコンプリートカスタムを購入するかぐらいしかないですね(参戦出来るレベルになるまで、結構な手がかかりますので、蔵前のコンプリートもそれなりの値段がするのは仕方ないです。自分で作ってみると、クワタ社長の苦労、かかる工賃がよく分かります)。



シューティングマッチには、実銃エアライフル APS カップハンドガンクラスのように、ノーマル箱出しの性能で十分なので、銃に手をいれることなく、シューターの技量だけで勝負出来るもの、

APS カップライフルクラスJANPS ・ ビアンキカップのように、ノーマルでは勝負にならないので、銃を作ること+シューターの技量で勝負するもの、


の 2 種類があるかと思います。どちらのシューティングマッチも好きなんですけど、もともと銃をイジるのが好きで Gunsmith BATON を始めたワタクシですから、そりゃ一生懸命に銃を作ることも楽しんでいるわけなのです (^_-)-☆






【終章 まん " 銃 " こわい… ]



そんなこんなで、APSカップライフルクラス終了後、「やっぱり試合のマッチプレッシャーは恐ろしい…」って話をしていたら、石井健夫さんに、

「だから言ったじゃん、『シューティングマッチにハマると大変だよ』って。ロスの空港からイチローさんの家に行くレンタカーのなかで確かに言った。説明責任は果たしているから!』

と言われました。確かにそう聞いた記憶があります (;^_^A 思い起こせば5年前、ワタクシがシューティングを始めたきっかけは、石井さんが Gunsmith BATON アキバ店シューティングレンジで開催していた『PMC練習会』に参加したからですし、そのあとも、ことあるごとに、石井さんにいろいろご指導を受け導かれ、APSのセカイに飛び込んだのも石井さんがきっかけでした。


いまになって、こうして何度となく痛い目にあって、ようやく石井さんの言葉の意味が分かってきた気がします。



シューティングマッチにハマると

楽しくて、楽しくて、やめられない!

こりゃ大変だ (^^ゞ




さて、今日もいっぱい撃ってきまーす ノシ























  

【 例のアレ、完成 】 決戦は土曜日

精度アップのためのバレルカットから続く



たぶん、ギリギリ間に合った、


ずっと作っていた、APS-2 OR 爆音☆流速 SP の内部機構完成!






さきほど蔵前公房舎に電話して APS ライフル用アルミストックの在庫を確保しておいてもらったので、明日、装着。実際に APS カップのステージを撃ってみて、問題がなければ、明後日、土曜日のAPS カップ JASG主催 すみだ公式記録会ライフルクラスにて、こいつをデビューさせる予定。



Gunsmith BATON チューンの性能を証明できるか否か、

いざ、ショーブ、ショーブ! (^_-)-☆





















  

【優勝スペシャルが撃てます!】 新次元くん、レンタルガンに復帰

先日はタイラップとガムテで仕上げた仮設でしたが、マルイさんからパーツ(ストック固定ボルトとマガジンキャッチ)が届きましたので、流速ルーズバレル 6.10 の性能試験器である新次元くんGunsmith BATON 八王子店シューティングレンジのレンタルガンに復帰です!(射撃音の機構は壊れてます (;^_^A )





最長15mでのスナイピングを楽しんでいただければ幸いです。ただ、レンタル用として撃ち放題の弾は、新次元には 0.25g BB弾 です。この銃が真価を発揮するのは 0.38g BB弾 なのですが、すみません、0.38g で撃ちたい場合は別途ご購入をお願いいたします <(_ _)>




また、レンタルガンにテプラを貼っておきましたが、まもなく登場の新ルーズバレル、M40A5 / G-スペック、VSR-10用は、流速ルーズバレル 6.10 X という名称に決まりました!





このバレルは、ただいま台湾の工場で鋭意生産中ですので、恐れ入りますが、いましばらくお待ちください。おそらく5月下旬~6月には発売出来るかと思います (‘・ω・́)ゝ





この新次元くんが優勝した ターゲット1 スナイパーコンテストは、8種目ありますが、フリースタイル(テーブルでバイポッド可)が5競技、プローンが2競技、スタンディングが1競技ですので、ほぼ依託射撃で 【 ベンチレスト射撃競技 】的なものです。


「ベンチレスト射撃というのは、銃を手で持って構えず、台の上に置いて引きます。 ~中略~  スポーツと言えばスポーツですが、銃と弾の技術コンテストのようなものです。このノウハウは、実用的なハンティング銃や狙撃銃の命中精度向上に役立ちます。」

狙撃の科学』 かのよしのり 著 より


スナコンの成績は銃の性能に大きく依存する競技ですが、ムーバーやターゲットランダム出現ステージ等々、ゲーム性を高めていますし、依託射撃であってもベンチレストのように銃を完全固定ではないですから、射手のトリガーの引き方次第で結果が変わります ( 私も大きくミスしたステージが2つありました (;^_^A )


また、かのよしのり さんはこうも書いています。

「もちろん、実用性を無視した特別な銃で得られた結果を、そのまま実用の銃に応用しても、顕著に命中精度が向上することはありません」


新次元仮設弐号機20m のスナコン用TYPE 96 流速SP10m の APS カップ用にセッティングして造ったスペシャルです。

当店、Gunsmith BATON は基本的にサバゲ用電動ガンチューニングショップであり、30m~50mが主な交戦距離になるサバゲにおいて、即、これらの競技銃の集弾性を実現できるわけではありませんが、こうした開発と実戦を経て得た理論とノウハウを随時投入して、良い銃をみなさまにお届けしていきます (‘・ω・́)ゝ

そして、BATON airsoft チューニングパーツも開発してまいりますので、乞うご期待!
















  

【これは行きたい】 3-GUN NATION Hong Kong !! …なぜならCAM870は日本で撃てないから

当店が代理店である香港 APS には CAM 870 シリーズというショットガンがあり、とってもカッコイイモデルがあれこれあるんですよ face02














そして、CAM870 シリーズが凄いのはショットシェルが非常にリアルだということ face08



1列にBB弾を入れるのではなく、シェル内にじゃらじゃらと弾を詰め、ワッズで押し出す「実」と同じ構造です。だから、上記写真のように、4.5mm、6mm、8mmのBB弾の組み合わせで装弾数も変わるという夢のようなショットシェル!(なので、CAM870はインナーバレルなし)



…まあ、このショットシェルの構造だけ見ても、あまりにもリアルすぎて日本には無理なんじゃねと感じるかと思いますが (;^_^A CAM870 はアメリカでもATF ( 火器及び爆発物取締局) から おもちゃとして認定を受けて販売されています(アメリカなのでマズルがオレンジ仕様)。

※台湾でCAM870の違法改造者が逮捕される事件がありましたが、これは違法改造した人が捕まったのであって、APSは告訴等されていません。もちろん、事件を受けて、警察とAPSで話し合ったそうですが、事件後も、台湾でCAM870は玩具として販売されています。



日本ではカートリッジ蓄圧式のエアソフトガンは、コクサイ M29 事件、 アサヒ M40 事件、タナカ カシオペア事件で実銃認定されて摘発されています( Wiki 遊戯銃の事件 より)。また、カートリッジ蓄圧式のタナカ ショットガンは法律違反の認定はされていませんが、カシオペア事件後、製造中止になったそうです。

カートリッジ蓄圧式ショットガンの法律的解釈は弊社が判断できることではないのでノーコメントですが、弊社は CAM870 を取り扱いません。その理由は、CO2 リキッドチャージだからです。

CAM870 はインナーバレルもないのでCO2 だからといってもパワーはたいしたことはなく 0.2g BB 弾で 85 m/s 前後ですが、CO2 リキッドチャージ方式であり、CO2 チャージャーは従来の代替フロンガス方式のガスガンにCO2をチャージ出来てしまうので、これはNG。低圧ガス仕様のガスガンに高圧ガスを入れてパワーアップさせるのは明確に違法であり、CO2 チャージャーがあるとそれが出来てしまうからです。





~閑話休題~


前置きが長くなりましたが、下記の動画をみてこの記事を書いたのです。「コレはぜひやってみたい! CAM870を撃ってみたい!」 と強く思った 3-GUN NATION Hong Kongの動画です!



3 Gun Nation Airsoft Outdoor Shooting

3 Gun Nation Airsoft Outdoor Shooting Match Extended Version with English subtitles

3-Gun Nation Hong Kongさんの投稿 2017年3月10日




2017 3*GUN NATION HONG KONG ARMED FORCES OUTDOOR MATCH

2星期前3-GUN NATION香港舉辦了大型的戶外比賽, 下次比賽將在6月份. 再次多謝大家的參與, 6月再見!!!
2 Weeks ago 3-GUN NATION HONG KONG held a big outdoor party, the next match is in June. Thanks everyone for participating, See you all in June.

Video Credit: Brian Cheung, Cody Tam.

三軍外展中心
Armorer Works
Activepro
AIP Airsoft
Dominator International
Fight Club Custom Coating - Cerakote HK
Fight Club Custom - International
Poseidon
PTS Steel Shop
Supreme Co. 永高行
Sword Tactical Supply
ASA TASK FORCE - HKASA - Action Air 3 Gun Team
香港氣槍射擊會 Hong Kong Airsoft Shooting Association (IPSC Action Air) Since 1996
PTC Practical Training Centre
Double Tap

3-Gun Nation Hong Kongさんの投稿 2017年4月4日




凄いですよね~!face05 香港には、CAM870 を使って走り回る 3 ガンマッチが出来るこんな広大なアウトドアフィールドがあるんですよね!

『 3-GUN NATION Hong Kong 』はマッチを主催している団体であって、このフィールドは三軍外展中心というところです。もちろん、シューティングマッチだけでなくサバゲも盛んで、このフィールドの動画、香港系でよく出てきます (PLAN BETAもよくここで撮影してます)。



こんなところで走り回りながらガンガン CAM870 を撃ちまくって、カッコよくリロードしてみたい (≧◇≦) いつか、香港出張がてら訪問して、3ガンマッチに参加してみたいと思ってます。CAM870 は前述のとおり日本では撃てませんが、おもちゃとしてはとても面白いものです。実銃射撃だけじゃなくて、日本では撃てないエアガンを撃ちに海外に行くのもありだよね (^_-)-☆
















  

【速報!】スナコン初日首位獲得! (*^^)v

TARGET 1 スナイパーコンテストは土日の2日間開催で、どちらか都合の良いほうに参加すればいいので、競技結果は2日目の今日が終わらないとわからないのですが、嬉しいので書かせてください (^^ゞ



Gunsmith BATON
新次元 仮設弐号機&バットン
スナコン初日首位獲得!



…シューティングマッチのセカイに飛び込んで5年、仮にでもトップに立つなんてことなかったので、とっても嬉しいのです! しかも自社のチューニングの性能によってこのポジションに付けたので、嬉しさ倍増です! (≧◇≦)





この新次元 仮設弐号機は、実は、流速ルーズバレル G-SPEC 用の試作機であります。

その流速ルーズバレルの詳細は追って書きますが、試作での性能を確認できたので、次回、6月のスナイパーコンテストには量産版のルーズバレル(5月発売予定)で参加しようと思っています。そんなことを、ほかの参加者の皆さんに話したら…


「でも、たいていの場合、
量産型より試作機のほうが良いですよね ( ̄▽ ̄)」


と言われました (;^_^A

※ まあ、その方も冗談で言っただけです。そのあと「エンジニアとして、そんなことはありえないことはもちろん分かってますよ。製品版の品質を向上させるために試作を重ねるのですからね face02」とおっしゃってましたから (*^。^*)



こういうガンダム的お約束
若い人にもすっかり定説になってますな w
















  

「そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる !! 」 は、あながち間違いでもないかもw

例のアレ、ストックを肩に担ぐ構え方ですが、
を見ると、必ずしも間違いとは言い切れないような気もしたりしてw






…スナイパーライフルを精密射撃の立射のスタイルで構えると、ストックが思い切り上になってしまうんですよね (;^_^A 顔を垂直に立てた状態でサイティング出来るよう挙銃すると、スコープとチークパッドの関係上、この位置になるのです。



エアライフル競技、APSカップライフルクラスで使われている、下記のようなメカメカしいアルミストックは、ポジションを調整するため、ストックパッド、チークパッド等の各部がアジャスタブルになっています。






しかし、調整機構のないスナイパーライフルのストックで立射しようとすると最初の写真のようになってしまい(スナイパーライフルは基本、プローン姿勢のための形になっているのですね)、これではストックを身体にあてられないので、普通はどうするかというと、



こういうストックパッドを下にずらすカスタムパーツで対処するわけです。…なんですが、最初の写真の銃は急ごしらえだったので、とりあえず家にあるものでなんとかしようと、メガネレンチを付けてみました (^^ゞ




ストックに穴を開けて、バイク乗りの修理の友、タイラップで縛り付け、ガムテで保護しています。まあ、リコイルのないエアソフトガンですから、これでもなんとかなるわけです。





そして、この銃はなにかというと、今週末に開催される TARGET 1 スナイパーコンテスト 2017 Round 1に参戦するために急きょ形にした…


Gunsmith BATON
新次元 仮設弐号機
でーす ( ̄ー ̄)




スナコンに参戦しようと思いついたのが火曜日、水曜日にタゲワンでテストして、その夜に急ごしらえし、昨日の木曜日、もう一度タゲワンに行ってセッティングして、3日間でとりあえず形にしました。肩付けのためのメガネレンチだけでなく、グリップの角度修正サポートハンドの土台スポンジとガムテで造作してます (;^ω^)


この銃はもともとアキバ店シューティングレンジのレンタルガンで使っていた、新次元爆音スペシャルですが、もう射撃音の機構も壊れ、ストックと本体の取り付けボルト並びにマガジンキャッチを紛失し(マガジンもガムテ止めです)、流速ルーズバレル6.10エアコキ流速チューンの性能試験用として使っていたものです。



当初は APS カップライフルクラスで使っている TYPE96 流速SP でスナコンに参加しようと思ったのですが、この新次元仮設弐号機と比較テストしたら、こちらのほうが良かったのです。

TYPE96 流速SP は10m専用と割り切ってホップは極めて弱くかけているだけなので、20mだとかなり弾道が落ち安定しませんでした。こちらの新次元仮設弐号機で、ある程度ホップをかけたほうが良い結果が出ています。

20mではホップは強すぎても弱すぎてもダメで、飛距離を伸ばすためのホップ調整ではなく、弾道を安定させるためのホップ調整に苦労しました。

( …もちろん、TYPE96 流速SP でホップを調整しても結果が良くなるような気もするんですが、TYPE96 流速SP はセッティングがバッチリ決まって10mで驚異の性能が出ていますから、その神バランスを崩すホップ調整をしたくなくて、ジャンク品の新次元くんを調整した次第です (^_-)-☆ )


この結果からも、「近距離はノンホップ(もしくはホップをかけても極弱)、中・遠距離はホップをある程度かけたほうが弾道が安定するのではないか」というのが私の持論です。




BB弾は 0.30g0.38g をテストしましたが、どのホップ状態でも 0.38g のほうが結果が良かったので、やはり BLS 0.38g を使います。



セッティング完了後、20mで18発撃ってみてこんな感じ ↓




なかなか良くまとまっているとは思うのですが(オレンジの9点圏が直径4cmぐらい)、3発が8点圏にこぼれてしまっているのが気になります。フライヤーなのか、私のトリガーミスなのか…



この新次元仮設弐号機のセッティングを通じて、10m と 20m、立射と依託射撃 はかなり違うセカイであることが分かりました。APS カップとスナコンでは競技の性格が違うものですし、あらたな難しさもありますが、それもまた楽しそう! 土曜日、いろいろなテストを兼ねてチャレンジしてまいります (`・ω・́)ゝ




















  

シューティングマッチ『JWCS』 運営休止のお知らせ

2014年5月10日の月例会でスタートしたシューティングマッチJWCSは多くのみなさまにご参加・サポートしていただき誠にありがとうございます。


JWCS は実銃シューティングマッチ『WCS』を基本ベースとしておりますが、2016年12月末、カリフォルニア州 ISI シューティングレンジの閉鎖に伴い、2017年の WCS チャンピオンシップは中止となりました。また弊社は、昨今の市場環境に合わせた経営スリム化・経営資源の集中を行わなければならず、誠に申し訳ございませんが2016年1月16日をもって JWCS の運営を休止させていただきます。

株式会社バトンTradingによる JWCS ポスタルマッチ・チャンピオンシップの運営は休止させていただきますが、JWCS公式サイトスコア集計システムはこれまで通りご使用いただけますので、各地での JWCS ローカルマッチを楽しんでいただければ幸いです。公式サイト・FBページでのJWCS関連イベント告知を承りますので、お気軽にご連絡・ご相談下さい。



これからも、みんなでシューティングマッチを楽しんでいきたいです!


株式会社バトンTrading
代表取締役 大塚正樹



  

JWCSポスタルマッチ2016 1st 全試合終了しました!


9月18日(日)の神奈川大会を皮切りに、およそ1カ月半に渡って全国各地で開催されました、JWCSポスタルマッチ2016 1stですが、10月30日(日)の京都大会を持ちまして、すべての試合が終了となりました。


神奈川埼玉栃木福井新潟香川京都と、全国7会場での開催に加え、総エントリー数82という大変な盛り上がりのうちに終了しました今大会。各会場での大会を主催してくださった有志の方々と、マッチに参加してくださったすべての皆様には、心より深く御礼申し上げます。



今大会の、各会場でのすべてのスコアは、下記リンク先からご覧いただけます。

JWCSポスタルマッチ 2016 1st スコア



新潟、香川、京都の各大会につきましては、後日改めてレポートを掲載させていただきますので、それぞれの試合に参加してくださった皆様には、今しばらくお待ちいただければ幸いでございます。


尚、ここでお知らせなのですが、栃木大会を開催していただいた、サバゲランドTMD様内シューティングレンジ、「STEEL」様にて、明日11月5日(日)19:00から、JWCSのステージを利用したハウスマッチ、第3回JWCS カミタク杯が開催されるそうです。





ハウスマッチ限定レギュレーションとして、ホルスタードローはせず
「レッドフラッグ」と呼ばれるサイティング専用の的を狙った状態からスタートします。
エアガンが一丁あれば、気軽にご参加いただけます。
ベテランの方も初めての方も大歓迎!  是非是非ご参加ください!

※Shooting range STEEL様告知ページより抜粋

初心者の方でも気軽にシューティングを楽しんでいただけるよう、エントリークラスを設けているJWCSですが、明日開催されるJWCSカミタク杯は、さらに一歩進んだルールで行われる楽しいマッチになりそうですね。

直前のお知らせになってしまいましたが、興味のある方は、是非Shooting range STEEL様までお問い合わせくださいませ。


次回のJWCSポスタルマッチは来年の1月~2月に、2017年度の第1回大会を開催したいと考えております。
今回ご協力いただいた主催者の皆様には、改めて開催のご協力をお願いしたいと思いますので、その折りには何卒よろしくお願いいたします。

JWCSは来年、さらにパワーアップいたしますので、今大会に参加してくださった皆様はもちろんのこと、これからの参加をお考えの皆様は、どうか楽しみにお待ちくださいませ!!
















  

明日はJWCSポスタルマッチ香川大会開催です!

これまでに埼玉福井神奈川栃木の4大会が行われ、大いに盛り上がっております、JWCSポスタルマッチ2016 1stですが、いよいよ明日10月23日(日)、香川県高松市のGunShop S・A Arsenal様にて、2016 1stの第4試合となる、JWCSポスタルマッチ香川大会が開催されます!
(スコアはこちら。これから各会場で開催ごとにアップデートされていきます)


JWCSポスタルマッチ 香川大会

会場:GunShop S・A Arsenal
場所:香川県高松市春日町1564-1 細川ビル3F



開催日時:10月23日(日曜日)13:00~18:00
参加費用:1,500円(ダブルエントリーは+1,000円)
参加方法:メールか電話、またはご来店の上直接までお申し込みください。
連絡先:050-3704-1938(TEL)
http://ws.formzu.net/fgen/S59213977/(メール)


また今回もポスタルマッチ当日に余興イベントとして、モデルガンマッチが開催されます!

【ケルベロス先生のモデルガンマッチ(余興イベント)】


日時:10月23日(日曜日)18時~21時(JWCSポスタルマッチ終了後開催)
場所:香川県高松市春日町1564-1
細川ビル3F GunShop S・A Arsenal
参加費:無料(JWCSポスタルマッチ参加者のみ)
S・A Arsenal
761-0101
香川県高松市春日町1564-1 細川ビル3F
050-3704-1938


昨日、10月21日(金)には、本番形式でのJWCSポスタルマッチ予行演習会を開催してくださったとのことで、香川大会のリザルトも楽しみでなりません!

明日の試合にエントリーされている皆様、明日はどうか、JWCSという本格的スピードシューティングを、思いっきり楽しんでくださいね!!












  

JWCSポスタル栃木大会開催レポート

去る10月2日(日)、栃木県、サバゲランドTMD様内シューティングレンジ、「STEEL」様にて、2016 1stの第4試合となる、JWCSポスタルマッチ栃木大会が開催されました。今季最高となる24エントリーものご参加をいただき、大変に盛り上がったそうです。ご参加いただいた皆様、まことにありがとうございました! 

(スコアはこちら。これから各会場で開催ごとにアップデートされていきます)


栃木大会を主催してくださった、TMDシューティング部門ご担当、神山さんのレポートが、氏のブログ「カミタクチャンネル」にて公開されていますので、お許しをいただき、全文転載させていただきます。


まず、JWCSポスタル栃木大会にご参加いただいた皆様!

本当にありがとうございました!!

主催側が驚く驚異の24エントリー!!
賑やかになって本当に楽しかったです!

素敵な時間をありがとうございました!!


当日は午前、午後、夜の3部構成となりました。

当初の発表と違った構成になってしまったことはお詫びいたします。
次回からは今回の反省を活かし、より参加しやすいようにしようと考えております。

午前の部

遠方からもいらしていただき、早速の熱気!

そして皆さん速いこと上手いこと…(^^;;

かなり熱心に練習を積まれているようです。

アキュコンプ仕様のグロックで!


アキュコンプチャレンジキットで!


やっぱりグロックもハイキャパも、どっちもいいですねぇ^o^

お二人ともビシビシ当ててナイスラン連発!

レスポンスがキレっキレのM4(撃たせていただきましたがホントにキレっキレ!)

しかもフロントサイトのみ!JWCS初参加!で、この速さ…。マジすか…( ;´Д`)



まさかの南部14年式!なんだかオシャレ!



また、MJマガジンさんも取材兼、選手としてご参加いただきました!!ありがたや!!

貴重なお話もいっぱい聞かせていただきました( ´ ▽ ` )


午後の部
気温があがり…かなりの蒸し暑さ…
しかしこのハイテンション!


そしてシューティングはもっと熱かったです!!

ちょっと変わったエアガンでの参加多数!!そしてナイスラン連発!!

KSC MASADA!もちろんガスブロ! 物凄い撃ってる感あります!!

やっぱりガスブロはいいですねぇ…撃ち姿もとても素敵でした(^_^)

東京マルイの新型ショットガン!KSG!

ガキン!ダガン!!とコッキングと着弾音が大迫力!!
弾着で床が震えてました…

(すみません…運営の手際が悪くてお二人の写真がありません…)

そして、これまたまさかの38式歩兵銃…!!


コッキングの度に金属音がしてとてもかっこよかったです!筋肉痛には気をつけて!

そして夜の部!!

夜の部も日中に負けずにスゴイことになってました!

みんなでバシバシ好記録を連発!! ナイスランの嵐!!

みんなで応援しあいます!!




そしてついに…

でましたー!JWCS新記録!!

60秒を切って58.33!!!


後半の3ステージはまさに電光石火!! 立て続けに7秒台!!


そして無事、終了しました!

昼の部にエントリーいただいた皆様


夜の部にエントリーいただいた皆様


皆様お疲れ様でした!!

本当にいい雰囲気で朝から晩まで競技会をすすめることができました!

参加してくださった選手の皆様に感謝感謝です!

JWCSポスタルマッチも引き続き、順次開催予定!

JWCSにはホルスタードローを必要としないクラスもあり、気軽に参加できます!

仲間と楽しく!熱く!シューティングしましょう!!


当日のリザルトはこちらから!

開催場所は以下の通り

TMDオフィシャルホームページ
http://www.geocities.jp/tamaren2007_2/

TMDブログ
http://sakuratmd.militaryblog.jp

TMD内シューティングレンジ「STEEL」オフィシャルホームページ
http://www.geocities.jp/tamaren2007_2/Shooting/syooting.html

JWCSオフィシャルホームページ
http://jwcs-shooting.com


カミタクチャンネル様からの転載は以上です。

現時点でのリザルトoverallをご覧いただくと、トップ10のうち7名が、栃木大会の参加者で埋め尽くされているのに驚かされると思います。
栃木出身シューターのレベルの高さ、恐るべし!ですね!!

素晴らしい大会を主催してくださった、サバゲランドTMD神山さん、そして参加してくださったシューターのみなさま、この度は本当にありがとうございました! 
今後ともJWCSというシューティングマッチを、何卒よろしくお願いいたします!!


JWCSポスタルは、これから10月にかけて全国の各会場で開催されます(スケジュール一覧はこちら)。みんなでシューティングを楽しみましょう!

















  

明日はJWCSポスタルマッチ栃木大会開催です!

既に埼玉福井神奈川の3大会が行われ、大いに盛り上がっております、JWCSポスタルマッチ2016 1stですが、いよいよ明日10月2日(日)サバゲランドTMD様にて、2016 1stの第4試合となる、JWCSポスタルマッチ栃木大会が開催されます!
(現時点でのスコアはこちら。これから各会場で開催ごとにアップデートされていきます)


JWCSポスタルマッチ 栃木大会






■所在地:〒322-0072 栃木県鹿沼市玉田町423

■開催日時:10月2日

 9:00フィールドオープン
 10:00計測開始
 12:00終了予定

■参加費 :3500円
 (参加費はフィールド利用料のみです。終了後、レンジを自由にお使いいただけます。)

お問い合わせは当フィールドまで

サバゲランド TMD

http://www.geocities.jp/tamaren2007_2/

上記ホームページ内シューティングレンジ専用ページ

http://www.geocities.jp/tamaren2007_2/Shooting/syooting.html

フィールドブログ

http://sakuratmd.militaryblog.jp



サバゲランドTMD様のオフィシャルブログによれば、明日参加される皆様がお越しになって、最終調整をされているとのこと。明日の栃木大会はまた、熱い戦いが繰り広げられそうですね!

ご担当様にお伺いしたところ、当日エントリーの受付も可能とのことですので、エアガンシューティングに興味があるとおっしゃる貴方は、この機会に是非ともご参加いただきたいと思います。

既にエントリーいただいている皆様、明日はどうか、JWCSを思いっきり楽しんでくださいね!!













  

JWCSポスタル埼玉大会開催レポート

昨日、9月22日(木)、埼玉県フォレッジグリーンときがわ様で、JWCSポスタルマッチ 2016 1st の埼玉大会が開催されました。13エントリー(12名)のみなさま、ご参加ありがとうございました! (スコアはこちら。これから各会場で開催ごとにアップデートされていきます)


主催のブシノブシさんによるレポートが、氏のブログ、Disparos románticaにて公開されていますので、全文転載させていただきます。


第一回JWCSポスタル埼玉大会、無事完了しました(^ー^)ノ

雨の中、参加していただきありがとうございました。

拙い進行、不慣れなジャッジでしたが、ポスタルマッチを
盛大に開催することができました。

これも参加者の方々と会場を貸していただいた
フォレッジグリーンときがわ様のおかげです。

ありがとうございました。

早い人は、朝10時前からお越しいただき練習会に参加していただきました。


13時から記録を開始し、参加者とスタッフと共に、二つのスクワッドで
7ステージを和気藹々と記録をとることができました。

みんながボックスに立つシューターを応援し、いいシュートをした時は、
ナイスラン!の掛け声、外した時はみんなで残念がる。

撃つ人と見ている人、スタッフが一緒になって楽しむことができました。


これがシューティングの楽しみ方!のような大会となりましたことは、スタッフ全員、最大に嬉しいことでした。

参加者全員が楽しんでくれることがスタッフ最大の喜び

皆様に感謝しています。

そして、自分がシューティングを始めるきっかけとなった、
MJマガジンのケンさんの参加!!


しかも、息子さんまで来ていただきました(^o^)/

個人的にですが、一緒に撃てたことは大変感慨深く、
素晴らしい時間となりました。

また、スリーエントリー、ツーエントリーもしていだたき、
たくさん楽しんでいただいたことは、とても嬉しかったです。


次の大会では、家のエアガン全部持って参加してくださいね(^ー^)ノ

ハンドガン、ライフル、なんでもありのJWCS!!

引き続きみんなで楽しんでいただけたら、これ以上嬉しいことはありません。

次は、10月2日に栃木県のザバゲランドTMDで開催されるポスタル栃木大会!!

噂では、新生のスーパーシューターが現れるというのが聞こえてきています(^o^)/

楽しみです(^ー^)ノ

これからもJWCS!宜しくお願いします♪( ´▽`)




主催のブシノブシさん、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました! 今後ともJWCSというシューティングマッチを、何卒よろしくお願いいたします!!

JWCSポスタルは、これから10月にかけて全国の各会場で開催されます(スケジュール一覧はこちら)。みんなでシューティングを楽しみましょう!




















  

明日はJWCSポスタルマッチ埼玉大会開催です!


予てよりお知らせしております、JWCSポスタルマッチ2016 1st。去る9月18日(日)に、バトルフィールドウーパー新横浜様にて、神奈川大会が開催されたばかりですが、明日、9月22日(木)秋分の日は、フォレッジグリーンときがわ様にて、JWCSポスタルマッチ埼玉大会が開催されます!


JWCSポスタルマッチ 埼玉大会

開催日時 : 9月22日(木)祝日 13時からブリーフィング開始(事前練習10時開始)
会  場 : 埼玉県フォレッジグリーンときがわ2Fレンジ
H  P : http://foliagegreen.web.fc2.com/




参 加 費 : 無料(フォレッジグリーンさんの使用料3,000円のみ)
内  容 : JWCS8コースの記録を計測し、ポスタルマッチを行います。
ルール、エアガンのレギュレーションは、JWCSルールに基づいて行います。
エアガン一つあれば、気軽に参加できます。ハンドガン、電動ガンの区別は問いません。
ハンドガンは、ホルスターの必要がなく、的うちが楽しめます。電動ライフルも楽しいですよ。

上手い下手は特に関係ありません。仲良く趣味仲間と楽しむのがモットーです。

エアガン一つと、ワクワクする気持ちをお持ちくださいね~


※JWCSの記録を計測した後は、アンリミやリミテッドの練習会を行います。 


この埼玉大会は、去る8月11日(木)山の日に、同じフォレッジグリーンときがわ様にて、JWCS公式練習会を開催してくださったブシノブシさんが、今回の埼玉大会も仕切ってくださいます。

神奈川大会の様子をご紹介したこちらの記事と、Facebookの写真集をご覧いただければ、大会の雰囲気がおわかりいただけるかと思いますが、真剣な中にも笑顔の絶えない、やわらかなムードで進行するのが、JWCSというシューティングマッチなのです。

明日の埼玉大会も、間違いなく最高に楽しいシューティングイベントになるはずですので、興味をお持ちくださった皆様は、鉄砲仲間とお誘い合わせの上、是非ともご参加くださいませ!!
















  

JWCSポスタル神奈川大会開催!

昨日、9月19日(日)、神奈川県ウーパー新横浜で、JWCSポスタルマッチ 2016 1st の初戦を飾る神奈川大会が開催、16エントリー(12名)のみなさまありがとうございました! (スコアはこちら。これから各会場で開催ごとにアップデートされていきます)



主催のホンマさんによる簡易レポートがJWCS FBページに届いておりますので、全文掲載させていただきます。



「今日はずっと計測でした。

盛り上がりも有りで、楽しかったですよ。

写真もあんまり撮ってなく、バットン将軍様の写真が頼りざんす。

唯一撮ったのは、終盤デットヒートの二方の背中です。

チーム45ズの上位争いを後ろで食いつき見てた感じでした。

まるで、F1のトップが同じチームで1、2位争いを繰り広げていて、
背中を追うのが大変だった感じでした。

いやーそれがわかると、また違う楽しみ方が出来ました。感謝です。

今回が初陣の為、運営も拙く、先輩方と参加者の皆様が力添えをして頂いたので、
無事に終了しました。有難うございました。

また、JWCSポスタルがデビューの方もいらっしゃいましたが、
皆さんの協力や応援で大変満足されていましたが、
また参加したいという嬉しい要望がありました。

要望に答えまして、JWCSポスタルマッチを3〜4ヶ月周期で開催したいと思います。

もちろん開催する際はウーパー特典の割引は継続していきます。

因みに、開催地はフィールド内なので、迷彩柄やらの服装制限はありません。

興味がある方は是非一度は体験してみては如何でしょうか?

では、またのご参加をお待ちしております!

本日のご参加有難うございました!」




主催のホンマさん、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました! いずれ、JWCSの本大会、『チャンピオンシップ』も再開出来るよう尽力していきたいと考えております。





FB写真集から抜粋して、マッチの模様をお届けします face02




















































































JWCSポスタルは、これから10月にかけて全国の各会場で開催されます(スケジュール一覧はこちら)。みんなでシューティングを楽しみましょう!

















  

明日はJWCSポスタルマッチ神奈川大会開催です!


予てよりお知らせしております、JWCSポスタルマッチ2016 1stですが、いよいよ明日9月18日(日)バトルフィールドウーパー新横浜様にて、今年度最初の記録会となるJWCSポスタルマッチ神奈川大会が開催されます!


JWCSポスタルマッチ 神奈川大会


日程: 9月18日(日)
名称: JWCSポスタルマッチ in ウーパー新横浜
内容: 各地の会場で計測したタイムを集計し、全国のシューターと競い自らの練習の糧とするポスタルマッチ。
会場: バトルフィールドウーパー新横浜 内 ハンドガンレンジ
   
住所:横浜市鶴見区駒岡1-27-31
TEL : 045-834-8807 ※問い合わせ先ではありません 
HP : http://wooper.biz/?page_id=896



参加費:3,000円/1エントリー/毎 追加エントリー +500円/毎
割引:-500円 女性


下記のワッペンお持ちの方:
ウーパーワッペン、JWCSワッペン、くまもんワッペン、市ワッペン(Tシャツも可)、ウーパーのレシート(当日のみ)、葉隠れワッペンメンバー、エリオペワッペン、タゲワンシャツ、シューティングチームシャツ。
特別割引枠:-1000円

本職の方、現役の方、海外プロ及びプロシューターの方、他の競技にて上位を獲得している方。 
(※18歳未満の方は神奈川県条例により参加不可)

エントリー:当日会場にてエントリー。
運営上やむ得ない場合エントリーを制限する場合がございます。ご了承くださいませ。
開場時間:12:00~ 順次エントリー開始、ガンチェック、スクワット発表

計測開始時間:13:00スタート

競技ルール・ガンレギュレーションはJWCSのHPをご参照ください

http://jwcs-shooting.com/

※JWCSポスタルマッチ in ウーパー新横浜 においてトップを獲得された方に賞品検討中。


上は、運営を担当してくださるスタッフ様からお送りいただいた画像ですが、ご覧の通りなんともアットホームな雰囲気で、楽しいマッチになりそうですよね。矢印の先から覗いている猫がまた(笑)

エントリー枠にはまだ余裕があるということですので、興味をお持ちの方は、この機会に是非ともご参加いただきたいと思います。
また、ゴーグル、シューティンググラス等、目を守る道具をお持ちいただければ、見学も可能です。シューティングマッチがどういうものなのか、ちょっと気になっているという貴方も、是非会場にお越しくださいませ。

既にエントリーいただいている皆様、明日はどうか、JWCSを思いっきり楽しんでくださいね!!
















  

JWCSポスタルマッチ2016 1st 京都大会開催決定!!


先日から当ブログにてお知らせしております、JWCSポスタルマッチ2016 1stですが、既に決定している、香川、神奈川、栃木大会、そして埼玉大会に加え、今回新たに、京都大会の開催が決定いたしました!!

JWCSポスタルマッチ 京都大会

※画像は2014年の第1回JWCSポスタルマッチ京都大会に参加してくださった皆様です

■開催日:10月30(日) 11:00スタート
■開催地:小栗栖北団地管理サービス(事)集会所
※最寄りの地下鉄駅より徒歩15分。近隣コインパーキング有り。



■参加費:シングルエントリー1500円
※会場の都合上、基本はシングルエントリーのみ。

■問い合わせ:Gun Shop BATON TEL 03-5817-4125
■メール: info(アットマーク)wcsc.sakura.ne.jp


※ポスタルマッチにご参加の場合、上履きが必須となります。
※普段ご使用の靴の底を拭いた物で結構です。
当日の履物の底を拭いていただいても大丈夫ですが、
その場合、会場外を出入りする度に拭いていただきます。




今季の京都大会も、関西が誇るトップシューターのお二人、シューティングチーム45er’sのさわだ。@ぷたちょ さん(上画像)と、ご存知ぶわかもの組のひとり、まう@東大阪さんがタッグを組んで運営してくださいます。
毎回、京都大会からはトップクラスのスコア―が飛び出すため、今回も非常に楽しみですね!
シューティング経験の浅い方でも、ベテランの二人が優しくルールを教えてくださいますので、初心者の方からベテランの方まで振るってのご参加を、是非ともお願いいたします。

尚、京都大会は個人の方の運営になりますので、エントリーとお問い合わせは、Gun Shop BATONにて受付いたします。ルール等についてご不明な点等ありましたら、担当の金子まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。


そして! 実は10月中にもうひとつ、別会場での開催が内定しております。
詳細が確定次第、当ブログにてお知らせいたしますので、どうか楽しみにお待ちくださいませ!!












  

JWCSポスタルマッチ2016 1st 埼玉大会開催決定!!


つい先日当ブログにて、JWCSポスタルマッチ2016 1st 香川、神奈川、栃木大会開催決定のお知らせをしたばかりですが、今回新たに、埼玉大会の開催が決定したことをお知らせいたします!

JWCSポスタルマッチ 埼玉大会

開催日時 : 9月22日(木)祝日13時からブリーフィング開始(事前練習10時開始)
会  場 : 埼玉県フォレッジグリーンときがわ2Fレンジ
H  P : http://foliagegreen.web.fc2.com/




参 加 費 : 無料(フォレッジグリーンさんの使用料3,000円のみ)
内  容 : JWCS8コースの記録を計測し、ポスタルマッチを行います。
ルール、エアガンのレギュレーションは、JWCSルールに基づいて行います。
エアガン一つあれば、気軽に参加できます。ハンドガン、電動ガンの区別は問いません。
ハンドガンは、ホルスターの必要がなく、的うちが楽しめます。電動ライフルも楽しいですよ。

上手い下手は特に関係ありません。仲良く趣味仲間と楽しむのがモットーです。

エアガン一つと、ワクワクする気持ちをお持ちくださいね~


※JWCSの記録を計測した後は、アンリミやリミテッドの練習会を行います。 


去る8月11日(木)山の日に、同じフォリッジグリーンときがわ様にて、JWCS公式練習会を開催してくださったブシノブシさんが、今回の埼玉大会も仕切ってくださいます。
間違いなく、最高に楽しいシューティングイベントになりますので、興味をお持ちくださった皆様は、鉄砲仲間とお誘い合わせの上、是非ともご参加くださいませ!!

   













  

JWCSポスタルマッチ2016 1st 開催決定!!


去る8月11日に、フォリッジグリーンときがわ様にて開催していただいたJWCS公式練習会&記録会をきっかけに、この度、今年度第1回目となるJWCSポスタルマッチを開催する運びとなりました。

現在開催が確定しているのは、神奈川、栃木、香川の三大会で、その詳細は、以下の通りとなります。

JWCSポスタルマッチ 神奈川大会


日程: 9月18日(日)
名称: JWCSポスタルマッチ in ウーパー新横浜
内容: 各地の会場で計測したタイムを集計し、全国のシューターと競い自らの練習の糧とするポスタルマッチ。
会場: バトルフィールドウーパー新横浜 内 ハンドガンレンジ
   
住所:横浜市鶴見区駒岡1-27-31
TEL : 045-834-8807 ※問い合わせ先ではありません 
HP : http://wooper.biz/?page_id=896



参加費:3,000円/1エントリー/毎 追加エントリー +500円/毎
割引:-500円 女性


下記のワッペンお持ちの方:
ウーパーワッペン、JWCSワッペン、くまもんワッペン、市ワッペン(Tシャツも可)、ウーパーのレシート(当日のみ)、葉隠れワッペンメンバー、エリオペワッペン、タゲワンシャツ、シューティングチームシャツ。
特別割引枠:-1000円

本職の方、現役の方、海外プロ及びプロシューターの方、他の競技にて上位を獲得している方。 
(※18歳未満の方は神奈川県条例により参加不可)

エントリー:当日会場にてエントリー。
運営上やむ得ない場合エントリーを制限する場合がございます。ご了承くださいませ。
開場時間:12:00~ 順次エントリー開始、ガンチェック、スクワット発表

計測開始時間:13:00スタート

競技ルール・ガンレギュレーションはJWCSのHPをご参照ください

http://jwcs-shooting.com/

※JWCSポスタルマッチ in ウーパー新横浜 においてトップを獲得された方に賞品検討中。



JWCSポスタルマッチ 栃木大会


会場:サバゲランドTMD
「シューティングレンジ スティール」

所在地:〒322-0072
栃木県鹿沼市玉田町423



開催日時:10月2日

9:00フィールドオープン
10:00計測開始
12:00終了予定

参加費 :3500円
(参加費はフィールド利用料のみです。終了後、レンジを自由にお使いいただけます。)

お問い合わせは当フィールドまで

サバゲランド TMD

http://www.geocities.jp/tamaren2007_2/

上記ホームページ内シューティングレンジ専用ページ

http://www.geocities.jp/tamaren2007_2/Shooting/syooting.html

フィールドブログ

http://sakuratmd.militaryblog.jp




JWCSポスタルマッチ 香川大会


会場:GunShop S・A Arsenal
場所:香川県高松市春日町1564-1 細川ビル3F



開催日時:10月23日(日曜日)13:00~18:00
参加費用:1,500円(ダブルエントリーは+1,000円)
参加方法:メールか電話、またはご来店の上直接までお申し込みください。
連絡先:050-3704-1938(TEL)http://ws.formzu.net/fgen/S59213977/(メール)

【JWCS ポスタルマッチ予行練習会】
開催日時:10月21日(金)15時~18時
開催場所:香川県高松市春日町1564-1 細川ビル3F GunShop S・A Arsenal
参加費:1,200円(ダブルエントリーなし)
問合せ先:050-3704-1938(TEL)http://ws.formzu.net/fgen/S59213977/(メール)
※本番と同形式で全7ステージを撃ちます。
※JWCSポスタルマッチの公式リザルトにはなりません。

また今回もポスタルマッチ当日に余興イベントとしてモデルガンマッチを開催いたしますので
さし使えなければ合わせて公開していただけたらと思います。

【ケルベロス先生のモデルガンマッチ(余興イベント)】
日時:10月23日(日曜日)18時~21時(JWCSポスタルマッチ終了後開催)
場所:香川県高松市春日町1564-1 細川ビル3F GunShop S・A Arsenal
参加費:無料(JWCSポスタルマッチ参加者のみ)
S・A Arsenal
761-0101
香川県高松市春日町1564-1 細川ビル3F
050-3704-1938
s.airsoft.arsenal@gmail.com



尚、上記三会場様での記録は、オンラインで動作する『JWCSスコア集計システム』を使用し、離れた会場で記録されたスコアが、ひと目でわかる仕組みになっております。

JWCSというフォーマットのシューティングマッチを、全国各地で競い合うポスタルマッチ。腕に覚えのあるスピードシューターはもちろんのこと、ホルスターをお持ちでない初心者の方にも、等しく楽しんでいただけるルールとなっておりますので、お近くの会場で開催される大会に、是非ともご参加くださいますようお願いいたします!














  

JWCS練習会 フォリッジグリーンときがわ様 開催レポート

去る8月11日(木)山の日、当ブログにて開催をお知らせしました、有志の皆さまによる主催のJWCS公式練習会@フォリッジグリーンときがわ


告知期間が短かったにも関わらず、6名の皆様にご参加いただき、大変な盛り上がりの内に練習会と記録会が行われたそうです。お忙しい中、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


今回、公式練習会を開催してくださったスタッフ様から、そのリザルトをお送りいただきましたので、遅ればせながら当ブログにて紹介させていただきます。


※上の表をクリックすると、サイズの大きいリザルト表がご覧いただけます。

記録会にご参加いただいた皆様、リザルトから言ってまるっきり初めてでは無いように見受けられますが、おそらくは2回、3回と撃たれて行くうちに、グイグイとタイムを縮められることでしょうね。

そして、今回の公式練習会を主催してくださったブシノブシさんから、以下のようなコメントを頂戴いたしました。

埼玉県のフォレッジグリーンさんの会場をお借りして、バトンさんのご厚意を頂き、ポスタルマッチ開催へ向けた、JWCS練習・記録会を開催させていただきました。

フォレッジグリーンさんとバトンさんのブログでの紹介のおかげで、6名の参加者が御集まりいただき大変感謝しています。

スタッフ以外は、参加者全員がJWCSのコースは初めてということでしたが、練習を交えての記録会でしたので楽しめていただけたようでした。

時間の関係で、練習会のみの参加者もいらっしゃいましたが、楽しくJWCS体験していただけました。

練習会と記録会ともに、まるでゴルフのコースのようにJWCSコースを皆で廻り、各ステージごと相手への称賛と終始笑いで大変盛り上がりました。

つたないスタッフの進行でしたが、大きく時間を超過することなく無事に終えられたことは参加者の皆様のお陰かと思います。

お陰様で、スタッフも楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今後もポスタルや練習会として、定期的に運営していこうと思いますので、興味のある方は肩ひじ張らず楽しみに来てください。

上手い下手、速い遅いなんて関係ない!

的を撃って、みんなで楽しい時間を共有することこそがシューティングの醍醐味かと思います。

そして、自分の記録に挑戦して、次こそはもっと速く!うまく!というのを感じて貰えればスタッフはうれしいです。

大きな大会はちょっと恥ずかしい、はりきって行って怒られたら・・・・。

そんなことは思わなくても大丈夫!

楽しくシューティングをやることがモットーです。

同じ趣味の仲間のシュートを見て、互いに称賛して、お互いに結果に一喜一憂する。

そんな「ライト」で「フレンドリー」なシューティングを提供できれば嬉しいです。



シューティングに対する熱い想いがほとばしるコメントをいただき、本当に嬉しい限りでございます。

ブシノブシさん、そして、会場として場所を提供してくださったフォリッジグリーンのオーナー様、この度は本当にありがとうございました。

現在弊社では、9月下旬から10月中旬頃に、JWCSポスタルマッチ2016 1stを開催すべく調整しております。
関係社様各位には追ってご連絡をいたしますので、改めてご協力のほどを頂戴出来れば幸いです。

どなたにでもお気軽に楽しんでいただけるシューティングマッチ、JWCSを、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


















  

JWCS練習会 フォリッジグリーンときがわ様にて開催決定!


去る2014年に弊社にて企画、運営開始いたしましたスピード系シューティングマッチ、JWCS(JAPAN WEST COAST STEEL)。昨年は全国各地のシューティングレンジ様、ガンショップ様のご協力をいただき、都合2回のポスタルマッチを開催させていただきました。

本年も多くのシューターの皆様から、開催のご要望を頂戴していながら、なかなか開催の目処が立てられずにいたのですが、2014年10月に開催された第2回JWCSチャンピオンシップのハンドガン:オープンクラスとライフル:セミオートクラスにおいて、ぶっちぎりのトップスコアを叩き出された凄腕シューター、ブシノブシさんが、この度JWCS公式ルールでの練習会を開催してくださる運びとなりました!


JWCS公式練習会
@フォリッジグリーンときがわ

会場:フォリッジグリーンときがわ様
住所:埼玉県比企郡ときがわ町玉川1751
TEL:0493-81-7244
FAX:0493-81-7245

開催日程:2016年8月11日(木)山の日

午前10時~初心者へのルール説明、練習会
午後1時~記録会
参加資格: 18歳以上の方
(18歳未満の方は保護者同伴、もしくは承諾書持参)
参加費用: 一般:3000円 女性、18歳未満:2000円




ご覧のように清潔で広々としたシューティングスペースで、本格的なスピードシューティングが体験出来る絶好の機会です。2006年施工の改正銃刀法を遵守したエアソフトガンであれば、メーカー、機種問わず、どんな製品でも使用可能。ハンドガンについては、ホルスターが無くても、JWCS公式ルールでの射撃を体験していただけます。

エアガン初心者の方でも気軽に参加出来て、射撃の奥深さを存分に楽しんでいただけるシューティングマッチ、JWCSを、この機会に是非とも体験してくださいませ!















  

Hooha Show では、MODIFY に GO !

8月26日~28日、台湾で開催されるアジア最大のミリタリーショー、『 第20屆 武哈祭 ( Hooha Show ) 』MODIFY ブースでは。JWCS [ SPRAY and PRAY ] ステージによるシューティングイベントが開催されます!







2月のHooha Show に引き続き、台湾でのJWCSイベントが行われるわけです! これはもともと、今年1月の新春ブラックホールに MODIFY さん出店のお手伝いをさせていただいたとき、ブースのレンジ内に 「 試射だけではもったいないから、せっかくだから、お客さんに楽しんでもらいましょう」 ということで、JWCSステージを立てて遊んでもらったところ、MODIFY シャチョーさんが、JWCSをえらく気に入ってくれて、そのままセットをお買い上げいただき、台湾に持ち帰ったことから始まりました face02

Hooha Show にお越しの際は、ぜひ、XTC-G1のレスポンスを、JWCSで試してみてくださいね!





[ MODIFY ]
XTC-G1









PS.
先日のJSC会場でもお問い合わせの多かったJWCSですが、全国の会場で競うポスタルマッチを間もなく開催予定です! 詳細はこちらのブログで発表しますので、乞うご期待!













  

ターゲットペーパーやBB弾使い放題!

先日、印刷に出した、新ターゲットペーパーGunsmith BATON 八王子 に納品されました! ( Gun Shop BATON アキバには金曜日に輸送予定です)








当店のシューティングレンジでは、ターゲットペーパーだけでなく、BB弾(0,20g、0.12g)、曇り止め、ガスガンマガジン加温用食器乾燥機等々、シューティングボックス内の備品は使い放題です!







何人様でご使用になっても、15分500円(レンタルガン250円)ですので、お友達とお気軽に遊びにきていただければ幸いです。

もちろん、チューナーが常駐しておりますので、銃の調子が悪かったり、さらなるチューンをご希望の場合はお気軽にご相談ください。


みなさまのご来店、こころよりお待ちしております。
















  

各種練習用ターゲット(無料ダウンロード)

Gun Shop BATON(アキバ)で使用したいた無料のオリジナルターゲットペーパーが無くなりましたので、新しいデザインのターゲットペーパーを印刷に出しました。





今度のデザインのこだわりは、22mm(APS CUPの10点)、40mm(JANPSのXリング)、80mm(JANPSの10点)を書いた点。このターゲットペーパーは商品として販売はしませんが、7月頭ぐらいからシューティングレンジに置けると思いますので(アキバにも八王子にも)、ゼロインやシューティングの練習にご活用いただければ幸いです。





下記サムネをクリックしていただくと、このターゲットをPDFファイル(A4に2枚)でダウンロードできるようにしましたので、ご自由にご使用ください face01























  

I.C.U.TACTICAM はサバゲだけでなくシューティングマッチにも!

日本最高峰のシューティングマッチのひとつ、ビアンキカップエアソフト版であるJANPS。その主催者の一人でトップシューターのホースィさんが、PLAN BETA I.C.U. TACTICAMの1.0をamazonで購入して下さり、5月に開催されたJANPS練習会での動画を公開しています!




※イメージ写真は昨年のJANPSで2回目の満射、1920点を出したヨコタ選手





JANPS Shooter's EYE


Practical



狙点を赤い丸で表現しているので、シューターがどこを狙っているのか、そして銃の動きが丸わかりです。画質が劣る TACTICAM 1.0 ですが、工夫次第でこうして面白い動画が撮れるのですね!

ホースィさんは「ジャーク/フリンチの有無やホールドの甘さをチェックしたい」という目的で、“ シューティングの解析・練習用 ” に I.C.U.TACTICAM を導入したのです。






Falling Plate



この動画だけベテランシューターと中級シューターの比較になっています。ベテランシューターの狙点がトリガーを引く前にピタっとプレートのセンターに止まっているのが良く分かります。





Moving Target



ターゲットが動くムーバーは動画で映えます。よーく見ると、4m→7mと距離が遠ざかるにしたがってリードが大きくなっている=狙点がターゲットのセンターから離れていくのが分かります。

距離が延びるにしたがって、着弾までの時間も増えるので、その分、リードを増やさなければなりません。繰り返しの練習により、そうしたデータも集めなければならないのが、JANPSの難しさであり、また面白さでありますね!







様々な使い方で、エアガン動画を楽しめるPLAN BETA I.C.U. TACTICAMは好評発売中です!




PLAN BETA I.C.U. TACTICAM 1.0 [ Ultra VGA ]






















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 154人
PAGE TOP