ルーズバレル6.10 を使った 【 APS-2 流速・極 】 を創ってみた ('◇')ゞ

いよいよ今週末は APS カップ東京本大会が開催ですね!


試合直前に銃のチューニングを大きく変えるのはリスキー ということは分かっているんですが、「 さらに性能向上出来るかもしれないチューニング手法を思いついてしまったからには試したい。いまの自分に出来ることはすべてやって 全力を尽くして競技に挑みたい と思い、APS-2 OR を一から創りなおしてしまいました (^^ゞ



その名も APS-2 流速・極 ( きわみ ) です!

新たなチューンの精度は 10 m ベンチレストでのテストの結果…








1 マガジン 24 発撃って、すべて 10 点圏に入りました。





APS-2 流速・極 と以前の APS-2 OR 爆音☆流速SP との仕様の違いは … というか、バレルもチャンバーもシリンダーもトリガーボックスも【流速・極】と【爆音☆流速SP】では違うので、チューニングは完全に別物 なんですけど、要は、




… ということで、ノンホップの APS-2 OR をホップ化してしまいました face03






苦労してコンバートした MOD24 のシリンダーですが、PDI トリガーボックスとの相性が良くないようでシアーがかからないことがあったり、APS-2 のマガジンとの相性も完ぺきではなく装弾時にノズルがひっかかることもあったので、結局、APS-2 ノーマルシリンダーに戻しました (^^ゞ


MOD24 のチャンバーは、APS-2 より太いので旋盤でまわりを削り、マガジンも合わないのでフライスでマグウェルを削り、その他もろもろの加工が必要で( MOD24 と同様、APS シリンダーヘッドにも、ホップパッキンの最適位置にBB弾をホールドできるよう ノズルの延長加工を施工しています)、移植は結構な大手術でした。それでも自社パーツ、ルーズバレル 6.10 X を使ってみたかったのです face06

ルーズバレル 6.10 X は、M40A5 / G スペック用の303mmの短いほうを使い(※)、爆音☆流速SP で創った穴あきインナーバレルガイド流速・極でもそのまま使っています。

※この個体に使ったのはルーズバレル 6.10 X の生産試作品で、Anti-oxidation Treatment (抗酸化処理) が施工されていませんが、各部数値は間もなく入荷の製品版と同じです。





こうしてベンチレスト射撃で銃の精度が出ていることは確認できたので、次は実戦テスト。ブルズアイ立射( 10m ) 10 発を 6 回で 計 60 発 撃ってみました。






結果、1 回目: 98-4X 、 2 回目: 96-3X 、 3 回目: 96-2X 、 4 回目: 98-5X 、 5 回目: 98-3X 、 6 回目: 98-4X  平均 : 97.3 - 3.5X

天使のわけまえ (フライヤー) を完全にゼロにすることは出来ず、そして明らかに自分のトリガーミスもありますので、100点を出すことは出来ませんでした。

でも、ブルズアイを 6 回、60 発撃っても、 1 発も 5 点圏まで飛ばなかったので、かなりの上出来と言えるでしょう face05

BB 弾とインナーバレル内壁との接触抵抗を低減(= BB 弾の精度差による影響を低減) & BB 弾をエアで包む整流効果が期待できる ルーズバレル 6.10の使用により極端なフライヤーを抑えることが出来たと思いますし、また、ショートバレル化により BB 弾のインナーバレル内滞在時間を短縮させることで射手のミスによる影響を低減出来ていることも実感しました。





さ、これで銃は完成! Gunsmith BATON チューンと、BATON airsoft チューニングパーツ、台湾ナンバー 1 の BLS BB 弾 を信じて、あとは一心不乱に撃つだけです。今週末、日本一の精度を目指してまいりまーす (`・ω・́)ゝ
















  

【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆

APS-2 OR 爆音☆流速SP デビュー! 結果、から続く



昨日、蔵前APS週末会に参戦して参りました。結果、

191-6X

ブルズアイ競技 : 100点-6X(100点満点)
プレート競技 : 57点(60点満点)
ムーバー競技 : 34点(40点満点)





公式戦ではシューター・バットンのふがいなさで惨敗しましたが、シューターのメンタルに左右されにくい(ほぼ毎週やっているし、慣れている場なのでリラックスして撃てる)蔵前では、きちんと Gunsmith BATON チューニングの性能を発揮することが出来てほっとしました (^^ゞ

ライフルクラスのほうでブルズアイ 100点 を出すことはなかなか難しく(10mの距離ではどうしてもフライヤーの影響を受けやすく、96点98点は出せるのですが、10発パーフェクトに飛ぶ100点は難しいのです)、ワタクシ、ライフルクラス参戦3年目にして、記録が残る点取りでは 初めての 100点 クリーンでした!





先週の公式の後、ヤフオクジャンクで手に入れた錆びあり PDI νトリガーを磨いて調整して装着。また、将来的にオープンサイト(ピープサイト)に移行することを踏まえ、20mm/10mm両レール対応の LayLax 東京マルイ VSR-10 用 PSS10 リアルマウントベース を加工して装着しましたが、性能に関する部分は公式戦から変わっていません。



で、公式戦の時の仕様(性能面での完成形態)で、まだ書いていなかったチューニングが1つあります。それは…



アウターバレルの真ん中付近に Gunsmith BATON ステッカーが貼ってありますが、








よく見ると… インナーバレルガイドとアウターバレルの途中に穴を開けてあるのです

インナーバレルカット後、インナーバレルガイドを装着しましたが、インナーバレルをノーマルの約半分の 300 mm にカットしたので、都合、インナーバレルガイドも 300 mm もあります。

これだと、インナーバレルガイドが長すぎて、内部に滞留してる空気が発射時に抵抗になるので(※)、インナーバレルガイドが始まってから 100 mm ほどの位置で左右に穴を開け、さらにアウターバレルにも内部から外部へ圧力が抜けるように左右に穴を開けています。

※インナーバレル内に BB 弾があるとき発射の高圧エアで加速していきますが、大径のインナーバレルガイド内に BB 弾が出ると、高圧エアは BB 弾の周囲を追い越し、BB弾を包むだけで加速は終わっているので、BB 弾がインナーバレルガイド内に滞留している空気を押しのけることが抵抗となります。


この穴を開けると、0.2g BB弾使用で約 5 m/sec 初速が上がりました。

これは別にパワーアップのための穴開けではなく、余計な負荷を減らすことが目的の穴開けなので、スプリングを調整してアップした分の初速を下げて 0.38g で66m/sec (0.8J)前後になるように再調整してあります。



さあ、これでようやく APS-2 OR 爆音☆流速SP くんも完成です。次の公式は、いよいよ年に一度の APS カップ東京本大会です! 今度こそ、マッチプレッシャーに負けず平常心で撃つ! …撃てるといいなぁ (^^ゞ





PS.
ちなみに、昨日の蔵前APS週末会で、ハンドガンクラスのほうも、ブルズ100点を獲得し好調なのですが( 186-2X )、来週のハンドガン公式で、公式記録パーソナルベストの178点を超えられるか否か、いまからドキドキしてます (;^ω^)
















  

【APSカップ公式】 APS-2 OR 爆音☆流速SP デビュー! 結果、

決戦は土曜日から続く



【第一章 蔵前→錦糸町→世田谷→掛川】


時系列を追って記載。26日(金)1300蔵前工房舎。昼食から帰社したクワタ社長の手により、APS-2 OR 爆音☆流速SP へアルミストックを装着。

同日1420、蔵前工房レンジへ前日調整に訪れていた、イザワさん、ナカツガワさん、タケさん、ナツアキさんと5人で点取り。APS-2 OR 爆音☆流速SP で、192-4X を記録。性能を確信。明日の公式はTYPE96 ではなく、新造のAPS-2で挑むことを決断。



27日(土)0800APSカップ JASG主催 すみだ公式記録会ライフルクラス会場到着。設営お手伝い。同日1030 競技開始。




第一競技、ムーバー。1ダウンの38点(40点満点)。競技開始前の3発の試射でも、3Xに入ったこともあり、さらに性能を確信。「デビューウィン!」という言葉が頭を巡る。


同日1140、第二競技、ブルズアイ。1発目Xに着弾。2発目、大きく右にそれて5点着弾。冷や汗が流れるとともに心拍数激増、膝が震え始める。結果、5点×2、8点×3を撃ち、84-2X(100点満点)。我、完全に意気消沈


同日1315、第三競技、プレート。自信を失い、プレートがやけに小さく見える。結果、第一ターン・大ジャマー、第二ターン・中ジャマーに敗北。結果、34点(60点満点)。



スコア 156-2X 惨敗を喫す






… APS カップが早く終わったため、自宅に戻りエアライフル装備に切替。同日1615、世田谷運動公園にて、実銃エアライフルを練習。パーソナルベストを493点から527点に更新。






再び自宅に戻り、次は JANPS 装備に切替。東名高速道路に入る。2030、足柄SA "青" 吉野家でカツ丼蕎麦セットを夕食とする。2130 足柄SA ホテルハイエースにて就寝。





28日(日)3:15起床。メールをチェックし海外取引先との商談、社員への指示、各ECサイトの状態確認等々の仕事を終えた後、ブログ執筆(←イマココ)


本日800、掛川にて、JBC並びにJANPS予備校参戦予定










【第二章 結果は結果。言い訳です (;^_^A 】



てなわけで、APSカップは近年まれにみるほどのボロボロでした。やっぱり気負っていくとしっぺ返しをくらいますね。我ながらメンタルの弱さが嫌になります (-_-;)

言い訳をしておきますと、APS-2くんは、まだトリガーボックスがノーマルで、ちょっとトリガーの引きが重くてストロークが長かったのです(TYPE96はPDIのトリガーボックスを入れてギリギリまで詰めています)。

ブルズで5点に外した後、トリガープルが気になるし、逆に気にしすぎてガク引きするしで、「やっぱりノーマルトリガーじゃ厳しいんじゃないか…」とか考えてしまいました。調子が良い時はこのトリガーでも問題なかったのですから、余計なこと考えずに、「ジワリとトリガーを引く」ということだけに集中すればよかったんですけどね。



まだ、トリガーを変えていなかったのは、「パーツが結構高いから、まああとでいっか (^^ゞ 」と思っていたからなのですが、こうして失敗すると、納得のいくまで銃を仕上げていなかったことが悔やまれます…



トリガーボックスが高いとはいっても、パーツ類で一番高いのはアルミストックで、今回はウェイトやらなんやらオプションを付けたので、結局、ほぼ10万円かかりました (なにげに、中古で買ったエアライフルのバウくんより、このAPS-2のストックのほうが高いです (;^_^A )。

APS-2のノーマルストックは、形状がプローン主体のスナイパーライフルのもので、立射競技には向かないので、こうしてみんな、アルミストックを買ったり自作したり、昔発売されていた木ストを着けたり、あるいは実銃用ストックを加工して装着したりしています。



正直、APS カップライフルクラスは、銃を作ることから始まるので敷居が高いと思います。残念ながら、現在、APSカップライフルクラスに参戦可能なエアソフトガンは生産されていないので、自分のようにこうしてヤフオク等で中古で買って自分で手を入れていくか、もしくは蔵前工房舎でコンプリートカスタムを購入するかぐらいしかないですね(参戦出来るレベルになるまで、結構な手がかかりますので、蔵前のコンプリートもそれなりの値段がするのは仕方ないです。自分で作ってみると、クワタ社長の苦労、かかる工賃がよく分かります)。



シューティングマッチには、実銃エアライフル APS カップハンドガンクラスのように、ノーマル箱出しの性能で十分なので、銃に手をいれることなく、シューターの技量だけで勝負出来るもの、

APS カップライフルクラスJANPS ・ ビアンキカップのように、ノーマルでは勝負にならないので、銃を作ること+シューターの技量で勝負するもの、


の 2 種類があるかと思います。どちらのシューティングマッチも好きなんですけど、もともと銃をイジるのが好きで Gunsmith BATON を始めたワタクシですから、そりゃ一生懸命に銃を作ることも楽しんでいるわけなのです (^_-)-☆






【終章 まん " 銃 " こわい… ]



そんなこんなで、APSカップライフルクラス終了後、「やっぱり試合のマッチプレッシャーは恐ろしい…」って話をしていたら、石井健夫さんに、

「だから言ったじゃん、『シューティングマッチにハマると大変だよ』って。ロスの空港からイチローさんの家に行くレンタカーのなかで確かに言った。説明責任は果たしているから!』

と言われました。確かにそう聞いた記憶があります (;^_^A 思い起こせば5年前、ワタクシがシューティングを始めたきっかけは、石井さんが Gunsmith BATON アキバ店シューティングレンジで開催していた『PMC練習会』に参加したからですし、そのあとも、ことあるごとに、石井さんにいろいろご指導を受け導かれ、APSのセカイに飛び込んだのも石井さんがきっかけでした。


いまになって、こうして何度となく痛い目にあって、ようやく石井さんの言葉の意味が分かってきた気がします。



シューティングマッチにハマると

楽しくて、楽しくて、やめられない!

こりゃ大変だ (^^ゞ




さて、今日もいっぱい撃ってきまーす ノシ























  

【 例のアレ、完成 】 決戦は土曜日

精度アップのためのバレルカットから続く



たぶん、ギリギリ間に合った、


ずっと作っていた、APS-2 OR 爆音☆流速 SP の内部機構完成!






さきほど蔵前公房舎に電話して APS ライフル用アルミストックの在庫を確保しておいてもらったので、明日、装着。実際に APS カップのステージを撃ってみて、問題がなければ、明後日、土曜日のAPS カップ JASG主催 すみだ公式記録会ライフルクラスにて、こいつをデビューさせる予定。



Gunsmith BATON チューンの性能を証明できるか否か、

いざ、ショーブ、ショーブ! (^_-)-☆





















  

【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット

TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】 』 から続く


前略

そして、APS カップで勝つためのチューンとして、APS-2 OR のバレルにどんな加工を施工したかというと、ずばり、インナーバレルカット です。




APS-2のノーマルインナーバレルは 600mm ですが、 それを半分の 300mm まで短くしました。もちろん、ただカットしただけでなく、種も仕掛けもあって、短くなったインナーバレルに大径の薄厚真鍮パイプを接手加工し、アウターバレルエンドまで インナーバレルガイド を追加してあります。






銃口から覗くと、薄っぺらいインナーバレルガイドが見えます。



なぜ、バレルを短くしたかというと、【精密射撃用ルーズバレル】 M40A5,G-SPEC,VSR-10 用 流速ルーズバレルの記事で書いた続きになりますが、


「長すぎるインナーバレルは、トリガーを引いてからBB弾がインナーバレルから飛び出すまでの間に身体のブレに影響されて弾道が乱れやすい。初速が同じなら(※)、バレルが短いほうがBB弾のインナーバレル滞在時間が短くなり、シューターの影響を受けにくい

※この APS-2 OR は BLS 0.38g 弾を使ったとき、初速66m/s(0.8J)前後に調整してあります。


と考えているからです。また、


「APS-2のシリンダー容量は膨大なので、短くしたインナーバレルからBB弾が射出された後、大径のインナーバレルガイド内でBB弾が高圧エアに包まれる

とも考えているからです。結果は良好な集弾性を実現できています。





APS-2 ORはこうしてバレルカットしましたので、いわば 【 爆音☆流速チューン的手法 】 で、TYPE 96は、ルーズバレル6.10を使いましたので 【 真☆流速チューン的手法 】 です。

実は、集弾性(アキュラシー)向上のための考え方は、クレイジージェットインナーバレルも、流速ルーズバレル 6.10 も、インナーバレルカット&ガイド追加も、同じです。

すべては、BB弾を高圧エアで包んでフライヤーを減らし、安定した弾道を実現するためです。


クレイジージェットインナーバレ : 「The Gap」(バレル先端部の穴)を通過すると、発射の高圧ガスが「The Air Sleeve」に流れ込み、BB弾がバレルを通過した後も高圧ガスの「Cover Jet Streem」によって覆われる。

流速ルーズバレル 6.10 : 流速ルーズバレル 6.10 (250mmが標準仕様)を使い、インナーバレル内壁とBB弾の接触抵抗を低減する(BB弾と内壁の隙間が多くなり高圧エアが漏れる=空気が先行してBB弾を包む)

インナーバレルカット&ガイド追加 : 短くなったインナーバレルに対してシリンダー容量が過大となり、高圧エアがインナーバレルエンドから大量に噴き出し、インナーバレルガイド内で過大な高圧エアがBB弾を包む。


ちなみに、APS-3のリミテッドモデルには「 79度のマズルクラウン加工を施したテフロンインナーバレル」が採用されていますが、これも高圧エアをテーパー部分で先行させてBB弾を包み込みフライヤーを減らすためだと思われます。

流速チューンは日本の初速規制下でも重量弾に必要なホップ回転を与えるために行っていますが、同時に、このように集弾性にも好影響があると考えています。







PS.

ここまで、「精度アップ、精度アップ」と連呼してきましたが、それは、APSカップで勝つための精度アップの話で、例えば、このように…



というような、10m で ほんの 1~2mm の精度の違い、ラインをまたぐか中に入るかぐらいの微細な精度をアップさせたい、というレベルの話です。

なので、この精度アップのためにかけるコストと時間が、サバゲでの結果に見合ったものかどうかと聞かれると、正直、「そこまでしなくても (^-^; 」と自分は思うのですが…

それが実用的か、ショーバイとして成り立つかどうかはともかく、自分の趣味と実益を兼ね (^^ゞ そして明確な結果が出る APS カップで こうして精度アップのため理論を実証実験しています。





そして、こうした結果に基づき、少しでも良い性能の銃をお客様にお届け出来るよう Gunsmith BATON のチューンは進化し続けています。






決戦は土曜日』へ続く

















  

【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】

先日お伝えした製作中のAPS-2 / MOD24 ハイブリッドモデルバレル加工が出来たので、試射してみました (`・ω・́)ゝ









結果、10m10発BLS 0.38g BB弾使用) で




※APSカップターゲット:10点圏は22mm


現時点では、この チューンド APS-2 OR TYPE 96 流速SP の絶対精度には及びませんが、ベンチレストとはいえ ストックがないので ( この APS-2 はストック無しのジャンク品を購入したので (^^ゞ ) しっかりと固定できておらず、またスコープが4倍で狙いきれていない( TYPE 96 は12倍を使ってます) & ストックレスで顔が固定できないのでスコープを覗くたびにズレる…という状態での試射で、これだけの精度が出ていれば十分です (*^^)v


この集弾性の傾向はホップモデルの TYPE 96 と、ノンホップモデルの APS-2 OR の特性の違いもあると思います。

APS カップ ライフルクラス フリーサイト部門 東京本大会 2 年連続優勝のイザワさんもおっしゃってましたが、「 TYPE 96 は、決まると 100点 - 10X を狙える精度が出ます。でも、TYPE 96 は外れも大きいので、好成績を目指すなら 安定して 100 点 - 3X レベルの精度を出せる APS-2 OR のほうがいいと思います」とのこと。


ホップモデルは同じ回転を与えられているときは極めてまとまっているが、なんらかの要素でホップ回転が少しでも変わると ( BB弾の直径誤差=ホップのかかり方が変わる、 チャンバー内でのBB弾の保持位置が変わる=初速が変わる、銃の水平がズレる=浮き上がりの方向が変わる 等々)、弾道のズレが大きくなってしまう。

一方、ノンホップモデルは、ホップモデルほどの究極の集弾は得られないが、BB弾の外周全周をホールドするパッキンなので、上記のような各種要素の違いでも弾道の差が少なく、全体的に弾道が安定している。


という感じかと思います。実際、TYPE 96 流速SP は、10 発撃つと、1~2 発ぐらいは 8 点圏にこぼれる弾道が出てしまうときもあって、ブルズアイ競技でクリーンの100点が出しづらいと感じています (^-^; でも、ターゲットが大きくて 8 点圏程度までのズレでも影響が少ないプレート競技ムーバー競技ではかなりの強さを見せています。


APS 週末会 5/6 [ 194 - 2X ]
ブルズ:94点 プレート:60点クリーン) ムーバー:40点クリーン

APS 週末会 5/13 [ 193 - 5X ]
ブルズ:96点 プレート:57点 ムーバー:40点クリーン








で、これだけの好成績を出している、TYPE 96 流速SPを越えるために製作している APS-2 OR ですが 、この記事で一番最初に書いた バレル加工 はなにをしたかというと( TYPE 96 は流速ルーズバレル6.10を使いましたが、APS-2 OR はノーマルバレルを加工しています)













…長くなったので、また今度書きます (^^ゞ お楽しみに ノシ


続きはこちら
  





PS.
ベンチレスト(実銃用です。アメリカから取り寄せました)は、Gunsmith BATON 八王子 シューティングレンジに置いておきますので、レンジご利用の際はご自由にお使いください face01
















  

【よろず加工承ります】 MOD24 / APS-2 ハイブリッドモデル製作中!

なーにを削っているでしょうか? (^_-)-☆













内側を1mmちょいほじくりまして…












MOD24 シリンダーを
APS-2 レシーバーへの換装成功!




なんでこんなことをしたかというと、APS-2 OR のジャンク品を手に入れて、APS カップライフルクラス参戦用 弐号機として製作を始めたのですが、いろいろ調整可能なアフターパーツのシリンダーセットを購入すると2万円ぐらいするので、「それでは、どこの ご家庭にも転がっている MOD24のジャンク品を使いましょう」ということで合わせてみた次第です w







APS-2 と MOD24 のシリンダー径やノズルは互換なのですが、コッキングレバー部分の直径が MOD24 のほうが太くなっているので、APS-2 のレシーバーを削りました。また、コッキングレバーも MOD24 のほうが太いので、レバー基部&レシーバーも削ってあります。

まあ、普通の方はこんなことをしなくても、素直に MOD24 をチューンしていったほうがいいと思いますが、私は APS カップライフルクラスに出るために、どうしても JASG 刻印が必要ですので、こうして無茶な工作をした次第です (;^_^A



チューニングショップ Gunsmith BATON では、通常のチューンだけでなく、フライス盤・旋盤を使ったよろず加工も承っております。基本的に時間工賃4,000円(税別)で行っており、例えば、このMOD24シリンダー換装加工ですと、調査(どうすれば装着できるかの検討)・加工調整(トリガーボックス側にも加工が必要でした)に2時間ほどかかっていますので、8,000円です。

よろず加工は、それぞれケースバイケースですので、こちらのお問い合わせフォームにてご相談いただければ幸いです(電話ですと担当チューナーが不在の時はご返答が出来ず、後日となります)。






PS.

現在、私が APS カップライフルクラス フリーサイト部門(スコープ)に参戦している TYPE 96 流速SP は、おそらく日本最高の精度(※)が出ていると思われ、満足しているのですが、最近、エアライフルも始めまして、実銃のほうの練習も兼ねて、オープンサイト(ピープサイト)のライフルを1丁造ってみようと思った次第です。

※ 2016年の APS カップライフルクラス東京本大会 フリーサイト部門優勝のイザワさん、3位のケイコさん、オープンサイト部門優勝のアベさん、2位のイシイさんをはじめ、ライフルクラス上位陣がひしめく 蔵前APS週末会において、みなさんの銃と比べても私の TYPE 96 流速SP が一番精度が出ている=ほぼ日本一の精度と言っても過言ではないのではないかなぁ…と (^_-)-☆ あとは、試合で結果を出せば証明できるのですけど、そこはシューターの腕がまだ銃の性能に追い付いてなくて (;^_^A



今度の APS-2 OR はノンホップですが、数千丁に及ぶ中華エアガンチューン・流速チューンで培った これまでの Gunsmith BATON 理論が正しいか・通用するかどうか、またあれこれ試してみます (‘・ω・́)ゝ





















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 153人
PAGE TOP