【BATON Range】 8月13日~14日の作業風景

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

先日の台風では、西日本を中心に大変な被害が出てしまったようですが、当ブログ読者の皆様はご無事でいらっしゃるでしょうか。

直接的な影響は少なかった関東地方ですが、それでも一昨日当たりは相当に強い風が吹いていて、そのエネルギーの凄まじさに驚かされるばかりでした。
人間という存在が、いかにちっぽけなものであるかを思い知らされますよね。

さてさて、10月1日のオープンに向けて準備を進めております日本最大級のシューティングレンジ、BATON Rangeですが、台風10号が近づく8月13日(火)と14日(水)の両日にレンジ製作の作業をして参りましたので、その模様を簡単にレポートしたいと思います。




前回作業時に弊社社長のバットン・オーツカが作っておりましたコンパネ製の仕切り板にひたすらニスを塗るのは、7月に入社したばかりの弊社新人スタッフ、ナベでございます。
折からの酷暑でニスの乾燥が早いのは、助かると言うか何と言うか・・・(汗)




私デイヴ金子は、高速カッターで切断したイレクターパイプをジョイントで繋ぎ、ターゲット用のポールと、跳弾防止用ネットの支柱を黙々と組み上げて行きます。




そのターゲット用ポールに、ボール盤でもって穴を開けてくださるのは、レンジ造りの第一人者でもある石井名人
今回も酷暑の中、早朝から無償で作業を手伝いに来てくださいました。




ちなみにこの日(13日)は、台風の接近にともなう曇り空だったのですが、レンジ内の温度はご覧の有様・・・。
日差しが無いだけ、ずいぶん楽な感じはしましたが、今回もなかなかに過酷な環境でありました(汗)




石井名人が穴を開けてくださったターゲット用ポールですが、ご覧のようにスチールターゲットを吊り下げるためのネジが、やはり石井名人によって取り付けられました。




試しに塗装前のスチールターゲットを吊ってみましたが、計算通りの仕上がりに名人も納得です。





上記の作業と並行して、各種スピード系マッチ用のスチールターゲットに、白いペンキを塗り重ねます。
何しろ良く乾いてくれるので、実に作業が捗りました。

尚、ターゲット製作にあたっては、京都のある有名シューター様にご尽力をいただきました。
〇っ〇ょさん、この度は本当にありがとうございました!




3人で汗だくになりつつ、画像のように大量のポールと支柱を仕上げて、この日の作業は終了。
翌日の天候を心配しつつ、それぞれ帰路につきました。




そして翌14日。この日は弊社創業時からお付き合いがあるシューター仲間のニシヤンさんが、急遽お手伝いに駆けつけてくださいました。
画像は、昨日ナベが仕上げたコンパネ製の仕切り板に、インパクトドライバーで脚を取り付けるニシヤンさんです。




こちらはその仕切り板用の脚となる金具に、ネジ穴を開けるナベの姿です。
町工場の職人さんといった風情が漂っていますね~(笑)




脚を取り付けられ、大地に立った仕切り板たちがこちらです。ズラリと並べたら、ちょっと壮観でしょうね。
粋な黒塀見越しの松に~♪ って、若い読者には意味不明でしょうね(涙)




ちなみにこの日は台風の影響により、土砂降りとカンカン照りの往復ビンタといった感じの、不安定極まりない天候でした。
画像ではちょっと伝わりませんが、文字通り滝のような雨が何度も降りました。




おかげでレンジ内の気温も昨日よりは低めでしたが、それでも33℃ですからね。
夏場の練習会や記録会は、文字通り熱い戦いになりそうです(汗)




先に仕上げた支柱を使い、レンジS(SPEED)に跳弾防止用ネットを張ってみました。
バットン・オーツカによればこのネットの張り方は、富士見スポーツシューターズ様をリスペクトしたものだそうです。




偉大な先人の知恵を拝借して、ご覧のように立派なシューティングレンジが立ち上がりました。
こちらのレンジS(SPEED)、BAY1では現状、JSCUNLIMITEDJWCSに対応したバミリを施してあります。
オープンが10月ですから、LIMITEDのバミリも必要ですよね。そのあたり、抜かりなく仕上げますので、シューターの皆様は楽しみにお待ちくださいませ!




この日の作業終了後、レンジのチェックを兼ねたテストランということで、全員でJSCを1周撃ってみました。
ターゲットはきちんと視認出来るか、ターゲットにヒットしたことが確認出来るか、塗料が着弾で剥がれないか、跳弾が思わぬ方向に飛ばないか、騒音で近隣に迷惑がかからないか、等々、チェックすることは山ほどあるのです。

するとテストラン中盤の16時を過ぎたあたりで、画像左上の窓から西日が射し込み、シューターの眼に入って撃てなくなることがわかりました。
こういうことがあるから、実地テストは重要なんですよね。


といった具合に、今回はレンジS(SPEED)が形になったところで、二日間の作業を終了しました。
酷暑の中作業を手伝ってくださった石井名人、ニシヤンさん、本当にありがとうございました!!

次回作業では、10月6日のオープニングマッチが決まっているPMC(PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP)のターゲット製作を進める予定ですが、レンジの完成までに行うべき膨大な作業を思うと・・・ワクワクしちゃいますよね(笑)

今後もレンジ作りの進捗をレポートして参りますので、シューターの皆様はどうか楽しみにお待ちくださいませ!












  

【BATON Range】 鋭意製作中!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

連日の猛暑で、日本中大変なことになっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こうなってくると、梅雨時の肌寒さが恋しくなって来ますよね。なんとも現金なものですが(汗)

さてさて、8月1日の正式発表以来、各方面から大変な反響を頂戴しております、Gunsmith BATON 八王子店の移転と、BATON Rangeのオープンですが、その発表と同時に、移転先での受け入れ準備がスタート。

物件明け渡し直後の8月1日と翌2日に、シューティングレンジ設営作業を行って参りました。




間取り図から想像していた以上の広さに、とにかくビックリしたのですが、おそらくは日本初であろう二階建て30mレンジの設営予定場所を、まずはご覧いただきましょう。
上の間取り図の右側にある、緑とピンクの細長い場所の現物(?)が、下の画像です。



シューティングレンジとしては、なかなかに異質な光景ですよね。右側の階段で上がる2階部分と、その下の1階部分が、同じ作りになっているのがおわかりいただけるでしょうか。




こちら、1階部分 30mロングレンジ の入り口側から奥を写した画像です。ズラリと並んだ蛍光灯で、充分な明るさが確保されています。
天井までの高さを測り忘れていたので、次回作業時に計測してご報告いたしますね。




こちらは同じく2階部分 レンジA(Accuracy) です。1階に比べると天井が高く、開放感がありますね。




こちらは、2階部分の階段付近から見た レンジS(Speed) の全景です。




下の間取り図で赤く塗った部分になりますね。
残念ながら、当レンジがオープンする頃には、JSC(ジャパンスティールチャレンジ)は終了していますが、各種スピードシューティングの練習を、公式対応の機材で存分にお楽しみいただける場所となる予定です。




今回はそのレンジS(Speed)の床面に、ターゲットを配置するためのバミリ作業を行ったのですが、日本のシューティング界における第一人者にして、弊社アドバイザーのお一人でもある石井名人が、位置出しと作業の指示を請け負ってくださいました。

石井名人にレンジ作りをプロデュースしていただくのは、今は無きアキバ店と、JWCS公式レンジに続いて3度目で、本当にお世話になりっぱなしでございますね・・・。石井名人、本当にありがとうございます。




画像奥側から3つのベイを設け、それぞれにJSCUNLIMITEDJWCSのターゲット位置をバミリました。
JWCSのコース図を見たのは実に久しぶりでしたが、やっぱり良く出来たコースデザインですよね~。




床に貼られたテープは、白がJSC、黄色がUNLIMITED、赤がJWCSのターゲット位置をそれぞれ表しており、お好みのステージを自由に組んでいただけるようになっております。
手前味噌ですが、贅沢な環境ですよね!




ちなみにこの日は強烈な真夏日で、現場の気温は38.5℃にも達していました。




酷暑の中、コンパネと垂木でブースの仕切り板を作る、弊社社長のバットン・オーツカ。
ラリーモンゴリア参戦を前にしてのこの大仕事を、鼻歌まじりで楽しそうにこなしておりました。




業者の倉庫か!? というほどに大量のイレクターパイプは、レンジ各所に配置される様々な機材の材料です。




そのイレクターパイプを、高速カッターで切って切って切りまくる、私デイヴ金子。
非常に危険な作業ではありますが、こうしてレンジを作り上げて行く作業に喜びを感じてしまうのは、業が深いんでしょうねぇやっぱり(笑)




取り急ぎ作った5脚のポールを立てて、バミリが正しく出来ているかを検証しました。
あとは鉄板ターゲットが届けば・・・!!


といったところで、BATON Range製作レポートの第一弾を終わります。

続く作業の様子も逐次レポートして参りますので、エアガンシューティングを愛するすべての皆様、どうかご期待くださいませ!














  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP