第13回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのニシヤンです。

梅雨明けはまだまだ先になりそうなのでしょうか。
湿気にが嫌いな小生は、この梅雨の季節、自宅にいるときは概ねエアコンのドライが効いた部屋の中で過ごしております。

さて昨日7月11日(はAPSカップ月例練習会を行いました。
今回はその様子をレポートしたいと思います。


今回のご参加者です。
毎度ご参加ありがとうございます。





まずはハンドガンクラス~なのですが。


どの競技から始めるかをくじ引きで決めます。






「S」が出たのでシルエットからのスタートです。






ジャッジを務めてくださるのは 桑田社長 です。厳正かつ公平なジャッジを行ってくれます。






シルエットスタンディング中の KEIKO 様






シルエットプローン中の KEIKO 様






シルエット満射されましたので「キリッと顔」のお写真を頂きました。おめでとうございます!





石井名人のシルエットの様子です。


メガネの「つる」にご注目。
プローンをしたときにメガネの位置が上がるようにアタッチメントを付けているのがお分かりになりますでしょうか。

狙いたいときに普段の見え方が出来ないと違和感を感じ、ストレスになるからかと推察されます。
競技に置いては 「気になるちょっとしたイヤな事の排除」 がかなり重要ですからね~。






ブルズアイの採点を受けているところです。タケモト様 結果はいかがだったでしょうか。







一方 KEIKO 様
どうやら0点を撃ってしまったらしく天を仰いでいらっしゃいました。





今回のハンドガン競技の〆はプレートです。


KEIKO様 のプレートの様子です。






プレートターゲットの的の復旧をしている桑田社長です。お疲れさまです。





タケモト様のプレートの様子です。




別角度から








石井名人のプレートの様子です。


はて? 左手で撃っていらっしゃいますね。






あれ? 今度は右手?????


「右肩が痛いので、負担の少ない左手で撃っている」とのことですが・・・。
利き手を変えて撃つのをいとも簡単にやってるように見えます。
陰ながらの努力をされてるのが伺えます。






後愛用のAPS-3は、左右の手で撃てるように工夫が凝らされていました。






グリップのパテ盛りの様子です。





小休止後はライフルクラスに移行です。


タケモト様のライフル射撃のご様子です。
ストックをつけたAPS-3での参戦です。
特にストックの工夫に注目。
ご本人様は 「手持ち工具」 とおっしゃっていましたが、様々なエクステンション工具を使用しており、見た目よりも剛性が高く、分解できるので携行性がすごく良いです。
APS公式の試合に行くときも荷物少な目でいい感じかと思います。





石井名人の射撃の様子です。 いい姿勢ですね~







KEIKO様の射撃の様子です。こちらもいい姿勢です。

以上、簡単ではありますが、第13回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。

次回のAPSカップ月例会7月19日( 開催の予定です。


月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、そちらも是非ご覧くださいませ。


















  

ランニングターゲット 10m カスタム " ほぼ " 完成!

私のランニングターゲット 10m ( RT10m ) 用エアライフルの仕様が ほぼ決まったので、昨日、伊勢原射撃場に練習に行ってきました (‘・ω・́)ゝ




もともと エアライフルスタンディング ( ARS60 ) で使っていた Feinwerkbau 800X 君ですが、あれこれセッティングを変えて、カスタムパーツを付けて、ランニングターゲット用に変更したのです。







RT10m はこのように10m先の左右に動くターゲットを撃つ競技で、ビアンキカップ ( JANPS ) ムーヴィングターゲットAPSカップ ライフルクラス ムーバーに似た感じです。







一番大きな見た目の変更は、バレルエクステンションをアルミアングル材で製作して、先端部に 300g のウェイトを付けたことです。

なんでこんなことするかというと、より遠いところにウェイトを付けることで左右に振るときに安定させるためなのです。トンカチ を考えてもらえば先端部のウェイトの働きをイメージできるかと思います (^^ゞ







「じゃあ、どんどん長くすればより安定するんじゃね?」と思うでしょうが、ちゃんと規定でバレルの長さは 1m 以下と決められてますw

また、ストックの下端にも規定があるのですが、それは下記のようなスタンバイポジションだからです。







ランニングターゲットのスタンバイポジション(10mも50mも一緒)は、スキートのように銃口を上げるのですが、手をまっすぐ下したときの肘の位置(黄色のライン)よりも下にストックがなければなりません。なので、ストック下端が低いほど有利なので、「下端の位置がバレルセンターから20cm以内」と決まっているのです。







こちらが射撃姿勢で、ブルズアイ競技と違って左肘を身体に付けることは禁じられています。なので、トラップのように身体は突っ立ちで肘を上げる形になるのですが、私はまだ初心者なので、この姿勢がベストなのかどうか よく分からないです (^^ゞ







あと、スタンバイからストックを上げて肩に滑り入れるので、ひっかからないようにストックパッドは外してベースだけにしてしまいます(※)。こうすると軽量化になりますしね ( ランニングターゲットは銃の重さが 5.5kg 以下という規定があります。私の 800X はこの状態で 4.7kg です )。

※ これは、ランニングターゲット日本一の判野みのりさんがバウ700でこうやっていたので真似しました (^_-)-☆






さて、RT10m のターゲットは10m で2mの幅を動きます。スローは 2mを 5秒ファストは 2mを 2.5秒で動きます。試合ではスローを 30発、ファストを 30発撃って 60発の合計点数で競います。







ターゲットの大きさはご覧の通りで、黒丸の5点は30mmで、APSカップの 8点 35mm より小さいですし、10点は、APSカップ X の直径の半分、5.5mmしかありません。







昨日の練習では、エクステンション&ウェイトの効果か、初めて、スロー30発を全弾 5点(黒丸)以内に入れることが出来ました。なかなか難しいけど、難しいだけに練習し甲斐があります。


ちなみに、今日、私は東京都夏季大会で 50m プローンを撃ち、明日はランニングターゲット部会の記録会で RT50m を撃ちます。この金土日で、的は 動的→静的→動的、弾は 4.5mm 鉛弾 → 22LR → スラッグ といろいろですが、「シューティング、みんなちがって、みんないい!」 で、どれも面白いです!

日本でも銃砲所持許可を取得すれば、様々な実銃射撃が楽しめますよ (^^)/





PS.
ランニングターゲット用カスタムが " ほぼ " 完成と言ったのは、スコープが まだ なんですよ…



最初に試したスティックシフトはダメでした (;^_^A リードをミリ単位で変えなくてはならないのでスティックシフトだと調整しきれませんでした。また、前に付けたスコープもレティクルの形が合わなくて、いまは 4倍固定のショートスコープを付けています。

RT10m は 「やっぱり、専用のダブルポストスコープ(※)を使わないと勝負にならん」 ということが分かったので注文したのですが、すでに 2週間もフランクフルトで止まったまま…… 新型コロナ禍で物流がめちゃくちゃになっているので、私のスコープはいつ来ることやら orz

※ ダブルポストスコープの詳細解説はこちらの方のブログ記事に詳しいです。


ま、当面はこの仕様で練習に励んでいきまーす (‘・ω・́)ゝ




















  

第12回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

4月より休止しておりましたBATON Range 各種月例会ですが、感染予防対策を講じながら再開する運びとなり、去る7月5日(は、第12回目となる APSカップ月例会を開催いたしました。

再開してから最初の APS月例会と言う事で、今回は4名の皆様にお集まり頂けました。


感染予防対策の為、皆様にマスクの着用をお願いしております。
ご協力いただき、まことにありがとうございます。





今回は弊社が 蔵前工房舎 と一緒になってから初めての月例会と言う事で、 桑田社長 に月例会の仕切りをお願いしました。

まずはハンドガンクラスからスタートです。


皆様、自粛期間中は全く撃ってなかったそうで…どんな結果が出るか楽しみです。







湿度72% と言う、APS-3にはかなり厳しい環境ですが、業務用扇風機とスポットクーラーの併用でそこそこ冷たい風が当たります。





当ブログでもお馴染みの 石井名人 はなんとアウターなしのAPS-3で参戦!







唯一、APS-1で参戦の Master様
この湿度をもろともせず、本日の一番ゲットです!





リザルトはこちら






続きまして、ライフルクラスの模様です。


こちらも皆様、久々に撃つと言う事でしたが…







KEIKO様、いきなりブルズ満射と絶好調!
そのまま逃げ切り本日の一番となりました。





ライフルクラスのリザルトはこちら








点取りが終わった後は、当レンジ自慢の レーザーライフルレーザーピストル を参加者の皆様にお試し頂きました!

以上、簡単ではありますが、第12回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。

月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧ください。



次回のAPSカップ月例会7月11日( 開催の予定です。

今後は毎週土日のどちらかに必ず APSカップ月例会 が予定されています。
APSシューターの皆様、是非ご参加くださいませ!




















  

第7回スチール練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様、バトンスタッフのニシヤンです。
読者の皆様ご無沙汰でございます。

緊急事態宣言が解けたとは言え、新型コロナについてはまだ予断が許せない状態かと思います。
昨今皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日7月4日(に当店BATON Range内のSレンジにて、JSC試合形式の第7回スチール月例会を行いましたので、そのレポートをお届けいたします。

まずは本日ご参加いただいた皆様の集合写真です。


参加者の皆様と、今回は 月刊コンバットマガジン サバゲ三等兵様 が取材にいらっしゃいましたので合同の集合写真です!





以下、練習風景です。


お客様のタケモト様です。P226のレースガンという、シューティング界隈では珍しい銃を使っています。






俯瞰での撮影。
参加者全員がシューティングボックス以外の場所でのマスク着用の遵守をしており、人との距離を出来るだけ取って蜜を防いでおります。






お客様のモリ様のシューティングの模様です。
緊急事態宣言解除後、当レンジに足しげく通っていただき誠にありがとうございます。
日ごろの練習成果は出ましたでしょうか?






お客様のエビヌマ様です。
なんとカップガンでの参戦です! 重いカップガンをスチールチャレンジのような左右にブンブン振り回す競技で使用するのは、とても体力が必要で大変ですが、難なく華麗なシュートを決められていました。






お客様のタナミ様です。
撃っているステージはFIVE to GO
ターゲットが横一列に並んでいるだけなのですが・・・非常に奥深く難しいステージです。
結果はいかがでしたでしょうか?






皆様、多大人数で撃つのは久しぶりで、ワイワイと活気があり、進行もスムースで無事終了いたしました。
コロナ禍の影響で様々な影響が出てるとは思いますが、こうやってお集まり頂き、皆様のシューティングをしてる姿を拝見して、感慨にふけってしまいました。





月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。


次回スチール月例会7月18日(に開催いたします。
また、本日7月5日(は、APSカップ月例会 を開催いたします。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。



















  

BS-HOST カスタム " B-Widow " 10mで40mm台の精度実現!

BS-H.O.S.T. CO2GBB は大変なご好評をいただき、誠にありがとうございます! すでにお客様も様々なカスタムに取り組んでいらっしゃいますが、私、バットンもさっそく創ってみました (^^)/







ネーミングはイチローさんの STI カスタム、BlackWidow を模しまして、BATON-WidowB-Widow です。スペックは以下の通り、

流速ルーズバレル OF-H 装着レシーバー固定コンペンセイタースライド&アウターバレル切削ダットマウント( SURE HIT MASTER )グリップ左側にギョウザグリップ右側はスムージング左サムセーフティ・グリップセーフティにパテ盛り







すでに、流速ルーズバレル OF-H 装着精度アップの実証は出来ていますが、さらに「バレル固定でどれぐらいの効果があるのか?」実証実験機 なのです。

BS-HOSTは最初からスレ―テッドバレルですから 14mm逆ネジのコンペンセイターを装着するのは簡単です(これはGlock用を付けてみました)。そしてショートリコイルもしませんからバレル固定はポン付けしたコンペンセイターを保持するだけでOKであり、レースホルスターに干渉しないようレシーバーサイドからステーを立ててあります。







スライドとアウターバレルの穴あけは ただの格好つけですがw、耐久性のテストでもあります。

BS-HOSTのスライドは独自素材で強固なので、たぶん、これぐらい思いっきり穴を開けても問題ないはず…と思うので試しにやってみました。どのぐらいまでいけるかは壊れるところまでやってみないと分からないので、自分の銃でテストしておきます (`・ω・́)ゝ


また、BS-HOSTはスライドにダット直付けが出来ますが、大き目レンズの SURE HIT MASTER を使いたかったこともあり、ここは私の個人的好みでマウントを付けました。スライドは穴を開けるだけでなく、上面を 1mm ほど削ってあり、ギリギリまで低く設置しています。







グリップ左側にはリコイルをコントロールするための「ギョウザ」を付ける一方、右側はドローのとき右手を滑らせても痛くないように、せっかくのスティップリングですが全部削ってしまいました ( ̄▽ ̄;)

また、セーフティを確実に切るために左サムセーフティとグリップセーフティにパテ盛りしてあります。





さて、B-Widow の性能は?














バレル固定の効果は確かに出ていますね!


…ただ、B-Widow にはもう一つ、精度アップの効果があるのではないかと思われるカスタムがあって、「ギョウザ」を付けたことも影響していると私は思います。



動画の時にも言ったのですけど、BS-HOSTはリコイルが強力なので、がっちり握らないと弾道に影響してしまうのです。なので、ギョウザを付けてよりしっかりホールドできるようになったので精度も良くなったということもあると思います。



さ、私のBS-HOST レースガンが出来上がったので、「 B-Widow でシューティングマッチにガンガン出て CO2 の性能を証明しよう!」 と言いたいところですが、残念ながら JSCJANPS も CO2 カートリッジをマガジンに入れる CO2 ガスガンはレギュレーション NG で出れません…… ( 2020年6月現在 )

まあ、どちらにせよ私の腕では大した成績は出せないですけどねw ということで、大きな試合には出れませんが、PMC 八日市スティール は CO2 ガスガンでも参戦可能ですし、もちろん、BATON Range の月例会でも大丈夫ですので、これから B-Widowくんで、あれこれシューティングを楽しみたいと思います (^^)/





そして、前述のようにこの子は 実証実験機 ですから、いずれ……ね (^_-)-☆



















  

BATON Range 各種シューティング月例会 再開します!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

緊急事態宣言が解除されてから1ヶ月と少々となりましたが、当ブログ読者の皆様は無事にお過ごしでしょうか。

弊社の BATON Range も、5月27日に営業を再開してからちょうどひと月が経ちましたが、ここまでのご利用状況等を鑑み、来る7月から、各種シューティングマッチの月例会を再開することといたしました。




実はすでに BATON Range ホームページのイベントカレンダーには7月の予定を書き込んでいましたので、気付いていた方もいらっしゃることでしょうね。

ただし、今も東京だけで毎日数十人の新型コロナ感染者が出ている厳しい状況です。
当レンジ所在地は埼玉ですが、だからといって油断は出来ませんので、各種月例会にはいくつかの参加条件をつけさせていただきます。


参加条件その1 : ご来店時の手洗い、アルコール消毒の徹底

・ご来店の方法(公共交通機関、自家用車等)に限らず、受付時に事務棟カウンターにて手指のアルコール消毒を行っていただきます。
アルコール過敏症の方は、同じ事務棟洗面所にて、薬用石鹸での入念な手洗いを行っていただきます。


参加条件その2 : シューティングボックス以外の場所でのマスク着用必須

・レンジご入場の際はアイウェアと同時に、飛沫感染防止のためのマスクを着用していただきます。
シューティングボックス(シューティングライン)に立つ時以外は、常にマスクを着用していただきます。


以上、今となっては極めて常識的な内容ですが、これらを遵守していただけない場合は、レンジのご利用をお断りいたしますので、予めご注意のほどをお願いいたします。

無論我々スタッフも、皆様に安心して射撃を楽しんでいただけるよう、レンジ、及びトイレ等の清掃、消毒には徹底して臨みます。

ご不便をおかけしてまことに恐縮ではございますが、多くの皆様が心から求めていらっしゃる 『 自由に撃てる環境 』 を守るためにも、ご理解とご協力のほどを、何卒お願い申し上げます。


と、参加条件をご説明したところで、7月の各種月例会日程をお知らせいたしましょう。

まずは7月4日(を皮切りに、第1、第3 土曜日は1階 レンジ S にてスチール月例会を開催。










そして7月5日(を始めとし、11日(19日(25日(は、2階 レンジA にて、APSカップ月例会を開催。

※APSカップ月例会はなんと、蔵前工房舎の桑田社長に進行を努めていただきます!










さらに、7月12日(は、2階 レンジA にて JANPS月例会を。










7月26日(は、2階 レンジA にて プレートマッチ月例会を、それぞれ開催いたします。







以上のように、待ちに待った各種シューティングマッチの月例会を毎週末開催いたします。

まずは7月4日(スチール月例会で、久しぶりのスピードシューティング記録会を存分に楽しもうではありませんか!

※尚、Gunsmith BATON および BATON Range の営業時間は、7月以降も毎日 10:30 ~ 19:30 とさせていただきますので、ご注意のほどをお願いいたします。




















  

【天才】レーザーライフルを現役JKの国体選手に撃ってもらったらスゴかった!

BATON's blog 読者の皆様こんにちは。バトンスタッフのナベこと渡辺です。

導入以来大変なご好評を頂いております レーザーライフル ですが、今回はスペシャルなゲストにお願いして撃ってもらいました!

※ レーザーライフル・レーザーピストルの解説はこちらのブログ記事にて→ 『 【BATON Range 】 レーザーライフル・ピストル 始めました!





エアライフル女子ジュニア選手で現役女子高校生の 門脇真央選手 です!
昨年の茨城国体では東京都代表選手としてファイナルまで出場したトップ選手です。

実は真央選手、小学生の頃にAPSカップ本大会ライフル部門で5位入賞している天才少女で、覚えている方もいらっしゃる事でしょう。





そんな彼女もコロナ禍で全く練習出来ていないそうで、「全然点でないですよー」 とひとこと。
久々に射撃コートに袖を通し、ストックやチークの調整、ゼロインを済ませ本射に入ります。

先ほどまでとは表情が打って変わって真剣モード。
そして銃口は全くと言って良いほど動いていません。



10.6
10.2
10.4
10.3


モニタには10点台に入ると赤い表示が出るのですが、ずっと赤いまま…10点しか出ないじゃん!!!


第一シリーズでいきなり 99点(1シリーズ100点満点) という驚異のスコアを叩き出し、現役国体選手の射撃を遺憾なく見せつけてくれましたw

※ RedDot のモニターでは 1発1発は小数点表示ですが、合計点は素点(整数)で計算されます。



私も含めおじさん達では全く歯が立たなかったレーザーライフルで、いとも簡単に10点台を撃ち続けている女子高生を目の当たりにし「天才って本当に居るんだなー」と実感すると同時に、「ここまでになるのにどれだけの練習を積んできたのだろうか」と思うと敬服の念しかありません。


60発のトータルは 573点 と、誰も抜けないレベルのスコアです。





撃ち終わった後に感想を聞いてみましたが、「弾込めがない分レーザーの方が楽です」 とおっしゃってました。
日ラのビームライフルとは全然違い、本当にエアライフルの感覚に近いそうです。

わざわざ所沢までお越し下さった真央選手、本当にありがとうございました!
BATONスタッフ一同全力で応援しています!



※ レーザーライフル・レーザーピストルは高校生の射撃部の練習にも使えるものですので、高校生以下は レンタル料半額の 1,000円 (2時間) にしました( レンジ代は別途必要で、会員は月額 5,000円、非会員は1日 2,000円 )となっています。

現役の選手から昔やってた元選手、ちょっと興味あるけど射撃場は敷居高そう・・・と思っている方まで、是非お気軽にお試し下さい!


















  

【BATON Range 】 レーザーライフル・ピストル 始めました!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトンスタッフのナベこと渡辺です。

先日26日より営業を再開させて頂いた BATON Range ですが、休業期間中に色々と準備をしておりました。

その一つがこちらの レーザーライフル&ピストル でございます!







基本的な仕組みは撃発と同時に可視光レーザー(出力クラス1)を一瞬だけ発光し、ターゲット側のセンサーがレーザーの照射地点を判定し手元のモニターに得点を表示します。

ヨーロッパではこのシステムを使った競技会も開催されているそうです。ピストルの方に関しては既に近代五種競技で国内でも使用されており、見た事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

※ このレーザーターゲットシューティングは、日本ライフル射撃協会 公式のビームライフル・ビームピストルとは異なります。






それではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

まずはライフルの方から

ベースとなる銃本体は本場ドイツの競技銃トップメーカーであるファインベルクバウ社製のシミュレーターモデルです。

エアライフル(AR)から銃身やチャンバーなどの発射機構等を取り除き、必要最低限のアルミストックと照準器を備えた訓練機材となります。



以下、日本輸入総代理店の R・Inventions 様 (メール : r.inventions.ktym@gmail.com ) の説明です。

Feinwerkbau 製 アルミストックライフル RedDot フルセット: ¥255,000

「ドイツの3大電子標的メーカーの1つであるDISAGで、12歳以下の子供たちでも標的射撃をスポーツとして始められるように、開発されたものです。このとき、『子供だからおもちゃみたいなのでもいい』ではなく、『子供でも、大人と同じ物が使いたい』と言うコンセプトで、実際のエアーライフルのメーカー(Feinwerkbau社)が子供のトリガー練習用に造ったシミュレーターライフルに、レーザーユニットを搭載し、これに対応させて、自社の技術である電子標的技術を応用した標的装置を作ったものです。

当然、電子標的と同じく小数点以下一桁まで表示が可能で、10発ごとのグルーピングも表示されます。更にパソコンと連動させれば、詳しい情報を表示させることも可能です。

ライフルは、子供用に開発されているため、実銃の見た目と重さを知っている人には、小っちゃく感じると思いますが、全長は890〜940mm, 重さは 2.2kgです。標的は、エアー標的と同じ大きさで立方体。重さは、わずか200gです。ライフルと標的装置を厚めのガンケースに入れて持ち運べる軽さなので、好きなところで標的射撃が出来ます。」



BATON Range では、このライフル標準のグリップは子供用で小さいので 3Dプリンター製の大きなグリップに変更し、ストックにウェイトを付けて重量を増し、成人の射撃に対応しております。






そしてココが最大のメリットなのですが、トリガーユニットは実銃と同様のものが搭載されており、本物と同じトリガーフィーリングで練習出来るのです!

エアライフル にステップアップした場合でも違和感なくスムーズに移行できることでしょう。






RedDot と表記されているマズル部分がレーザー発光ユニットで、シアが落ちた時の「カチン」という音に反応してレーザーを発光します。

レーザー発光ユニットは単体で完結しており ( ここだけで発光可能 )、レーザー発光ユニットとターゲット、そして点数表示モニタが レーザーターゲットのシステムと言えます。






エアライフル に比べると廉価な印象ですが、必要にして充分な調整が可能なアルミストックになります。

元がジュニア世代の練習用なので重量が 2.2kg と非常に軽量でしたが、ありとあらゆる空間に大量のウェイトを追加し、エアライフルと同等の 4.5kg にまで増量しました。





さて、続いてピストルの方に行きましょう。


PENTASHOT(ぺんたしょっと)と読みます。



以下、日本輸入総代理店の R・Inventions 様 (メール : r.inventions.ktym@gmail.com ) の説明です。

Pentashot FLP15 ( ファイバーサイト付 ) RedDot フルセット : ¥242,000

「チェコのPENTASHOTという、社名からも推測できるように近代五種競技のレーザー・ランに使用されるレーザーピストルです。

実は、2017年のアジア/オセアニア大会が日本の御殿場で開催されたときに、このPENTASHOTがサポートしていたのです。(私は知りませんでした)。つまり公式大会で使用もされているれっきとしたスポーツ競技用のレーザーピストルなのです。

ただ、競技種目も異なりますし国も異なるからなのか標的装置としてDISAG社のものを採用していませんでした。そこを弊社が双方を取り寄せ実験した結果、問題なく作動することが分かりましたので、これらをセットで販売することにしました。

今回バトン様の方でこ購入いただいたものは最上位機種なのですが、他にも練習に使える廉価版もございますのでよろしくお願いいたします。

ピストルは、全長370mmで重さ750g〜850gです。標的は、ライフル用標的にエアーピストル用の標的と同じ大きさのフロントマスクを付けたものになります。重さは300gくらいでしょうか。ディバッグに入るくらいなので、こちらも好きなところで標的射撃が出来ます。

ただし、当然のことですが、標的射撃競技をする自覚を持って、実銃と同じように扱い、人の居ない方向に向けて標的装置を設置してくださいね!」







銃口内にレーザー発光ユニットが内蔵されており、こちらもメカニカルシアが搭載されているため、実銃に近いフィーリングで射撃可能です。






重量は 941g で、エアピストル APS-3 と似たような重量となっております。






こちらが標的の 「 RedDot 」 になります。赤丸の大きさが約 30mm と、エアライフルの標的サイズになっています。






得点は手のひらサイズのモニターに表示されます。ピストルモードライフルモードと切り替え可能で、標的とはBluetoothで接続され、ワイヤレスでの運用が可能です。

※ エアピストルと同サイズの赤丸のピストル標的も発注しておりますが少々時間がかかりそうなので、入荷まではピストルもライフル標的で代用させていただきます 。 ビストルモードにすればシステム的にはピストルの点数計算 ( ピストルの赤丸の大きさ・ピストルの点数直径 ) になりますが、ターゲットの赤丸はライフルのままなので赤丸の見た目が本来のピストルの赤丸より小さいです。

※余談ですが、このレーザーターゲットは レーザー光を通しやすいように 標的が赤い色の丸 なのです。なので、「 RedDotという名称なのですね (^_-)-☆






実際に撃ってみた感想ですが…


「非常にむずかしい!!!!!」


特にライフルの方は 10点圏に入れる事すらままならないという感じで、APSカップとは比較にならないほど高いレベルの射撃が求められます 。逆に考えると、「普段レーザーで練習してたら APSカップが とても楽になるかも!」 って思ったりしちゃいます。

※注釈 : レーザーライフルの 10点は実銃エアライフルと同じ 0.5mm で、面積にすると APSカップ 10点の 約 1/1900 です ( ̄▽ ̄;)





今回ご紹介のレーザーライフルとピストルですが、BATON Rangeでは 2時間 ¥2,000 にてそれぞれレンタル可能です。

時間貸しですので、複数人でのご使用もOKです。(レンジ利用料は別途必要です)

ピストルとライフルは各1挺ずつしかありませんので、ご利用希望日まで1週間以内でしたらご予約も受け付けております。
ご予約希望のお客様はTEL 04-2936-7670までお電話下さい。

また、弾が出ないので18歳以下の方もご使用頂けます。※中学生以下のお子様のご入場には保護者の同伴をお願いいたします



※ エアライフル国体選手にレーザーライフルを実際に撃ってもらったブログ記事はこちら→【天才】レーザーライフルを現役JKの国体選手に撃ってもらったらスゴかった!





さて、休業期間中に桑田商会の引っ越しも終わり、事務所棟と レンジA の模様替えも行いました。


事務所棟には商品展示スペースを設け、蔵前工房舎製品と、BATON airsoft製品 を始めとする弊社取り扱い商品を置いております。






レンジA の方は APS レンジと背中合わせに PMC プレートレンジが設置されていましたが、プレートレンジを JANPS エリア側に移動し、APS月例会開催中でもプレートをご利用頂けるようになりました。

レンジの模様替えは石井名人が一人でやって下さり、感謝感激でございます。本当にありがとうございました!





以上、BATON Range 情報でした。

非常事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は禁物です。当店も感染防止対策を励行しながらの営業となります。ご不便をお掛けしてしまいますが、皆様ご協力をお願いいたします。


















  

BATON range 5月26日(火)から営業再開のお知らせ

いつも BATON Range をご愛顧いただきありがとうございます。埼玉県も非常事態宣言が解除されたものの、新型コロナ禍はまだ終息までは至らず、感染予防を心がける「新しい生活様式」を常態として続けなければならない と思われます。


BATON Range では 「シューティングマッチの練習でボックスで撃つのは一人」「当店の機材は一人で練習できるようディレイタイマー(※)が付いている」「もともと倉庫で容積が広い」ことから、三密にならないよう下記のように十分に留意しながら、明日 5月 27日(火)から営業を再開 させていただきたいと思います。

※ スティールターゲット用タイマー、JANPS・PMC プレート、JANPS ムーバー、JANPS ターニングターゲット、APS カップ ハンドガンプレート、APS カップ ライフルムーバーにディレイタイマーが付いており、すべての競技を一人で練習できます



BATON Range 三密感染防止対策

・シャッター、窓、ドアを常に開放し換気する
・集団で行動する月例会は当面行わない
・体温37.5度以上の方はご利用不可
・他のお客様ならびに社員と対面するときはマスク着用必須








上記対策に加え、お客様には常にソーシャルディスタンスの確保を心がけていただき、お客様ご自身、他のお客様、弊社社員の安全を考慮したうえで、個人練習にご利用いただければ幸いです。



同時に Gunsmith BATON 並びに 蔵前公房舎 の店頭販売 ・ チューニング持ち込み ・ 完成品引き取りも再開いたします。

事務所棟も 三密感染防止対策として、「事務所棟にご入店のお客様は同時に二人まで」「体温37.5度以上の方はご来店不可」「マスク着用必須」、とさせていただきます。



また当面、社員の安全確保のためにも営業時間を短縮し、平日・週末関わらず 10:30~19:30 とさせていただきます。



新型コロナ禍との闘いは長く続くものと覚悟しております。お客様のご協力をいただきながら慎重に営業していきますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。





















  

臨時休業を 5月 31日まで延長します。

緊急非常事態宣言の延長を受け、当初 5月 6日までとしていた BATON RangeGunsmith BATON蔵前工房舎 店頭販売臨時休業を 5月 31日まで延長 致します。



Gunsmith BATON蔵前工房舎ネット通販は通常通り 行っておりますので、ぜひご利用いただければ幸いです。

厳しい状況は続きますが、皆様のご安全並びに新型コロナ禍の一日も早い収束、そして、いつの日か、またサバイバルゲーム・シューティングを気兼ねなく楽しめる日が来ることを心から願っております。


























  

エアライフルにスティックシフトを載せてみた!

いろんなシューティングマッチに 次から次へと手を出し続ける バットンです (^^ゞ

今度、あらたに ランニングターゲット ( RT 10m ) という競技を始めようと思いますので、試しに JANPS カップガンに装着していた 『スティックシフト』 を 実銃エアライフル(AR) 『 Feinwerkbau 800X 』に移設してみました!








まず、ランニングターゲットという競技を紹介すると、左右に動く動的を 10m ( エアライフル )、50m ( スモールボアライフル、ラージボアライフル、スラッグ ) から撃つ競技です。ターゲットの動きは「スロー」と「ファースト」の二つのスピードがあります。

詳細は、下記動画や 日本クレー射撃協会 ランニングターゲット部会のWEBサイトを参照してください。





※ ランニングターゲットはオリンピック競技からは外れましたが、ISSF(国際射撃連盟)の公式競技であり、 RT 10m (AR) と RT 50m (SB) はワールドカップが開催されています、







RT 10 m のターゲットはこれで、左からターゲットが出てくるときは左のターゲット、右からターゲットが出てくるときは右のターゲットを撃ちます。基本的な競技は60発 [ スロー30発 + ファースト30発 ] で点数を競います。動的なので図示した赤丸のようにリード撃ちが必要です。







本気でランニングターゲットを競技するなら、この写真のような ダブルポストスコープ というリードを調整できるランニングターゲット専用スコープを使います。

…ですが、このダブルポストスコープ、いま日本で新品を買おうとすると 50万円 ぐらいするそうです (゚д゚)! かなりの希少品ですから中古があるはずもなく…



で、同じように動的を撃つんだから、「ビアンキカップ ムーバー用のスティックシフトでも行けんじゃね?」ということで、試しに装着してみた次第です (^^ゞ





スティックシフトの動きはこのように、レバーを倒すことでスコープ(マウント)が動き、センターを狙ってもリードをとれるのです。動的を撃ってみると分かりますけど、限られた時間のなかでターゲットのセンターを狙えるというのは凄く有利なのですよ。

スティックシフトの移動量はスローでセンターを狙えるようなリード量にセットしておきました。

ファーストはスティックシフトが無ければ上記のリードのようにターゲットの白い何もないところを狙わなければならないのですが、スティックシフトでスローに合わせておけば、たぶん、ファーストは円の外側 ( スローの狙点 ) を狙えばいいはず ( ̄ー ̄)ニヤリ

まあ、撃ってみないと何もわからないのですが、ランニングターゲットがある伊勢原射撃場は当面休業なので、いま私に出来ることはここまでです……( ;∀;)




先日、伊勢原射撃場が休業になる前に、一度だけランニングターゲットを撃ちに行きました。このときは普通のマウントでリードをとって撃ってます。



その日、一番よく中たったのがこのターゲットで、スローを30発(左右15発ずつ)撃ってます。何発も すっ飛ばしてますけど、それでも、一緒に撃ったランニングターゲットの常連さん達からは「初めてなのに(※)凄い!」とお褒めの言葉をいただいたので 、調子に乗って本気でRTに取り組んでみようと ノセラレタのですw

※ まあ、ランニングターゲット " は " 初めてでしたが、JANPS、APSカップで動的はずっと撃ってきてますから、慣れてますしね (^^ゞ







このスティックシフト装備のバウ君で RT 10m を撃ってみたいなぁ! ガンガン練習したいなぁ!  早くその日が来ることを願って、当面は我慢我慢 ( ̄▽ ̄;)


















  

5月6日まで BATON Range ・ Gunsmith BATON 店頭販売 を臨時休業致します

平素より BATON Range 並びに Gunsmith BATON をご利用いただき誠にありがとうございます。

急ではございますが、新型コロナウィルス感染症の非常事態宣言を受けまして、当店では BATON Range並びにGunsmith BATON 店頭販売の臨時休業を決定いたしました。皆様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。








【 BATON Range / Gunsmith BATON 店頭販売 臨時休業期間 】
4月 4日(土)~ 5月6日(水)




・臨時休業期間中、BATON Range はご利用いただけません。
・BATON Range 会員の方は4月分の会費はすでにご請求済ですので、 4月13日課金の5月分会費を無料とさせていただきます。また、退会ご希望の場合は、4月分会費をご返金させていただきますので、お手数ですがご連絡いただければ幸いです。




・臨時休業期間中、Gunsmith BATON にはご来店いただけません。チューニングお持ち込み・ご購入商品お引き取りも出来ません。
Gunsmith BATON 通販は通常通り営業致しております。
・Gunsmith BATON 通販の店頭引き取りは受注を一時停止しておりますので、発送でご注文下さい。
・すでに店頭引き取りで受注されているお客様は送料・代引き手数料無料で発送も可能です。のちほど対応方法お伺いのご連絡をさせていただきます。
















【BATON Range】 4月12日まで月例会中止

いつも BATON Range をご愛顧いただき誠にありがとうございます。コロナウィルス対策として 4 月 12 日(日)まで週末の月例会は中止させていただきます。

レンジは営業しておりますので、通常通り個別練習は可能ですが、体調の優れない方のご来店はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

今後とも BATON Range をよろしくお願い致します。













  

【 BATON Range 】 今週末の月例会を中止致します。

いつも BATON Range をご愛顧いただき誠にありがとうございます。東京都・埼玉県の「コロナウィルス対策として週末の外出自粛要請」に伴い、28日(『プレート月例会』並びに29日(に予定しておりました『30m月例会』は中止させていただきます。

レンジは土日共に営業しておりますので、通常通り個別練習は可能ですが、体調の優れない方のご来店はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

急な予定変更ですが、非常時ゆえご理解いただけますと幸いです。今後とも BATON Range をよろしくお願い致します。













  

第11回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

3月も後半に差し掛かり、季節は春本番!と言った感じの3連休でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
バトンレンジ横の川は桜並木となっており、Aレンジの窓を開けると視界一面に桜が飛び込んできますよ!



さて今回は、一昨日の3月22日(、当BATON Rangeで開催された第11回APS月例会のレポートをお送りいたします。

この日はAPSハンドガンクラスのトップシューターであるY本氏がお越し下さいました!
金沢から遠路はるばる、本当にありがとうございました。


写真左から、ナベ、石井名人、KEIKOさん、Y本氏、バットン大塚。

まずはハンドガンクラスから、Y本氏、バットン大塚、わたくしナベの3名でスタートです。



1位はもちろんY本氏! 前日夕方から深夜3時までしこたま飲み明かしたにもかかわらず
ブルズアイ100-4x、プレート60点、シルエット36点、合計196-4xというハイスコア!
初めてお越し頂いたバトンレンジでレンジレコードを更新し、見事1位を獲得!
さすがY本氏です!



2位はバットン大塚で、ブルズアイ92-2x、プレート56点、シルエット31点、合計179-2xでした。
この日、バットン大塚は異なるハンドガンでダブルエントリーしており、こちらはAPS-1でのスコアになります。

3位はわたくしナベで、ブルズアイ98-7x、プレート48点、シルエット30点、合計176-7xでした。

そして、4位はダブルエントリーの2クラス目、ガスブローバックのレースガンで参戦したバットン大塚で、ブルズアイ92-3x、プレート56点、シルエット24点、合計172-3xでした。

ガスブロで172点というハイスコアに一同ビックリ!





※蔵前APS週末会 & BATON Range APS 月例会、共通ローカルルールで、ガスブロはブルズアイとプレートも両手で撃っていいことにしてます (^^ゞ

※このカップガンは 流速ルーズバレル 6.10 OF の可能性を探るために作ったモデルで、ルーズバレル 6.10 OF を加工して短くしてハンドガンに装着しています。詳細はこちらの記事 流速OF カップガン、7m で 25mm の精度を実現 にて


バトンレンジでのAPS月例会は競技認定銃以外のエアガンでも参加出来ますので腕に自信がある方は、ぜひいろんなエアソフトガンで挑戦してみて下さい。(※もちろん、腕に自信が無い方も、ぜひお気軽に参加してAPSカップという精密射撃競技を楽しんで下さい (^_-)-☆ )


以上簡単ですが、ハンドガンクラスのレポートでした。




続いて行われたライフルクラスのリザルトはこちら
ライフルクラスは先ほどの3名に石井夫妻アベ様も加わりスタートです。



1位は弊社代表バットン大塚で、ブルズアイ100-5x、プレート満射60点、ムーバー26点、合計186-5x
本日はブルズアイスタートで2競技満射した後のアタックチャンスでしたが1歩及ばず、200点は次回に持ち越しとなりました。



2位はわたくしナベで、ブルズアイ98-3x、プレート満射60点、ムーバー38点、合計196-3xでした。
x差でバットン大塚に敗れ、スコープのハンデを痛感すると同時に、前日の飲み過ぎを反省しました・・・。



3位は石井名人で、 ブルズアイ96-5x、プレート満射60点、ムーバー32点、合計188-5xでした。



4位はY本氏で、ブルズアイ96-2x、プレート49点、ムーバー26点、合計171-2xでした。
今はすっかりハンドガンのトップ選手というイメージですが、昔はライフルメインの選手だったりするのです。



ピープサイトでジャケットも着ず、この美しいフォームに見とれて声を掛けたのは懐かしい思い出です。

5位はKEIKO様ブルズアイ94-2x、プレート48点、ムーバー30点、合計172-2xでした。



6位はアベ様で、ブルズアイ72-1x、プレート満射60点、ムーバー24点、合計156-1xでした。
細かなマイナートラブルに足を引っ張られてしまっている最中ですが、一つ一つ地道にクリアして行けば190点台も夢ではないので、今後に期待です!



ハンドガンと同じく、バトンレンジでのAPS月例会は競技認定銃以外のエアガンでも参加出来ますので VSR-10 でも、電動ガンでも、是非お気軽にご参加下さい。




さてライフルクラスが終わった後、Y本氏は当レンジオリジナル企画の ASP60 を撃って下さいました。
お疲れのところありがとうございました。

先日始まったばかりの ASP60ASR60 ですが、たくさんのAPSシューターにご参加頂き、嬉しい限りです。

普段から60発を撃っているY本氏は、圧巻の582点というスコアでいきなり八段をゲット。
格の違いをまざまざと見せつけられました。

※ASP60、ASR60についてはこちらの当ブログ記事をご覧ください


以上、簡単ではありますが、第11回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。


次回APS月例会は4月5日(の予定となっております。
ASR60ASP60 についてはいつでもご参加可能ですので、お気軽にお試しくださいませ!













  

第10回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様、バトンスタッフのニシヤンです。

一昨日3月20日(は、当店Aレンジにて、 第10回APS月例会を行いました。

昨今、世の中を騒がしている新型肺炎ウイルスの感染拡大を防ぐ為とは言え、残念なことに様々なイベントが中止になっていますね。
自分が楽しみしていたイベントも今回、取りやめになったことは非常に残念に感じます。1日も早い収束を願ってやみません。



暗い話題はさておき、春はもう来てるのでありましょうか、20日のレンジ内温度計は上の写真のとおり結構な熱気で軽く汗をかく感じでした。



参加者の皆さまです。
左からosamurai様 KEIKO様 石井名人 ニシヤンでした。

リザルトです。
(大きい画像は下記サルネイムをクリックしてご覧ください)


大筋の進行tといたしまして、ハンドガン競技→ライフル競技で行いました。

今回はハンドガンはブルズアイ→プレート→シルエットの順で進行いたしました。
ハンドガンの練習風景です。






とにかく当レンジは光量が多く非常に明るいレンジだと思います。
APSカップ本大会の会場もやはり光量が多く非常に明るい環境です。


続いてライフル競技の練習の風景です。




APSのライフル部門は、APS-1やAPS-3でも規定を満たせば出場することができます。



射撃コートを着て撃つのと、着ないで撃つのはそれだけで得点の差に雲泥の差が出るそうです。

以上簡単ではありますが、3月20日(金)開催のAPSカップ月例会レポートを終わります。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

そして本日3月22日()はAPSカップ月例会を開催いたします。

3月28日()はプレートマッチ月例会を。3月29日()は30m/50mスナイピング月例会を開催いいたします。

是非ともお足をお運びくださいますようお願い申し上げます!













  

【60発のブルズアイ】 ASR60、ASP60 開催!

いまの情勢ではいたしかたないですが、各種シューティングマッチが中止になってしまい悲しいですね… ことに私は、APSカップ公式がハンドガン・ライフル共に中止になってしまったので不完全燃焼しております……


ということで、お一人様で楽しめるブルズアイ記録、ASR60 ( エアソフトライフル60発 )ASP60 ( エアソフトピストル60発 )を開催することに致しました! 詳細は下記動画にて (^_-)-☆









実銃競技準拠で、APSカップブルズアイ( ライフル10m / ハンドガン5m )を 10 発 × 6 回 の「 60 発連続」で記録( 1時間 15分以内 )。APS カップ認定競技銃でなくても OK !

VSR-10 とかだけでなく、電動ガンやガスブロライフルで ASR60 を撃っていいですし(ライフルの規定は肩付け出来るもの)、カップガンとかのガスブロハンドガンで ASP60 を撃ってもいいです(ハンドガンの規定は片手で撃つこと)。

ただし、機種やオープンサイト・フリーサイトでの点数ハンデは付けません。ASR60、ASP60 は「自分に克つことが目標の点数記録」であって、他人と順位を競う競技ではありません


※ ASR60、ASP60 の月例会はありません。各自 10 発× 6 枚のブルズアイ結果を受付に提出していただければ結果を記録します(※ 使用銃毎にパーソナルベストを記載。各種リザルトはBATON Range WEBサイトにて掲載中 )。





そして、「段級」も実銃競技準拠で付けます (^_-)-☆


ライフル段級






ハンドガン段級



まあ、実銃競技準拠の点数の段級とはいえ、これはあくまでもエアソフトガンでのお楽しみで、実銃エアライフルの10点は0.5mm ですし、実銃エアピストルの 10点は 10m で 11.5mm ですから、難易度は桁違いで比較にはならないです。

(※ちなみに、私のエアライフル ARS60 の段級は 二段 で、まだまだシロ―トレベルです (;^_^A )





さて、私の ASR60 一回目の結果は下記の通りです。みなさん、BATON Range にお越しの際は、精密射撃の鍛錬 のために 60発撃ってみてくださいな!


……長いですよぉ ( ̄ー ̄)





















  

BATON Range シューティングイベントのお知らせ (2020.3.13)

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

本日は当店が誇る日本最大級の本格シューティングレンジ、BATON Rangeにて開催が決まっていたシューティングイベントの、予定変更のお知らせでございます。



まず、来週末3月21日(に開催が予定されておりました、葉隠マッチM9公式練習会
並びに、4月12日(に開催が予定されておりました、葉隠マッチM9本戦は、主催者様判断により延期となりました。

今後の予定等につきましては、葉隠マッチ公式ブログである 葉隠本陣 にて発表されますので、そちらをご覧くださいませ。

また、4月26日()に開催が予定されておりました、SHOTGUN OPERATORS も、主催者様判断により延期されることが決まりました。

詳しくは主催のL.E.M.サプライ様ホームページ内の、こちらの記事をご覧ください。

個人的にも楽しみにしていただけに残念でなりませんが、状況が落ち着いた折には当レンジにて開催していただける運びになっております。

具体的な日程が決まり次第お知らせしますので、参加を考えていらした皆様は、その時を楽しみにお待ちくださいませ。

尚、当店主催によります各種月例会、練習会につきましては、BATON Range ホームページ 内イベントカレンダーの通り開催しますので、ご確認のほどをお願いいたします。

世界的に厳しい状況となっていますが、我々シューター的にはこんな時こそ、しっかり腕を磨きたいところですよね。
また皆でワイワイ集まって腕を競える日を楽しみに、練習に励みましょう!














  

第9回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

※ バットン 注 : バトンのナベと、蔵前公房舎のナベは、同じ渡辺ですが別人です。これからちょっとややこしくなりますね (;^_^A



先週の春のような温かい陽気から一転、寒の戻りを迎え体調を崩しやすい今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は3月1日(、当BATON Rangeで行われた第9回APS月例会のレポートをお送りいたします。

昨日、当ブログで発表させて頂いた通り、APSでも長年に渡りご尽力されてきた桑田商会・蔵前工房舎様が弊社の仲間入りをしてくださる運びとなったこともあり、今回は桑田社長を筆頭に蔵前工房舎メンバーにもお越し頂き、賑やかな月例会となりました。
遠路遥々、所沢までお越しくださいました皆様、まことにありがとうございました。



いきなりですが、ハンドガンクラスリザルトから。




1位はいつも蔵前工房舎APS週末会を取りまとめて下さっているMaster様です。
ブルズアイ98-6x、プレート56点、シルエット38点、合計192-6x
初めてお越し頂いたバトンレンジでこの堂々たるスコアで見事1位を獲得! 流石のひと言です。



2位は石井名人で、ブルズアイ91-6x、プレート56点、シルエット36点、合計183-6xでした。



3位はタム夫様で、ブルズアイ93-3x、プレート44点、シルエット36点、合計173-3xでした。



以上簡単ですが、ハンドガンクラスのリザルトです。
初参加のMr.K様含めハイレベルな月例会となりました! ご参加頂きました皆様ありがとうございました。

続いて行われたライフルクラスのリザルトはこちら



1位は弊社代表バットン大塚で、ブルズアイ96-3xプレート満射60点ムーバー34点合計190-3xでした。
先日のブログでもお伝えしました 『 APSCHUTZ 流速☆極 』を引っ提げての、堂々のスコアでした!



2位はタム夫様で、 ブルズアイ88-1xプレート満射60点ムーバー36点合計184-1xでした!
グランドマスターまであと1点という素晴らしいスコアで、28日のライフル公式戦でも期待大です。



3位はわたくしナベで ブルズアイ94-2xプレート満射60点ムーバー38点合計192-2xでした。

ここまで、全員プレート満射というハイレベルな戦いなのですが…4位のKEIKO様、5位のMr.K様まで
プレート満射、さらにはこの日初めて撃つ電動ガンで参加したアベ様までプレート満射という状態。
(※ライフルクラスのプレートはそんなに簡単な種目ではありません!)



本日、初参加のMr.K様はライフルフリーサイト部門で唯一グランドマスターバッチを獲得した凄い選手です。



蔵前工房舎メンバーのレベルの高さに改めて脱帽です。
今後ともお付き合い頂きますようよろしくお願い致します。

なお、ムーバー機材の調子が悪かった為にスコアを落としてしまった選手もいらっしゃったかと思います。
ご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ありませんでした。
今後このようなことの無いように機材整備には万全を期したいと思います。

以上、簡単ではありますが、第9回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。


3月のBATON Range APS月例会 は公式試合に関連し少々変則的なスケジュールとなっています。

3月20日()祝日は富士見ハンドガンクラス公式戦直前練習会の予定でしたが、先ほど新型コロナウィルスの影響で公式戦の中止が決定したそうです。
BATON Rangeのスケジュールも変更になる可能性もございますので、BATON Range ホームページでご確認頂くか、お電話でお問い合わせください。

3月22日(はライフルクラス公式直前練習会の予定となっております。


最後に、4月20日まで蔵前工房舎は蔵前の地で営業しておりますので、皆様のご来店をお待ちしております。













  

PMC 2020 開幕戦@BATON Range レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

春に三日の晴れ無しとは良く言ったもので、どうにも不安定な天候が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日のBATON's blogは、去る2月23日(に当店BATON Range全館貸切にて開催されました、PMC Series 2020開幕戦 “名人の魂” @BATON Rangeの模様をレポートしたいと思います。



横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルにしてディープな競技PMC(The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP)
今回もその魅力にとり憑かれた27名のシューターたちが集結し、全47エントリーという熱過ぎる戦いを繰り広げました。


※画像は石井名人ブログより拝借

上の集合写真は、競技開始前に撮ったものですが、この後、各人に巻き起こるドラマチックな展開などつゆ知らず、皆様良い表情をされています(汗)



今大会には、画像の4名人が参戦。
左から、第十五代ヤダ名人第十八代ヨシダ名人三代目イシイ名人第十九代タケイ名人
いずれ劣らぬ射撃の腕前を持った、錚々たる顔ぶれです。

さて、今大会でもラインジャッジを務めさせていただきました私デイヴ金子。
フリースタイルはほぼすべてのスクワッドを撮影しましたので、下のような形ですが、すべて掲載いたしました。
私と同じスクワッドだった方々の写真が無いのは・・・まことに申し訳ございません(涙)
次回大会ではすべての皆様の写真を残せるよう善処いたしますです。






同じ背中が複数写っているのは、異なるクラスでダブルエントリーされているためです。

しかしこうして見ると、皆さんそれぞれフォームやスタンスに特色があって面白いですよね。
どんな撃ち方がベストなのか、その答えはシューターの数だけあるような気がします。



泣き(フリースタイルで満射出来なかったシューターが、追加のフィーを払って再挑戦出来る)の射撃も終わって、ここからは鬼の難易度と恐れられるアンビデクストラウスが始まります。
両手で撃っても当たらないのに、どうして片手で当てることが出来るでしょうか(経験者・談)

アンビでは全シューターの写真を撮れなかったのですが、それもそのはず。
外した瞬間に競技が終わり、レンジを離れなければならないサドンデスルール故、気がつくと誰もいなくなっているというケースが頻発したため、撮影する間が無かったのです(涙)



例えば上画像のように、4mのスタート時は3人並んでいたのが・・・



5mラインでは独りだけになっているというこの恐ろしさ・・・本当に、これだからPMCは止められません。




フリースタイルでの満射が果たせなくても、アンビで枚数を倒すことが出来れば総合順位はぐっと上がるのですが、そういった想いがトリガーを弾く指を鈍らせるのでしょうね。
残念ながら、アンビの48枚を制することはここまで誰も出来ませんでした。


※画像は石井名人ブログより拝借

ここからは俺(私)たちにまかせろ! とばかりに肩を並べるのは、フリースタイルで48枚をブッ倒してのけたツワモノたち!!
つまり、栄光の名人(鉄人、戦人)位を獲得する有資格者たちなのです!
※称号保有者が満射した場合は、お名前に付く☆マークが増えます。

そんな一流シューターの皆様に敬意を表し、ここからは広角レンズで撮影してみました。




いずれ劣らぬ凄腕たちが全身全霊を持って闘いを挑むも、ひとり、またひとりと敗れて行く・・・

そんな死屍累々たる闘いの中、やはりこの男は強かった!



昨年12月22日に北新宿MMSさんにて開催された、Series 2019 FINAL“北新宿米騒動”@MMSにて、オープン、アイアン両クラスでの満射という前人未到の大記録を打ち立て、第二代鉄人の称号をも獲得した第十八代ヨシダ名人が、新調したばかりのosamurai印カップガンで見事クリーンを果たされました。

そしてもうひとり、静岡からやって来た超新星が驚異の強さを見せつけてくれました!



鮮やかなオレンジの梵天チームシャツが良く似合う マキタカズマサさんが、のしかかるプレッシャーを跳ね除け、アンビ48枚を見事にブッ倒し、第二十代名人の称号を獲得したのです!!



結果、ヨシダ名人とマキタ名人のお二人が96枚の同スコアだったため、優勝者を決定するためのシュートオフを行うことになりました。

上の画像は、決勝を闘う二人の名人にシュートオフのルールを説明する石井名人の図。
知る人ぞ知る、“イチロー検定” にて雌雄を決することになります。

PMCでシュートオフが行われるのは、私デイヴ金子が知る限り、2012年8月の横浜PCM大会以来だと思います。

鋼鉄の強さを持つヨシダ名人 VS 驚異の超新星マキタ名人。
PMCの歴史に残る名勝負のすべてを、以下の動画で是非じっくりとご覧くださいませ!



いや~もう言葉もありませんね!
両名人、すばらしい闘いを見せてくださって、本当にありがとうございました!!



激闘を制し、PMC初参加、初優勝という快挙中の快挙を成し遂げたマキタ名人には、山形・庄内の沓沢さんが丹精込めて作られたシューティング専用米“名人の魂”が5kg贈呈されました。
最高級のお米がもらえるシューティングマッチって、何とも素敵ではありませんか!



闘い終えて陽が暮れて・・・
皆さんがそろそろ帰り支度を終えようといったところで、結果発表と表彰式が行われました。


※画像は石井名人ブログより拝借

まずは総合成績トップ3のお三方。
左から、総合3位のウチヤマさん、総合1位のマキタ名人、総合2位のヨシダ名(鉄)人

余談ですが、ツイッター界隈では、ウチヤマさんがスケスケさんマキタさんが我ッチャマンとして活動されていますね。
お二人ともまだ二十歳代、しかもシューティングを初めて間もないというのに、初参加のPMCでこの成績ですよ!
ヨシダ名人もおっしゃっていましたが、我々年寄りシューターとしては、若手の躍進は実に嬉しい限りですよね~。



お次はアイアンサイトクラストップ3のお三方。
左から、アイアン3位のコンドウさん、アイアン1位のサクライさん、アイアン2位のタカナミさんです。

サクライさんはアイアンクラスへの挑戦2度目のマスター位獲得だったでしょうか。
やはりしっかり練習している人は、ちゃんと結果を出されますよね。
2位のタカナミさんも、PMCデビュー戦で一発マスター位獲得の凄腕シューターですから、順当といったところでしょうか。
コンドウさんは、かのJANPSの若き代表として活躍されていますが、さすがJANPS代表だけあって、射撃の腕前も一流ですよね。



こちらはタクティカルクラストップ3のお三方。
左から、3位のカミヤマ(カヂヤ)君、1位の石井名人、2位のイマムラさんです。

イマムラさんは私デイヴ金子が憧れている当代最強のタクティカルシューターのお一人で、今大会もタクティカル、アイアンともにフリースタイルをサクッとクリーンされていました。
私もイマムラさんのように撃ちたくて頑張っているのですが、これがなかなか・・・(汗)
当店スタッフのカヂヤ君はベレッタ使いの意地を見せてくれましたが、本人はまったく納得していない様子。
石井名人所沢ASCメンバーで今回唯一結果を出してくださって、有り難い限りでございます(涙)



最後はニューカマートップ3のお三方です。
左から、3位のマルヤマさん、1位のマキタ名人、2位のコバシさんです。

ニューカマー1位にして総合優勝、そして名人位獲得という快挙を成し遂げたマキタ名人ですが、その人柄もまた素晴らしく、静岡のベテランシューターたちに可愛がられているのもよ~くわかります。
2位のコバシさんは泣きのシュートでフリースタイルをクリーンし、見事マスター位を獲得!
今大会はタゲワン常連組の強さも際立っていましたね。
3位のマルヤマさんは、これまたシューティングを始めたばかりの若きシューターですが、既に完璧なお作法を身につけているのは素晴らしいですね。
シューティング界の未来は、明るそうです!


※画像は石井名人ブログより拝借

そして今回、PMC二度目の参戦にしてマスター位を獲得されたこちらのお方。
第十八代ヨシダ名人の奥様であらせられる、ヨシダカズコさん

普段はショットガンを引っ提げて、そこらの男共をバッタバッタとなぎ倒しているカズコさんですが、ハンドガンを撃っても一流でした!
泣きのシュートでフリースタイルをクリーンした後は、アンビもあわやクリーンかというところまで迫り、総合5位に輝きました。
ヨシダ夫妻がお二人で名人になったりしたら、これはシューティング史上最大の事件かもしれませんね!

と、かなり私情が入り込みましたが、これにて PMC Series 2020開幕戦 “名人の魂” @BATON Rangeのレポートを終わります。
その他リザルトにつきましては、石井名人ブログにて発表されていますので、是非そちらをご覧くださいませ。

長いレポートを最後までお読みいただき、まことにありがとうございました!

いや~PMCって、本ッ当にいいもんですね!!


※画像は石井名人ブログより拝借

で、我々バトンスタッフ3人はどうだったのかと申しますと・・・
この日最初の撃ち順で皆さんの露払いをすべきところを、3人揃ってあえなく沈没。
全員がマスター位保持者であるため、泣きの1回に全力で挑戦するも、涙の1枚外しで、誰一人結果を残すことが出来ませんでした。
いつでも練習出来る立場にいるはずなのに、いったい何をやってるんでしょうね~(涙)

こんな私たちですが、これからも撃ち続けて参りますので、一緒に練習してやってくださいね!














  

2/9 PMC直前練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのカヂヤです。



さて、前回担当したスチール月例会の翌日2月9日(に当店Aレンジにて、PMC直前練習会を行いました。
2月23日には当レンジにて開催されますThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIPが控えておりますので、参加者が多く、緊張感のある練習会となりました。



今回の参加者はスタッフを含め10名14エントリー!大会が近いこともありますので、参加者が多いですね。

さて練習会の風景ですが、ほとんどコールをしておりましたので、後ろからの写真のみとなります。














まずは第1競技、フォーリングプレートでございます。
最初は距離4mで行いますが、制限時間4秒で6枚倒します。時間があまりないので、倒せるようになるには安定したドローやスムーズな移動が必要です。
まずは急がず慌てずにスムーズな動作を心がけて、自身を持って狙って撃ちましょう。この4mが出来れば脱初心者。まずはこの4mをクリアを目指しましょう。
逆に5m以降は制限時間が伸びますが、油断や緊張で外してしまう事がおおいため、自制心が必要になっていきます。
しっかりとサイトを真ん中に合わせることや、ゆっくりトリガーを丁寧に引く事がフリースタイルでは必要になります。
それでも外れたりしますので、その時は気持ちを切り替えて下さいね。

少し小休止しまして、第2競技、アンビデクストラウスを行いました。










こちらは最初4m6秒と2秒ほど伸びますが、先ほどの第一競技のフォーリングプレート4m同様、あまり時間がありません。
スムーズなドローに加え、エアガンを片手で持てるだけの筋力と足腰の移動を意識すると当てられるかと思います。
手だけで移動しますと、余計な力を入ってしまい外れる原因となります。




リザルトを公開いたします。





























以上、PMC直前練習会レポートのレポートでした。
ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした。




イシイ名人主宰のThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP2月23日(当店での開催となりますので是非ともご参加のほどお待ちしています!
エントリーはこちら

上記の通りとなっております。皆様のお越しをお待ちしております!














  

第6回スチール練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。スタッフのカヂヤこと神山でございます。

2月に入ってさらに寒くなったように感じますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
寒くなるとガスブローバックは動きが悪くなってしまいますので、良く温めてから使用するようにしましょう。
ちなみに弊社BATON Rangeでは外部ソースやマガジンウォーマーがございますので、安心してご利用いただけますよ。



さて、去る2月8日(に当店BATON Range内のSレンジにて、JSCの試合形式の第6回スチール月例会PPS記録会を行いましたので、そのレポートをお届けいたします。

参加者は毎度お馴染みのタナミ様モリ様に加え、サイトウ様とご一緒に練習いたしました。皆様、ご来店ありがとうございます。

まずはJSCの記録を取りました。本日最初の計測ですので、体が温まっておりません。
ですが、本番は一発勝負なので、現在の状態でどれだけのペースを引き出せるかを確認するのも必要かもしれませんね。



モリ様のシュートは、身体の中心線がブレにくいため、スピードがありながらも安定したフォームでございます。
タイムのブレも少ないので、本戦では安定した記録が出ることでしょう。



タナミ様も、どんどんタイムが上がってきています。
毎回の練習で確実に実力をつけられていますね。



今回初参加のサイトウ様は、ULIMITEDでのROのご経験もあるシューティングの大先輩でございます。
お使いのレースガンは通常よりも低い圧力で動かすため、圧力調整したホースがついたエアータンクをお持ち込みされていました。



こちらの写真は私がアウターリミッツを撃っているところです。視線を見ると、次のボックスを見ておりますが...



足元を恐れるあまり、この段階まで確認しておりました。
これでは次のスティールに狙いが定まるのは、ボックスに入ってからになってしまいます。
これではいけません。



対して、こちらの写真はモリ様ですが、ターゲットに視線を向けて移動しております。
こういった細かな努力を積み重ねることによって、後々大きなタイム差となるわけですね。



こちらが今回の結果でございます。タナミ様が自己ベストを更新されました。
モリ様は自己ベストから0.5秒ほどダウン。しかし、あれだけのスピードで射撃をしながら、タイム差がほとんどない安定した射撃でございました。
初参加のサイトウ様は、あまりJSCを撃ちなれてないとのことでしたが、こちらは堅実に当てるようにされていました。
私は、まず練習しないといけませんね。



この後は小休止を挟みまして、PPSの記録会を開始しました。
PPSとは5つある基本コースと月別の1コースを合わせて6コースを撃つ競技です。
タイムの集計は、それぞれのコースを3回ずつ撃ち、すべてを足した秒数で競われます。
そのため、ミスを少なくして安定したタイムを毎回出す必要があります。

5コースの基本コースの説明をしたいところですが、すべてのコースの説明をするとブログ記事が長く見づらいものとなりますので、
始めの3コースに限定して説明します。

※個人の見解が入っておりますので、あくまでも参考程度に見ていただければ幸いです。




まず、コース1のハイタッチ




このコースは初弾の練習に特化したコースですが、初弾を撃った後にもう一枚撃つ必要があります。
まず、左側のターゲットを見ている状態で、視点の高さを変えずにエアガンのサイト滑り込ませます。

右にあるオレンジのストップターゲットは足と腰を使い、上半身をスライドさせます。
以降、足と腰の使い方がシューティングの基本となります。



次にコース2のチェック

上下にターゲットがありますが、手だけで撃つとサイトとの距離がずれて外れることが多いです。
私もこのコースは大の苦手ですが、会釈程度のお辞儀を意識しますと、下部ターゲットに当てやすくなります。
参考になれば幸いです。



コース3のカウボーイ-ストリート

細かく連射するコースでございます。
連射については必要以上に大きくトリガーを動かさず、軽く引いたり戻したりするといいでしょう。
撃った直後に移動することも意識しますと、この先のコースをもっと早く撃てるようになりますね。


このあと、コース4のLR(エルアール)、コース5のアウトレンジと続きますが、この先はご自身の目でコースを確かめてみてください。

今回行いましたPPS記録会結果は、来月初めに更新されますPPSブログにて公開となります。

以上、第6回スチール月例会とPPS記録会のレポートでした。
ご参加いただきました皆様、改めてありがとうございました。


月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。
次回のスチール月例会は、3月14日(の開催を予定しております。


皆様のご参加お待ちしております。



さて、今回JSCの記録会で使ったのが、私の作ったXDMレースガンでございます。
さすがに1年もメンテナンスしていないと、経つと動きが渋くなってしまいますね。
久々に使うにあたりまして、メンテナンスをしましたが、皆様スライドの動きなどが悪くなっていたりしませんか?

メンテナンスには、自腹で購入した[ BATON airsoft ]Gun Oil 5-7を使いました。

ちょっとお値段は張りますが、上記のレースガンのスライドやハンマー等の稼働する部分に塗っったことで、格段に動きが良くなりました。
しばらく倉庫に眠っていたエアガンもこれで生き返りますよ。















  

第6回JANPS練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様、バトンスタッフのニシヤンです。

昨日2月1日(は、当店Aレンジにて、 JANPS月例会を行いました。


まずはリザルトです。



今回は バリケード → ムーバー → プラティコウ → プレートの順で回りました。
参加者が少数でしたが身のある練習ができましたよ!
恐縮ですが小生はプレートを満射し、いいイメージが残せましたよ!

練習風景です。


バリケードの様子、撃っているシュータはケイコ夫人
4mのバリケードの右側は、鉄砲を持ち替える「ギルモアグリップ」というテクニックがあり、
4秒という短い時間の間で、「エアガンをを抜く → 持ち替える → バリケードに固定する → 狙いを定める → 6発撃つ」
という作業を行わなければならないのですが、ギルモアグリップを習得すると点数に跳ね返ってきますのでマスターしたいですよね。



習得までの近道といたしまして、とにかく反復練習が一番だと思います!


ムーバーを撃つイシイ名人の様子です。
動く的を追いかけながら撃っていきます。



ハンズアップの位置は、体躯のひと部分に触れているだけで、一定になります。個人的にワンポイントテクニックと思われる部分です。



僭越ながら小生も実践しております。

イシイ名人のプローンをパラパラ漫画風に・・・






スムースなプローン姿勢への移行、お見事の一言です。

と、以上簡単ですが、今回のJANPS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

次回のJANPS月例会は、ちょっと先になりますが2020年3月7日(を予定しております。
明日の2月2日()はAPS練習会を。2月8日()はスチール練習会を。2月9日()はPMC練習会を開催いいたします。
是非ともお足をお運びくださいますようお願い申し上げます!









  

第5回スチール練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのニシヤンです。
寒さもいっそう身にしみる昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1月25日(BATON RangeSレンジにてスチール練習会を行いました。

簡単ではございますがその内容をレポートさせていただきます。
さて今回の参加者ですが・・・



左から タナミ様 モリ様、練習会参加ありがとうございます!



まずはJSCをコールドで一周と言う事で、僭越ながら小生も一緒に記録を取りました。



モリ様のシュートです。 非常に動きに無駄が無いです。今年のJSCは日頃の練習の成果が出るといいですね!



今回のJSCのリザルトは上記の通りとなります。

月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。

ここで小休止を挟みまして。



PPS (プラクティカルポスタルスティール)を行いました!

デイヴ金子とカヂヤンとニシヤンの三人で、5m×5mシートに50cm刻みでのバミリシートをせっせと作成致しました。
組み換えでPPSのすべてのコースをお楽しみいただけます!




普段はJSCを撃ってるタナミ様モリ様に初チャレンジして頂きました。
いかがだったでしょうか?



Cowboy-Streetを前に
シュミレーションするタナミ様です。初見のコースはホントにどこから撃つか悩みますね・・・



僭越ながら小生も撃たさせて頂きました。
PPSは久しぶりに撃ちましたが、色々基礎を思い出させるコース構成です。

多様性が高く、多数のエントリー方法を受け入れる、初心者のためのシューティングマッチ、PPS
バミリシートとターゲット、ターゲット台、タイマー、コース図、スコアシートは Sレンジ にございますので、是非ともご利用ください。

全国各地で毎月開催されるPPSの集計結果は、PPSブログの方で毎月上旬に発表されます。
自分の全国順位が毎月わかるという面白さは、一度参加したら病みつきになること間違い無しですので、計測を希望される方は、スタッフまでお気軽にお声がけくださいませ。

最後に、BATON Rangeの今後の予定をご案内いたします。

次回のスチール月例会は、2月8日(の開催を予定しております。

尚、本日26日(は30/50mスナイピング月例会を行いますが、2月1日(JANPS月例会を。翌2日(はAPSカップ月例会の開催を、それぞれ予定しております。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております!





















  

プレート月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのニシヤンです。
このブログを書いている前の日(1/18)は雪が降って来て自分の中で冬を再確認致しました。



さて一昨日になりますが、1月19日(プレート月例会ということで、当店Aレンジにて、来る2月23日に当レンジにて開幕戦が開催されるThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIPに向けた練習会を行いました。

簡単ではございますがその内容をレポートさせていただきます。
さて今回の参加者ですが・・・



左よりクニヨシ名人サクライ様、ニシヤン、イシイ名人と言う顔ぶれでした。
クニヨシ名人におかれましては遠方からのご参加と言う事でわざわざのご足労、誠にありがとうございます!

さて練習会の風景



まずは前半のフリースタイル「PLATE」48枚を「ぶっ倒す」の様子です。



名人位を獲得するには、ここで外しちゃちゃならないのです・・・
両手でグリップを保持することが出来て、しっかりと狙っていけば当たるはずなのですが・・・



後半の「アンビデクストラウス」の1コマです。
小生、普段あまり利き手の右手以外でエアガンを撃つことが無いので左手で撃つとフィジカルの弱さを顕著に感じます。


リザルトを公開いたします。




クニヨシ名人満射お見事です。

さて皆さまの今回使われたエアガンです。






豪華です。

イシイ名人主宰のThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
次回 2月23日(当店での開催となりますので是非ともご参加のほどお待ちしています!
エントリーはこちら


今月のBATON Rangeのご予定をご案内いたします。

1月25日( スチール練習会
1月26日( 30/50mスナイピング

上記の通りとなっております。皆様のお越しをお待ちしております!




おまけ


記録会終了後にお越しくださいましたタケイ名人(写真中央)。次回は一緒に練習しましょうね!






















  

BATON Range シューティングイベントのお知らせ

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。


さて、昨年10月のオープン以来、多くのお客様にご好評いただいておりますBATON Rangeですが、年明け早々に各種メジャーマッチの開催が続々と決定しましたので、本日はその日程等をお知らせしたいと思います。

まずは来月、2月23日(に全レンジ貸切にて開催されますこちら!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2020開幕戦“名人の魂”@BATON Range



開催日:2020年2月23日() 
10:00 開場→受付
10:45 開会式
11:00~14:30 第1競技「Falling Plate」
15:00〜 第2競技「Anbidextrous」
17:00 終了予定

会場: BATON Range
住所: 〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下296 
参加費:シングルエントリー¥3,000
ダブルエントリー¥5,000


エントリーフォームはこちらです。

※詳しくは石井名人ブログをご覧ください



6枚並んだ直径10cmのプレートを制限時間内に撃ち倒すだけという、この上なくシンプルな競技内容でありながら、その頂までの道程は果てしなく遠い、PMC (The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP)

昨年10月6日に、当レンジのオープニングマッチとして開催していただいた PMC Series 2019@BATON RANGE OPENでは、全38名/52エントリーという盛況ぶりで、熱い戦いが繰り広げられたものでしたが、今大会は何名様のご参加をいただけるでしょうか。

尚、この開幕戦開催を受けて、本日19日(を始め、2月9日(16日(22日(と、AレンジにてPMC直前練習会を行います。

96枚の満射を目指すベテランシューターはもちろんのこと、PMCでシューティングマッチデビューをと考えているビギナーの方も、是非お気軽に参加してくださいませ!


そして同じプレートマッチではありますが、ハンドガンに加えてショットガンを使うこちらのマッチ。

第4回 SHOTGUN OPERATORS 4月5日(開催決定!


※画像は石井名人ブログより拝借

開催日:2020年4月5日() 
会場: BATON Range
住所: 〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下296 
参加費:後日発表
主催:L.E.M. Supply


SHOTGUN OPERATORS(SO)は、PMCと同規格のプレート台に、端から8cm8cm10cm10cm8cm8cmと並べられたプレートの、両端4枚をショットガンで、中央2枚をハンドガンでそれぞれ撃ち倒す競技なのですが、オフィシャルの説明動画を張ってみますので、未見の方は是非ともご覧くださいませ。



上の動画、いかにも簡単そうに倒していますが、実際に撃ってみると、その難しさにびっくりすること請け合いです(汗)

エントリーについては、主催のL.E.M. Supply様ホームページにて3月5日から受付開始となりますが、当レンジでは3月15日(28日(4月4日(AレンジにてSO直前練習会を行います。

私デイヴ金子は、この競技のためにショットガンを買ったのですが(笑)、それくらいの魅力に溢れた競技ですので、ショットガンナーを自称する方は、まず練習会から参加していただきたいと思います。


そしてさらに、2012年のスタートから9回目を迎える、国内最強のタクティカル系マッチが、当レンジで開催されることになったのです!

NOVEL ARMS presents
葉隠マッチ M-9 4月12日()開催



開催日:2020年4月12日() 
会場: BATON Range
住所: 〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下296 
参加費:¥6,000 (事前振込)
¥7,000 (当日払)
主催:葉隠実行委員会


私デイヴ金子は、2011年に開催されたプレマッチに参加したほど葉隠のコンセプトにハマっておりまして、昨年4月に行われたM-8にも個人的に参加して来ました。その様子は、当ブログ記事としてレポートしておりますが、参加する度に体力の衰えを痛感させられるんですよねぇこれが(涙)



こんな風に地面スレスレの位置から撃ったり



二人ペアになって、こんな射撃を要求されたり、



全力で走ったり!(汗)と、数あるシューティングマッチの中で最も身体を酷使する競技内容なのです。
そしてこれが最高に面白いのですよ!

前回までは千葉県のビレッジ2様で開催されていた葉隠マッチですが、埼玉県での開催は今回が初めてということで、3月22日( 公式練習会 を開催いたします。



この公式練習会には、葉隠マッチのディレクターであり、戦うフォトグラファーとして各方面で活躍されている トモ長谷川さん が特別講師としてお見えになる予定です。

かのイチローさんの直弟子であり、シュアファイア社公認インストラクター資格をはじめ、サンダーランチ、ポール ハゥ氏やケン ハッカーソン氏などの数々のタクティカルスクールの受講歴を持つトモさんですからね。
その一挙手一投足を側で見るだけで、強くなれること請け合いです。

3月22日開催の公式練習会につきましては、現在詳細を詰めているところですので、決定次第当ブログと、葉隠マッチ実行委員会が運営されているブログ、葉隠本陣にて発表いたします。
参加をお考えの方は、楽しみにお待ちくださいね。


最後になりますが、現在全国各地のシューティングレンジにて開催されている、PPS (プラクティカルポスタルスティール)というシューティングマッチを、皆様はご存知でしょうか。


※画像はフリーダム・アート通信様から拝借

ここ数年、いわゆるスピード系シューティングマッチが大変な人気を博していますが、やはり本格的に始めるとなると、ハードルが高く感じてしまうものですよね。
PPSはそんな方にピッタリな、「スピードシューティング入門編」ともいえる、初心者に最適なマッチなのです。

詳しいルール等はこちらの、PPS公式ブログの記事を是非ご覧いただきたいのですが、この度当 BATON Range も、PPS (プラクティカルポスタルスティール)に参加する運びとなりました!



こちらは、PPSの運営本部ともいえる フォリッジグリーンときがわ様 の店長さん(右)と、凄腕チューナーのサンタさんのお二人で、昨年12月に当レンジに起こしいただいた時の画像なのですが、PPSにもう一度参加しませんかと、わざわざ誘いに来てくださったのです。

「もう一度」という部分にはちょっとしたエピソードがあるのですが(汗)、そんなわけで今週末 1月25日(開催の スチール月例会 にて、PPS 1月大会の記録会を行います。

参加費用は、当レンジの通常利用料金のみですので、当日遊びにいらした方ならどなたでもご参加いただけます。
※PPSは全国各地で開催された記録会の結果を、毎月末に集計して発表しています。

ハンドガンでもライフルでも、ショットガンでもボルトアクションライフルでも、ホルスターが無くても、競技経験が無くても、気軽にご参加いただけますので、この機会に是非ともPPSの楽しさを体験してくださいませ!

最後に、かつてJWCSでお世話になりました、PPS参加店の栃木県鹿沼市のサバイバルゲームフィールドTMD様内レンジで撮影された、PPS紹介動画を張らせていただきますので、是非ともご覧くださいませ。
撮影と編集は、TMD様を中心に活躍されている凄腕シューターのカミタクさんです。



JWCSといえば、フォリッジグリーンときがわ様にも大変なお世話になったんですよね。
皆様、その節は本当にありがとうございました。
改めまして、今後ともどうかよろしくお願いいたします!


と、今年前半だけでこれだけのマッチが決まっております当 BATON Range
もちろん各種月例会も開催して参りますので、皆様の趣向に合わせてご参加いただければ幸いです。

月例会等イベントの日程は、BATON Range ホームページのイベントカレンダーにてご確認くださいませ。

尚、貸切でのご利用を希望される場合は、担当の金子までご連絡をお願いいたします。
潤沢に揃った機材を、是非ともご活用くださいませ!!














  

第4回スチール練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。スタッフのカヂヤこと神山でございます。
こちらのブログを私が担当するのは実に約2ヵ月半ぶりですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はと申しますと、とある事情であまりシューティング出来ておりませんが、シューティング道具は使用前後にメンテナンスをしております。
こういった道具を使いたいときに使えないと困るばかりか、最悪事故に繋がる場合もあります。そういったリスクもあることを踏まえ、安心して楽しめるために欠かさず行っております。
もっとも、別の趣味でやっているとあるもののメンテナンスのほうが多いですが・・・。その趣味の話はこの記事の最後にします。




さて、去る1月11日(に当店BATON Range内のSレンジにて、JSCの試合形式の第4回スチール月例会を行いましたので、そのレポートをお届けいたします。

この日は3連休の初日でVショーも控えていたので、誰も来られないかと思っておりましたが、3名様ものお越しをいただきました。

対して、恥ずかしながら稀にしか撃たない非常勤シューターである私は、お客様からいろいろと教わり、非常に充実した時間を共有できました。参加された皆様、本当にありがとうございました。

この日は冬の寒さが戻っていましたが、シューティングレンジ内ではストーブがございますので、心も身体も温まった状態でこの日最初の記録を取ることが出来ました。

最初に撃ったコースはRound Aboutで、上記の画像はそのコースをモリ様が撃っているときのものですね。



こちらの画像はタナミ様
今回お使いのハイキャパはダットサイトを載せただけのものですね。
いろいろな機能をてんこ盛りしたマシンも良いですが、こういったシンプルなレースガンで撃つのも面白いですね。
各社から販売されているパーツでカスタマイズすればさらに撃ちやすくはなりますが、故障などのリスクも増えまし、お金もかかりますからね。




こちらはモリ様
シルバーのハイキャパにコンペンセイターをつけてられています。
非常に低くマウントされたダットサイトのため、着弾点が距離によって変わりづらくなっています。
アイアンサイトから始めた場合、同じように構えられるメリットもありますね。




アウターリミッツでのボックス間の移動で、素早い動きを見せつけるブシ様
体重移動の様子が解る写真で、次のターゲットに狙いを定めながらダッシュされています。
このステージはシューティングボックス間の移動があるのでいかに速く移動するかでタイムが変わります。
しっかりと走れて止まる足腰が必要になりますので、他のスポーツ同様ある程度は身体を作ったほうがいいかもしれませんね。



こちらが今回の結果でございます。タナミ様と私カヂヤは自己ベストを更新しました。
モリ様とブシ様は、より高いステージにいらっしゃいますね。



最後に皆様のレースガンを集めて、写真を撮らせていただきました。
練習中や、まして試合中は何が起きるかわかりませんので、皆様当然のようにバックアップガンを用意されています。


以上、簡単ではありますが、第4回スチール練習会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、改めてありがとうございました。


月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。
次回のスチール月例会は、1月25日(の開催を予定しております。

尚、今週末 1月18日(APSカップ月例会を。翌19日(はプレート月例会の開催を、それぞれ予定しております。

皆様のご参加お待ちしております。




さて、ここからは私事でございますが、最近ある趣味を始めました。



それは登山でございます。

とはいっても始めて4ヵ月程度で、高い山の経験は東京都最高峰のみなので、そこまで経験はございません。ですが、始める前に比べて走り出しが軽くなり、また停止時に体や軸のブレが少なくなっておりました。

そして今回、軽くなった身体でJSCを撃ってみると違いは歴然。なんと合計タイムが前回から6秒も短縮しておりました。
この経験から、やはり射撃はスポーツであり、身体を使う以上、身体を作る必要があると痛感しました。
もちろん、射撃の練習もしっかり行わないと散々な結果になってしまいますので、定期的に練習も必要でございます。

そして、いつ来ても練習ができますBATON Rangeをよろしくお願いいたします。

登山にやっていて思うことですが、運動すると汗で身体が冷えてしまいますよね。濡れた服では不快感なだけでなく、体温を奪ってしまいます。
当社ではシューティング用に所沢ASC チームシャツを販売しております。
商品ページでもご案内しておりますが、汗をかいてもすぐに吸い上げ、乾きも早いですのでオススメですよ。

[ BATON airsoft ]所沢ASC チームシャツ [ 名入れ・納期 1~2ヶ月 ]
















  

第6回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

正月気分もすっかり抜け、冬らしい寒さが続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

1月5日(、当BATON Rangeの2020年最初の第6回APS月例会レポートをお送りいたします。

今回は初参加のお客様1名を含む6名のお客様にお集まりいただきました。
お正月最終日にも関わらず、お集まり頂き、ありがとうございました!



まずはハンドガンクラスからスタートです。



新しい年を迎え初撃ちの方も多くみなさま気合十分です。




この日のハンドガンクラストップはアベ様となりました。
ライフルでは他を寄せ付けない絶対王者のアベ様ですが、ハンドガンクラスでも実力を見せつけてくれました。

ブルズアイ98-8Xプレート56点シルエット29点 という素晴らしいスコアでした。
今年はダブルグランドマスターもう一人増えそうな予感です!



クリードマンスタイルがバッチリ決まっているのは今回初参加のタカハシ様

ブルズアイが93点撃てているので次へのステップアップもそれほど時間はかからないでしょう。
ライフルも参加されており今年大注目の選手です。

ハンドガンクラスのリザルトはこちら。




続いて行われたライフルクラスのレポートです。




トップ選手お二人の並び、写真を見てるだけで緊張感が伝わってきますね!

ライフルクラスのリザルトはこちら



1位はわたくしナベ、2位はアベ様、3位は紅一点のKEIKO様となりました。
私事ですが、ようやく190点を超える事が出来てホッとしました。

そして各クラスの1位の選手には石井名人からありがたいプレゼントを頂きました。



石井名人ありがとうございました!

以上、簡単ではありますが、第6回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。

フラッと来てすぐに撃てるのが当BATON Rangeの特徴ですので、2020年も是非お気軽にお越し下さいませ。

月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。

2020年1月のAPSカップ月例会は、18日(の開催を予定しております。( ※ APS カップ月例会は、基本的に毎月第一日曜日、第三土曜日開催です )













  

第5回JANPS練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様、バトンスタッフのニシヤンです。

謹んで新春をお祝い申し上げます。本年もBATON Rangeをよろしくお願い申し上げます。



さて、一昨日1月4日(の話しになりますが、当店Aレンジにて、新春2020年最初の練習会となる JANPS月例会を行いました。



今回参加してくださった皆様、左より、ヨシダ様エビヌマ様イマムラ様サクライ様と、一流シューター様が揃い踏みでした。
いつもご利用いただき、まことにありがとうございます!

ヨシダ様におかれましては、昨年の年末に行われた、
PLATE MASTERS CHAMPIONSHIPSeries 2019 FINAL“北新宿米騒動”@MMS
にて今回OPENクラスで2度目の満射を達成し星二つ獲得! さらにIRONサイトクラスでも満射を果たし、PMC史上2人目の鉄人襲名と、圧巻の結果を残されました。
当レンジにも頻繁に通ってくださり、熱心に練習を積み重ねていらっしゃいましたからね。
ヨシダ名人、本当におめでとうございます!



さて、練習会の様子ですが、ターゲット作成したり、得点を集計したりと、ご参加の皆様あっての月例会でございます。
毎度ご協力いただき、まことにありがとうございます!



サクライ様のバリケードの様子です。ギルモアグリップの感じを見ると、かなり練習されている印象を受けます。



ターゲット用紙を凝視するエビヌマ様、結果はいかがでしたか?



競技順は今回、プラティコウ → ムーバー → バリケイド → プレート という順で進行を行いました。

小生も一緒に回りましたが最後のプレートは何故か「満射」が頭をよぎり、最後の7mで3ダウンしてしまいまして・・・トホホ
最後のプレートはホントにプレッシャーかかりますね~。

と、以上簡単ですが、今年最初のJANPS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

今回を含めた各種月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。

ちなみに、「JANPS競技に参加するにはカップガンが必要ですか?」とのご質問をよくいただきますが、決してそんなことはありません。ダットサイトが載ってないエアガンや箱出しのエアガンやタクティカル装備でも良いですよ~。
ホルスターとマガジンを3~4本程度用意していただければ、より楽しめると思います。

次回のJANPS月例会は、2020年3月日(を予定しております。
是非ともお足をお運びくださいますようお願い申し上げます!












  

第5回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

いよいよ大晦日、今年も本当にあと僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社は29日で年内営業を終了いたしましたが、昨日は今期最後の棚卸しのため、全社員で朝から出社しておりました。

当記事もそんな最中に執筆したものですが、2019年最後の投稿、どうかお付き合いくださいませ。

さて今回は、暮れも押し迫った12月29日(、当BATON Rangeの2019年最終営業日に行われた第5回APS月例会レポートをお送りいたします。

最終的には予想を上回る10名ものお客様にお集まり頂き、感謝感激! 本当にありがとうございました!


画像後列左から ひろべー様、たむ夫様、たむ子様、バットン大塚、石井名人
前列左から よしむね様、タケモトご夫妻、ケイコ様、イタノ様、UBO様



今回は参加人数が多かったため、急遽3スクワッドに分けて3種目同時進行で進めさせて頂きました。
不慣れな進行でご迷惑をお掛けしてしまった所もありましたが、皆様のご協力でスムーズに競技を終える事が出来ました。
心より感謝申し上げます。

まずはハンドガンクラスクラスからスタートです。

3レーンに分けて、ブルズアイプレートシルエットを同時に進行させて頂きました。




この日ハンドガンクラスで最も目立ったのは何といってもタケモト様
ブルズアイ96-2xプレート満射60点シルエット36点 合計192-2xという堂々たる成績でフリーサイトの一番手でした。

ハンドガンクラスではプレートを満射した者が試合を制するとまで言われているほど満射する事が難しい種目なのですが、堂々とした見事な射撃でした。

来年は公式戦でも今日のような射撃を見せて頂けると期待しております!

ハンドガンクラスのリザルトはこちら



上記以外にも月例会初参加のたむ夫様ご夫妻のたむ子様イタノ様ヨシムネ様もご参加頂き、誠にありがとうございました。

続いて行われたライフルクラスのレポートです。


リザルトはこちら


1位は弊社代表のバットン大塚、2位はわたくしナベ、3位はバトンレンジ創設から大変お世話になっている石井選手でした。

そして注目すべきは4位に食い込んだ たむ子様
ジャイアンツカラーで仕立てた射撃コートを新調し、最近メキメキとスコアを上げてきている注目選手です。



立ち姿も美しいですね!

たむ子様ブルズアイ98-3xプレート43点ムーバー30点 合計171-3xという好成績でした。
こちらも来年の公式戦が楽しみですね! 応援させて頂きます。

以上、簡単ではありますが、第5回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。

おかげさまで10月にオープンして以来、徐々にですがAPSのお客様も増えています。
フラッと来てすぐに撃てるのが当BATON Rangeの特徴ですので、2020年も是非お気軽にお越し下さいませ。

皆様の成績が1点でも上がることをお祈りしております。

月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。

新年2020年1月のAPSカップ月例会は、5日(と、18日(の開催を予定しております。( ※ APS カップ月例会は、基本的に毎月第一日曜日、第三土曜日開催です )

尚、1月4日( は、2020年度最初の JANPS月例会 を行います。
ターニングターゲットも復活しておりますので、是非とも撃ち初めにいらしてくださいませ!


それでは皆様、良いお年をお迎えください!













  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 167人
PAGE TOP