APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服

台風の影響で週末の各イベントは中止となりましたが、APS カップ 富士見公式も中止になったイベントのひとつ。なにより安全第一ですから、次の機会を待ちましょう!



…ただ、富士見公式で使おうと一生懸命カスタムしていた銃が使えなかったのが残念…… せっかく造ったので、ここでお披露目しておきます (^_-)-☆


[ MARUZEN ] APS-1 GM M97 カスタム


APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服


この銃は、グランドマスターバッジを獲得した時に使っていたもので、中身は蔵前公房舎チューンです ( 詳細はこちらの記事にて )。今回のカスタムは APS-3 のウッドグリップを装着したことです。


APS カップハンドガンクラスの競技銃といえば、APS-3 が主流。もちろん私も APS-3 も使っていますし、その性能は素晴らしいです。

でも、APS-3 と APS-1 を両方使っていると、シルエットのクリーン率は APS-1 のほうがいいと私は感じます。その差はほんの少しなんですけど、ロングレンジの精度は APS-1 のほうがいいと私は思うのです。




ただ、APS-1 の弱点として、カッコ悪い ( 個人的感想です ( ̄▽ ̄) )デカい重いトリガーが遠い ( 蔵前のチカイトリガーで解決できます )、そしてなにより、グリップが精密射撃向きでないということを感じます。


そこで APS-3 のウッドグリップを削って装着して、グリップの角度を寝かし、よりハイグリップにしてみた次第です。

APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服


APS-1 のグリップには みんな違和感を感じていて、グリップカスタムは昔から行われていることです。これぐらいグリップの角度が寝ているほうがしっくりくるし、 理論上、ハイグリップの方が左右のぶれに強くなるはずです 。

あと、ウッドグリップ化の二次的産物として、 APS-1 のグリップより、APS-3 の グリップの方が細いので、握りやすくなり、トリガーも近くなります。そして、ウッドグリップのほうが軽くなるので、APS-1 ノーマルの 1,100g から 990g まで軽量化でき、APS-3 ノーマル 943g / リミテッド 970g に近づきました ( 私の APS-1 には個人的好みでフロントの振れ抑制にウェイトをバレル下につけているので、実際はもっと軽くできます)



このように良いことづくめのグリップ移植なのですが、欠点がひとつ… 削るのがえらく面倒です…… 私はリューターで削っては合わせ削っては合わせを繰り返し、グリップ上面も削って限界までハイグリップの位置に付けられるように、2時間も削り続けました (;^_^A 

APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服



このグリップ移植カスタムは大変なのであまりお勧めできませんが、苦労した分の効果はある ( はず(;^_^A )なので、時間があるときに のんびり・じっくりとお試しください ノシ





PS.
今週末、19日(は、BATON Range で、APS カップ 月例会 ( ハンドガン / ライフル ) 開催ですよ~!








APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服



APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服



APS-1 に APS-3 ウッドグリップ装着で弱点克服



同じカテゴリー(チューニング理論)の記事画像
ホップパッキンの硬さと選び方
【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆
【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット
【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】
「硬いの柔らかいの、ドッチがお好み?」ホップアップパッキンのお話です (^_-)-☆
寒い中ありがとうございました(`・ω・´)ゞ
同じカテゴリー(チューニング理論)の記事
 ホップパッキンの硬さと選び方 (2018-12-18 06:06)
 【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆ (2017-06-04 06:44)
 【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット (2017-05-19 07:01)
 【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】 (2017-05-18 06:06)
 「硬いの柔らかいの、ドッチがお好み?」ホップアップパッキンのお話です (^_-)-☆ (2017-02-26 07:37)
 Gunsmithバトンの調整と接客について (2013-11-23 10:36)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 162人
PAGE TOP