ハイサイについて

前のリポバッテリーサイクルテストのエントリーを見て

ニッスイミニ8.4v 14.2発/秒
ニッスイミニ9.6v 21.2発/秒

って、「えらいサイクルが違うんじゃね!?」って思った方に補足説明をしときます





当店のチューンの基本理念は「コストパフォーマンス最重視!
すなわち、出来る限り安くってことですw

ハイサイだと普通、軸受、ギヤセット、ピストン、ピストンヘッド、シリンダー、シリンダーヘッド、モーター、強化メカボっていうように、ことごとくカスタムパーツを入れていくんですけど、自分の ハイサイカスタム38は、サイクルを上げるためのパーツは、もっとも効果が分かるギヤとモーター(それも安いやつw)しか使いません。そしてお客さんが使用するバッテリーによって仕様(セクカの枚数やスプリングレート)を変えていきます。

そして、カスタムピストンを使うのはセクカによるショートストローク化対策のため、FETスイッチデバイスを使うのは高電圧バッテリーを使うのが前提のカスタムなのでスイッチ保護のためです。

サイクルアップを「それなりのモーター+高いレートのギヤ+高電圧バッテリー」で行う考え方なので、モーターにかかる負荷は高めのカスタムになります。



リポバッテリーサイクルテストで使ったKAC PDWは、「ハイサイだけど耐久性重視でそんなに早くなく、でも初速は高め(90m/secオーバー)」ってオーダーで、リポ7.4vで使うことを前提に製作したものです。

なので、ハイサイカスタムにしてはサイクルが低めですが、負荷はそれなりにあるので、ニッスイ8.4vだとモーターの要求する電流を供給しきれず、モーターが8.4vの最高回転数に達していないんですね。だから14.2発/secとサイクルが低いんです。

9.6vになると、電圧の高さでもちろんモーターの最高回転数が上がるのでそれなりに回せますが、それでも最高回転数には達しておらず、7.4vでモーターの最高回転数は低くても、モーターの要求する電流を流しきれて、きっちり最高回転数まで使えるリポのほうがサイクルが早くなる。という結果であると推測されます。


この理論、根っからの文系の自分が、経験則で導き出しているので、間違っていたらぜひ教えてください! →理系のエロイ人w


同じカテゴリー(リポ話)の記事画像
BATONリポ 「白ラベルと黒ラベルの違い」
リポバッテリーご使用・充電・保管の諸注意
リポバッテリーのあれこれ
BATONリポにEライン登場! アキバ店で先行販売!
BATON airsoft 電動ガン用リポバッテリー CM
CレートとBATON airsoftリポの性能
同じカテゴリー(リポ話)の記事
 BATONリポ 「白ラベルと黒ラベルの違い」 (2016-07-05 06:06)
 リポバッテリーご使用・充電・保管の諸注意 (2016-04-22 06:25)
 リポバッテリーのあれこれ (2015-07-22 14:00)
 BATONリポにEライン登場! アキバ店で先行販売! (2014-01-31 06:20)
 BATON airsoft 電動ガン用リポバッテリー CM (2013-06-13 05:50)
 CレートとBATON airsoftリポの性能 (2013-03-07 06:06)
更新日時:2010年05月28日15:49 │リポ話

この記事へのコメント

コストパフォーマンス重視で飛距離伸びる流速カスタム的なのは出来るようになりませんかww
Posted by サイファー at 2010年05月28日 17:58
>サイファーさん

流速チューンについては、あとで「初速についての考察」というお題のなかで書こうと思ってましたけど、自分が造った流速チューン、いままで見た流速チューンと言われるもの、自分の知る限りでは、特別に飛距離が伸びたり、命中精度が抜群に向上するというような「魔法のチューニング」というわけでもないと思うんです。
Posted by GunsmithバトンGunsmithバトン at 2010年05月28日 19:08


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP