ETAP-3 その2

思わぬ休日となったETAP-3。まだ2日しか走ってないし、Team オーマイガッ!では幸いにしてマシントラブル等もないので、洗車を終えると特にすることもなく、ダラダラしていました face03


ETAP-3 その2



さて、明日のETAP-4の準備でもしようかと、マップを見ていると嫌なことに気づきました… (コマ図のルートマップのほかに、その日のルートのイメージをつかむために、1万分の1の地図に大まかなルートを記入したものをもらってます)


「明日、ビバークを出て最初は、ほぼETAP-2の逆順で進みますよ…( ̄_ ̄|||)」


みんなが「うそ~!?」って信じたがらないので、GPSポイントも比較しましたが確かに逆順。そう、例の湿地帯をもう一度通るルートです。


「嫌だぁー!」って小栗さん絶叫 (^_^;) 自分やシンヨさんは湿地帯を通ってませんが、小栗さんや他の人の話を聞くだけで、絶対に走りたくありません…

ここで思いつきました。Team 一平ちゃんの自分とシンヨさんとハラさんは、ミスコースしたことで幸いにして湿地帯を回避しています。「昨日ミスコースして走ったGPSの走行履歴を繋げばエスケープルートが作れるんじゃね?」って ( ̄ー ̄)vニヤリッ



このアイデアに、Team 一平ちゃんのメンバー 一同は目を爛々と輝かせて食いつきましたw 自分のミスコースは延々とオフピストでペースを上げられないから除外で、すべてピストを繋いで走ったハラさんと、わりとピストが多かったというシンヨさんのGPSの走行履歴からルートを作って比較することに。

数十個のGPSポイントを打ってルートを作った結果、シンヨさんのほうが距離的に近くて速そうなので採用。Team 一平ちゃんのメンバーにGARMIN 62Sの通信機能を使って、ルートを共有しました。

この通信機能は最新版の62Sでないと付いてないのですが、Team 一平ちゃんは、みんなラリーモンゴリア初参戦だったこともあって、全員が62Sを持っていたんですよ (* ̄ー ̄)v



こうして、ルートを作ること小一時間。「俺らってスゲーんじゃね?」、「このルートはTeam 一平ちゃんだけの秘密ね!」、「明日はかなりいいぜ!」なんて盛り上がり、Team 一平ちゃんのテンションと結束力は多いに高まりました。「いやぁ、助け合う仲間っていいなぁ」って嬉しくなりました face02






…が、のちほど、あっさりとコース変更で湿地帯はカット (^_^;)


ETAP-3 その2


ETAP-3 その2


まあ、冷静に考えれば、そうなるのは分かりますけど、盛り上がっていたゲルのなかでは、みんな、コース変更の可能性を頭の片隅に追いやっていましたw

結局、Team 一平ちゃん特製エスケープルートは無駄になりましたけど、GPSの使い方をいろいろと覚えられたのでよしとしましょう (^^ゞ





ETAP-3 その2


ETAP-3 その2


さあ、明日のETAP-4は、SS(競技区間)が今回のラリーで最長の557km! このビバークを出発してからゴールのビバークまで、ずーっとレースです(`・ω・´)ゞ




同じカテゴリー(モンゴリアンチョップ!!!!!)の記事画像
ラリーモンゴリア 2019 無事完走しました!
[ WileyX ] TWISTED to Rally test ride
ダカールを目指します! Wiley X と共に  (‘・ω・́)ゝ
ラリーモンゴリアに参戦してきます ('◇')ゞ
『本厄男子、海外ラリーを完走ス!』 発売!
ETAP-9 完走
同じカテゴリー(モンゴリアンチョップ!!!!!)の記事
 ラリーモンゴリア 2019 無事完走しました! (2019-08-21 06:39)
 [ WileyX ] TWISTED to Rally test ride (2019-07-21 07:31)
 ダカールを目指します! Wiley X と共に (‘・ω・́)ゝ (2019-06-27 06:06)
 ラリーモンゴリアに参戦してきます ('◇')ゞ (2019-06-24 05:35)
 『本厄男子、海外ラリーを完走ス!』 発売! (2013-01-02 06:06)
 ETAP-9 完走 (2012-11-28 16:16)

この記事へのコメント

こんにちは

沼地回避ルートの発掘で盛り上がってまいりました!

<STAFF> コースが変更になりました。

  ( ゜д ゜)      

でもこういう一致団結して乗り越えた苦労ってのは
その過程すら楽しいですよね

それにしても料理… そういった場所だからか、
すンげえ美味そうにみえる…
前回のペットボトルのトレイはアイデアものでしたね

泥汚れの車体は、確かにキレイにしないと、汚れが原因
に不具合が出てもつまらないですしね
泥の分だけ軽量化も出来るし

ああ、景色きれいだなぁ *´∀`)
Posted by 紫もやし at 2012年09月30日 03:58
>紫もやしさん

はい、こういう試行錯誤の過程も楽しいし、いろんなことの勉強になったし、みんなで盛り上がったので、楽しい思い出です ( ´ ▽ ` )ノ


空腹は最高の調味料であり、外で食べるキャンプメシはやっぱベツモノなんですよw

競技中はそれが普通であまり感じませんでしたが、こうして帰ってきて写真を見直すと、自分もやっぱりモンゴルの大自然はキレイであり、そこを走れて良かったぁ!って感じます (´∀`)
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2012年09月30日 05:52


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP