Gunsmithバトンチューニングメニュー更新!

BATON airsoft フルメタルティースピストン 1590円(ポイント還元実質:1511円)発売を機に、中華エアガンチューニングショップ『Gunsmithバトン』のチューニングメニューを更新しました (‘・ω・́)ゝ


Gunsmithバトンチューニングメニュー更新!


主な変更点は下記になります。



【持ち込み】メニューを新設。これまで、持ち込みの場合は「持ち込み調整&チューン」を基本工賃として同時にご注文いただくことになっていましたが、それぞれ持ち込みの場合(【持ち込み】とメニュー名に記載)と、当店でご購入のエアガンにご購入時に同時施工の場合とのメニューに分けました。このほうが金額がすぐに分かるので便利かと思います。



●そして、【持ち込み】の場合は「トラブルなし」と「トラブルあり」の選択肢があります。トラブルとはいっても、「飛距離が出ない、初速があっていない、ホップが効かない」などについては通常の調整&チューンの範囲なので「トラブルなし」のご選択で改良いたします。「不動、動作不良、セミオートがバーストになる、2発給弾、分解したまま戻せなくなった」などの状態は「トラブルあり」をご選択下さい。



チューニングサイクルの選択肢を新設。これまでハイサイ系は別メニューでしたが、通常のファインチューンである「【持ち込み】調整&チューン」、お手軽価格で流速効果を得られるいわゆるバレルカットの爆音系である「爆音☆流速チューン」、BATON airsoft流速チューンパーツ群を使い、爆音ほど負荷を上げることなく精度の高い流速チューンを実現する「真☆流速チューン」それぞれに、チューニングサイクルの選択肢を付けました。

「ノーマルサイクル」は銃に付属しているモーターを使うので基本的にサイクルはお持込時と変わりません(リポを使えば、負荷の高い流速チューンにしても、ほとんどサイクルは落ちません)

「ぷちハイサイ」は、ハイスピードモーターに交換し、BATON airsoft リポ7.4vを使うと秒間21発程度になります。『BATON airsoft M4CQB 流速HC 2万9990円(ポイント還元実質:2万8491円)』は、「爆音☆流速チューン:ぷちハイサイ」の仕様で、ぷちハイサイの場合、一番下の動画ぐらいのサイクルになります。

「ハイサイクル」は、ハイトルクモーターに交換し、BATON airsoft リポ11.1vを使うと秒間25発程度になります。注意してほしいのは、こっちがハイトルクモーターで、7.4vを使うと秒間15発前後にしかなりません、11.1vを使ってこそのハイサイクルなんです。このモーターの選択は性能・耐久性を考慮した結果であり、ぷちハイサイ/ハイサイクルともに、サイクルに適したセクカなどを行っているので、それぞれのバッテリーは指定です(※ぷちハイサイのほうに11.1vを使うとサイクルオーバーで壊れます)。

石井健夫さんにスペシャルで制作した『BATON airsoft M4CQB 流速HR R spec.』は、「真☆流速チューン:ハイサイクル」+「FETスイッチデバイス組み込み」であり、このチューニングメニュー更新の実験機でもあったんです。



●ノーマルサイクルの「【持ち込み】調整&チューン」を除く電動ガンのチューニングメニューすべてで、BATONピストンを使用。せっかく作った高耐久ピストンですので、すべてのチューンに使用します(互換性のないピストンのモデルを除く)。負荷の上がる流速チューンはもちろん、普通の調整&チューンでもぷちハイサイ/ハイサイクルはBATONピストンに交換します。

※調整&チューンのノーマルサイクルは、価格を維持するためにBATONピストンへの交換をデフォとはしませんが、ご希望なら、調整&チューンご注文時に同時にBATONピストンをご購入いただければ、追加工賃なしでBATONピストンに交換します。



●いくつかのチューニングメニューを受注停止にしました。今回のチューニングメニュー更新で不要になったもの、あまり需要がないもの、時代にそぐわなくなったものなどを消して、ご注文時に出来るだけわかりやすいように整理しました。



●また、チューニングメニューのメイン画像をGunstmihバトン始まって以来、はじめて更新しました(^^ゞ 前のオレンジ色の画像は、自分が自宅マンションで一人でやっていたときに作った画像で、最初のホームページを制作した時のものなので、もう4年も使っていたんですね face02





チューニングメニューで分からないことや、それぞれのチューニングにどんな効果があって、お客様に適しているのはどれなのかなど、ご質問はお気軽にGunsmithバトン本店(TEL 049-293-2199)、アキバ店店頭でご相談いただければ幸いです。
※電話やメールでご相談いただくとき、技術的なことはチューナーが常駐している本店のほうに聞いていただいたほうが話が早いです。アキバ店店員で分からないことは本店のチューナーに電話させていますので (^^ゞ


∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク




■ぷちハイサイ動画(BATON airsoft M4CQB 流速HCは「爆音☆流速チューン:ぷちハイサイ」の仕様であり、サイクルはこの動画とほぼ同等になります)








※『BATON airsoft フルメタルティースピストン』は数日以内にamazonでも販売開始となります。

Gunsmithバトンチューニングメニュー更新!


黒の戦慄! M45A1 CO2GBB
世界最高峰のエアソフトスナイパーライフル MOD24X 再入荷!
CO2 イングラム ( 樹脂モデル ) 詳細写真
M1A1 パラトルーパー CO2GBB 新発売!
【動画】 [ APS ] 電子トリガー eSilver Edge /  11.1v 化 ハイレスポンスチューン
CO2 イングラム(樹脂)入荷!
 黒の戦慄! M45A1 CO2GBB " BK Grip Limited " (2019-07-20 06:06)
 世界最高峰のエアソフトスナイパーライフル MOD24X 再入荷! (2019-07-19 06:06)
 CO2 イングラム ( 樹脂モデル ) 詳細写真 (2019-07-12 06:06)
 M1A1 パラトルーパー CO2GBB 新発売! (2019-07-11 07:03)
 【動画】 [ APS ] 電子トリガー eSilver Edge / 11.1v 化 ハイレスポンスチューン (2019-07-10 06:06)
 CO2 イングラム(樹脂)入荷! (2019-07-07 06:06)

この記事へのコメント

チューニングメニューからコン電MAXが消えてしまってるんですがもう施工してもらえないですかね?

知り合いがMP7を使えるようにしたいって言ってたので紹介したんですが(⌒-⌒; )
Posted by 干物 at 2013年10月31日 12:32
>干物さん

「コン電MAXチューン」は、Gunsmithバトンで施工していたのではなく外注に依頼していて、ここのところ先方が忙しく、納期が不安定だったので公式には受注を止めました。

ただ、「どうしても…」という場合は、納期は保障できませんが、以前の価格で受注しますので、個別にご相談下さい。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
Posted by バトン・オーツカバトン・オーツカ at 2013年10月31日 14:19
持ち込み調整でトレーサーをお願いしたかったのですが・・・時期的に需要が無いから駄目ですかね?物はマルイのSD6なんですけど。
Posted by uzi4u at 2013年11月01日 22:46
>uzi4uさん

チャンバートレーサーは、チャンバーの周囲に余裕がないと制作できないので、MP5系(AK系も)は、もともと制作できないのです。お役に立てず申し訳ございません。
Posted by バトン・オーツカバトン・オーツカ at 2013年11月02日 05:53
例えばE&LAK104PMC-B購入にハイサイorぷちハイサイを施工してほしいときはどういう注文の仕方にすればいいですか?
Posted by AK大好き! at 2013年11月19日 01:08
>AK大好き!さん

す、すみません、そのケースのためのメニューが抜けておりました ノ( ̄0 ̄;)\

いま慌てて、当店ご購入時にサイクルを変更するメニュー『ぷちハイサイ/ハイサイクル』を新設しました (‘・ω・́)ゝ

http://www.gunsmithbaton.com/products/detail.php?product_id=1629

ノーマルチューンで当店ご購入時に同時にサイクルを変更したい場合は、このメニューを同時にご注文下さい。大変失礼いたしました。
Posted by バトン・オーツカ at 2013年11月19日 07:27
早速のアクションありがとうございます。
自分の意見を反映してもらえて嬉しいです♪
もうひとつ質問なんですが、価格は以前あったぷちハイサイチューンより3000円位高くなってますが、これはフルメタルティースピストンとソフト面パッキンの部品代も入っているからですか?
Posted by AK大好き! at 2013年11月19日 23:03
>AK大好き!さん

はい、価格はBATONピストンを使うことになったこともありますし、ぷちハイサイとハイサイクルではモーターもレシピも違うので(ぷちハイサイも以前とはレシピを変えています)、それぞれの原価に基づく価格設定になっています。

このサイクルのことだけではなく、今回のメニュー改定では、より耐久性を重視したレシピ、メニュー構成に変えているんです ( ̄^ ̄)ゞ
Posted by バトン・オーツカ at 2013年11月19日 23:13


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 162人
PAGE TOP