第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

第3回JWCSチャンピオンシップレポートも今回が最後。去る3月22日に開催されました最終日の模様をお伝えします。

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

上の画像は、最終日の参加メンバーの集合写真です。中央の荻野さんと、その左のだぶーは、前回大会に続いて参加してくださいました。

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

貴重な色付き銀ダンPPKで、エントリークラスとバックアップクラスに参戦してくださった荻野さん。初速が20m/s前後しか出ていない銀ダンでの、着弾までのタイムラグを計算し尽くした撃ち順を構築し、流れるような射撃を展開。その見事なテクニックはまさに「銀ダンの魔術師」といった趣でしたが、ご本人は「銀ダンマニアです」と謙遜していらっしゃいました。しかし、バックアップクラスで、前回の121.57秒から104.26秒へと約17秒を、エントリークラスでは前回の105.43秒から81.88秒へと、およそ23秒ものタイムを短縮して見せたその腕前は、銀ダンマスターの称号を名乗るに相応しいと思います!

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

三日間取材に来てくださったMJマガジンのケンさんはこの日、非公式記録ということで、初日と同じオープンクラスを、マルイ製の電動ハイキャパで周回されました。かつて本場アメリカのビアンキカップに挑戦したテクニックは健在で、明らかに初日よりスピードアップしたのは流石ですね。

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート


昨年の1月、かのイチローさんの下で射撃の教えを授かったぶわかもの組のひとり、だぶー君。ドロウを中心に練習を重ねたという努力が報われ、ハンドガンオープンは103.67秒から96.12秒に、同タクティカルは105.68秒から101.78秒へと、着実にタイムを縮めていました。

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

バットン社長はこの日、ハンドガンエントリークラスにマルイ電動ブローバックのHK P30で参戦。前回の99.45秒から、91.86秒へと、7秒以上もタイムを短縮していました。ただし、同じクラスを銀ダンで撃った荻野さんは81.88秒と、10秒近くも社長を引き離して、クラス優勝しているんですよね・・・(汗)

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

私デイヴ金子は、ハンドガンオープンクラスとタクレットクラスを撃ったのですが、オープンでは前回の87.89秒から90.52秒に遅くなるという体たらく(涙)タクレットクラスは第1回大会以来の挑戦でしたが、137.81秒から131.79秒とわずかに短縮したものの、徳岡さんの96.48秒には遥か遠く及ばず、練習量の違いを思い知った次第でございました。

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

JWCS全競技の終了後は、急遽JSC(ジャパンスチールチャレンジ)の記録会を開催。画像はアクセラレーターのステージですが、ここでも荻野さんの銀ダンテクニックが光っていましたね~! 私デイヴは、生まれて初めてタクティカルクラスでJSCを撃ちましたが、石井名人の凄さを改めて実感しました。

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

そしてJSC記録会の後は、開催迫ったアンリミテッドの記録会を敢行! 画像は「火」ステージを撃つだぶー君です。荻野さんはアンリミにエントリーされているとのことで、一層気合の入った射撃を展開。ハンズアップからのホルスタードロウで66.36秒という恐ろしいタイムを叩き出し、全員の喝采を浴びていました。ちなみに私デイヴ、こちらも初めてタクティカルで撃ったのですが、ターゲットが大きければ外さないということは無いんですねぇやっぱりね(汗)

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

JWCS、JSC、アンリミと、スピードシューティングの3種競技をぶっ通しで撃ちまくり、すべての日程を終了したところで、3日間のすべての参加者の皆様の中から1名様に、VTA VALOR TARGETをプレゼントする抽選が行われました。厳正なる抽選の結果幸運を射止めたのはこの方!!

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート

銀ダンのポテンシャルを最大限に発揮し、素晴らしい射撃を見せてくださった、銀ダンマスター荻野さんが見事当選いたしました。ところが荻野さん、「銀ダンではペーパーターゲットに穴が開かないからな~」とのことで、VALOR TARGET当選の権利を、清水さんご一家に譲渡されたのです。ああ、荻野さん、貴方ってば本当にカッコ良すぎです!!

第3回JWCSチャンピオンシップ最終日レポート



そんなわけで、VALOR TARGETは清水さんに送らせていただきました。エリカちゃん、リョウセイ君、良かったね~! 荻野さんのご厚意に応えるためにも、たくさん撃って楽しんでくださいね。

以上、第3回JWCSチャンピオンシップの模様を、全3回に渡ってお伝えいたしました。和気藹々とした雰囲気の中で、好きなガンを好きなだけ撃つことが出来るJWCSという競技を、改めて楽しいと思いましたね~。この楽しさをより多くの皆様に体験していただけるよう、担当者として尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願いいたしますです!!

さて、明日29日(日)は、JWCS公式レンジにてバットン社長が、JWCS/アンリミ/JSCの練習を行う予定です。開催が迫ったアンリミのステージを、思う存分練習出来る環境を整えておりますので、どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ!


同じカテゴリー(【JWCS】シューティングマッチ情報)の記事画像
【お詫びと修正】 30m / 50m スナイピングに名称変更
APSカップ表彰台を Gunsmith BATON チューンが独占!
「今週末は浜松へ GO !」 トランポパーク 2019 でエアソフトガン無料体験
【 50m で 1cm の精度! 】 スモールボアライフル
さよなら右手、さよならグランドマスター
APSカップの弾道学
同じカテゴリー(【JWCS】シューティングマッチ情報)の記事
 【お詫びと修正】 30m / 50m スナイピングに名称変更 (2019-08-01 19:06)
 APSカップ表彰台を Gunsmith BATON チューンが独占! (2019-07-14 06:10)
 「今週末は浜松へ GO !」 トランポパーク 2019 でエアソフトガン無料体験 (2019-07-05 06:06)
 【 50m で 1cm の精度! 】 スモールボアライフル (2019-01-28 06:06)
 さよなら右手、さよならグランドマスター (2019-01-26 06:06)
 APSカップの弾道学 (2018-12-23 07:27)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 177人
PAGE TOP