LCT RPD 夏に間に合うか?

※2016年11月、LCT RPD発売!
商品ご購入はこちらのページから




2月の台湾 『 Hooha show (武哈祭)』でお目見えした注目の新製品、LCT RPD 電動ガンの製作が着々と進行していますね!




















各部パーツの写真が公開されていますが、中華エアガンチューニングショップである 『 Gunsmith BATON』 的に注目するのはこちらの写真…



パッと見ると、トリガーガードとグリップの2つのパーツに見えますが、よく見ると一つのパーツであり、ストックに続くロアレシーバーの部分です。





展示写真の赤線で囲ったこの部分ですね。そして、さらによく見ると…





赤線のパーツは逆さになっていて、グリップ部分はふさがっていますので、これで、RPDのメカボは、グリップにモーターが入るver.3系メカボではないということが分かります。

まあ、もともと、AK系とRPDではマガジンの位置が違うので、ver.3系だとマガジンから後方へ給弾ラインを伸ばすか、超ロングノズルを使わなければならないですから、ver.3メカボがそのまま使えるわけではないのですが、モーターがグリップに出ないということは、細長いメカボであってもRSドラグノフメカボのような形ではなく、A&Kドラグノフのようなモーターが直線的に配置されレシーバーにメカボのすべてが入る形になるわけですね。





2月のときはLCTの社長さんは、早ければ今年の8月~9月、遅くても今年中には発売したいとおっしゃってましたが、この調子なら、上手くいけば夏に間に合うかもしれませんね!

もちろん、Gunsmith BATON / Gun Shop BATON でも、LCT RPD を大量に仕入れたいと思いますので、みなさまともども、当方も期待して楽しみに待っております face02

LCT RPDの詳細情報が入りましたら随時、お届けいたしますし、8月26日~28日開催の次回『 Hooha show (武哈祭)』では、製品版か先行量産試作版は展示されるでしょうから、また、取材してきます。乞うご期待!












.........


...........................


PS.
上のロアレシーバーの写真が、「パッと見2つのパーツに見える」原因が分かりました。さらによく見ていたら…




一番上に不良品が混ざってました(ストックに続く部分が途切れています)。この不良品が目を惹くところにおいてあるから、横にあるのが違う形の別パーツと認識してしまうのですね。おんなじパーツがごちゃっとあるとゲシュタルト崩壊な感じicon10

(あとでハネるつもりで分かりやすいように上に置いたか、不良品を注意するための写真だったのかな?)
















同じカテゴリー(中華エアガン事情)の記事画像
【MOA】 MP5
MP18-1 電動ガン プロトタイプ実射動画
MP18-1(仮) 発売
ハーネル MP28 の発売予定日を「未定」に変更
MP28 が初の電動ガン化、10月~12月発売予定でご予約開始!
MP18 が初の電動ガン化、10月~12月発売予定でご予約開始!
同じカテゴリー(中華エアガン事情)の記事
 【MOA】 MP5 " K / SD " CO2GBB 、他 【前編】 (2018-12-10 06:31)
 MP18-1 電動ガン プロトタイプ実射動画 (2018-11-27 06:06)
 MP18-1(仮) 発売 " 目安 " は 2019年春 (2018-11-07 06:06)
 ハーネル MP28 の発売予定日を「未定」に変更 (2018-11-02 06:06)
 MP28 が初の電動ガン化、10月~12月発売予定でご予約開始! (2018-08-10 05:45)
 MP18 が初の電動ガン化、10月~12月発売予定でご予約開始! (2018-08-09 06:20)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP