【 BATON レビュー 】 [ SRC ] MP5 CO2GBB シリーズ

季節を問わずブローバックが楽しめる CO2GBB® シリーズ にサブマシンガン MP5 が新発売! 実銃同様、インドアで大活躍間違いなしの MP5 CO2GBB を解説していこう!


















SRC の MP5 CO2GBB シリーズは、実銃同様のスチールプレスアッパーレシーバー、初期型の 「 S ・ E ・ F 」 刻印のロアレシーバーを採用。

残念ながら、フォアグリップは後期型の大型タイプ、A3 のストックも後期型の F ストック形状となっている。これは同社のMP5 電動ガンからの流用だからであり ( 電動ガンのほうはピクトグラムの後期型レシーバー )、現状、初期型パーツはない。

しかし、このことは、SRC 電動ガンと CO2GBB のパーツ互換性を表しており ( ※ 他社製品との互換性は不明 )、電動ガンでは展開されている SD シリーズも、近日中に CO2GBB シリーズでも発売されることが予想される。

※ SRC MP5 電動ガンには K シリーズもあるが、レシーバー長の違いから CO2GBB のメカニズムはこのままでは入らず、現状、MP5K CO2GBB の発売予定はないとのこと。








9mm パレベラム弾を使用するサブマシンガン、MP5。その細いマガジンにも CO2 12g カートリッジを挿入できる特殊構造となっている。装弾数は35発だが、最後まで詰めるとノズルに干渉するので 1 発抜くか、フル装弾の場合はボルトオープンでマガジンを装着のこと。







CO2 カートリッジを挿入するときは、フタを指で締めて止まってから、コインまたは大型のマイナスドライバーで 一気に 1 回転 締めること。

フタをゆっくり締めるとガス漏れしてしまう。生ガスが漏れるとガスケットが冷却されダメになり、『 CO2 ホルダーガスケット 』の交換が必要になる。写真のピン 2 本で CO2 ケースは固定されているので、ピンポンチで固定ピンを打ち出して外しケースを取ると CO2 ホルダー(口金を受ける部分)にアクセスできる。CO2 ホルダーガスケットは、エポキシ系接着剤等で接着のこと。







CO2 12g カートリッジ 1 本での発射可能弾数は セミオートで 60 ~ 70 発程度、フルオートで 50 発程度。CO2 は寒さには強いが、連続射撃をすると、高圧ガスゆえに CO2 自体が急速に冷えてしまうのでフルオートの継続性は高くなく(※)MP5 CO2GBB もセミオート中心の運用を推奨

※ これは気化室が12gカートリッジの小さな空間に限られるからで、この問題を解決して高いフルオートの継続性・安定性を実現しているのは、マガジン全体を気化室とする [ APS ] DF / BH -BSP 用 CO2マガジン であり、BLACK HORNET の高速フルオートは強烈 。


SRC MP5 は、これまでの CO2GBB ライフル、[ VIPER TECH ] AR シリーズ [ WELL ] AK74 シリーズ のような重くて強烈なリコイルではなく、軽く鋭いリコイル。ちょうど、ライフル弾とピストル弾の違いのような感覚だ。リコイルは軽いが、ロングノズル式ボルトの恩恵か、初速・弾道ともにこれまでのガスブロライフルよりも安定している







後部レシーバーピンを 1 本外すだけでストックが外れてテイクダウン可能、そして、もう 1 本、ロアレシーバー前方のレシーバーピンを外せば容易にフィールドストリップ出来る。







もちろん、MP5ならではのチャージングハンドルロックによるボルトオープンホールドが可能。チャージングハンドルは叩き落しても問題ない強度を持っている。







ホップ調整はフォアグリップを外してアウターバレル基部にある。ダイヤル式なので、射撃中にホップが狂うことがなく安定している。また、ホップパッキンは SRC 独自形状なので、他社ガスブロ系との互換性はない。









上から S : セーフティE : セミオートF : フルオート のセレクター。レシーバー左側には 「 Kal. 9mm ×19 」 の刻印が刻まれている。実銃同様、コッキングしていない状態ではセレクターはセーフティに入らない。









A3 のテレスコピックストックと A2 の固定ストック。やはり日本では MP5 というとテレスコピックストックのイメージが強いためか、 2 :1 ほどで A3 が人気

…だが、サイレンサーを標準装備とする特殊部隊向けモデル SD系 だと逆に固定ストックのほうが人気となるかもしれない。 MP5 CO2GBB シリーズ、SD2SD3 の発売にも乞うご期待!

















同じカテゴリー(BATON レビュー)の記事画像
【 Fight Lite MCR 】 2000発のファイヤーパワー! 3600g の軽量ボディ!
【 15,800円!! 】 コスパ全振りの M4CQB 電動ガン
「 CO2 史上、最強のリコイルと最高の耐久性!」 M45A1 CO2GBB 実射レビュー
【 レビュー動画 】 CXP-PELEADOR
【 BATON レビュー】 [ APS ] APM40A3
【 BATON レビュー 】 ICS CXP-PELEADOR C
同じカテゴリー(BATON レビュー)の記事
 【 Fight Lite MCR 】 2000発のファイヤーパワー! 3600g の軽量ボディ! (2019-02-13 07:20)
 【 15,800円!! 】 コスパ全振りの M4CQB 電動ガン " BELLATRIX-R2 " (2019-01-23 06:58)
 「 CO2 史上、最強のリコイルと最高の耐久性!」 M45A1 CO2GBB 実射レビュー (2019-01-16 07:01)
 【 レビュー動画 】 CXP-PELEADOR (2018-08-26 08:02)
 【 BATON レビュー】 [ APS ] APM40A3 (2018-08-22 06:57)
 【 BATON レビュー 】 ICS CXP-PELEADOR C (2018-08-19 06:21)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 162人
PAGE TOP