MP28 が初の電動ガン化、10月~12月発売予定でご予約開始!

MP18 電動ガン発売予定・予約開始は大変なご反響をいただきありがとうございます! ただ、私があまり昔の銃に詳しくないので、販売するにあたり、あらためて Wikipedia の MP18 のページを読んでみたのですが…


「シュマイザーが担当した当初設計では専用のボックス・マガジンを使用する予定だったが、既に多数の在庫を有した砲兵用ルガーP08ピストルと共通の32連スネイル・マガジンを使用する事が要求され、これに合わせてマガジン挿入口は傾斜したものに変更された。

との記載がありますし、MP18の写真を検索してみても、特徴的なルガーのドラムマガジンを装着したモデルのことなのですね。

そして、MP18-1 という 第一次世界大戦後にシュマイザーが20連ストレートマガジンの特許を出願したモデルの記述を見つけました (※)。ということは、「この新発売の電動ガンは ベルグマン MP18 ではなく、戦後に造られた シュマイザー MP18-1 ということになるのかな?」と思ったのですが…

※ MP18-1 はMP18 と同じくセミオート無しのフルオートオンリー ( セミ・フル切替セレクターが無い ) 。このページ以外、MP18-1 の形の写真や使用された記述がないので、詳細不明。



「 MP18への改良設計を行いMP28として設計開発された。MP18からの主な改良点は弾倉(マガジン)の変更で、MP18がルガーP08用のスネイル型弾倉を流用していたのに対し、専用の箱型複列弾倉に変更され、機関部横に大型の給弾口が設けられた。銃床は木製で形状に変更は無く、また、MP18はフルオート射撃しかできなかったのに対し、セミ・フルオート射撃用のセレクター機構が装着されている。

Wikipedia に記載してある MP18の改良型でストレートマガジン&セミ・フル切替の MP28 があるので、メーカーに 「 この電動ガンは MP18 という名称だけど、ドレなのですか?」 と聞いたのです。

そしたら、「この電動ガンはセミ・フル切替があります」 と返答がきたので、「だったら、MP28 で!」とお願いしたところ、あっさり変更 になりました (;^_^A










刻印も MP18 から MP28 への変更をお願いしました (^_^;)




こうして新発売の電動ガンは MP18 から MP28 に変わってしまいました (^^ゞ 数量限定品なので、引き続き先行予約を承りますが、実際の製品試作写真がくるまでは、MP28(仮) とさせていただきます<(_ _)> (もちろん、製品試作写真をみてからキャンセル可能です)



WW 2 マニア も、BF 5 マニア も、
日本軍マニア も 乞うご期待 (^_^;)


















【起爆感度アジャスタブル】 GBR スプリンググレネード
M4に最適なスティックリポ再入荷!
【リメイク中古】 第二次世界大戦モノ出ました!
26800円の実ダット! &  シューティングマッチの定番 SD-30X! 入荷
お求めやすいアンビメカボ
[ APS ] XTP CO2GBB 【 BATON レビュー 】
 【起爆感度アジャスタブル】 GBR スプリンググレネード (2018-12-06 07:09)
 M4に最適なスティックリポ再入荷! (2018-12-03 06:26)
 【リメイク中古】 第二次世界大戦モノ出ました! (2018-11-30 06:25)
 26800円の実ダット! & シューティングマッチの定番 SD-30X! 入荷 (2018-11-28 07:21)
 お求めやすいアンビメカボ (2018-11-23 06:06)
 [ APS ] XTP CO2GBB 【 BATON レビュー 】 (2018-11-16 06:06)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP