APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

先日はいきなりの強烈な暑さに驚かされましたが、気が付けばもう5月も終盤。
今年もまたあっという間に夏がやって来そうです。

弊社にて展開中のCO2 GBBシリーズも、ガスガンにとってのトップシーズンを迎えてますます絶好調で、多くのお客様から大変な好評を頂戴しております。

そこで今回は、2016年初頭の発売以来、熟成を重ね、進化して来ました、APS airsoft製の弊社別注スペシャルモデル、DRAGONFLYXTPSHARKの3機種について、それぞれの製品が持つ特色をご紹介したいと思います。

APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

上の画像が上述の3機種で、左上がSHARK、その右隣がDRAGONFLY、下段がXTP ( XTREME TRANING PISTOL ) となっております。

まずは見た目が良く似た2機種、XTPSHARKをご紹介いたしましょう。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

上画像中、左がSHARK、右がXTPなのですが、こうして見る限り、どこがどう違うのかさっぱりわかりませんね。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

こちら、同じく左がSHARK、右がXTPですが、本体左側面から見ると、スライド後端のセレクターレバーの有無で、両者の違いがわかります。

これら2機種はほとんど同じパーツ構成のCO2 GBBですが、セミオートオンリーのXTPに対し、SHARKの方は、セミ・フルオートのセレクティブファイアーが可能となっているのです。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

こちら、セレクターレバー部分のアップです。
SHARKはこのレバーを前方(銃口側)にスライドさせるとフルオートモードに切り替わり、大迫力の連射がお楽しみいただけます。

ただでさえ強烈なCO2 GBBのリコイルが、毎秒約20発もの速さで襲いかかる凄まじさは、一度体験したら病みつきになること請け合いです。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

こちら、それぞれのスライドに入った刻印です。
オリジナルデザインのロゴがなかなか洒落ていますよね。

ちなみに、BLACK HORNETと刻印が入っているのはSHARKのスライドですが、間違いというわけではありませんのでご安心くださいませ。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

以上のようにとても良く似たXTPSHARKですが、ここからはこれら2機種とDRAGONFLYとの違いをご覧いただきましょう。

上下の画像は、弊社CO2 GBBシリーズの第一弾でもあるDRAGONFLYです。

APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

外観のアウトラインはほぼ同じですが、前出の2機種とはちょっと趣が違うのがおわかりいただけるかと思います。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

もっとも目を引く違いは、グリップの表面の滑り止め加工ですね。
画像上段のXTP/SHARKは控えめなデザインのモールドであるのに対し、下段のDRAGONFLYは、手作業と思われる深いスティップリング加工が施されています。

また、DRAGONFLYにのみ、ワイドタイプのマガジンリリースボタンが採用されていますが、このタイプのマガジンキャッチは、[ APS airsoft ] DF CO2GBB マグキャッチとして、GOLDBLACKの2種類を弊社にて扱っております。
XTPSHARKにも、もちろん装着可能です。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

グリップ背面もご覧の通り、入念な滑り止め加工が施されていて、強烈なリコイルの制御を助けてくれます。

ちなみに、XTP/SHARKは下画像のように・・・

APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

ピン1本でバックストラップを取り外し、付属の厚いバックストラップと交換することが出来るという、嬉しい機能を備えています。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

画像左が、付属の厚いバックストラップに交換した状態です。
右の出荷状態と比べると、手のひらに当たる部分が大きく張り出してるのがわかりますね。

参考までに、私デイヴ金子は、張り出しの大きいバックストラップの方が、しっかりグリップが効く印象を受けました。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

こちら、上がXTP/SHARK、下がDRAGONFLYの、それぞれのマガジン挿入口です。

XTP/SHARKはご覧の通り、グリップと一体のマグウェルが大きく口を開けて、素早いマグチェンジを助けてくれます。

DRAGONFLYの方も、挿入口のエッジが内側に向かって削られており、マグチェンジの際に充分な効果を発揮してくれます。

尚、マガジンそのものについては3機種共通となっています。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

こちら、トリガーのアップは、上がXTP/SHARK、下がDRAGONFLYのものです。
それぞれに特徴的な、トリガーガード前面と底面にもご注目くださいね。

XTP/SHARKは、APS airsoft オリジナルデザインのSHRAK ZERO トリガーを採用。
アルミ削り出しによるシャープな仕上がりは指に心地よく、切れの良い連射を可能としてくれます。

DRAGONFLYの方は、樹脂製のカーブ型トリガーを採用しているのですが、トリガーの側面から突き出したボタンが、マニュアルセーフティの役割を担っているという、面白いデザインです。
このボタンを押し込むことで、セーフティ・オンの状態になるのですが・・・

APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

ご覧のように、反対側に突き出したボタンがフレームに引っかかり、物理的にトリガーを引けなくするというシンプルな構造なのです。

ただこのセーフティ、右利きのシューターであれば瞬時に解除出来るのですが、左利きの方にはちょっと厳しい造りですよね。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

その点、APSさんもわかっていたようで、後発のXTP/SHARKでは、フレーム前方にマニュアルセーフティを配してくれました。

画像のように、赤いダットが見えている状態でセーフティ・オフなのですが、ここは伸ばしたトリガーフィンガーがちょうど触れる位置なので、トリガーから外した指を戻す際の、直感的な操作が可能です。

手が小さくて指が届かないといった場合も、サポートハンドの親指で無理なく操作出来ますし、これは実に合理的なデザインだと思いますね~。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

銃の眼とも言える前後サイトですが、一般的なホワイトダットの入った奥のXTP/SHARKに対し、手前のDRAGONFLYは、鮮やかな赤い集光サイトが奢られています。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

DRAGONFLYのリア側はグリーンの集光サイトになっており、その狙いやすさは言うまでもないのですが、見ようによっては、「笑った時の眼」のように思えるXTP/SHARKのリアサイトが、意外なほど視認性が高く、実に狙いやすいのです。

両サイドのエッジを落とした、ちょっと他に見られないサイト本体の形状も、狙いやすさの秘密かもしれませんね。
当ブログの過去記事、[ APS ] SHARK CO2GBB レビューでも書きましたが、私デイヴ金子はこのサイト、もの凄く気に入ってしまいました。

尚、DRAGONFLYの方は、スライドプレートに蜻蛉(DRAGONFLY)をモチーフとした、睨みを利かせる眼のマークがあしらわれています。
グロック系のガスガンは、ここが小技の利かせどころですからね。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

最後にこちら、DRAGONFLYのスライドに入った刻印です。
ここだけ見ると鉄砲の刻印とは思えない、洒落たデザインですよね。


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて

弊社CO2 GBBシリーズの原点であり、今なお変わらぬ人気を博しているDRAGONFLYと、その魅力をさらに深化させた、XTP
そして、衝撃のセミ・フルオート切替射撃を可能としたSHARK

それぞれに魅力的なAPS airsoft製CO2 GBBハンドガンを、この機会に是非お買い求めくださいませ!



APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて


APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて



[ APS airsoft ] SHARK CO2GBB [ セミ/フル切替 ] 【初速・動作確認済】 13,800円(税別)
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて




[ APS airsoft ] DRAGONFLY CO2GBB [ BK ] 【初速・動作確認済】 14,800円(税別)
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて




[ APS airsoft ] DRAGONFLY CO2GBB [ G2 ] 【初速・動作確認済】 15,800円(税別)
APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて






APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて



APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて



APS airsoft製 DRAGONFLY、XTP、SHARKの違いについて




Range A のベイが完成しました!
M45A1 CO2GBB マガジン再入荷!
憧れの強武器
【 ICS 本日納品 】 ピストン解放機構、無料オミット承ります
8月10日入荷!  HERA ARMS CQR & CXP-MARS Komodo SSS Limited
【日本だけの特別仕様】 CXP-MARS Komodo SSS LIMITED 発売!
 Range A のベイが完成しました! (2019-08-24 06:08)
 M45A1 CO2GBB マガジン再入荷! (2019-08-22 06:06)
 憧れの強武器 " 2点バースト " の Noveske GEN.4 (2019-08-09 06:06)
 【 ICS 本日納品 】 ピストン解放機構、無料オミット承ります (2019-08-08 06:02)
 8月10日入荷! HERA ARMS CQR & CXP-MARS Komodo SSS Limited (2019-08-07 09:20)
 【日本だけの特別仕様】 CXP-MARS Komodo SSS LIMITED 発売! (2019-08-02 05:36)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP