【ライブシェルショットガン】 V ショーにサンプル展示! 3 ガンマッチ を日本でも!

やっぱりみなさん、待っていましたね、ライブシェルショットガン! CAM870 MK2-J シリーズは、昨日の発表と同時に さっそく多数のご予約をいただき誠にありがとうございます。

サンプルの CAM870 MK2-J MAGNUM は、今週末の V ショーで、Gunsmith BATON ブースに展示しますから、ぜひ、空撃ちのお試しに来てください face06








さて、私が憧れている ショットガン・ライフル・ハンドガンを使ったアクションシューティング 『 3 ガンマッチ』 はどのようなものか、香港の 3 ガンマッチ団体 『 3-GUN NATION Hong Kong 』のプロモーション動画がこちら ↓




いや~、かっこいいですね~ face05 そして、香港 IPSC チャンピオンで、3 ガンマッチでも活躍している Joe Lau さんのシューティング動画がこちら ↓




Joe Lau さんは APS の社員であり、CAM870 MK2-J の開発にも尽力してくださいました <(_ _)>

Joe さん曰く、「 MK2-J はパワーが低いから、3 ガンマッチをやるならターゲットは至近距離にしたほうがいいですよ」とのこと。

上記動画の香港の 3 ガンマッチではショットガンのターゲットにスチールプレートを使っていますが、MK2-J では、スチールプレートは倒せません (;^_^A 試射したところ、PMC で使っている 10 cm 樹脂製プレートで 2 ~ 3 m ぐらいなら ( JSCの初弾ぐらいの距離なら) MK2-J でも狙って倒せます。



『 3-GUN NATION Japan が胎動しているとのことですので、ぜひ、日本でもマッチを開催していただきたいところです! 楽しみにしていまーす face05










※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちらから








※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちらから








※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちら








※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちらから





もちろん、ショットシェルをはじめ、カスタムパーツ・スペアパーツも多数同時入荷























  

【ライブシェルショットガン】 CAM870 MK2-J 12月発売!

ついに日本でも楽しめます
134a ガス仕様で日本完全適合

ライブシェルショットガン
CAM870 MK2-J シリーズ

12月中旬発売・ご予約開始!











※動画は、私有地で周囲の安全を確保し空撃ちで撮影しております。






ご予約特典で 専用ショットシェル × 2 個プレゼント!
( 本体付属 2 個 + プレゼント 2 個で 4 個付属 )






※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちらから








※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちらから








※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちら








※振込・代引きでの5%ポイントはありませんが、全国送料無料の Gun Shop BATONでのご予約はこちらから





もちろん、ショットシェルをはじめ、カスタムパーツ・スペアパーツも多数同時入荷










APS と Gunsmith BATON 共同開発モデル、日本の法律に完全適合したライブシェルショットガン 『 CAM870 MKⅡ-J 』 がついに発売! ここに至るまではとても長い時間がかかったのです face06



APS CAM870 は、初代はカートリッジ蓄圧式なので論外、MKⅡ でボルトへのガスチャージとなりましたが、CO2 チャージなので、日本では高圧ガス保安法に抵触するので輸入不可…

※ CAM870 MKⅡは、ショットシェルに流し込んだBB弾をワッズでフタをして それを吹き飛ばすという方式なので、ボルトに134aガスを入れても圧力が足らず発射出来ません。

※高圧ガス保安法の詳細解説はこちらにて→ 『玩具のエアソフトガンへの CO2 チャージは、高圧ガス保安法により都道府県知事への製造の届け出が必要です





……しかし、それでも、なんとしても、

「日本でライブシェル式ショットガンで遊びたい!」
「日本で 3 ガンマッチをやってみたい!」

という思いから、APS 社と協議を重ね、CAM870 MKⅡ-J のショットシェルを 1~3発のBB弾をロードするシェルに改良、インナーバレルを設置し初速を確保(ノンホップ)。日本の法律に適合させた『 CAM870 MKⅡ-J 』シリーズの開発・発売に至りました。

常温 20 ℃ 前後での 1 発撃ちで初速 70~75m / sec 程度、3 発撃ちで 初速 50~60m /sec。実射性能は、ほぼほぼ MARUZEN さんの M870 と同じような感じと思ってください (^^ゞ。

なので、サバゲに本気で使えるような飛距離ではありませんが ( ロマン武器としては大活躍だと思います w )、ポンプアクションと排莢を楽しむお座敷シューター、そして 3 ガンマッチで活躍してくれることと思います! みんなで、ガシャポン、ガシャポン楽しみましょう!
















  

【スナイパー動画】 10倍スコープで 「 HIT ! 」 の瞬間をキャッチ!

BB弾が飛んでい様子、そして 「ヒット!」 の瞬間を撮影できる 10倍スコープ & I.C.U. 2.0 TACTICAM。このセットがあれば、サバゲのアフターもより楽しくなりますよ (^_-)-☆







































  

【WELL】 CO2GBB シリーズスペアパーツ入荷 【DOUBLE BELL】

人気の WELL AK74 CO2GBB シリーズ、遅ればせながら、メーカー純正スペアパーツが入荷いたしました!

今回は入荷しませんでしたが、AK CO2GBB で壊れやすいフロントサイトポスト、それとシリンダー(ローティングノズル)も、メーカーに発注済みですので、少々お待ちください。WELL は中国本土のいわゆる本中華メーカーでなにごとも時間がかかってしまい申し訳ないのですが、末永く AK74 CO2GBB をお楽しみいただけるよう、スペアパーツのラインナップを増やしていく予定です。



また、DOUBLE BELL 1911 BSP マガジンアウトプットバルブも新入荷しました。1911 アウトプットバルブには先端がフラットな形状のものと、円錐形状のものと2種類あり、今回入荷した円錐形状のもののほうが初速が安定します。
※ 現在、当店で販売している1911 BSP 本体及びマガジンは、この円錐形状のバルブを使用しています。






[ WELL ] AK74 CO2GBB マガジンアウトプットバルブ







[ WELL ] AK74 CO2GBB マガジンリップ







[ WELL ] AK74 CO2GBB フルオートシアー







[ DOUBLE BELL ] M1911A1 BSP CO2マガジン アウトプットバルブ


















  

【流速・極】 APS カップ史上、最高得点を記録!

昨日、10月28日(土) 東京都すみだ産業会館で開催された 『APS カップ 第28期-第1回 JASG主催 すみだ公式記録会ライフルクラス 』 において、



Gunsmith BATON チューン APS-2 流速・極 が

ライフルクラス オープンサイト部門 史上、最高得点となる

196点-6X を記録しました!






…私、バットンが、ではなくて (^^ゞ 、アベさんが記録しました!







実は、東京本大会後、アベさんに依頼されて、流速・極仕様にチューニングしてあったのです。



ほら、アウターバレルにポートを開けてあります。これが BATON airsoft 流速ルーズバレル 6.10 X 303mm + バレルスリーブを使って創る 流速・極仕様の外観上の特徴です ( 流速・極の詳細理論はこちらの記事にて)



ちなみに、イザワさんにも依頼されて、イザワさんの銃も 流速・極仕様にチューニングさせていただいております。APS カップ東京本大会で、アベさんはオープンサイト部門で 4 回、イザワさんはフリーサイト部門で 3 回、優勝しているという、APS カップライフルクラスのツートップです。

そんな凄いお二方ですから、流速・極 チューンでなくても もちろん素晴らしい成績をあげることでしょうけど、これまで自分で自分の銃をチューニングしてきたアベさんとイザワさんが、東京本大会での私の 流速・極 の性能を見て、チューンを依頼していただいたのは、" チューナー " Gunsmith BATON として光栄の至りです!

一方、" シューター " バットン・オーツカとしては 『 敵に塩を大盛で送ってしまった…』わけですが、そこはそれ、仕事と趣味では仕事が優先されますので、当店は誰からの依頼でも承ります (`・ω・́)ゝ








今回、当店が施工した銃ですので、アベさんのシュートを後ろからじっくり観察しました。アベさんは記録がかかっていても常に平常心で集中して撃っていて、テクニックの違いだけでなく、精神力の違いを痛感しました。

アベさんは「真ん中を狙ってトリガーを引くだけだよ」と言いますが、私は「ブルズの第 1 ターゲットで 5 点を撃っちまったから、第 2 ターゲットは絶対 50 点で!」とか、「ムーバーが 1 ダウンで済めばマスターバッジ獲得!」とか、邪念にさいなまれて集中できていませんでした。「グランドマスターバッジをゲットする」という目標に対して気負いすぎてしまいミスを頻発…

私は179点 - 1X総合 2 位でしたが、アベさんとのシューターとしての差は歴然。まだまだ届きませんが、いつかアベさんとショーブ出来るレベルまで行けるよう、ひたすら修練を続けます。





ちなみに、写真左、総合 3 位のタケさんも、[ BLS ] プラスチック重量弾 0.38g を使っていましたので ( タケさんは、この前、蔵前杯で当店が協賛した 0.38g 弾をゲットしたとのことで、使ってみたら良かったので今回から変えたそうです )、BLS BB弾が表彰台を独占! その精度を証明することが出来ました。





こうしてショーバイ的には素晴らしい結果でしたが、私は 9 月のハンドガン公式に続き、またも 2 位… 悔しいので、11月の愛知公式にエントリーしておきました。

2 位じゃダメなんです、ショーブですからっ (>_<)



三度目の正直になるか、二度あることは三度あるか…

















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 156人
PAGE TOP