[ E&L ] MUR Custom 外装レビュー 「日本版はフル刻印!」

「至高のAK!」で名をはせた E&L airsoft はM4 系もまた至高!…だけでなく、コスパ最強の M4 シリーズと言えるのではないでしょうか face01

そのE&LのM4最新作は、MUR Custom シリーズ。最新の M-LOK スタイルハンドガードにインナーサイレンサーを装着、そして日本版はフル刻印です!






※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから












アッパーレシーバーは VOLTER 、ロアレシーバーは AR15.COM の刻印入りです。このあたり、過去の判例で銃の模型としての再現が認められている日本ならではですね (;^_^A







カスタムされたケースディフレクターが目を引きますが、その下のセレクターにも注目。そう、E&L の M4 系はこれまでの M4A1MK18 MOD1SOPMODⅡ でもレシーバー左のセレクターインジケーターがライブだったことで分かる通り、はじめからアンビ対応のメカボ設計であり、ついに MUR Cunstom シリーズではアンビセレクターが装備されました。

そして、マガジンキャッチ回りの補強リブもぐるりとまわりこみ、誤操作を防止し剛性が高められています。






サイトは前後とも薄型の KAC タイプを採用。チャージングハンドルも肉抜きされた Raptor タイプで、メカメカしさが際立っています。







さらにマガジンキャッチもアンビ! 徹底的にカスタマイズパーツが織り込まれています。この角度から見ると、複雑な形状の VOLTOR アッパー & AR15.COM ロアーの組み合わせがよく分かるかと思います。







カスタムグリップは、パームスウェルが交換可能で、付属しているものを含め3種類からセレクトできます。M4 電動ガンのグリップはモーターが入り太くなってしまうので、こうしてセッティング可能なのは嬉しいポイントですね!







ストックは E&L M4 シリーズ共通の B5 タイプを採用。LMTタイプと違いストック内にセパレートバッテリーを収納することは出来ませんが(バッテリーはストックパイプに収納)、一回り小型のB5タイプは、精悍な雰囲気を醸し出しています。







…ご紹介が最後になりましたが、MUR Custom の特徴と言えるフロントまわり、M-LOK タイプハンドガードはシンプルかつ軽量で使い勝手に優れます。

そして、インナーサイレンサーは消音スポンジが入っていてライブです! 見た目だけかと思ったら、きちんとサイレンサーの機能を有していました。

…ただ、大きさ的に容量が小さいし、もともと炸裂音が小さい(メカボの作動音のほうが大きいぐらいの)電動ガンですので、あまり消音効果はなく、若干くぐもった音質になるぐらい (;^_^A でも効果が少なくても、きちんと作られていると思うと嬉しいですよね face02





例によって、E&L の質感は、この価格帯とは思えないほどとても高く、手にすれば間違いなく欲しくなること請け合いです!

Gunsmith BATON 八王子で MUR Custom を店頭展示しておりますので、ぜひ、店員に申し付けて触ってみてください (^_-)-☆


















【冬でもガスブロ】 マガジンウォーマーポーチ再入荷!
【ライブシェルショットガン】 店頭にもありまーす!
【リポE 】 電ハン用リポ新発売! / M4 ストックパイプ用スティックタイプ再入荷!
CAM870 14日から出荷開始 / VIPER TECH 来週後半出荷開始
【史上最大!】 V ショーに BATON も出店します!
【CAM870 / VIPER TECH 来週入荷】 振込の方はメールをご確認ください
 【冬でもガスブロ】 マガジンウォーマーポーチ再入荷! (2018-01-18 11:21)
 【ライブシェルショットガン】 店頭にもありまーす! (2018-01-17 06:57)
 【リポE 】 電ハン用リポ新発売! / M4 ストックパイプ用スティックタイプ再入荷! (2018-01-13 06:39)
 CAM870 14日から出荷開始 / VIPER TECH 来週後半出荷開始 (2018-01-12 06:06)
 【史上最大!】 V ショーに BATON も出店します! (2018-01-06 05:48)
 【CAM870 / VIPER TECH 来週入荷】 振込の方はメールをご確認ください (2018-01-05 06:25)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 157人
PAGE TOP