BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB ユーザーの皆様からご好評をいただいております、BG-17 CO2GBB についての補足説明シリーズMOSプレート編 も今回が最終回ということで、BG-17 への各種ダットサイトの適合についてを、わかる範囲でご紹介してみたいと思います。


BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

まずは 弊社ネットショップの商品ページ や、ハイパー道楽様掲載の紹介記事 にてイメージカット用に搭載しておりました、Vector Optics 製ダットサイト、Frenzy 1x20x28 6MOA Red Dot Sight (以下、Frenzy )について。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

こちらの Frenzy は 01 番 MOS プレート に適合しますが、付属のねじではピッチが合わないため、M3 × 8 の皿ねじ が別途必要になります。
※01 番 MOS プレートのダットサイト固定用ねじは M3 が適合します。


BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

M3 × 8 の皿ねじで Frenzy を MOS プレートに取り付けると、上段画像のようにねじ穴の深さに対して、ちょっとだけ余裕がある状態で固定されます。
筐体の前後幅も誂えたように MOS プレートのサイズ内に収まりますので、BG-17 への搭載にあたって、もっとも楽にポン付け出来るメーカー純正実物ダットサイトと言えるでしょう。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

こちらは同じく Vector Optics 製のダットサイト、Victoptics SPX 1×22 。実売価格 6,000 円前後で入手出来る手頃な製品ですが、Vector Optics 社 純正の実物ダットサイトだけあって実用性は非常に高く、コストパフォーマンスに優れた魅力的な製品だと思います。

実はこのサイト、私デイヴ金子の私物なのですが、以前の 爆裂祭 会場で 41PX 総監督のおすみ様 が弊社 BS-HOST に搭載されているのを拝見し、その日のうちに注文しちゃった物なんですよね。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

こちらの Victoptics も 01 番 MOS プレート に適合するのですが、M3 × 8 の皿ねじ で固定すると、下段画像のようにねじの頭が若干はみ出しますので、MOS プレート編 その1その2 の要領による短縮加工が必要です。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

ねじさえ短かく出来るなら、上述の Frenzy 同様、BG-17 スライドへの無加工での搭載が可能となりますので、同価格帯のレプリカダットサイトを購入するより、このVictoptics SPX 1×22 を選んだ方が、後々幸せになれると思いますね~。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

「 ねじさえ短く出来るなら 」と言えば、弊社でも絶賛販売中の NOVEL ARMS (ノーベルアームズ) 最新製品、ABSOLUTE PRO を忘れるわけには参りません。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

以前、
当ブログこちらの記事 にてご紹介した通り、ABSOLUTE PRO はフットプリントが Trijicon ピッチで作られているため、02 番 MOS プレートに適合します。
ただ、付属のねじが若干長いため、そのまま取り付けると下段画像のように 0.5 mm ほどの隙間が開いてしまうのです。
つまり、この分だけ付属のねじを短縮加工すれば、BG-17 への無加工搭載が可能なわけですね。

マイクロダットサイトとしては驚異的な視界の広さと、実銃のリコイルでもびくともしない耐衝撃性の高さ には、お値段以上の価値があると思いますよ!
※02 番 MOS プレートのダットサイト固定用ねじは UNC #4 のインチねじが適合します。





BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

ではここで、レプリカダットサイトの適合についての一例をご紹介いたしましょう。
画像の製品はご覧の通り DOCTER サイト 3 を模したレプリカ品で、私デイヴ金子が日頃お世話になっているエアガンマニアのお医者様からお借りした物です(ドクターつながりの洒落ではありませんので念のため)。

ちなみに実物の話しですが、DOCTER サイトは社名が NOBLEX に変わったため、今では NOBLEX サイトとして販売されています。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

DOCTER サイトに適合するのは本来 01 番 MOS プレートなのですが、このレプリカ品は付属の固定ねじが M4 で、ダボの位置やねじ穴の位置もまったく合いませんでした。まあ、レプリカ品では良くあるケースですね。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

ですが、何故か C-More ピッチ の 03 番 MOS プレート とねじ穴の位置とねじ経が一致しており、とりあえず両者を固定することは可能でした。
※03 番、04 番 MOS プレートのダットサイト固定用ねじは M4 が適合します。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

しかしながら、サイト本体に電池をセットすると、上段画像で黄色く囲った部分のダボが電池の底面に干渉するため、これを削り落とす必要がありそうです。また、下方に大きくはみ出した M4 ねじは短くすれば良いのですが、ご覧のとおりMOS プレート後端部から筐体もはみ出しているので、前回記事のように スライドを加工しなければなりません。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

上の画像はレプリカの DOCTER サイトをとりあえず乗せただけのイメージカットです。もともと(実物)のデザインが優れているので、搭載した姿もスッキリしていてカッコイイのですが、安価なレプリカダットサイトは CO2GBB の強烈なリコイルショックに耐えられず、ダットが点灯しなくなったり、レンズが外れたりといった不幸な事態がかなりの確率で発生します。
労多くして功少なしどころか、損失多しとなりかねませんので、BG-17 に限らず、弊社 CO2GBB シリーズ にダットサイトを搭載する場合は、いわゆる実物サイトのご使用を強くお勧めいたします。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

最後に、これも上述のお医者様からお借りしました、Trijicon RMR®cc レッドドットサイト を模したレプリカ品の適合についてですが、実物でも従来の RMR サイトとはフットプリントが違うとあって、01 番から 04 番すべての MOS プレートで適合するものはありませんでした。




BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4

せっかくお借りしたので試しに乗せてみましたが、この手のダットサイトとして他に類を見ないコンパクトさは非常に魅力的ですね。レンズが小さい分、視界も狭くなっていますが、この小ささ軽さは大きなアドバンテージになると思います。まあ、実物を買おうと思ったら 10 万円くらいしちゃうんですけどね(汗)



と、ずいぶん長くなってしまいましたが、現在わかる限りのダットサイトの適合についてご紹介してみました。BG-17 オーナーの皆様に、少しでも参考にしていただけましたら幸いです。

冒頭にて書きましたように、全 4 回に渡ってお送りした MOSプレート編 はこれにて終了しまして、次回もう 1 回だけ、トリガーセーフティについての小ネタをご紹介して、BG-17 CO2GBB についての補足説明シリーズ を終えたいと思います。








BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4



BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4



BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4



BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4



BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4



BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4



BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 4





同じカテゴリー(【BATON airsoft】商品情報)の記事画像
BG-17 CO2GBB についての補足説明 トリガーセーフティ 編
BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 3
BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 2
BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 1
BG-17 CO2GBB についての補足説明 カートリッジベースカバー編
BG-17 CO2GBB についての補足説明 マガジンキャッチ編
同じカテゴリー(【BATON airsoft】商品情報)の記事
 BG-17 CO2GBB についての補足説明 トリガーセーフティ 編 (2023-03-25 06:06)
 BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 3 (2023-03-11 06:06)
 BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 2 (2023-03-04 06:06)
 BG-17 CO2GBB についての補足説明 MOSプレート編 その 1 (2023-02-25 06:06)
 BG-17 CO2GBB についての補足説明 カートリッジベースカバー編 (2023-02-19 06:06)
 BG-17 CO2GBB についての補足説明 マガジンキャッチ編 (2023-02-15 09:22)
プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading
エアソフトガン&パーツブランド BATON airsoft 、海外製エアソフトガンショップ Gunsmith BATON 、日本最大のシューティングレンジ BATON Range 、APSカップ競技銃チューニングショップ 蔵前工房舎 、オフロードバイクショップ『 Bivouac所沢 』 、電動オフロードバイク『 CAOFEN
』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 243人


PAGE TOP