「そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる !! 」 は、あながち間違いでもないかもw

例のアレ、ストックを肩に担ぐ構え方ですが、
を見ると、必ずしも間違いとは言い切れないような気もしたりしてw






…スナイパーライフルを精密射撃の立射のスタイルで構えると、ストックが思い切り上になってしまうんですよね (;^_^A 顔を垂直に立てた状態でサイティング出来るよう挙銃すると、スコープとチークパッドの関係上、この位置になるのです。



エアライフル競技、APSカップライフルクラスで使われている、下記のようなメカメカしいアルミストックは、ポジションを調整するため、ストックパッド、チークパッド等の各部がアジャスタブルになっています。






しかし、調整機構のないスナイパーライフルのストックで立射しようとすると最初の写真のようになってしまい(スナイパーライフルは基本、プローン姿勢のための形になっているのですね)、これではストックを身体にあてられないので、普通はどうするかというと、



こういうストックパッドを下にずらすカスタムパーツで対処するわけです。…なんですが、最初の写真の銃は急ごしらえだったので、とりあえず家にあるものでなんとかしようと、メガネレンチを付けてみました (^^ゞ




ストックに穴を開けて、バイク乗りの修理の友、タイラップで縛り付け、ガムテで保護しています。まあ、リコイルのないエアソフトガンですから、これでもなんとかなるわけです。





そして、この銃はなにかというと、今週末に開催される TARGET 1 スナイパーコンテスト 2017 Round 1に参戦するために急きょ形にした…


Gunsmith BATON
新次元 仮設弐号機
でーす ( ̄ー ̄)




スナコンに参戦しようと思いついたのが火曜日、水曜日にタゲワンでテストして、その夜に急ごしらえし、昨日の木曜日、もう一度タゲワンに行ってセッティングして、3日間でとりあえず形にしました。肩付けのためのメガネレンチだけでなく、グリップの角度修正サポートハンドの土台スポンジとガムテで造作してます (;^ω^)


この銃はもともとアキバ店シューティングレンジのレンタルガンで使っていた、新次元爆音スペシャルですが、もう射撃音の機構も壊れ、ストックと本体の取り付けボルト並びにマガジンキャッチを紛失し(マガジンもガムテ止めです)、流速ルーズバレル6.10エアコキ流速チューンの性能試験用として使っていたものです。



当初は APS カップライフルクラスで使っている TYPE96 流速SP でスナコンに参加しようと思ったのですが、この新次元仮設弐号機と比較テストしたら、こちらのほうが良かったのです。

TYPE96 流速SP は10m専用と割り切ってホップは極めて弱くかけているだけなので、20mだとかなり弾道が落ち安定しませんでした。こちらの新次元仮設弐号機で、ある程度ホップをかけたほうが良い結果が出ています。

20mではホップは強すぎても弱すぎてもダメで、飛距離を伸ばすためのホップ調整ではなく、弾道を安定させるためのホップ調整に苦労しました。

( …もちろん、TYPE96 流速SP でホップを調整しても結果が良くなるような気もするんですが、TYPE96 流速SP はセッティングがバッチリ決まって10mで驚異の性能が出ていますから、その神バランスを崩すホップ調整をしたくなくて、ジャンク品の新次元くんを調整した次第です (^_-)-☆ )


この結果からも、「近距離はノンホップ(もしくはホップをかけても極弱)、中・遠距離はホップをある程度かけたほうが弾道が安定するのではないか」というのが私の持論です。




BB弾は 0.30g0.38g をテストしましたが、どのホップ状態でも 0.38g のほうが結果が良かったので、やはり BLS 0.38g を使います。



セッティング完了後、20mで18発撃ってみてこんな感じ ↓




なかなか良くまとまっているとは思うのですが(オレンジの9点圏が直径4cmぐらい)、3発が8点圏にこぼれてしまっているのが気になります。フライヤーなのか、私のトリガーミスなのか…



この新次元仮設弐号機のセッティングを通じて、10m と 20m、立射と依託射撃 はかなり違うセカイであることが分かりました。APS カップとスナコンでは競技の性格が違うものですし、あらたな難しさもありますが、それもまた楽しそう! 土曜日、いろいろなテストを兼ねてチャレンジしてまいります (`・ω・́)ゝ




















  

[ E&L ] MUR Custom 外装レビュー 「日本版はフル刻印!」

「至高のAK!」で名をはせた E&L airsoft はM4 系もまた至高!…だけでなく、コスパ最強の M4 シリーズと言えるのではないでしょうか face01

そのE&LのM4最新作は、MUR Custom シリーズ。最新の M-LOK スタイルハンドガードにインナーサイレンサーを装着、そして日本版はフル刻印です!






※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから












アッパーレシーバーは VOLTER 、ロアレシーバーは AR15.COM の刻印入りです。このあたり、過去の判例で銃の模型としての再現が認められている日本ならではですね (;^_^A







カスタムされたケースディフレクターが目を引きますが、その下のセレクターにも注目。そう、E&L の M4 系はこれまでの M4A1MK18 MOD1SOPMODⅡ でもレシーバー左のセレクターインジケーターがライブだったことで分かる通り、はじめからアンビ対応のメカボ設計であり、ついに MUR Cunstom シリーズではアンビセレクターが装備されました。

そして、マガジンキャッチ回りの補強リブもぐるりとまわりこみ、誤操作を防止し剛性が高められています。






サイトは前後とも薄型の KAC タイプを採用。チャージングハンドルも肉抜きされた Raptor タイプで、メカメカしさが際立っています。







さらにマガジンキャッチもアンビ! 徹底的にカスタマイズパーツが織り込まれています。この角度から見ると、複雑な形状の VOLTOR アッパー & AR15.COM ロアーの組み合わせがよく分かるかと思います。







カスタムグリップは、パームスウェルが交換可能で、付属しているものを含め3種類からセレクトできます。M4 電動ガンのグリップはモーターが入り太くなってしまうので、こうしてセッティング可能なのは嬉しいポイントですね!







ストックは E&L M4 シリーズ共通の B5 タイプを採用。LMTタイプと違いストック内にセパレートバッテリーを収納することは出来ませんが(バッテリーはストックパイプに収納)、一回り小型のB5タイプは、精悍な雰囲気を醸し出しています。







…ご紹介が最後になりましたが、MUR Custom の特徴と言えるフロントまわり、M-LOK タイプハンドガードはシンプルかつ軽量で使い勝手に優れます。

そして、インナーサイレンサーは消音スポンジが入っていてライブです! 見た目だけかと思ったら、きちんとサイレンサーの機能を有していました。

…ただ、大きさ的に容量が小さいし、もともと炸裂音が小さい(メカボの作動音のほうが大きいぐらいの)電動ガンですので、あまり消音効果はなく、若干くぐもった音質になるぐらい (;^_^A でも効果が少なくても、きちんと作られていると思うと嬉しいですよね face02





例によって、E&L の質感は、この価格帯とは思えないほどとても高く、手にすれば間違いなく欲しくなること請け合いです!

Gunsmith BATON 八王子で MUR Custom を店頭展示しておりますので、ぜひ、店員に申し付けて触ってみてください (^_-)-☆
















  

【近距離超精度実証済】 一部でブレイク中の 0.38g 弾 大量入荷!

発売以来、蔵前近辺をはじめ極一部ユーザーでブレイク中、近距離(10m以内)での超精度を実証した 0.38g BB弾が本日大量再入荷です!





Gun Shop BATON では、振込・代引きでの5%ポイントはありませんが5000円以上お買い上げで全国送料無料なので、0.38g弾 も3 袋以上ご購入で送料無料! まとめ買いなら Gun Shop BATON からの購入がお得です!



こんなに重くては飛距離は出ないし、プラスチック弾だからアウトドアフィールドでは使えません。インドアフィールドであっても BB 弾の 0.20g 以下と規定しているところが多いですし、個人的にもこんな重い弾に当たったら痛いのでインドアでも使ってほしくはないわけであり、この 0.38g 弾はサバゲには使えませんと断言しておきます。

シューテイングマッチにおいても、0.01秒を競うスピードマッチ( JSC 系)では、弾速が遅すぎて 0.38g なんて使う人はいないでしょう(普通は 0.20g BB弾を使います)。

精度を競うシューティングマッチでも、APS カップ ハンドガンクラスでは、距離間での弾道の低下が大きすぎて使えません。(※ブルズアイの 5m でゼロインすると、10m では 3cm 以上落ちました。これでは3cm角のターゲットであるシルエット競技では10mでターゲットの上 1.5cm 以上の何もない空中を狙わなければならず、非現実的なので、私もハンドガンでは使っていません)



というわけで 0.38g 弾は、精度を競う競技で、しかも一定の距離を撃つ競技APS カップ ライフルクラス限定で素晴らしいBB弾と思っていました。

正直、0.38g 弾はこの限られたユーザー層にしか売れないだろうと思ってましたが(ライフルクラスの競技人口は相当少ないでしょうね、本大会に出てくるのも 80~90 人ぐらいだし…)、私がこの非常に数少ないユーザー層の一人なので、自分が撃つ弾の兵站に困らないよう公私混同でいっぱい仕入れているわけです face03





…ところが先日、三重県のある方が 0.38g を通販でご購入していらっしゃいました。個人名の公開は避けますが (^^ゞ 、 あの方が 0.38g を買うなら JANPSかPMC 以外に使い道ないはず……

「そっか、0.38g は JANPS / PMC でも良いかもしれない!と私も気づきました ( ̄ー ̄)ニヤリ

追記
JANPSはBB弾の重量が0.30gまでというレギュレーションがありましたので、0.38g弾はJANPSでは使えませんでした <(_ _)>


まず、0.38g という重さでプレイトにかすってもなぎ倒してくれることでしょう!(精度重視とプレイト倒しのために、私ももともと JANPS / PMC には 0.28g を使っていました)

私は JANPS / PMC は7m でゼロインするし、ターゲットペーパー / プレイトが大きいから狙点を変えても問題ないし、下記のように図を描いて考えたら、弾道の低下が大きくても、4-8m の狙点のずらし方は 0.28g でも 0.38g でも、きっとそれほど変わらないですね!





0.38g で問題となるのは、弾速の遅さによるムーバーでのリードの多さですけど、ガスガンより遥かに初速の低い電動ハンドガンで高いスコアを出している人もいるわけだし、スティックシフトの設定を変えれば済む話ですしね (^_-)-☆



ってなわけで、私は今年の JANPS / PMC は0.38g で行こうと思います。なんとしても良い成績を出して、BLS の優秀さを証明したいところですが、こちらはシューターである私のテクニック的に難しいので、成績はともかくデータを収集していきたいと思います (;^_^A















  

悪そうな奴はだいたい 56-1式 (;^ω^)

「中国生まれ Norinco育ち 悪そなヤツは だいたい使ってる」な、56-1式あります!face03










どうも中国製ということで安物・使い捨てなイメージの56-1式ですが (;^ω^)  エアガンとしてはReal Sword 製でさすがの品質、末永くご使用いただける一生モノですのでご安心ください face01



プレス製フォールディングストックも堅牢そのもの(※)。この形の下から回すフォールディングストックはAKS系で様々な会社から電動ガン・ガスガンでモデルアップされていますが、ここまで強度のあるストックはRSだけです。

※ストックパッドのガタもゼロで展開がきついぐらいですが、ストック基部はカタカタと少しガタがあります。昔、「ガタがあるんですけど?」とRSに聞いてみたら、「実銃の56-1式のストックもガタがあるからです」との返答をいただきました。RSはすべてがRealです (;゚Д゚)



また、56式と違い、56-1式には銃剣がなくフロントまわりは普通の形ですので、様々なスタイルにも違和感なくフィットします。56-1式は56式シリーズのなかで一番ベーシックなスタイルと言えるかもしれませんね (^^)/













※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから
















  

【実銃にも使えた!】 [ PLAN BETA ] I.C.U. TACTICAM 2.0 再入荷!

お待たせしました! エアガン専用設計のアクションカム、 [ PLAN BETA ] I.C.U. TACTICAM 2.0 が再入荷です!


I.C.U. TACTICAMはエアガン用設計なのですけど、ぶわかもの組のみなさんが、イチローさんのとことで P226 SAO に付けてテスト撮影してくれました!






ばっちりとリコイルの跳ね上がりが映っていて、音もしっかり録音されています! リアクションターゲットであるプレイトは、倒れていく(&外す(^-^; )動きが分かりやすくて動画向きですねface05



動画でちらりと言っていますが、この撮影の前に まう@東大阪さんが、I.C.U. TACTICAMに耐振動補強を施してくれています。








内部の外れやすそうな配線や基盤をエポキシで補強し、隙間にスポンジや絶縁フィルムを挿入してあります。ただ、この動画を見たPLAN BETAの人が、「凄い!こちらも試しにやってみる!」ということでアメリカーのディーラーでグロックに装着してテストしてみたところ、耐振動補強をしなくても壊れなかったそうです。



もちろんエアガン用設計ですので実銃に取り付けたときの保証はないのですが、海外に実銃射撃に行く方も I.C.U. TACTICAM での撮影いかがでしょうか? (^_-)-☆





[ PLAN BETA ]
I.C.U. TACTICAM 2.0 [ HD720p ]



























  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 155人
PAGE TOP