桑田商会&蔵前公房舎受け入れ準備レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのニシヤンです。

連日コロナウィルス関連の暗いニュースが続いておりますが、読者の皆様に置かれましてはお変わりありませんでしょうか。
現状の1日も早い終息を願ってやまないです。

また弊社も4月末まで BATON Range 並びに Gunsmith BATON の店頭販売とレンジのご利用を臨時休業させていただいております。

臨時休業の期間は4月4日()~ 4月30日(木)となります。
皆様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。



さて、去る3月2日の当ブログ記事にて発表しましたので、ご周知のことかと存じますが、桑田商会&蔵前公房舎が弊社社屋に移転することとなりました。

Gunsmith BATON & 蔵前公房舎(桑田さん)でチューナーが増え、また、事務方もバトンと桑田商会の両スタッフが事務所棟に入ることとなり、手狭になるので、現在、事務所棟1Fのチューナースペースを倉庫へと引越しすることに決定。

弊社倉庫の一角をチューナースペースとするべく、照明、コンセント類の増設工事・エアコンの設置等を外部業者様に依頼し、4月2日に電気工事を行いました。



上の画像は、狭い場所に電線を通ししているところです。
細い銅線とは言え、纏まると非常に重たく、引き回すのが大変なのですが、さすがはプロ。
難なく慣れた手つきでどんどん配線作業を行っていきます。



新規に配電盤が設置されました。
倉庫全体の照明と、チューナースペースの電気回路を分け、不必要なところの照明等の電源を切ることができます。



こちらは検電の様子です。
今回の工事で多数コンセントボックスを設置を行い、チューナー1人に対しコンセントボックス1か所が行きわたるようになりました。

コンセントボックスは若干高い位置に配置しており、エアガン調整等に使われる電動工具等の電源が容易に取れる様になるはずです。



チューナーが作業する場所の照明は、蛍光灯から電力消費量の少ないLEDに変更いたしました。
大変明るく、エアガン調整等の作業する際、手元まで光が届き、細かいものが見やすくなると思われます。



上の写真は弊社代表のバットン・オオツカが去年の9月ごろ撮った、八王子店から引っ越してきた間もないころの倉庫内の俯瞰の写真です。
商品もまだ疎らで、2階部分になっている所には商品の影も形も見えません。



上の写真は小生が電気工事当日の4月2日に撮った写真です。
ちょっと左寄りですが、同じ場所から撮影しました。
奥の左手側1階部分がチューナースペースとなります。

昨年9月ごろの写真に比べ、明らかに光量が増えていてLED照明の恩恵を受けてるのが解ります。
また2階部分にも商品が置かれ、ネステナーも2段に組まれて、かなり物流倉庫っぽくなってきました。



電気工事は当初2日間の日程を組んでいたのですが、工事業者様の作業が早く、この日だけで施工がすべて完了しました。
ザ・プロフェッショナルという感じでカッコ良かったです!

さてさて、上の画像中、四角い赤で括ったのはH鋼の柱です。

このH鋼の柱は天井と溶接等で繋がっておらず、支えにもなっていない単なる「そびえ立つH鋼」だったのです。

「天井を支えていないし、邪魔だから撤去しよう。」

という事で、業者を手配しようとしたのですが、弊社スタッフの中から

「うちの会社にあるグラインダーで切れる!」
「基部のコンクリはタガネとハンマーで解体できる!」


という声が出まして、自分たちで作業を行うことになりました。



基部のコンクリをタガネとハンマーで崩す風の小生です。
ハンマーとタガネを握る手が慣れない感じで素人丸出しですね。

粉塵が舞うのと、破片が飛んでくることを考慮し、アイウェアとマスクを着用して作業に挑もうとしましたが、他のスタッフが難なく解体してしまいました。



鮮やかなディスクグラインダーさばきで鉄骨を解体していく弊社スタッフヤマグチ。

H鋼の柱に余計なアングルがついているので撤去している所です。
意外に溶接部が固く、ディスクグラインダーの刃が見る見るうちに削れていき、小さくなっていきます。



H鋼の基部が解体され、残った部分を平らにしている所です。
足元に突起が出てると、躓いたりする原因となるので、安全を確保する作業になります。



床に残った穴に砂利を敷き、嵩増しを行います。
セメントで硬い砂利を動かなくすることで強度も確保されます。



きれいにコンクリが打たれました。
これが固まると平らな床が確保され、「そびえ立つH鋼」のあった場所が有益なスペースに変化します。



倉庫のチューナースペース製作にはまだまだ必要な工程が多く、これからも作業は続きますが、今回のレポートはここまでです。

今後の作業の様子もお送りする予定ですので、よろしければご覧くださいますようお願い申し上げます。
最後までお読みいただきありがとうございました!















4月末まで BATON Range ・ Gunsmith BATON 店頭販売 を臨時休業致します

平素より BATON Range 並びに Gunsmith BATON をご利用いただき誠にありがとうございます。

急ではございますが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受けまして、当店では BATON Range並びにGunsmith BATON 店頭販売の臨時休業を決定いたしました。皆様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。








【 BATON Range / Gunsmith BATON 店頭販売 臨時休業期間 】
4月 4日(土)~ 4月30日(木)




・臨時休業期間中、BATON Range はご利用いただけません。
・BATON Range 会員の方は4月分の会費はすでにご請求済ですので、 4月13日課金の5月分会費を無料とさせていただきます。また、退会ご希望の場合は、4月分会費をご返金させていただきますので、お手数ですがご連絡いただければ幸いです。




・臨時休業期間中、Gunsmith BATON にはご来店いただけません。チューニングお持ち込み・ご購入商品お引き取りも出来ません。
Gunsmith BATON 通販は通常通り営業致しております。
・Gunsmith BATON 通販の店頭引き取りは受注を一時停止しておりますので、発送でご注文下さい。
・すでに店頭引き取りで受注されているお客様は送料・代引き手数料無料で発送も可能です。のちほど対応方法お伺いのご連絡をさせていただきます。
















CHEYTAC M200 CO2 ライブカート ( 8mm BB )電撃入荷!

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

タイトルまたはサムネをご覧になって、ビックリした方もいらっしゃるでしょう。
このほど、[ SVOBODA ] CHEYTAC M200 CO2 ライブカート ( 8mm BB )が少量入荷いたしました。



発注から今回の入荷まで、実に2年もの月日がかかりましたので、おそらく今回が最初で最後の入荷になるでしょう。

CHEYTAC M200 と言えば、「ザ・シューター/極大射程」映画版 劇中、伝説の狙撃手ボブ・リー・スワガーが使用したことで、一躍有名になったライフルですね。



私デイヴ金子は、極大射程の原作小説が大好きで何度も読み返しておりますが、こちらにCHEYTAC M200は登場いたしません。
しかしながら、映画版に勝るとも劣らない、最高に面白い小説なので、未見の方には是非ともご一読いただきたいですね~。

実銃のCHEYTAC M200は、Cheyenne Tactical社が開発、製造した長距離狙撃銃で、正式名称はM200 Intervention と呼ぶそうです。

使用する弾丸は、メーカーが独自開発した専用弾の408 Chey Tac弾で、2,000m超の狙撃が可能であると謳われている凄い弾丸です。
実際、かのSASスナイパーが2,400mからの狙撃に成功したという公式記録があるそうですからね。

ちなみに、「CHEYTAC」の正しい発音が「チェイタック」なのか「シャイタック」なのかについて、海外の動画を見ても両方の発音が聴きとれるため混乱するばかりなのですが、メーカー名である「Cheyenne Tactical」の Cheyenne の発音記号が ʃɑɪˈæn なので、日本語読みとしては「シャイアン」
「シャイアンタクティカル」を略して「シャイタック」で間違いは無いと思います。

と、いつになく前置きが長くなってしまいましたが、肝心の製品を細かくご紹介して参りましょう。
まずはその全景をご覧くださいませ。



いかがでしょうかこの威容! ボルトアクションエアーガンとしては文句なく最大級の製品です。
その全長は5段階調整ストックの最短時でも1,189mm、最長時で1,366mmというビッグサイズで、その重量も本体のみで8,950gという規格外の重さを誇ります。

よほど特殊な状況でない限り、スナイパーライフルを立射することはまずありませんが、もはや人間が立って構えられる大きさと重さではありません。
実銃の方も、単体での重量が約14kgといいますから、自重約13kgのバレットM82A1よりも重いわけで、2,000m級の狙撃を可能にするためには、これだけの発射台が必要になるのでしょうね~。

それでは、いつも通り銃口側から細かく見て参りましょう。



極太アウターバレルの先端に装着されたPGRS-1 マズルブレーキは贅沢なスチール削り出しで、実物の形状をリアルに再現しています。
取付方法は逆ネジですが、アウターバレルに合わせてネジ部分も太いので、汎用性はありません。



フルートが入ったアウターバレルは外径が31mmというド迫力サイズで、それを包むバレルジャケットも外径54mmという立派なモノです。
バイポッド基部はダイキャストパーツのようですが、9kgを超える全備重量を吊り下げるに充分な剛性が確保されています。



一見細身のバイポッドですが、頑強に造られたスチール製で、強度的な不安は微塵も感じられません。
上の画像は最短の状態を写したものでして・・・



こちらがバイポッドを最長にした状態で、10段階の長さ調整が可能となっています。
超長距離射撃を行うためには、かなりの仰角をとる必要がありそうですから、これだけ伸ばせる作りになっているのでしょうね。



バレル基部の下には、樹脂製のキャリングハンドルがガッチリと固定されています。
形状から見て、本体を逆さまにして持つのかな~と思って調べましたところ・・・



CHEYTAC USA のサイトに上の画像がありましたので、やはり逆さにして運用するのが正解のようですね。



バレル基部付近のレシーバー側に見える円柱状の突起は、バレルユニットの回転止めラッチを開放するためのレバーで、レシーバー左右両側に突き出しています。
このレバーを後方(ストック側)に引くことで、バレルの取り外しが可能となるわけですね。



こちらはレシーバー左側面、後方からの画像です。
必要最低限の機能が凝縮された、なんとも美しい眺めではありませんか。



深く刻まれたマーキングは、正規ライセンス品ならではのリアル刻印です。
SER. # から始まる5桁の番号は、製品ごとに異なる固有のシリアルナンバーになっています。



E.D.M. ARMS と刻印が入ったレバーは、レシーバーからボルトを引き抜くための開放レバー。
その下に見える、PUSH と浮彫された突起は、ストックのリリースボタンです。



レシーバー右側面を真横から。
こうして見ると、レシーバー本体に対するマガジンの巨大さに驚かされますが、大型のレシーバーとマガジンに対し、グリップが通常のARサイズであることで、このライフルの異様なサイズ感がおわかりいただけると思います。



レシーバー上面は、25スロットのレールマウントになっています。
2,000m超の長距離射撃を可能にするためには、それなりに長い高倍率スコープが必要になりますから、これもまた必然のサイズなわけですね。
それにしてもエジェクションポートの前後に長い事といったら!



ストレートタイプのボルトハンドルは、その基部も含めてスチール製で、どんなにラフな扱いをしても折れたり曲がったりという心配はありません。
もっともエアーコッキング式では無いので、ボルトは軽々と引くことが出来ます。

ボルトハンドルの前方に見えるレバーはマニュアルセーフティで、後退位置でトリガーがロックされ、前に倒すと撃発可能となります。


コッキングの際は、画像の位置までボルトが後退します。
マガジンの前後幅分引かなければならいないので、必然的にこうなりますよね。
このため、ストックを画像の位置まで伸ばしていないと、コッキングすることが出来ない作りになっています。



ボルトを引いた際にエジェクションポートから除く、マガジンリップに加えられた金色のカートリッジ。
そしてボルトフェイスに見える、実銃同様の構造を持ったエキストラクターとエジェクター。
ライブカート式ならではのこの眺めが、マニア心をくすぐるんですよね~。

※尚、カートリッジはアルミ製で、美しいアルマイト処理が施されていますが、マガジンに装填し、チャンバーに送り込んだ時点で派手な傷がついてしまいます。
同様に、レシーバー内面とボルト表面にも長い擦り傷が必ず入ります。

ご注文いただいた際には、試射を含めた動作チェックをもれなく行いますので、銃とカートリッジに上記の傷が入ることは、予めご了承のほどをお願いいたします。




先にも触れましたが、グリップは一般的なAR15サイズの物が採用されています。
トリガーガードとトリガーも含め、この画像だけ見ると巨大なライフルとは思えませんよね。

ちなみに、正規ライセンス取得によるリアルサイズとのことなので、もしやと思って確認したところ、VIPER TECH製AR15系CO2GBBのグリップがポン付け出来ました。
つまり、実物サイズのグリップが装着可能ということですね~。
ただし、VIPER TECH製品と同じく固定用のボルトがミリ規格では無いので、交換にはインチ規格の長い六角レンチが必要になります。



銃本体をひっくり返して撮っていますが、肉厚のスチール製マガジンリリースレバーはAKやFALに代表されるタイプで、大きくて重いマガジンを確実にロックする作りになっています。



5ポジションの調整が可能なワイヤータイプのストックは、ご覧のようにモノポッド(エレベーションフット)を備えています。
これはプローンやレストしての射撃時に、バットストックを支えて安定させるためのもので、ヘビー級ライフルのM200に無くてはならない装備です。



このモノポッドは画像のように跳ね上げることでストック内部に収納することが出来ます。



こちらは収納時の様子ですね。
展開する際は、軸部分のノブを回して緩め、モノポッドを上に持ち上げてロックを解き、前方に振り出す仕組みです。



バットプレート部分は分厚い硬質ゴムで作られており、適度な弾力と充分な滑り止め効果を発揮してくれます。
撮影のために外したこのストック、試しに重さを測ってみたら、1,650gもありました(汗)



そしてこちらは、専用カート5発を装填したCHEYTAC M200 CO2 専用マガジンです。
ライブカート式であるが故に、マガジンの構造は実物そのもので、カートリッジを1発ずつ装填するというロマン溢れる体験が楽しめます。

装弾数は7発なのですが、5発を装填した時点でかなりスプリングが固くなり、残り2発がなかなか上手く入らない・・・といった、これも実銃通りの体験をさせてくれるんですよね~。
ちなみに、この状態での重さは885gという、ちょっとしたハンドガン並みの重量となっております。



参考までに、VIPER TECH製のM4 CO2GBB用CO2マガジンと並べてみましたが、もはや笑うしかない、馬鹿馬鹿しいほどのサイズ差でした(汗)



そしてこちらは、408CHEYTAC弾を模して作られたM200専用カートです。
おそらくはアルミ製で、表面には金色の美しいアルマイト加工が施されています。
1発あたりの重さはおよそ32g、全長は77mmで、リム部分の直径は16mmと、実弾のケースのサイズにかなり寄せて作られていますね。



ご覧のように、底部には実弾と同じく 408CHEYTAC JAMISON との刻印が入っています。
「JAMISON」というのは、この弾薬を製造している Jamison International の社名のようです。


ちなみに、マガジンの本体への挿入方法がちょっと特殊なので、以下に順を追ってご説明してみますね。



まずはマガジンリリースレバーの基部に沿わせる形で、マガジンをまっすぐ上に挿し込みます。



マガジンリップが見えなくなったあたりで、マガジンを画像のように後ろに傾け、黄色い円内にあるマガジンハウジング内側前面の窪みに、マガジン前面の突起を合わせます。



しかる後、マガジン底部を後方に振る形で傾ければ、黄色い円で囲った位置でリリースレバーがかかって、マガジン装着完了となります。

写真でかえってややこしくなった気がしますが(汗)、平たく言えばAK系ライフルと同じ要領ですね。



ボルトハンドルを起こしてガシッと引くと、金色の空ケースが勢い良く弾き出されるこの感動!!
ライブカート式のボルトアクションライフルは、鉄砲のオモチャで遊ぶことの楽しさを改めて教えてくれます。



最後にCO2 12gカートリッジの装填方法をご説明いたしましょう。

まずは、先にも触れた開放レバーを引き起こしつつ、ボルトハンドルを起こして、ボルト一式をレシーバーから抜き取ります。



次に、ボルト前方の裏表両面に見える2.5mmのイモネジを2本とも外します。

すると、ボルトヘッドと繋がったガスタンクアッセンブリーが、ボルトからずるりと抜き出せます。
このアッセンブリーが言わば、M200の心臓部ですね。



次に、ガスタンクアッセンブリー後方(ボルトハンドル側)のフタを外して・・・



CO2 12gカートリッジを先端側(細くなっている方)からガスタンクに挿入し、先に外したフタを一気に閉め込みます。
このあたりの要領は、CO2GBBハンドガンをお持ちの方ならおわかりですよね。



CO2 12gカートリッジを装填したガスタンクアッセンブリーをボルトに戻し、イモネジでしっかり固定すれば、パワーソースの準備は完了です。
尚この際、ボルトヘッドとボルトハンドルの向きに注意してください。
エキストラクター(カートのリムを加える金属の爪)がボルトハンドル側に来るように組み付けないと、カートがエジェクトされませんからね。

こうして見るボルトアッシーは表面の旋条フルート含め、非常にリアルな外観を持っていますが、上述の通りガスタンクを内蔵した「ただの筒」なので、トイガンとしての安全性はバッチリですね。



さて、気になる実射性能についてですが、CO2 12gカートリッジ1本で発射可能な弾数は70発前後。
0.4g8mmBB弾使用時の初速は、70m/s~80m/s程度で、上画像の位置にあるホップ調整ネジを締め込んで行ったところ、8mmBB弾を30m先のターゲットまで飛ばせることが確認出来ました。

ただ、この実射テストはあの大雪が降った3月29日に、極寒の弊社倉庫で行ったため、あまり参考にならないと思われます。
もっとも、気温10℃以下の状況でこれだけ撃てるのですから、もっと温かくなればまた違う結果が出るでしょうね。



ご紹介が遅れましたが、今回 CHEYTAC M200 CO2 専用サプレッサーも同時入荷しております。
これまたサプレッサーとしては規格外のサイズで、その全長は305mm、直径50mm、重さはなんと1.3kg! もはやサプレッサーというより鈍器といった風情でございますよ(汗)



M200アウターバレルへの装着は、上述したような逆ネジによる固定になりますが、ネジ部分が太く、肉厚もあるため、この重さのサプレッサーを取り付けているというのに、ガタつきや歪み等は一切生じません。
しかし、サプレッサー装着時の全長は1,600mmに達するわけで、それって大人の身長に匹敵するサイズですよね?
まったく、凄いエアガンがあったものだと関心するばかりでございますね~。

以上、この度電撃入荷しました、[ SVOBODA ] CHEYTAC M200 CO2 ライブカート ( 8mm BB )のレポートでした。

何しろ 198,000円(税込)という高額商品ですから、その魅力を出来る限り詳しくお伝えしようと思ったら、想定した以上に長いレポートになってしまいました(汗)

冒頭でも述べました通り、おそらく弊社では二度と入荷しないと思われる製品です。

ずっと探していたという貴方も、ひと目惚れしてしまったという貴方も、くれぐれもこの機会を見逃さぬようにお願いいたします!





















[ PUFF DINO ]CO2 12g カートリッジ 6本セット 638円















  

【BATON Range】 4月12日まで月例会中止

いつも BATON Range をご愛顧いただき誠にありがとうございます。コロナウィルス対策として 4 月 12 日(日)まで週末の月例会は中止させていただきます。

レンジは営業しておりますので、通常通り個別練習は可能ですが、体調の優れない方のご来店はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

今後とも BATON Range をよろしくお願い致します。













  

BM-9 CO2GBB ピストン内スプリングの組付け方法について

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

以前当ブログにて公開しました、BM-9 CO2GBB 改良パーツ組み込み方法 の記事中にて、セカンドロット改良版シリンダーASSY内の 引きバネ の端に、CA止め輪 を適切な向きでひっかける旨をご紹介しました。

しかしながら、読み返してみるにご説明が不足しているように思えましたので、今回その部分の補足として、CA止め輪の正しい向きについてを詳しくご紹介したいと思います。



上の画像は、ピストンまわりの各パーツ名称を整理したものです。
今回はスプリング(引きバネ)止め輪(CA止め輪)にテーマを絞って解説いたします。



止め輪を平らな場所に置いて、良~く観察していただくと、中央に向かう3枚の爪が一方向に曲げられているのがおわかりいただけると思います。

便宜上、上の画像の状態を 「表面」 とします。



そして下の画像の状態を、 「裏面」 とします。

それぞれの画像中に描きこんだように、表面がブローバックハウジング側に裏面がピストン側になるように、スプリングをセットすることになります。 



上の説明通りにスプリングをセットした状態がこちらです。
短く突き出したスプリング先端に対し、3枚の爪が上に向かって曲げられているのが正解です。
この状態でスプリングを下に引っ張っても、爪に引っかかって抜けないのがわかりますよね。



対して、誤った組付け方がこちらです。
これでは、スプリングを下に引っ張ったら抜けてしまいますよね。
このスプリングは、ブローバックの度にピストン側に勢いよく引っ張られますので、この止め輪の向きが非常に重要になるのです。



上のように、正しい向きで止め輪を組付けたら、ピストン中央の穴にスプリングを通します。
ここから先は、こちらでご紹介した手順通りに組付けを進めてくださいませ。



もう1点、セカンドロット改良版シリンダーASSYに同梱されている、「黒くて丸いスポンジ」 について。

これは先の記事にも追記しましたが、ファーストロットで使われていたОリングの代わりにパッキンの役目を果たすパーツです。



スプリングを通したピストンの後ろ側の窪みに、スポンジを押し込んでください。
この状態でブローバックハウジングに押し付けても、問題なく固定用のピンを通すことが出来ます。


以上、セカンドロット改良版シリンダーASSYに同梱されている 「バネ」「止め輪」 の組付け方法についての補足説明でした。

他にも改良版パーツの組み込みでわからないところ等がありましたら、どうかお気軽にお問合せくださいませ。












  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP