ハイパー道楽に 『 M45A1 CO2GBB レビュー 』 が掲載!

日本最大のエアソフトガンレビューサイト 『 ハイパー道楽 』 さんに、[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBB のレビューが掲載されました!






ガスガンですが撮影時は真冬…(;^_^A 気温 11 ℃ での 実射動画 も掲載されていますので、みなさまも M45A1 CO2GBB低温性能 をご検証いただければ幸いです。









































  

[ King Arms ] PDW 9mm SBR M-LOK レビュー

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

本日は先ごろ入荷しました話題の新製品、[ King Arms ] PDW 9mm SBR M-LOKの魅力を、軽くレポートしてみたいと思います。

当ブログでレビューを書くのも久しぶりなので、ちょっと緊張しちゃいますね~(汗)





トイガン界隈でも近頃人気を博している、いわゆるAR-15ベースの9mmカービンですが、銃の本場アメリカでも注目を集めているようですね。

皆様ご存知の223(5.56mm)弾は威力が強すぎて、壁を抜けた弾が隣のお宅の壁まで抜いてしまうため、ホームディフェンス用としては扱いが難しいとのこと。

そこで、世界一使い勝手に優れたAR-15シリーズのインターフェイスをそのままに、適切なパワーの拳銃弾を使えるように作られた9mmカービンが受けているということだそうです。

もはや時代遅れと言われつつあったMP5等のSMGが、何年か前から法執行機関で再評価され始めていたのが、民間に下りてきた感じでしょうかね。






と、長い前置きはこれくらいにして、King ArmsさんのPDW 9mm SBR M-LOKを見てみましょう。

見るからに取り回し易そうなその全長は、ストック短縮時で約630mm、伸長時で720mmというコンパクトサイズで、PDW(Personal Defense Weapon)という名称を体現しています。

また、上下レシーバーは高強度ナイロンファイバー製で、充分な剛性を確保しながら、本体重量 1,975g (マガジン、バッテリー無し)という軽さを実現。

前方に湾曲したバナナマガジンが、何となく安心させてくれるような雰囲気を醸し出していると思うのは、きっと私だけではありませんよね。





M-ROCK規格のアルミハンドガードは6インチサイズで、下面に9スロットの、両側面に5スロットの樹脂製レールマウントがそれぞれ標準装備されています。

オリジナルデザインの樹脂製マズルアダプターは14mm逆ネジ仕様。
内径6.05mm(メーカー公称)の真鍮製インナーバレルは、アウターバレルの先端ギリギリに収まっているので、お好みのハイダー等に付け替えて楽しむのも良いですね。

ちなみにSBRというのは、Short Barreled Rifleの略称です。

TROYを模したフリップアップ式フロントサイトも樹脂製ですが、しっかりした作りで実用性に問題は無く、表面の艶消し加工も相まって、樹脂製とは思えない仕上がりです。





アッパーレシーバーはAR-15そのままのサイズですが、エジェクションポート後半部が硬質ゴムのケースディフレクターで塞がれ、それに合わせてダストカバーも短くなっています

エアガンとしての機能にはまったく関係の無い部分ですが、マニア心をくすぐる、なんとも心憎い演出ですよね。

マガジンの着脱は、AR-15準拠のリリースボタンと、MP5に似たリリースレバーが連動しており、二通りのリローディングが楽しめます。

尚、マガジンは樹脂製で、スプリングタイプの100連なのですが、当店で扱っておりましたICS製MP5シリーズ用多弾マガジンを試したところ、着脱とBB弾の発射ともに、問題なく使うことが出来ました。

ということは、おそらく東京マルイ製のMP5用マガジンも互換で ( ICS と東京マルイ MP5 マガジンは互換性あり ) 、ドラムマガジンなんかも使えるハズ・・・。

未確認なので何とも言えませんが、その可能性は非常に高いと思いますです。





レシーバー左側面、マガジンハウジングにはKING ARMSのロゴマークが誇らしげに刻まれており、その横にはちょっと異質な感じのする長いマグキャッチと、ワイドタイプのボルトリリースボタンが並びます。
ボルトリリースボタンはダミーですが、ちゃんと金属製の別パーツになっていて、カタカタ動くのが良いですね。

オリジナルデザインのセレクターレバーも金属製で、操作性は良好。
セーフ、セミオート、フルオートを示すピクトグラムの左上には、Airsoft Electric Rifle MADE IN TAIWANとの刻印が入っています。

画像だとストックのワイヤーが被って見えますが、操作に大きな影響はありませんし、撃つ時はストックを伸ばしちゃいますからね。





ケースディフレクターの凝った形状が良くわかるアングルですが、エジェクションポート回りの密度感が何とも言えずカッコいいですよね。

やはりTORYを模したフリップアップ式リアサイトですが、ピープサイトの遠近切り替えはもちろんのこと、左右調整のダイヤルがちゃんとクリックストップするという本格派です。

前後サイトともに樹脂製ですので、サバゲでガツガツぶつけるような使い方にはちょっと辛いと思いますが、室内撃ちで楽しむなら、問題ないどころか、これ以上必要ないくらいの立派なサイトだと思いますね。





上品な滑り止めモールドの入ったモーター内蔵グリップは、厚みの違うリアストラップ3種類と、フィンガーチャンネルの有無が異なるフロントストラップ2種を自由に付け替えることが可能という豪華仕様。

トリガーも、もはやカスタムARの定番ともいえるストレートタイプを標準装備し、指に心地よいトリガーフィールを実現しています。





最早お馴染みとなった感のあるワイヤータイプのスライドストックですが、16.5mm刻みで7段階の長さ調整が可能というのは、この製品ならではのセールスポイントでしょう。

身長173cmの私デイヴ金子は、3段階ほど伸ばしたところがベストポジションですが、体格に応じて細かく調整出来るのはうれしい限りですね。

また、左側ワイヤー部の先端には、抜け止めのストッパーが設けられているので、長さの調整時にストックがすっぽ抜けるようなことが起きないのも、大きな魅力のひとつです。





バッファーチューブ内のバッテリースペースは、およそ145mmの深さがあるため、容量大きめのバッテリーが収納出来るのが嬉しいところ。

弊社取り扱い中の[ BATON airsoft ] 電動ガン用リポバッテリーでしたら、

電動ガン用リポバッテリー7.4v900mAh [ 30C - 20C ] (スティック) [PSE]
電動ガン用リポバッテリーE 7.4v1100mAh [ 40C - 20C ] ショートスティック
電動ガン用リポバッテリーE 7.4v1300mAh [ 40C - 20C ] スティック
電動ガン用リポバッテリーE 7.4v1500mAh [ 40C - 25C ] ミニ互換

以上の4種類がご利用いただけます。
このサイズの電動ガンで、7.4v1500mAhという大容量バッテリーが使えるというのは良いですね!







あらゆるエアガンユーザーにお勧め出来る、[ King Arms ] PDW 9mm SBR M-LOK

是非ともご検討くださいませ!













  

M45A1 CO2BB のメンテナンス / ブローバックが弱くなったら

[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBB のメンテナンスについてご質問をいただきました。

インナーバレルやホップアップパッキンの掃除等は普通のエアソフトガンと変わりませんが、CO2 ガスハンドガン として必要なメンテナンスに、ブローバックハウジング ( ブリーチ ) & シャーシ への注油 があります。





[ APS ] DRAGONFLY シリーズでもそうでしたが、CO2 ガスガンはブローバックが激しいため金属部分の摩耗が早く、摩耗が進むといずれブローバックハウジングとシャーシのかみ合わせがガタガタになり スライドの動きが悪くなります

こうなるとパーツ交換しかないので、摩耗を防ぐために [ BATON airsoft ] Gun Oil 5-7 等、プラスチックを侵さない潤滑油 を塗布し、油分を切らさないようご注意ください。

シリコンスプレーでは金属同士の潤滑油には適しません。シリコンスプレーは 「 素材の表面にシリコーン皮膜を形成し、すべりをよくする潤滑スプレー 」であり ( ※ KURE のシリコンスプレー解説ページはこちら。5-56 は プラスチックを侵食するのでエアソフトガンには不可です ) 、プラスチック部品や木製部品には良いのですが、強く摩擦する金属部品の潤滑には不向きです。





また、トラブルとして[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBBブローバックが弱くなったと感じたらシリンダーが割れていないか確認 してください。


これも、[ APS ] DRAGONFLY シリーズで起こったトラブルですが、シリンダーが損傷して割れると 初速が落ちなくてもブローバックが弱くなります



なので、CO2GBB で 「スライドの動きが悪くなったらブローバックハウジングの摩耗」「ブローバックが弱くなったらシリンダーの破損」を確認していただければ幸いです。ご不明点等ございましたら、お気軽に Gunsmith BATON にお問い合わせ下さい。















  

HERA ARMS は 4 月上旬入荷予定、通常オーダーもお時間がかかります

[ ICS ] HERA ARMS CQR は大変なご好評をいただき誠にありがとうございます。ファーストロットの当店入荷分は早々に ご予約で完売 してしまいました <(_ _)>

このファーストロットは、当初 3月下旬入荷予定でしたが、昨日、ICSさんに状況を問い合わせたところ、日本バージョンの生産は少し遅れて先週金曜日に完了、そして今週、輸送船に積載予定とのことです。 ICS の荷物が入港する港はいつも通関に時間がかかるので 、おそらく ICS JAPAN からの日本国内出荷は 4月上旬 になると思われます。 ※ 銀行・ゆうちょ振り込みのお客様には 4月頭にご入金依頼の案内をメールさせていただく予定です。



HERA ARMS CQR 入荷後、ご予約順に出荷していきますが、かなりの丁数になりますので、お時間がかかります。初速・動作確認のみの Gun Shop BATON のご予約は入荷後、1 ~ 2 日で全数出荷できると思われますが、全丁・メカボを明けて調整する Gunsmith BATON のご予約は、商品入荷後、全ご予約の出荷まで 3 ~ 4 週間はかかる のではないかと予想されます。お時間がかかってしまい申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです <(_ _)>



また、HERA ARMS のご予約は2月中で、通常オーダーより製作が優先されますので、3月下旬以降、通常オーダーの製作待ちが 6 ~ 7 週間 と伸びることとなります( HERA ARMS 入荷予定日の 2 週間前以降、製作待ちを 7 週間に伸ばします)。Gunsmith BATON販売の 調整済・保証付エアソフトガン持ち込みチューニング をお考えのお客様は、HERA ARMS が製作順に組み込まれる前の 3 月下旬までのオーダー をお勧めいたします <(_ _)>





[ ICS ] HERA ARMS CQR ( ブローバック )
4 月上旬発売予定 ( ファーストロットは予約完売





























  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 162人
PAGE TOP