BM-9 CO2GBB ピストン内スプリングの組付け方法について

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

以前当ブログにて公開しました、BM-9 CO2GBB 改良パーツ組み込み方法 の記事中にて、セカンドロット改良版シリンダーASSY内の 引きバネ の端に、CA止め輪 を適切な向きでひっかける旨をご紹介しました。

しかしながら、読み返してみるにご説明が不足しているように思えましたので、今回その部分の補足として、CA止め輪の正しい向きについてを詳しくご紹介したいと思います。



上の画像は、ピストンまわりの各パーツ名称を整理したものです。
今回はスプリング(引きバネ)止め輪(CA止め輪)にテーマを絞って解説いたします。



止め輪を平らな場所に置いて、良~く観察していただくと、中央に向かう3枚の爪が一方向に曲げられているのがおわかりいただけると思います。

便宜上、上の画像の状態を 「表面」 とします。



そして下の画像の状態を、 「裏面」 とします。

それぞれの画像中に描きこんだように、表面がブローバックハウジング側に裏面がピストン側になるように、スプリングをセットすることになります。 



上の説明通りにスプリングをセットした状態がこちらです。
短く突き出したスプリング先端に対し、3枚の爪が上に向かって曲げられているのが正解です。
この状態でスプリングを下に引っ張っても、爪に引っかかって抜けないのがわかりますよね。



対して、誤った組付け方がこちらです。
これでは、スプリングを下に引っ張ったら抜けてしまいますよね。
このスプリングは、ブローバックの度にピストン側に勢いよく引っ張られますので、この止め輪の向きが非常に重要になるのです。



上のように、正しい向きで止め輪を組付けたら、ピストン中央の穴にスプリングを通します。
ここから先は、こちらでご紹介した手順通りに組付けを進めてくださいませ。



もう1点、セカンドロット改良版シリンダーASSYに同梱されている、「黒くて丸いスポンジ」 について。

これは先の記事にも追記しましたが、ファーストロットで使われていたОリングの代わりにパッキンの役目を果たすパーツです。



スプリングを通したピストンの後ろ側の窪みに、スポンジを押し込んでください。
この状態でブローバックハウジングに押し付けても、問題なく固定用のピンを通すことが出来ます。


以上、セカンドロット改良版シリンダーASSYに同梱されている 「バネ」「止め輪」 の組付け方法についての補足説明でした。

他にも改良版パーツの組み込みでわからないところ等がありましたら、どうかお気軽にお問合せくださいませ。












  

コンビニ払い(クロネコ代金後払い)実装!

いつも Gunsmith BATON 通販サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

昨年 10 月の通販サイトリニューアルの際に同時には導入できなかったお支払方法、コンビニ後払い ( クロネコ代金後払い ) を実装いたしました!




…実はサイトのご利用案内 には昨年末ぐらいから代金後払いの記述があったのですが (;^_^A 、なかなかプラグイン実装が出来ず失礼いたしました <(_ _)>


これで、5万5000円以下のオーダーにはコンビニ払いもご選択できます。 Gunsmith BATON 通販サイトでは 「クレジットカード」、「amazon pay」、「代金引換」、「銀行・ゆうちょ振込」、そして 「代金後払い(コンビニ払い)」と多彩なお支払方法をご用意しておりますので、お気軽にご利用いただければ幸いです!















  

【 BATON Range 】 今週末の月例会を中止致します。

いつも BATON Range をご愛顧いただき誠にありがとうございます。東京都・埼玉県の「コロナウィルス対策として週末の外出自粛要請」に伴い、28日(『プレート月例会』並びに29日(に予定しておりました『30m月例会』は中止させていただきます。

レンジは土日共に営業しておりますので、通常通り個別練習は可能ですが、体調の優れない方のご来店はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

急な予定変更ですが、非常時ゆえご理解いただけますと幸いです。今後とも BATON Range をよろしくお願い致します。













  

第11回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

3月も後半に差し掛かり、季節は春本番!と言った感じの3連休でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
バトンレンジ横の川は桜並木となっており、Aレンジの窓を開けると視界一面に桜が飛び込んできますよ!



さて今回は、一昨日の3月22日(、当BATON Rangeで開催された第11回APS月例会のレポートをお送りいたします。

この日はAPSハンドガンクラスのトップシューターであるY本氏がお越し下さいました!
金沢から遠路はるばる、本当にありがとうございました。


写真左から、ナベ、石井名人、KEIKOさん、Y本氏、バットン大塚。

まずはハンドガンクラスから、Y本氏、バットン大塚、わたくしナベの3名でスタートです。



1位はもちろんY本氏! 前日夕方から深夜3時までしこたま飲み明かしたにもかかわらず
ブルズアイ100-4x、プレート60点、シルエット36点、合計196-4xというハイスコア!
初めてお越し頂いたバトンレンジでレンジレコードを更新し、見事1位を獲得!
さすがY本氏です!



2位はバットン大塚で、ブルズアイ92-2x、プレート56点、シルエット31点、合計179-2xでした。
この日、バットン大塚は異なるハンドガンでダブルエントリーしており、こちらはAPS-1でのスコアになります。

3位はわたくしナベで、ブルズアイ98-7x、プレート48点、シルエット30点、合計176-7xでした。

そして、4位はダブルエントリーの2クラス目、ガスブローバックのレースガンで参戦したバットン大塚で、ブルズアイ92-3x、プレート56点、シルエット24点、合計172-3xでした。

ガスブロで172点というハイスコアに一同ビックリ!





※蔵前APS週末会 & BATON Range APS 月例会、共通ローカルルールで、ガスブロはブルズアイとプレートも両手で撃っていいことにしてます (^^ゞ

※このカップガンは 流速ルーズバレル 6.10 OF の可能性を探るために作ったモデルで、ルーズバレル 6.10 OF を加工して短くしてハンドガンに装着しています。詳細はこちらの記事 流速OF カップガン、7m で 25mm の精度を実現 にて


バトンレンジでのAPS月例会は競技認定銃以外のエアガンでも参加出来ますので腕に自信がある方は、ぜひいろんなエアソフトガンで挑戦してみて下さい。(※もちろん、腕に自信が無い方も、ぜひお気軽に参加してAPSカップという精密射撃競技を楽しんで下さい (^_-)-☆ )


以上簡単ですが、ハンドガンクラスのレポートでした。




続いて行われたライフルクラスのリザルトはこちら
ライフルクラスは先ほどの3名に石井夫妻アベ様も加わりスタートです。



1位は弊社代表バットン大塚で、ブルズアイ100-5x、プレート満射60点、ムーバー26点、合計186-5x
本日はブルズアイスタートで2競技満射した後のアタックチャンスでしたが1歩及ばず、200点は次回に持ち越しとなりました。



2位はわたくしナベで、ブルズアイ98-3x、プレート満射60点、ムーバー38点、合計196-3xでした。
x差でバットン大塚に敗れ、スコープのハンデを痛感すると同時に、前日の飲み過ぎを反省しました・・・。



3位は石井名人で、 ブルズアイ96-5x、プレート満射60点、ムーバー32点、合計188-5xでした。



4位はY本氏で、ブルズアイ96-2x、プレート49点、ムーバー26点、合計171-2xでした。
今はすっかりハンドガンのトップ選手というイメージですが、昔はライフルメインの選手だったりするのです。



ピープサイトでジャケットも着ず、この美しいフォームに見とれて声を掛けたのは懐かしい思い出です。

5位はKEIKO様ブルズアイ94-2x、プレート48点、ムーバー30点、合計172-2xでした。



6位はアベ様で、ブルズアイ72-1x、プレート満射60点、ムーバー24点、合計156-1xでした。
細かなマイナートラブルに足を引っ張られてしまっている最中ですが、一つ一つ地道にクリアして行けば190点台も夢ではないので、今後に期待です!



ハンドガンと同じく、バトンレンジでのAPS月例会は競技認定銃以外のエアガンでも参加出来ますので VSR-10 でも、電動ガンでも、是非お気軽にご参加下さい。




さてライフルクラスが終わった後、Y本氏は当レンジオリジナル企画の ASP60 を撃って下さいました。
お疲れのところありがとうございました。

先日始まったばかりの ASP60ASR60 ですが、たくさんのAPSシューターにご参加頂き、嬉しい限りです。

普段から60発を撃っているY本氏は、圧巻の582点というスコアでいきなり八段をゲット。
格の違いをまざまざと見せつけられました。

※ASP60、ASR60についてはこちらの当ブログ記事をご覧ください


以上、簡単ではありますが、第11回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。


次回APS月例会は4月5日(の予定となっております。
ASR60ASP60 についてはいつでもご参加可能ですので、お気軽にお試しくださいませ!













  

ICS のピストン開放は「三種類」あります

ICS 電動ガンと言えば、ギヤ周りを分解しなくてもシリンダーのメンテナンスが可能でリアルテイクダウン出来る " 上下分割メカボ " が人気です。




しかし、上下分割メカボをテイクダウンするとき、スプリングが圧縮されている=ピストンが解放されていない状態だと、テイクダウンした瞬間にピストンが前進し びっくりします ( ̄▽ ̄;)

なので、ICSの上下分割メカボ搭載モデルには、必ずピストン開放機構が付いています。その開放の仕方は3種類あって、下記の動画で解説しています。






その三種類のピストン開放の方法は


1. セレクターレバーをセーフティに入れる方法

機種:CXP-MARS ( 3~4 年前に発売された電動ブローバックになったモデル)以降、現行の電子トリガーSSS となった M4シリーズ。セレクターをセーフティに入れると「ウィ」と音がして逆転防止ラッチが外れてピストンが解放されるのが分かります。



2. フォワードアシストノブを押す方法

機種:電動ブローバック 又は 電子トリガーでない旧 M4 シリーズ。並びに現行の CXP-PLEADOR C の MOSFET (従来トリガー)バージョン



3. レシーバーの隙間から開放レバーを操作する方法

機種 : 電子トリガー MP5 CES-P シリーズなど、いわゆる MP5 系電動ガン。




1 の「セーフティに入れるとピストン開放」は簡単で便利なのですが、「セーフティーからセミオートに入れると、初弾はダブルフィードする」という弱点があります。

( セーフティーでピストン開放される ICS 電動ガンでも、撃ち終わりでマガジンを抜いて空撃ちしてチャンバーをクリアすればダブルフィードはしませんが、撃っている途中でセーフティに入れてチャンバーをクリアせずにセミオートに戻すと、チャンバー内に1発残っているところに、もう一発給弾されダブルフィードします。
普通の、セーフティでピストン開放機構がない電動ガンの場合は「セーフティに入れてもピストン位置は変わらず=ノズルは動かず」なので、チャンバーをクリアせずにセーフティとセミの動作を繰り返してもダブルフィードされませんが、セーフティに入れるとピストンが開放される ICS 電動ガンの場合、セーフティに入れると、ピストンが開放されてノズルが下がるので、次に撃つときにまたノズルが前進してもう一発給弾されることがあるのです。特にプリコック機能が付いた現行の SSS 2.0 メカボの場合、常にピストンがプリコック=ノズルが前進してBB弾がチャンバーに給弾されている位置からのピストン開放なので100%ダブルフィードします )



これはシューティングマッチ等では致命的なので、Gunsmith BATON では該当のセーフティで逆転防止ラッチを開放するタイプの ICS 電動ガンは、メカボを分解する「調整済み」でご購入の場合(※)、ご注文時に備考欄に「ピストン解放機構オミット」と記載いただければ、追加工賃無料でこの解放機構をオミットしています。

※ メカボを分解しない「未調整」でご購入の場合はピストン開放機構オミットを承っておりませんのでご注意ください。





ただし、ピストン開放をオミットした場合はテイクダウンするときに自分でピストン開放することが必要です。プリコック機能がない場合はセミオートで撃てばピストンが前進位置=開放になりますが、プリコック機能がある場合、セミオートで撃っても常にスプリングが圧縮されているのが問題となります。

昨年の CXP-MARS Komodo SSS Limited 以降、HERA ARMS CQR ( ブローバック )CXP-MARS PDW9電子トリガー SSS2.0 搭載モデルは、セミオートがプリコックになっていますので、ピストン開放機構をオミットした場合保管時にはトリガーを長引きしてプリコックオフにしてから数発空撃ちしてピストン開放しておかないとスプリングが圧縮された状態のままでヘタってしまうのでご注意ください ( バッテリーを外して繋ぐとデフォルトのプリコックに戻ります ) 。



※ 電動ガンの扱いに慣れてくると「フルオートで撃って、撃ち終わりをピストン前進位置で指を切りで止める」ということが、なんとなく出来るようになるのですけど、これは慣れが必要だと思います (^^ゞ














  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP