ダカールを目指します! Wiley X と共に (‘・ω・́)ゝ

先日、モンゴルで開催されるラリー 『 ラリーモンゴリア 2019 』 への参戦を宣言したばかりですが、実はアフリカで開催されるラリーへの参戦も決まっています (^^ゞ

私、バットン・オーツカ、モロッコをスタートし、モロッコ、モーリタニア、セネガルのサハラ砂漠を走破してダカールを目指す Africa Eco Race 2020 に参戦します!









…2019年 8月11日~18日のラリーモンゴリアから、半年も経たない 2020年 1月 5日~19日に今度は AER ( Africa Eco Race ) に参戦するなんて、普通に考えたらありえない話なのですが、先月、ふと Facebook に 「 AER に行きたいなぁ!」 って書いたら ( このときは 再来年 2021年に行けたらなぁ… ってぐらいのつもりでした ) 、あれよあれよという間に友人が調べてくれて、その当日の夜には来年 2020年に参戦することを決定していました (^^ゞ

友人というのは、小栗伸幸さんと並んで日本屈指のラリーストで、おそらく 二輪では日本で一番多く国際ラリーに参戦している、北の狐こと スケテツさんという方です。スケテツさんはその数多くのラリー経験から海外のラリーストとの親交も深く、AER 参戦についてイタリアの友人にすぐに問い合わせてくれて、イタリアのハスクバーナ サテライトチームから、マシンレンタル&フルサポートという、これ以上ない条件での話をまとめてくださったのです。





レンタルマシンは世界最高のラリーマシンである Husqvarna FR450 Rally Replica ( ダカールラリー 18連覇の KTM 450 Rally と兄弟車)、しかもフルサポートなので、ビバークに帰ってきさえすれば、メカニックがマシンを整備してくれるという、プライベーターにとって夢のような話なのです。

国際ラリーですから、予算もとんでもないことになってしまうのですけど、アフリカのラリーは国際情勢によっては、レース自体がいつ無くなるかも分からないし、自分の身体もいつまでバイクに乗れるかもわからないし、借金覚悟で 「はい!行きます」と即答し、参戦を決めました。スケテツさんと一緒に ダカール を目指して参ります (‘・ω・́)ゝ





こうして国際ラリー 二連荘が決まったら、なんと Wiley X ( ワイリーエックス )さんが、メガネをサポートしてくださることになりました!



モトクロスのときはコンタクトレンズでゴーグルなのですが、老眼なので 、マップを見なければならないラリーの時は、遠近両用メガネでシールドのヘルメットを使っています。



普段は Zoff のメガネを使っていて、これはこれで安くていいのですが、Wiley X のフレームに遠近両用レンズを入れることになって、れんず屋 曙橋店さんでレンズを作っていただくことになり、その検査に行ったら、いろいろとビックリしました!(゚д゚)



Wiley X ( ワイリーエックス )さんと れんず屋 曙橋店さんが、バイクに乗るためのメガネをあれこれ検討して下さり、実際にヘルメットにそのフレームを装着してみたら、視界の広さと安定性に驚きました! このフレームは来年日本で発売予定のモデルで、現在はアメリカでハーレーの特別フレームとして販売されているとのこと。バイクのヘルメットに合った形状なのです。

そして、れんず屋 曙橋店さんでは湾曲レンズで遠近両用を製作することができ ( かなり難しそうですが、なんとか自分に合わせていただきました )、ラリーを走るうえで理想的なメガネになりそうです! (≧◇≦)

いままでバイクで走るときにメガネのことは無頓着でしたが、この Wiley X のメガネは文字通り視界を広げてくれそうで、2週間後の完成がとっても楽しみ! まさに……





「ゾフとは違うのだよ、ゾフとは!」
ということになるでしょう (^_-)-☆















  

ICS 最新作、CXP-MARS LIMITED !

6月23日、千葉県フォレストユニオンで開催された 『 PEACE COMBAT GAMES vol.12 』 に 台湾 ICS が出展! ( 当店もお手伝いしてきました (^^)/ )


超人気で発馬日即完売、セカンドロット ( 8月入荷 ) 待ちの HERA ARMS CQR はもちろん、最新作の CXP-MARS LIMITED も試射出来ましたよ!









CITY GREY カラーの CXP-MARS LIMITED は、見た目だけでなく、中身も特別! その動画も撮影しましたので、近日公開&予約開始予定。これ……撃つと本当にびっくりです!





PS.
このイベントで配っていた 「 アイシーエスジャパン 」ステッカーがこちら ↓



……某国にクレーム付けられそうなデザイン ですが ( ̄▽ ̄) 、そんなことおかまいなしで 台湾 ICS さんの ジャパンラブ を感じさせてくれるデザインです face05

このアイシーエスジャパンステッカー、余った分ををもらってきましたので、Gunsmith BATON 八王子店店頭で無料配布しま~す ノシ















  

ラリーモンゴリアに参戦してきます ('◇')ゞ

私事ではございますが、バットン・オーツカ、8月に開催されるラリーモンゴリア に参戦してまいります!





ラリーモンゴリアとは、モンゴルで開催されるレースで、広大なゴビ砂漠をメインに 8日間で約3,800km を走ります。

このラリーに私は 2012 年にも参戦していて ( Kindle book 本厄男子、海外ラリーを完走ス! ) 、7年ぶり 2回目となります。

前回も完走は出来たのですが、なにぶん初めてのラリーで とっても辛い思い をしたので、今回は準備万端で、モンゴルの大地を楽しむことが目標です (^o^)/





今回私が駆るマシンは、一昨年、日本屈指のラリースト 小栗伸幸さんがラリーモンゴルのために制作し、クラストップを獲得したスペシャルの CRF250 RALLY です!







……ノーマルの CRF250 RALLY『 ラリーマシンの格好をしたツーリングバイク 』 といったところで、決してハードな走りに対応したモデルではないのですが、小栗さんがそれまでのラリーの経験を活かしてフルチューンしてあります ( ※後述の 石原商店 製作 ) 。見た目からして只者ではありません (#^^#)







まず、フロントサスペンションは、モトクロッサー CRF250R のものに換装、フロントブレーキもモタード用の大径ディスクになっています。もちろん、サスがポン付け出来るわけもなく、ステアリングステムはワンオフ製作されています。







ヘッドライトは BAJA DESIGNS の強力な LED をなんと 12灯 120W ! このライト、えらく明るくて 2 灯でも十分な明るさといわれているのに、「これでもかっ!」 とテンコ盛り。この尋常ではない明るさのヘッドライトはナイトランのとき本当に助かります。







コックピットはラリー装備で、ICO (距離計)×2マップホルダー、そしてその下にガーミン(GPS) を装着します。大量の計器とスイッチがありますが、これはすべて必要なのです。








マフラーは OUTEX のダウンマフラーです。このマフラーは小栗号のために開発されたプロトタイプで、のちに市販されました。

車体後部には 5L のサブタンクを装着。フロントタンクと合わせ合計 15L のガソリンが入り、航続距離は 350km 以上。

また、リヤサスもフロントに合わせて贅沢に オーリンズをおごって強化しています。( ノーマルのリヤサスはサブタンクなしなので、ダートで高速巡行が続くとオーバーヒートしてふにゃふにゃになってしまう危険性が高いのです…)

そしてシートは SPROUT 製作のスペシャルで、後部が高くなっている段付きです。ラリーは長時間走るので、この後部のでっぱりに座ってポジションを変えることで身体の疲れを低減できます。





このほか、書ききれないほど全身カスタムされ、世界で最も造りこまれた CRF250 RALLY と断言しても過言ではありません (#^^#)

当初、自分の CRF250 RALLY をライトチューンしてラリーモンゴリアに参戦する予定だったのですが、私のつたない走りを心配した小栗さんがこのスペシャルマシンを譲ってくださったのです、ありがたや!



そして、ラリーサポートは熟練の 石原商店 うなぎさんに依頼したので、私はビバークまで帰ってくれば、あとはうなぎさんがなんとかしてくれます!

最高のマシンと最高のサポート体制を整えることが出来ましたので、とにかく楽しんで、そして無事に帰ってきますね (^_-)-☆







 












  

トレフェス お忍び潜入レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン八王子店店長のデイヴ金子でございます。

去る6月15~16日に、秋葉原UDXで開催されましたPTWオンリーイベント、トレフェスに、当店アルバイトのLEXI君が行って来たとのことで、軽いイベントレポートを書いてくれました。

ちょっとタイムリーさに欠けますが、海外から各種カスタムパーツを個人的に取り寄せているほどのガンマニアである、LEXI君ならではの視点もあるかと思いますので、どうか皆様、ご一読のほどをお願いいたします。

では以下、レポートをどうぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

BATON's blog 読者の皆様初めまして、ガスブロ馬鹿一代LEXIです。
今回お忍びで、トレーニングウェポンフェスティバルに行って来ました。



バトンではトレポンを扱っていませんが、本イベントで初めて、アメリカの実銃メーカーが公の場に出展したということで、ガスブロマンにとってはとても貴重なネタが転がっていると思い、秋葉原に直行しました。

VIPER TECHのCO2GBBシリーズのカスタムイメージを膨らませるためにも、実銃メーカーにフォーカスを当ててレポートしてみます。




今回来た実銃メーカーは以下の通り。

MAGPUL
BATTLE ARMS
LaRue Tactical
DANIEL DEFENSE
LMT
TROY
MFT
SLR
KAC

KACに関してはオフィシャルのサポーターも来ていたのことですが、自分が行ったときにはちょうど休憩中だったとか(悲

これらの中でも特に厳ついパーツメーカーのBATTLE ARMS(BAD)









2009年からスタートしたBADは、固定概念を壊したデザインでありながら、各部インターフェイスは使いやすく改良され、デザインと操作性を両立した、勢いがあるメーカーの一つです。

車でたとえるならライカン ハイパースポーツ的な感じでしょうか。


予想外だったのが、かの有名なTROY








一部の人は知っているかと思いますが、TROYがカーボン系のハンドガードに手を出しているのは意外でした(写真は416用ですがAR15のM-LOK版が存在します)。

カーボン系というとLancer SystemsFAXONBrigand Armsなどが有名ですが、TROYが出しているというのは、今回初めて知りました。


今回会場スタッフの方とお話をしましたが、展示パーツからも解るとおり、バレルやボルトはもちろんのこと、ロアレシーバー周りやハイダー&サプレッサー、グリップ以外は、どうやら実物パーツをトイガンに使っても問題ないとのことです。
(グリップはモーターが入るように加工してあればOKとか・・・)

会場に組織犯罪対策5課の方もいらしていたので、けっこうな有力情報かと思います。

ただ、ガスブロックだけはグレーだそうです。なぜなら機種によってついていないもがある(AR9のことかと)ので、判断が難しいのだそうです。

そして、実メーカーは日本参入を宣言しているので、ますますガスブロカスタムは熱くなると思います!

VIPER TECHのCO2GBBシリーズはリアルサイズですので、沢山パーツ付けられます!
これからはオシャレなパーツを付けて、オシャレにフルシーズンGBBを楽しむのが流行ると思いますよ!




上のARは僕の私物ですが、カスタムの参考になれば幸いです。

ホームページとアプリでイメージシュミレーションできる Gunstruction や、AR15.COM 。それにインスタグラム等で、本場のカスタムを見るのもお勧めです!


今回初めての投稿で、初の本気のガスガンネタなので興味を持ってくれたらうれしいです。
最後まで見てくれてありがとうございます。
これから夏がきますので、皆さん楽しいCO2 GBB M4ライフを!


[ VIPER TECH ] SOPMOD M4 CO2GBB 【ホップ改良済】




[ VIPER TECH ] M4 BSP専用CO2マガジン BK 【ガス漏れ確認済み】















  

弾速計測機能付トレーサー " Lighter BT " 新発売!

高性能トレーサーを開発し続ける 台湾 ACETECH から、最新作にして最高峰のトレーサー " Lighter BT " が新発売! スマホアプリと連携して初速・サイクルが計測可能、そして UV 発光トレーサーで初めて オレンジ蓄光弾にも対応しました! 今回は少量入荷ですのでご希望の場合はどうぞお早めに <(_ _)>



[ ACETECH ] Lighter BT 弾速計測機能付トレーサー [ UV発光 ] 10,083円 ( 税抜 ・ 送料無料 )









Liter BT の使い方(英語)






あと、ご要望が多かった、無くすと困る ACETECH の " フタ " が入荷、それと 世界最小の Lighter S 14mm も再入荷してますよ~ ノシ









[ ACETECH ] Lighter Tracer S ウルトラコンパクトトレーサー [ UV発光 ] 14mm 6,926円 ( 税抜 ・ 送料無料 )

















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 161人
PAGE TOP