第13回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのニシヤンです。

梅雨明けはまだまだ先になりそうなのでしょうか。
湿気にが嫌いな小生は、この梅雨の季節、自宅にいるときは概ねエアコンのドライが効いた部屋の中で過ごしております。

さて昨日7月11日(はAPSカップ月例練習会を行いました。
今回はその様子をレポートしたいと思います。


今回のご参加者です。
毎度ご参加ありがとうございます。





まずはハンドガンクラス~なのですが。


どの競技から始めるかをくじ引きで決めます。






「S」が出たのでシルエットからのスタートです。






ジャッジを務めてくださるのは 桑田社長 です。厳正かつ公平なジャッジを行ってくれます。






シルエットスタンディング中の KEIKO 様






シルエットプローン中の KEIKO 様






シルエット満射されましたので「キリッと顔」のお写真を頂きました。おめでとうございます!





石井名人のシルエットの様子です。


メガネの「つる」にご注目。
プローンをしたときにメガネの位置が上がるようにアタッチメントを付けているのがお分かりになりますでしょうか。

狙いたいときに普段の見え方が出来ないと違和感を感じ、ストレスになるからかと推察されます。
競技に置いては 「気になるちょっとしたイヤな事の排除」 がかなり重要ですからね~。






ブルズアイの採点を受けているところです。タケモト様 結果はいかがだったでしょうか。







一方 KEIKO 様
どうやら0点を撃ってしまったらしく天を仰いでいらっしゃいました。





今回のハンドガン競技の〆はプレートです。


KEIKO様 のプレートの様子です。






プレートターゲットの的の復旧をしている桑田社長です。お疲れさまです。





タケモト様のプレートの様子です。




別角度から








石井名人のプレートの様子です。


はて? 左手で撃っていらっしゃいますね。






あれ? 今度は右手?????


「右肩が痛いので、負担の少ない左手で撃っている」とのことですが・・・。
利き手を変えて撃つのをいとも簡単にやってるように見えます。
陰ながらの努力をされてるのが伺えます。






後愛用のAPS-3は、左右の手で撃てるように工夫が凝らされていました。






グリップのパテ盛りの様子です。





小休止後はライフルクラスに移行です。


タケモト様のライフル射撃のご様子です。
ストックをつけたAPS-3での参戦です。
特にストックの工夫に注目。
ご本人様は 「手持ち工具」 とおっしゃっていましたが、様々なエクステンション工具を使用しており、見た目よりも剛性が高く、分解できるので携行性がすごく良いです。
APS公式の試合に行くときも荷物少な目でいい感じかと思います。





石井名人の射撃の様子です。 いい姿勢ですね~







KEIKO様の射撃の様子です。こちらもいい姿勢です。

以上、簡単ではありますが、第13回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。

次回のAPSカップ月例会7月19日( 開催の予定です。


月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、そちらも是非ご覧くださいませ。


















  

ランニングターゲット 10m カスタム " ほぼ " 完成!

私のランニングターゲット 10m ( RT10m ) 用エアライフルの仕様が ほぼ決まったので、昨日、伊勢原射撃場に練習に行ってきました (‘・ω・́)ゝ




もともと エアライフルスタンディング ( ARS60 ) で使っていた Feinwerkbau 800X 君ですが、あれこれセッティングを変えて、カスタムパーツを付けて、ランニングターゲット用に変更したのです。







RT10m はこのように10m先の左右に動くターゲットを撃つ競技で、ビアンキカップ ( JANPS ) ムーヴィングターゲットAPSカップ ライフルクラス ムーバーに似た感じです。







一番大きな見た目の変更は、バレルエクステンションをアルミアングル材で製作して、先端部に 300g のウェイトを付けたことです。

なんでこんなことするかというと、より遠いところにウェイトを付けることで左右に振るときに安定させるためなのです。トンカチ を考えてもらえば先端部のウェイトの働きをイメージできるかと思います (^^ゞ







「じゃあ、どんどん長くすればより安定するんじゃね?」と思うでしょうが、ちゃんと規定でバレルの長さは 1m 以下と決められてますw

また、ストックの下端にも規定があるのですが、それは下記のようなスタンバイポジションだからです。







ランニングターゲットのスタンバイポジション(10mも50mも一緒)は、スキートのように銃口を上げるのですが、手をまっすぐ下したときの肘の位置(黄色のライン)よりも下にストックがなければなりません。なので、ストック下端が低いほど有利なので、「下端の位置がバレルセンターから20cm以内」と決まっているのです。







こちらが射撃姿勢で、ブルズアイ競技と違って左肘を身体に付けることは禁じられています。なので、トラップのように身体は突っ立ちで肘を上げる形になるのですが、私はまだ初心者なので、この姿勢がベストなのかどうか よく分からないです (^^ゞ







あと、スタンバイからストックを上げて肩に滑り入れるので、ひっかからないようにストックパッドは外してベースだけにしてしまいます(※)。こうすると軽量化になりますしね ( ランニングターゲットは銃の重さが 5.5kg 以下という規定があります。私の 800X はこの状態で 4.7kg です )。

※ これは、ランニングターゲット日本一の判野みのりさんがバウ700でこうやっていたので真似しました (^_-)-☆






さて、RT10m のターゲットは10m で2mの幅を動きます。スローは 2mを 5秒ファストは 2mを 2.5秒で動きます。試合ではスローを 30発、ファストを 30発撃って 60発の合計点数で競います。







ターゲットの大きさはご覧の通りで、黒丸の5点は30mmで、APSカップの 8点 35mm より小さいですし、10点は、APSカップ X の直径の半分、5.5mmしかありません。







昨日の練習では、エクステンション&ウェイトの効果か、初めて、スロー30発を全弾 5点(黒丸)以内に入れることが出来ました。なかなか難しいけど、難しいだけに練習し甲斐があります。


ちなみに、今日、私は東京都夏季大会で 50m プローンを撃ち、明日はランニングターゲット部会の記録会で RT50m を撃ちます。この金土日で、的は 動的→静的→動的、弾は 4.5mm 鉛弾 → 22LR → スラッグ といろいろですが、「シューティング、みんなちがって、みんないい!」 で、どれも面白いです!

日本でも銃砲所持許可を取得すれば、様々な実銃射撃が楽しめますよ (^^)/





PS.
ランニングターゲット用カスタムが " ほぼ " 完成と言ったのは、スコープが まだ なんですよ…



最初に試したスティックシフトはダメでした (;^_^A リードをミリ単位で変えなくてはならないのでスティックシフトだと調整しきれませんでした。また、前に付けたスコープもレティクルの形が合わなくて、いまは 4倍固定のショートスコープを付けています。

RT10m は 「やっぱり、専用のダブルポストスコープ(※)を使わないと勝負にならん」 ということが分かったので注文したのですが、すでに 2週間もフランクフルトで止まったまま…… 新型コロナ禍で物流がめちゃくちゃになっているので、私のスコープはいつ来ることやら orz

※ ダブルポストスコープの詳細解説はこちらの方のブログ記事に詳しいです。


ま、当面はこの仕様で練習に励んでいきまーす (‘・ω・́)ゝ




















  

BS-HOST イチローPH 続々!

とってもとってもありがたいことに、イチローさんが写真教室の題材として BS-H.O.S.T. CO2GBB を使ってくださっているので、超絶カッコいい新作写真が量産されています (≧◇≦)





この写真の撮り方はイチローさんがブログで解説していらっしゃいますが、iPhone で撮影しているとはいえ、ほぼ本気のライティングですものね! こんな撮影をアメリカの GUN 雑誌がイチローさんにオーダーしたら 何千ドルの仕事 になるはず……(゚д゚)!

しかも、撮影方法、写真術まで講義してくださっているので、いまが いろいろとチャンスです!( ̄▽ ̄)





[ BATON airsoft ] BS-H.O.S.T. CO2GBB



























  

第12回APS月例会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのナベこと渡辺です。

4月より休止しておりましたBATON Range 各種月例会ですが、感染予防対策を講じながら再開する運びとなり、去る7月5日(は、第12回目となる APSカップ月例会を開催いたしました。

再開してから最初の APS月例会と言う事で、今回は4名の皆様にお集まり頂けました。


感染予防対策の為、皆様にマスクの着用をお願いしております。
ご協力いただき、まことにありがとうございます。





今回は弊社が 蔵前工房舎 と一緒になってから初めての月例会と言う事で、 桑田社長 に月例会の仕切りをお願いしました。

まずはハンドガンクラスからスタートです。


皆様、自粛期間中は全く撃ってなかったそうで…どんな結果が出るか楽しみです。







湿度72% と言う、APS-3にはかなり厳しい環境ですが、業務用扇風機とスポットクーラーの併用でそこそこ冷たい風が当たります。





当ブログでもお馴染みの 石井名人 はなんとアウターなしのAPS-3で参戦!







唯一、APS-1で参戦の Master様
この湿度をもろともせず、本日の一番ゲットです!





リザルトはこちら






続きまして、ライフルクラスの模様です。


こちらも皆様、久々に撃つと言う事でしたが…







KEIKO様、いきなりブルズ満射と絶好調!
そのまま逃げ切り本日の一番となりました。





ライフルクラスのリザルトはこちら








点取りが終わった後は、当レンジ自慢の レーザーライフルレーザーピストル を参加者の皆様にお試し頂きました!

以上、簡単ではありますが、第12回APS月例会レポートでした。
ご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました。

月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧ください。



次回のAPSカップ月例会7月11日( 開催の予定です。

今後は毎週土日のどちらかに必ず APSカップ月例会 が予定されています。
APSシューターの皆様、是非ご参加くださいませ!




















  

BS-H.O.S.T. CO2 バルブ無償修理について

BS-H.O.S.T. CO2GBB をお買い上げいただきありがとうございます。

恐れ入ります、使用しているうちに「ブローバックが弱くなった」または「最初は勢いがいいけど数発打つとブローバックが弱くなる」という症状は CO2 バルブの初期不良無償修理対応いたします。

お手数ですが、「ご購入店舗と症状のメモ」を同梱の上、下記まで送料着払いにて送付していただければ幸いです。CO2 バルブを修理し、送付先住所に返送させていただきます。

〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下296
Gunsmith BATON
TEL 04-2936-7670


今ロットの タニオコバ CO2 バルブは、最初は大丈夫でも少し使うと不具合が出る個体が散見されております。今後、より一層、厳密な製造管理を行います。不具合が発生したお客様には、お手数、ご迷惑をおかけしてしまい、重ねてお詫び申し上げます。

  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 167人
PAGE TOP