第7回JANPS練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様、バトンスタッフのニシヤンです。

気温がぐっと下がり、調子が崩れがちな昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さる 10月17日(18日(の二日間に渡り、当 BATON Range 2 階 Aレンジ貸切にて、JANPS 練習会を行いました。

この練習会は、JANPS という競技の創始者であり、JANPS委員会 の初代代表でいらした おしょうさん のご提案によって実現しました。

なんと、JANPS 本戦で使用されている最新型の ターニングターゲット を 2基、静岡から運んでいただき、本戦同様の 4ステージ同時進行という贅沢な練習会を行うことが出来たのです。


こちらは 17日(土)にお集まりいただいた皆様の集合写真です。
JANPS常連のベテラン様から、JANPS未経験の方々まで、10名のシューターさんたちが、実戦さながらの射撃を繰り広げられました。






こちらは、レンジのオープン前からお越しになり、ターニングターゲットをセッティングされている おしょうさん(左)と、JANPS委員会現代表 ryou さんのお二人です。
この日のために遠路はるばる静岡からおいでいただき、本当にありがとうございました!






セッティングが完了した 2 組のターニングターゲットがこちらです。
貼り付けられているターゲット用紙は、テスト用のものですね。
JANPS 本戦で対峙するこのターニングターゲットが、実に手ごわいのですよ!!






JANPSミイ経験のお三方に、おしょうさんが競技の内容を説明している様子です。
創始者自らのご説明ですから、これ以上わかりやすいお話しはありません。






11月の JANPS本戦に初参加される そーまさんのムーバーイベント。
この日のために松本からお越しくださいました。
本戦でのご健闘をお祈り申し上げます!






JANPS委員会現代表の ryouさん(左)と、当レンジ常連 ヨシムネさんのフォーリングプレートイベントです。
ここでのミスが勝敗を決めるといっても過言ではないフォーリングプレートだけに、お二人の表情も真剣そのものですね。






おしょうさんによるバリケードイベントでのギルモアスイッチの実演です。
カップガンを使うなら、身につける必要がある重要なテクニックですね。






アイアンサイトに拘り続ける古豪シューターの IMAmuraさんと、弊社代表バットン大塚のフォーリングプレートイベント。
本当に厳しい競技です・・・。




二日目の担当は若手スタッフの ハッシーが務めましたので、バトンタッチいたします。

はい、というわけで、18日(の練習会でROを努めさせていただきました ハッシーです。
JANPSは 2018 年に 1度参加しただけの新参者ですが、今年もエントリーさせていただきました。


上の写真は、18日(日)にお集まりいただいた皆様です。
PMCでの名人位をお持ちの方が沢山いらっしゃって、思わず緊張しました。
※遅れて参加された オオタ様ubo 様イシジマ様のお写真が無くて申し訳ございません






バリケードイベントムーバーイベント を同時進行している様子です。
この日は3スクワッドに分かれて、本戦と同じスタイルで競技を進行しました。






お二人のPMC名人が見守る中、ムーバーイベントを撃つ オオタ様です。
私だったら緊張して外しそうです!





BATON Range 常連の タケモト様は、昨日と二日続けてご参加いただきました。
初日から大幅にスコアを伸ばしているのは流石ですね!






競技を終えて、ご自分が撃ったターゲットを確認するベテランシューターの皆様です。
納得の行く射撃は出来ましたでしょうか。





そんなわけで、二日間に渡る JANPS練習会にご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました!
両日の皆様のスコアを集計したリザルトは、以下の通りです。
画像をクリックしていただくと、大きい画像がご覧いただけます。


※ 10/25 スコアリングの誤りを修正、再アップしました

最後に、今回の練習会のために貴重なターゲット機材を貸与してくださいました、JANPS委員会の皆様。
そして、静岡から機材を運んでくだった おしょう様Ryou様、機材を持ち帰ってくださった スケスケ様ガッちゃん様に、心から感謝いたします。
本当にありがとうございました!!

さて、11月7日(土)、8日(日)の JANPS本戦まで約 2週間ですが、練習の総仕上げには、是非、当 BATON Rangeをご利用くださいませ。

本戦前最後の週末となる 10月31日(と、11月1日(は JANPS月例会を設定しておりませんが、当レンジ顧問の 石井名人 がいらっしゃるとのお申し出を頂戴しておりますので、ご都合がつく方は是非とも練習にいらしてくださいませ!!


















































  

「刻印」始めました!

先日、導入したレーザー刻印機は、その後発表したように JASG 認定のシリアルナンバー刻印のためだったのですが (※ 現在、JASG認定検査に何機種か提出中で、近日、JASG認定品の販売が始まります )、せっかく高価なレーザー刻印機があるので 「刻印」を始めました!



[ Gunsmith BATON ] レーザー刻印
BS-HOST : STI マーキング 1,100円





■商品説明
Gunsmith BATON 販売商品、BATON airsoft 製品(本体・パーツ)へのレーザー刻印。

・写真の指定機種への定型のみの刻印です(他機種・他の刻印ご希望は承っておりません
・樹脂への刻印は写真のようにやや茶色の焼き付けになります。

■刻印種類
BS-H.O.S.T. CO2GBB : STI マーキング(スライド右側)



「まずはここから!」ということで、寂しかった HOST スライドに STI マーク を掘ってみました。BS-HOST 販売時に同時施工はもちろん、販売済みのBS-HOSTへの持込刻印も承りますし、純正パーツのスライドに刻印しての販売も承ります。

ただ、まだ弊社スタッフが慣れていないこともあり、指定機種へ定型の刻印のみで、お客様のご希望によって刻印を変えることや、ご希望の機種に刻印を入れることは承っておりませんのでご注意下さい。

いずれ、レーザー刻印施工の経験値を積んだら、ご希望の刻印作成を承るかもしれませんが、「まずは、ここから (^_-)-☆」
























  

ご購入後三ヶ月以内修理「完全無料化」

弊社製品のご愛顧に感謝して、Gunsmith BATON 販売エアースポーツガン 並びに 株式会社バトンTrading 取扱いの他店販売 JASG 認定エアースポーツガンについて、ご購入後三ヶ月以内は修理工賃・パーツ代・送料を完全無料無償修理とさせていただきます ( CO2ガスガン ガス漏れ修理・本体修理含む)。

ご購入後三ヶ月以降は工賃・パーツ代・送料有料の有償修理となります。



・これまでご購入後一週間以上三ヶ月以内の修理の返送送料はお客様ご負担でしたが、今後は三ヶ月以内の無償修理の場合は往復送料弊社負担(弊社に送料着払いでご返送下さい)とさせていただきます。

・調整済・未調整に関わらず、三ヶ月以内 無償修理、三ヶ月以降 有償修理とさせていただきます。

・これまで修理対象外だったガスガン本体も修理対象とさせていただきます。

・販売済の STGA 認定 CO2ガスガン(タニオコバブランド含む)も同様の修理対応とさせていただきます。


詳細は修理メニューをご参照ください。















今後とも弊社製品をよろしくお願いいたします。

























  

株式会社バトンTrading、JASG 加盟のご報告

日頃、BATON airsoft をはじめとする弊社、株式会社バトンTrading 取扱い製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。


ご報告が遅れましたが、2020年 8月 21日に、株式会社バトンTrading は、経済産業省認可の JASG 日本エアースポーツガン振興協同組合に加盟させていただきました。


この加盟により、弊社ブランドの BATON airsoft 製品、並びに弊社が輸入代理店となっている海外メーカーのエアースポーツガン ( CO2ガスガン、電動ガン、エアーコッキングガン等 ) は、JASG エアースポーツガン製品検査を受け、 JASG 安全出力基準適合商品としてシリアルナンバー管理を行い、エアースポーツガン認証シールを添付して販売・流通させていただきます(順次、検査し認証を取得いたします)。

今後、株式会社バトンTrading は JASG 加盟のトイガンメーカーとして、改正銃刀法並びに高圧ガス保安法等の関連法律はもちろん、JASG 自主規約を遵守し、健全なトイガン文化の発展に貢献したいと考えております。今後とも弊社製品をよろしくお願いいたします。

※ JASG 加盟メーカー( 2020年8月21日時点 ):株式会社ケーエスシー様、有限会社マルゼン様、有限会社サンプロジェクト様、株式会社日本技巧様、有限会社ライラクス様、株式会社バトンTrading



2020年10月10日
株式会社バトンTrading
代表取締役 大塚正樹




【 追記 】

弊社は STGA には加盟できなかったため、STGA 所属の有限会社タニオコバ様と JASG 所属の弊社で、所属するトイガン協会が分かれることになりましたが、弊社の CO2 ガスガン開発はタニオコバ様・小林太三様のご助力あってのものです。

今後、[ BATON airsoft ] CO2GBB シリーズは JASG 認証を取得して株式会社バトンTrading からの問屋流通となりますが、引き続き、有限会社タニオコバ様との協力関係を続けさせていただき、BATON airsoft CO2GBBシリーズには、タニオコバ CO2バルブを供給していただける運びとなりました。今後とも小林太三様にご指導いただき、安全で楽しいエアースポーツガンの開発を続けてまいります。





【 追記.2 】

ちなみにAPSカップ主催はJASG 特定非営利活動法人 日本エアースポーツガン協会で、弊社が加盟した経済産業省認可の製造組合 JASG 日本エアースポーツガン振興協同組合とは です(;^_^A

同じ略称で分かりづらいので、中の人達は、APSカップは『協会メーカー団体は『組合と呼び分けてます (^_-)-☆





JASG 日本エアースポーツガン振興協同組合 公式 WEB サイトはこちら


BATON airsoft WEB サイトはこちら




































  

CO2 カートリッジホルダーガスケット再入荷!



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 177人
PAGE TOP