よろず加工 承ります! ~ G-Speed 完成お披露目~

ワタクシごとではありますが、今年はスピードシューティングの修練に力を入れよう!と思っています。そこで、スピードシューティング用のレースガンを新作しました!

(※ …あれだけ売ってるDRAGONFLY BSP でやればいいと思われるとは思いますが、DRAGONFLYはセーフティが特殊すぎてシューティングマッチには向かないので、ハイキャパベースです (;^_^A )


名付けて…

Gunsmith BATON G-Speed








スピードを追及するため G-Speed は軽さにこだわって造りました。






今年、いままで使っていたスピードシューティング用のレースガン(上の写真のピンクスライド)はPMC用に作ったもので重さは 1,150g だったんですが、G-Speed はなんと、わずか 740gで、PMC用から 410g(36%)の軽量化です! というか、ダットサイトを付けているのにノーマルの850gより軽いです face08

そのココロは… まあ簡単なんですが、GWAさんで売ってる樹脂マガジンを使いました (^_-)-☆(これだけで200g以上軽量化できます) ちなみに、樹脂マガジンの注入バルブはマルイ用ではなく、WE用でした。外部ソース化するときは、[ PROTEC ] コネクティブプラグのTYPE-3(マルイ用)ではなく、TYPE-1(WE用)でしたのでご注意を。

また、その他使ったパーツは下記の通りです。[ NOVEL ARMS ] SURE HIT MRS[ELEMENT] C-MORE カーボンマウント[DEEP FIRE] Hi-CAPA コッキングハンドル(加工してリアサイトのフタに)、アリ溝のフタ、ノンホップバレル(はみけつ)5インチ、アルミブリーチ





で、G-Speedの格好良さの決め手となるのが、なんといっても加工して装着したC-MOREマウントなんですが、当店のチューナーにフライス盤で工作してもらいました (^_-)-☆





ダットマウントの装着は正確な加工が命ですので、結構、面倒です。「出来るだけ低く、出来るだけ後ろに」というワタシの注文に対し、現物合わせでギリギリまで追い込んだ位置に付けてくれました <(_ _)>






また、若干、マウントが前傾しているのが分かるでしょうか? これはJSCのゼロインに合わせたもので、6mで弾道(バレルからの直線で)と照準センターが合うように角度を計算して付けています。低くマウントしているのでパララックスも小さいですし、マウントが水平でもダットサイトの調整の範囲内ではあるのですが、ダットサイトはセンターに近い位置にあればあるほど、高性能(レンズ的にも、視界的にも)ですので、こだわって角度付けしています。

訂正:ゼロインしてみてわかりましたが、MRSはエアガン用としてちゃんと近距離でセンターに合うようになっていて、マウントを傾斜させると下になりすぎました… 失敗、失敗 (;^_^A 


このようなハンドガンへのマウント取り付け加工は、ものによりますが、このハイキャパの例だと、工賃6,000円(税別)にて承ります。これは一例ですが、Gunsmith BATON ではお客様のご要望に応じた様々な加工も承っております。

特殊加工はケースバイケースで出来ること・出来ないことがありますし、工賃も作業内容だけでなく、機種・パーツ等の違いによっても変わってきます。言わば「価格応談」になるのでメニュー化は出来ませんが、個別にご相談を承っておりますので、お問い合わせ からお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。






【追記】

で、ここから下は時間と手間がかかるし、工作機械でなくて手作業で施工するカスタムですので、「うちで仕事として受注すると高いから、自分で工作したほうがいいですよ (;^_^A 」のパテ盛り関係です face02





まずグリップ左側は、おなじみのイチロースタイル、通称:ぎょうざを盛り盛り。これはリコイルに耐えられるようサポートハンド(左手)で強くグリップするための加工です。まあ、エアガンだと、ここまで大げさな加工は必要ないでしょうが、格好いいし、しっくりくるので(^_-)-☆

あと、これもイチローさんの真似をした、セーフティパテ盛りですね。親指を置きやすくすると同時にスライドへの親指の接触をガードします







グリップ右側もイチロースタイル、つるぺたグリップ + グリップガイドです。これもイチローさんがやってるのを見て、真似しました (^_-)-☆

グリップ下部の盛り上がりはマグウェルではなく、右手で握るときに強制的にハイグリップにする ( =バドグリ(バッドグリップ)しないようにする )位置決めのためのグリップガイドです。自分の手の形に合わせて成型するので、本人がいないと作れませんから、やっぱり自分でやるカスタムなんですよね、コレ。


そしてつるぺたグリップですが、聞いたところによるとこれの由来はどうやらマック堺さんらしいです。マックさんがイチローさんのもとで実銃スチールチャレンジに参戦していた時、ドロー練習をし続けるとフレームのチェッカリングが指に痛いから、パテ盛りしてチェッカリングを埋めて平らにしていたとか。

それを試したイチローさんが「これは具合が良いわい」ということで、フレームのチェッカリングだけでなくグリップまでパテで埋めてつるぺたにしていました。右手を滑り込ませて素早くつかむだけでなく、バドグリしてしまった時も握り直しやすくなるという効果もあります。





パテ盛りは金属用のエポキシパテを使っています(樹脂用のエポキシパテは加工しやすいですが、硬化後も柔らかいので)。そして、エポキシパテだけだと表面をなだらかにするのが大変なので、お馴染みタミヤパテを表面全体に塗って研いで、滑らかにしています。

エポキシパテは初期硬化時間10分なので、一度に一気に成型。完全硬化する24時間以上後に120番のやすりで大まかに形を整えます。成型が良くない部分(凹んでいる部分)を中心にタミヤパテを盛って、完全に乾いてから、120番→400番(耐水ペーパー)で研ぐことを2~3回繰り返します。そして、納得がいったら塗装で、サーフェイサーを吹いてから800番で水研ぎして下地をつくり、最後に艶消し黒を薄く3回ほど重ね塗りします。ポイントは「パテも塗装も、乾燥するまでじっくり待つ・焦らない」ことですね (^_-)-☆

塗装の時はトリガー、マガジンキャッチ等の可動部に塗料が付着しないようにマスキングしておきますが、それでも塗装後はトリガーの動きが悪くなりやすいので、やすりで少しずつ削って調整します。トリガーが抵抗なく動くようになるまで調整しないと、トリガーが定位置まで戻らなかったりして動作に影響するので、グリップ塗装の際はご注意を





【追記.2】

ハイキャパのゴールドマッチは初めて買ったんですが、派手なだけでなく内部構造がいろいろ進化してますね~ ( ゚Д゚) で、バレルの構造も変わっていて、分解するとき、ちょっと迷いましたので、ご参考までにバレル分解方法の写真を撮りました。




チャンバーをずらしてアウターバレルから外すと、これまでのハイキャパでは外れていたのですが、ロッキングリセスがなくなった関係上、インナーバレル&チャンバーを保持するスプリング機構が内蔵されていて、ゴールドマッチでは外れません。





そこで、アウターバレルの側面の穴に、細い棒を入れて押しながらチャンバーを引っ張ると…





こうして外れました。チャンバーをひっぱるのに結構力がいるので、自分は「本当にこれでいいのか?壊れないか?」と不安に思いながら外しましたが、大丈夫なのですw







こうして、道具 G-Speed は完成しました。いま自分は ターゲット 1 新宿さんの JSC 練習会に通い詰めているのですが、もう今月は忙しすぎて練習に行ける機会がなさそうですので、自宅でのドロー練習で我慢します face09 さあ、目指すぞ、85秒切り!






















同じカテゴリー(【日々の雑感】)の記事画像
【衝撃展開】 ジョン・ウィック:チャプター2 封切り感想!
【朗報】 amazon アカウント乗っ取り詐欺 に対策がなされたかもしれません
amazon 詐欺業者 BOT のマケプレ相乗り出品について
1年かかって、ついに amazon で CO2GBB !
BATONはエアガン屋だが自転車用品も売る
フロンとオゾン層破壊、代替フロンと温室効果…
同じカテゴリー(【日々の雑感】)の記事
 【衝撃展開】 ジョン・ウィック:チャプター2 封切り感想! (2017-07-08 07:40)
 【朗報】 amazon アカウント乗っ取り詐欺 に対策がなされたかもしれません (2017-05-09 06:06)
 amazon 詐欺業者 BOT のマケプレ相乗り出品について (2017-05-03 16:16)
 弊社の今後。「中華エアガン」の過去・現在、そして未来 (2017-01-18 05:28)
 1年かかって、ついに amazon で CO2GBB ! (2016-12-31 06:06)
 BATONはエアガン屋だが自転車用品も売る (2016-12-24 06:57)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 154人
PAGE TOP